「付け焼刃の努力をしない」…わたし史上、最大の革命を自讃する。


何にせよ、腰が重くて
チャレンジ精神に乏しい人間ですが、
それでも年とともに成長したと自分を褒めてあげたいことは、


誰かが来たときのためでなく
自分のために片付けるようになったことです。


これは、われながら、よくやった。
この意識変革と行動の習慣化は、
わたし史上、最大級にデカい革命でした。
年表があったらデカデカと書きたいくらい。
試験に出したいくらい。


そういうわけで、もう、長いこと、
いつ、お客さんが来てもオーケー。
突然、泊りにきてもオーケー。
特になにもしないから
まったくもって無問題。


今週も娘の友だちが突然、泊りにきました。
部屋だけでなく
わたしの行動も変えないので
いつも通り仕事をして
いつも通りご飯を作って
いっしょに食べました。


だからといって
めちゃめちゃ綺麗でピカピカの家に
住んでいるわけではありません。
綺麗好きの人から見たら
「掃除、行き届いてねえ!」と思われるのは確実。


でも、いいんです。
自分が気にならない程度には
水廻りも室内も整えているから。
犬もいるからあちこちに毛があるし、
四角い部屋を丸く掃く程度の掃除しかしていないけど、
他人の潔癖度に合わせるつもりはなし。


この革命が成功してから、
精神的な落ち着きが生まれたのも大きかった。


いつもの自分より
少しでも良く見せたいという
欲が消え、
付け焼刃の必死な努力をしなくなりました。


いつものままでよし。
それが、わたし。
つまんないと思われるなら
それも、わたし。
誰にも彼にも認められる必要なし。


他人の評価は、
自分を支えてくれないから、
自分で動いて
自分の目で見て
自分で満足する。
そして、閉ざさずに開く。


そんなふうに思うと
まあ、わずかなりとも
老いていく日々を
楽しめそうな気がしますが、
何が待っているかわかんないのが
老いだからなあー!


まあ、その変化にも心閉ざさず、
受け入れるつもりで
迎え入れますか。




★お知らせ★
ウェブマガジン「どうする?OVer40」で生まれた
介護トークプロジェクト「カイゴ・デトックス」の
ZINE(小さなマガジン)第2号が間もなく完成します!
おかげさまで創刊号は早々に完売いたいました。
2号はネットを見ない方にも届けられたら…と願っています。
こちらの記事をご覧になり
ご協力いただける方は、ぜひ、ご連絡ください。お待ちしています。

フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。間もなく始まる、私と犬の暮らし。「老婆と犬」感を深めつつ、味わい深く。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系



関連記事

スポンサーリンク



コメント

昔、一人暮らししていた20代のころ、自分でも謎なくらい家が汚かったです。足の踏み場もないくらい物が散乱して、ゴミ溜めて、洗い物溜めて、洗濯物も溜めて(笑)夕飯もコンビニのお惣菜やおにぎりよく食べてました。。なんでですかね。そのくせ、人が泊まりにくるとしたらの理想だけは高くて、現実とかけ離れたモデルルームみたいに綺麗じゃないと呼べないと思い込んでいました。なんなんですかね。そんな滅多に来ないゲストなんかどうでもいいから、毎日暮らす自分が快適になるようにゴミ出しくらいしろと、若いころの自分を叱りたい。
今も仕事で忙しいし家もあの頃の4倍くらいになりましたけど、いつ人が泊まりに来てもなんとかなる、完璧じゃないけどなんとかなる程度に保てるようになってます。人を呼ぶ時の自分内ハードルは逆に下がって、特に大掃除するでもなく普段のままで別にいいことになってます。
食事も毎日充実してる。別にそんなに大変てわけでもなく、適当にちゃちゃっと、焼き魚とぬか漬けみたいな食事ができてる。
今思うと若い時って若いだけで能力低かったです。

  • 2020/08/08 (Sat) 09:00
  • まる #-
  • URL
年表リクエストします♪

カリーナさん、この記事は永久保存します!!!

意識改革は、いつごろで、何かこれというきっかけがあったのですか?

私も、常日頃「いつでも人に来てもらえる家」を目指しているのですが、いざ、お客さんとなると、数日前から掃除の計画を立てて、ガッチガチでお迎えすることに…。

だから、楽しいけど疲れるんです。(泣)

普段からきれいにしておけば問題ないし、それが出来ないんだったら、見栄をはらなければいいとわかっているのに、その繰り返し…。

でも、この記事とまるさんのコメントを読ませてもらって、やっぱり変わらなきゃって思いました。

掃除機を引っ張り出すのがめんどうだったら、コロコロでもいいから、とにかく、何かやってみることが大事かと…。

いや~ぁ、本当に、年表を作って公開してもらいたいです。

この記事で、いろんなことを考えさせられました。感謝、感謝です!

  • 2020/08/13 (Thu) 07:41
  • 都忘れ #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★まるさん
本当にーーーその通りです!
つまり、あれは、若さゆえなんですかねー。
「こう見られたい」という願望だけが先走りして
「普段」と「ここぞというとき」の落差がすごいんですよね!(笑)
いまのまるさん、忙しい暮らしのなかで
「いつでもお客さんが呼べる」レベルなんてすごいです。
私は、もっと、ずっと長く家にいて暇だから
まるさんレベルに忙しくなったやばいかも(笑)

★都忘れさん

年表ですか!(笑)ご要望、ありがとうとうございます!
なかなかできなくて片付けや収納の本ばっかり読んでいましたー。
今も、そんなにきれいじゃないんですけど
お客さんが来たときのレベルを
ぐっと下げてしまうのもいいかも。
潔癖な人まで納得させようとすると
とんでもなく綺麗にしないといけないですもんねー。
あとは、「元あった場所に戻す」?(笑)
これ、できそうで、できなくないですかーーー!?
私、ずっとできなかったです。
今も完璧じゃないです。元々、ズボラだからなー。

  • 2020/10/21 (Wed) 15:13
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する