心配されてわかる。「いつもと変わらぬ態度」という偉大な包容力。


東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に
緊急事態宣言が発出され、
アメリカでは、トランプ大統領の支持者が議事堂に侵入し、
4人が銃で撃たれて死亡しました。


新年、あけましておめでとうございます。


…って言いにくい!


でも、やっぱり、今年最初の記事なので
ちゃんと言っておこう。


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


なんか、もう、
今までどおりマスクをして
手を洗って、
大声で話さないで
密を避けるしかないですね。
心や態度は、できるだけ
普通を保っておきたい。
難しいけど。


「普通を保つ」
「いつもと変わらないでいる」


って、それだけで
すごいことなんですよねえ。


2018年の9月に夫が倒れてから
いろんな人が心配してくれて
どんな言葉をかけたらいいのか
すごく迷ったり、考えたりしているのが
こちらにも伝わってきました。


それがまた、
本当にありがたくて
申し訳なかったのですが、
あまりにも同情されつづけると
「自分とは違う境遇の人」として
「不幸の烙印」を押されたみたいで
ビミョーに不本意な孤立感を
感じてしまったりもするのです。


人の気持ちって複雑。
つくづく、仲間外れになるのが
いやな動物なのね。
人間ってのは。


そんなとき、
「普通を保って
いつもと変わらない」態度で
接する人に出会うと
ほっとするんですよね。
まだ「自分もこちら側にいる」と思えるから。


いつもと変わらないでいるって
奥深いなあと思いました。


それは、「偉大なる包容力」でもある。


わたしも、
何かあるとつい
過剰に感情移入して
大仰に騒ぎ立ててしまう
タイプなのですが、
もし近しい人が、
重い病気にかかったり、
思わぬ不幸に見舞われたりしたら、
相手を思いやりつつも、
できるだけ
普通を保って
いつもと変わらないでいるようにしたい。


新型コロナの恐るべき拡大で
何事も思うようにできないけど
できるだけ平常心を保って
一日一日を生きていきたいですね。
何かひとつぐらい
明日につながることを
コツコツと続けながら。


そういうわけで
今年も普通を保ち、
あまり変わり映えしないと思いますが、
よろしくおつきあいください。


とはいえ、すごい寒波!
そしてコロナ!
ともかく、体には気をつけて。
自分の体力を過信せず、
大事に労わりつつ
過ごしてくださいね。


わたしもそうする。




★ウェブマガジン「どうする?Over40」も更新スタートしています。プリ子さん、ブーツ型の湯たんぽ買ってます

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系

.com/mrs/">にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

あけましておめでとうございます

緊急事態宣言でましたが、会社に来ちゃってます。
今年も宜しくお願いします!

皆、カリーナさんが好きなんですよ。私もです。だから、同情してなんか優しいことが言いたい。でも嫌な方もいらっしゃるんですね。気をつけねば。

恥ずかしながら、私は同情されるの好きみたいです。
幸せものの私の人生の同情ポイントは、なんといっても舌ガンで舌の3分の2を切除したことしかないのですが、特に酔うと、聞かれもしないのにちょっと親しくなった人にはその話をして、大変だったねー涙などと言って貰おうとしてしまいます。。でももうかなり前の話のうえ、外見からは分からず、発音も問題ないのでイマイチ反応は薄いです。手術当初は皆泣いてくれたものでしたが。。

  • 2021/01/08 (Fri) 17:48
  • まる #-
  • URL
『夫が倒れた!献身プレイが始まった』拝読

昨日新聞に紹介されていたご著書。amazonで注文して今朝手元に届き一気に読破。私は2020年6月から酷似した状況に遭遇しており、まだまだ鎧兜着ていっぱいいっぱいになっているところです。コロナ禍にあって会えない辛さは例えようなく。また、洗濯機ってこんなタイミングで壊れるのやめて欲しいよなと…こんなことまでいちいち共感。生きることさえ儚んだ数ヶ月。生き抜け、私!が響きました…。もう少し頑張り過ぎずに、第2ステージに向かえるよう頑張ってみます。。。

  • 2021/01/11 (Mon) 11:57
  • よろいかぶと #-
  • URL
読売新聞

今日の読売新聞を読んでとても感動しました。
わたしも大事な友達でもある夫が単身赴任でいつもいないのですが、帰ってきてくれて、そばにいてくれるだけでいいと思えないといけないんだと反省もしました。
介護はほかのひとに頼ってしてもいいのだなとも思ったり…
いつものケアノートは、遠いことのように感じながら読んでいましたが、今日は、野田さんの文章をよんで、とても真実味のあって、介護を身近に感じました。どう感じて過ごしておられるのかよくわかり、悲壮感もなく現実を上手に受け止めておられて偉いなぁと思いました。

  • 2021/01/13 (Wed) 16:35
  • ユミコ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する