年賀状、書かなかったら届かない。空っぽのポストが問う、わが未来。


一昨年あたりから、年賀状を書くのをやめたら
年末が本当に楽になりました。
毎度、「ああ。楽。よかった、よかった。
みんなも私に送らないでいいからねー。
むしろ、送らないでくれよー」ぐらいの勢いで
「年賀状を書かない解放感」を満喫しています。


それでも元日。
極めて薄くはあるものの
ポストに束になった年賀状を見つけると
「どれどれ」と見てしまう。
慣れ親しんだお正月気分、味わう。いい感じ。


二日は、配達はお休み。
もちろん年賀状はなし。


三日、ポストをのぞく。
年賀状、なし…そうか。
四日、ポストをのぞく。
年賀状、なし…なるほど。


うっすらだが、
なんとなく肩透かし。
ちょっとだが
はっきりと寂しい。


なんだこれ?
自分が出していないから、
来ないのは当たり前なのに



「書かない解放感」を満喫しつつ、
「書いてくれるうれしさ」は味わいたいのか。



もー、人間ってー。
ってか、わたしってー。


ああ。年賀状も
コール&レスポンス。
「あなた」と呼べば~、
「あなた」と答える~。
「あな~た」があってこその
「な~んだい?」の返し。
相聞歌的なやりとりよ。


年賀状って、いいものなのね。


と、ほとんどだれからも届かなくなって
しみじみとその良さを発見しましたが、
だからといって今年、書くかといえば
書かないのでしょうね、わたしは。


人間関係の断捨離、というか、
社交辞令的な煩雑さの断捨離、
これって、いいのか、悪いのか。
人生後半をすがすがしくするのか、
社会的孤立というか、孤独感を
結果的に深めることになるのか。


わからないままに
そっち方向へ進んでいく、わたし。


わからないままなので
結論もありません(笑)
もうちょっと心の様子を見てみることにします。
報告しますね。また来年(笑)!


★事後報告になりますが、
昨日(1月13日)の読売新聞朝刊 ケアノートに
わたしのインタビューが掲載されています。


もし、よかったら読んでみてください。
わたしの話や本の内容より、
やや優しい雰囲気にアレンジしてくださっていますが、
新聞社に共感や激励のメールが届いているそうです。
このブログにもコメントをいただいています。
ありがとうございます!
ケアノートという愛読者の多いコーナーに掲載いただき光栄です。



★ウェブマガジン「どうする?Over40」にイラストレーター中島慶子さんの「ワクワクしたら着てみよう」が帰ってきました!コーディネートイラスト、素敵ですよー。お久しぶりです~! 明るい髪色にしたくて自染め卒業しました♡

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

たしかにどうでもいいことですが気になりますね

私の年末年始の挨拶は、近況報告を少数の人にメールで出すだけ。ところで、今回はお祝いモードで書くのも嘘っぽく、ネガティブな状況をジョークに包みつつ、いい事に焦点を当て、相手の健康などに気遣いを示しながら、上向き調子で締めなければという難しさ。タイムリーマナーに沿って返ってくる第一弾のあとは、ぽつぽつと1月半ばまできて、もう多分こないってことだよね...、という人達も。もしかして健康や仕事の面で、自身や家族に悪いことが(そういうことがあっても知らされていないくらい、常日頃連絡を取り合わない関係)?私の、当人以外にはどうでもいい一見お気楽な近況報告や健康を願う言葉、気に障った?などと心は千々に乱れ、後悔するも、気にしすぎだよ忘れよ~と自分に言い聞かせる今日この頃です。

  • 2021/01/15 (Fri) 01:21
  • Jane #-
  • URL
今年もよろしくお願いします!

 私は年賀状、年々減り、数人の親戚と数人の友人に出しています。手書きの一行を添えて。私にとって、ちょうどよい量です。 話は変わりまして、私は10年前、カリーナさんのブログを見つけて、とても嬉しかったです。拝読だけでしたが、気どりが露呈する美容院の記事に共感しすぎまして、指が勝手に動き、コメントしていました(笑) それから「こていれ」で、メイクが身近になりました。それまで、メイクが上手くできず、ネットにメイクの情報があることも知りませんでした。こていれのお陰で、ネットでメイクレッスンを探して、行ってみたりできました。今は、塗りすぎを好まず、自分にとってほどよくメイクと付き合っています。 カリーナさんのブログを読んで、気づきを得たり、共感したり、寂しさをやりすごしたりしています。ありがとうございます!

  • 2021/01/15 (Fri) 15:41
  • ムーミン #ENvXJ/Og
  • URL
今年は嬉しい報告が!

年賀状、うちも年々少なくなっています。

そんな中、今年は大学の時の同級生男子からの年賀状に
「昨年末、入籍しました」
との文章が!
勝手にずっと独身なんだろうなと思い込んでいたので、とってもびっくり!
でも60前になってわざわざ入籍するなんて、嬉しいなー。


自分の年賀状は、今年は印刷したものにちょこっと添え書きをする程度にしてしまったのですけれど、楽ちんだったけどなんだかつまらなかった。

毎年結構な枚数を出して、繋がりを切らさないようにしてきたけれど、
もう半分ぐらいにしちゃって、手書きのイラストや手彫りのはんこなど、下手でも自分で描くことにしようかなって
なんだか憑き物が落ちたような気持ちになりました。

貰ったものも、印刷の文面だけのものは
「こんなの何枚貰っても、全く意味が無いよなー」
なんて思ったり。
でも、昨日いただいた、、亡母の古くからの友人からのおハガキは
裏面は当たり障りのない印刷だけだけど(きっと娘さんとかに作ってもらったんだと思う)、宛名書きが自筆で、リウマチで不自由な手で懸命に書いたのが見て取れたので胸が熱くなりました。
言葉はなくても文字が語るってこともあるんだなー。
年賀状のやり取りだけのお付き合いですが、来年はもっと心を込めて書きますね、とそのハガキを見て思ったのでした。



  • 2021/01/15 (Fri) 15:45
  • ぶんぶん8 #-
  • URL
年賀状

年賀状中学生くらいまでしか書いてません。。友達からもらっても、年始に会ったときに、年賀状ありがとう。ごめんね私は年賀状書かないんだ。。と謝る人生を送ってきました。ようやく時代が私に追いついた(笑)。

  • 2021/01/16 (Sat) 23:44
  • まる #-
  • URL
やっぱり嬉しい年賀状

年賀状、書くのは面倒ですが、届くとやっぱり嬉しいんですよね。
ポストを開けて年賀状があると、年末頑張って書いて良かったと思います。
毎年減っていますし、減らしていますが、ポストを開けた時の嬉しさのためにもう少し続けるつもりです。

話は変わって
本、読ませていただきました。
カリーナさんの文章は嘘がなくて
時にはクスッとしたりニンマリしたり。そんな言葉で綴られていて、ブログも本もとても心地良いです。
いつもありがとうございます。
今年も楽しませてください。

  • 2021/01/18 (Mon) 07:27
  • ほっこり #-
  • URL
相聞歌

一昨年もう会わないだろう小中高校時代の友人達に自分の携帯電話番号を記した年賀状じまいのお知らせの葉書を送りました

自分の過去を消去したような感覚になりました

でもこれでいいんだと思えました

私もカリーナさんがおっしゃる様に年賀状って相聞歌だと思いますから

昨年の暮れに唯一コール&レスポンスがある短大時代の友人1人に心を込めて年末のご挨拶の葉書を送りました

今年のお正月は清々しかったです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する