「微細な気がかり」が積み重なる先にあるのは…というコロナ不安。



わたしの夫は、
一昨年の9月に倒れて
以来、遷延性意識障害(植物状態ともいわれる)で
療養型病院に入院中です。


2月20日に新コロナウイルスへの対応で
病院が閉鎖され、
6月15日に条件付きで面会が許可され
(一患者につき1名、15分、土日祝除く偶数日、予約制)
再び、7月17日から閉鎖されました。


夫の隣のベッドには、
チハラさんという元気なおじいさんがいて
わたしが病室に入ると
「こんにちは!きょうは、なんようびですかっ!」
「あなたのおしごともたいへんですねえーーー!」
「わたしもきょうはいそがしいんですっ!」
と大声で話しかけてくれたのに、
面会再開後のほぼひと月、
話しかけてくれたのは一度だけでした。


以前は、お風呂にストレッチャーで運ばれながら
「はーるばるきたぜ、おっかまちへーーー!」と
廊下中に響く声で
替え歌を歌っていたのに
その元気もありません。


ずっと、くったり。


もともと家族の面会は少ない人で
入浴のたびに出る洗濯物の袋が
積み重なっていました。


でも、家族じゃなくても
他の患者への面会客とか
散髪屋さんとか
歯医者さんとか、
そういう「自分には直接関係のない外部の人」の
ちょっとした出入りが
心の張りや
あの元気っぷりにつながっていたんじゃないか
と思うのです。


寝たきりの人ばかりが入院しているので
もともと「生気のないところ」ではあるけれど
度々通っているとわかる
微細な「生気」の減少…。


もちろん、それは夫に対しても感じて
少しずつ、旧に戻そうと思っていたのに
またもや閉鎖で、
気がかりだけが募ります。


新型コロナウイルスは
感染に対する恐れだけでなく、
自粛がもたらす微細な「気がかり」が
人それぞれに積みかさなっていく。
じわじわと積み重なっていって、
いつか身動きの取れない事態を招き、
取り返しのつかない「後悔」を味わうのではないか、
という恐れ…。
これが、精神的にきつい。


また、その「恐れ」は
人によって異なるから、
口にしづらかったり、
共感しにくかったりして
それもきつい。
そもそも、会って話す機会が減っているし。


みなさんもきついですか。
ねえ。きついねー。
せめて、こうやってブツブツ言っておきますか。




★お知らせ★
ウェブマガジン「どうする?OVer40」で生まれた
介護トークプロジェクト「カイゴ・デトックス」の
ステイホーム版。長期スケジュールが出ました!
どこからでも無料でご参加いただけます。
わたしも、次回は、参加します。
こちらの記事に詳細を書いています。
ぜひご参加ください!

フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。私の記事です→「明日のやりなおしを前提にしたちょっと手抜きの日々」がいい。
★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系

関連記事

スポンサーリンク



コメント

この微細な気がかりが積みかさなって
大きな後悔になるのではというおそれについて
ちょうど考えてんです。

カリーナさんのブログに来ると、そういう事よくあります。

それで思ったのですが、私の場合は
コロナじゃなくてもそうだったし、今もそうなんです。
でもできないことはできない
小さい覚悟や線引きと共に生きるしかないのかな。

  • 2020/07/22 (Wed) 12:02
  • asa #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/07/25 (Sat) 10:32
  • #
暑中御見舞

ご主人のこと、コロナのこと。天地がひっくり返るようなことが連続してしまっているカリーナさん。想像以上にストレスを体は受けてしまっているはず。暑中御見舞申し上げます。
なんか、贅沢してください。

  • 2020/07/29 (Wed) 18:24
  • まる #-
  • URL
共感!

ずいぶん前から読ませていただいています。
当初は元気だった親も入院したり、介護施設にお世話になったりで私の生活も変わっていました。

今回の記事はいつも以上に共感!いや、もう涙が出てきました。
コロナで入院している父親と面会もできない、
そして退院しても施設のルールで母親と会わせることができない。

第3者は、悪気なく「隔離やね~。」と笑っているけど、
感染拡大防止のために父親に会えない母親はもっとボケて取り返しのつかないことになるのでは?

コロナ以上にもっと守りたいことがある?
いや、でもここでクラスターが発生したら?
もう堂々巡りで正解はわかりません。

乱文失礼いたしました。
いつもうなずきながら読ませていただいています。

暑い日が続きますが、ご自愛くださいませ。

  • 2020/08/02 (Sun) 20:54
  • あこおん #KPRyFQWg
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★asaさん
>でもできないことはできない
>小さい覚悟や線引きと共に生きるしかないのかな。

わああ。すごく素敵な言葉です。
その通りですよね。
覚悟って小さければ小さいほど、本物かも。
大きい覚悟って、ほんとにできるのかな?
錯覚かもしれませんね。

★秘密コメントのAさん
そうなんですよねえ。
それぞれの基準の違いに敏感になって
とても息苦しくなってしまうんですよね。
Aさんが書いてくださったこと、知らなかったです!
教えてくださってありがとうございます。
今後も、このように必ずしも致死率の高くない感染症が世界的に発生することは
あるでしょうから、どんなふうにするのが最もいいのか考えたいですね。
女性の自殺率が高まっていることも、
コロナの影響もあるでしょうし、
今後のことも心配です。

★まるさん
わあああ。ありがとうございます!
夏は贅沢しなかったーーーー(笑)!
まるさんに書いてもらったのに!
娘と近所のビストロに行ったくらいです。
そのかわり、お正月のおせちは、張り込みました(笑)
予約済(^^♪

★あこおんさん
いつも読んでくださっているなんて
とても光栄です。ありがとうございます!
お気持ち、とてもよくわかります。
夫とはオンライン面会ができるのですが、
それでも隔靴掻痒で心配は何も解消されません。
高齢になればなるほど日々のちょっとした運動や変化や刺激が
大切なので、衰えるのではないかと不安ですよね。
今年いっぱいは続きそうですが、
来年、どうなるのか。
夏にいただいたコメントに今頃の返事、すみません。
お体、ご自愛くださいね。

  • 2020/10/21 (Wed) 15:27
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する