年をとることが素敵なワケ

会社の受付に
40代後半と思われる女性と
24歳の女性が
同じ制服を着て並んで座っています。

そこを訪ねた男性が話しかけるのは
もっぱら24歳の女性ばかり。

男性は、カウンターにぐっと体を預けて、
24歳の女性にだけ可能な限り肉薄することによって
40代後半の受付嬢を自分の視界から締め出し、

「いくつ?」
「この辺の美味しいお店、知ってる?」

と甘ったるい声で質問攻勢。

ま?ったく相手にされていない
40代後半の受付嬢は
なぜだか、ときどき曖昧な笑顔を浮かべたりしながら
居心地の悪さをじっとこらえていたのです・・・

なんて身につまされるシーンが描かれているのは、
映画「空気人形」
(以下、とりたててネタばれなし。安心してお読みください)

1956年生まれの余貴美子氏が
年配の受付嬢を演じていました。

このシチュエーション、わかるなあ。

ここまで露骨じゃなくても、
無神経な男性っているもんね。

意外に本人には、悪気がなくてさ。

というか、


オスの本能だから仕方がないと言わんばかりに

堂々と年齢差別しちゃうヤツ。(フン)



映画のなかで余さん演じる女性は、
保湿パックなどなどアンチエイジングに余念なし。
その執念たるや鬼気迫るものがありました。

みんな同じなんだな。
歳はとりたくないもんねえ。

でもね。

映画のなかには、こんなセリフも。

心を持ってしまった空気人形が
よろこびと希望に満ちて言う言葉。




歳をとるの。私ね。歳をとるのよ。




そう。


私たちは生きている限り、老いる。


加齢を全肯定するシンプルな言葉によって
あたりまえの事実が胸に響きました。

歳をとるの。私も。
生きているから。

------------------------------------------------------

「空気人形」でも抜群にかっこよかった高橋昌也氏、79歳。
ブログの写真もおしゃれなので、よければご覧ください。

俳優・演出家。
99年閉館まで銀座セゾン劇場の芸術総監督。
1993年末期食道がんを宣告され、食道全摘出。
2000年から13年間休止していた俳優業復帰。

かっこいい。歳をとるって素敵だ。
--------------------------------------------------------

【関連記事】
アンチエイジングという「老化」



関連記事

スポンサーリンク



コメント

若さには勝てない

自分たちも若くてちやほやされた時期があったわけで・・・若い女性と肉体的?に張り合うのはムリですよね。
若さだけを求める男性もいるかもしれないけど、 話に共感できるとか熟成した大人っぽさとか ファッションだって似合っていれば年齢は関係ないとか そういう話もちらほら聞きます。

そういえば 今日60代くらいの女性をふたりほど見たのですが 
ひとりはあまり清潔ではないような髪で もうひとりは昨日髪を洗ったのかなと思うくらいの清潔さで 
ふたりの服装はあまりおしゃれでもなかったのですが すごく好感度に違いが感じられました。 

なんかそれを見て、人に会わなくても毎日こぎれいしていないと こんなに差がでてくるのかもしれないと思いました。 
年を取れば取るほど 身奇麗にしないとだめなのかしらと思いましたよ。

  • 2009/10/09 (Fri) 20:11
  • ナチュラルココ #-
  • URL
No title

Carinaさん

はじめまして。PUYOKOと申しますわ。

若さに固執した中年女ほどうら悲しく、痛々しく
滑稽なものはないわね。
年を重ねるということを「老いる」こととして
ネガティブにとらえている証拠だもの。

年をとるというのは「成熟」することであり、
「成長」することであり、深い味わいを増していく
ということなのにね。そういう部分の努力を放棄しての
上辺ばかりの若作りはしたくないわね。

ただ、健康面、体力面では若さほど素晴らしいものはないわ。
そこだけは必死に食い下がりたい部分だわね(笑)

  • 2009/10/10 (Sat) 09:01
  • PUYOKO #oM6tt0T6
  • URL
★ナチュラルココさん

そうですねえ。

男性が若さだけ見ている、と思うのは、
自分が若さだけを見ている、からなんですよね。

映画のなかでは、孤独なおばあちゃんを富司純子さんが演じていて
とってもも素敵でした。
あれだけの美人が(今も美しいんですけど)、
過去の役柄にしがみつかず
「おばあちゃん」を演じようとする姿は、素晴らしいと思います。

> なんかそれを見て、人に会わなくても毎日こぎれいしていないと こんなに差がでてくるのかもしれないと思いました。 
> 年を取れば取るほど 身奇麗にしないとだめなのかしらと思いましたよ。

ほんとに、そうなんだと思います。

毎日、こぎれい。それに尽きますね。

  • 2009/10/10 (Sat) 10:20
  • Carina #-
  • URL
★PUYOKOさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。とてもうれしいです。

私も実はときどきお邪魔していました。
だからお名前を見て、
「あ、PUYOKOさんだ!」ってビックリしました。

> 年をとるというのは「成熟」することであり、
> 「成長」することであり、深い味わいを増していく
> ということなのにね。そういう部分の努力を放棄しての
> 上辺ばかりの若作りはしたくないわね。

ああ、いい言葉ですねえ。ちょっと厳しくて。

深い味わいを増していく努力。それが大事なんですよね。

私もブログにいろいろ書きながら、
そういう努力を積み重ねたいなあ。

これからもよろしくお願いします!

  • 2009/10/10 (Sat) 10:25
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

自分へのご褒美で、久々に映画を見に行く。迷った末に、「ヴィヨンの妻」はまたいずれ

  • 2009/10/15 (Thu) 23:27
  • NAGIの小箱