毒を隠してわが道を行く?

コルチカム(別名:イヌサフラン)。

土も水も、あればあったでいいけども、
なければないで一向に構わず、
そこらへんにゴロっと
球根を転がしておくだけで
花を咲かせるという
まことに自主独立精神に富んだ植物。

そういうことならば、ぜひとも転がしてみたいなあ、
と思っていたところ、
生協のカタログに発見し、
喜び勇んで購入。

「よっしゃ、よっしゃ」とウキウキしながら
ゴロリと転がしておいたのです。

ところが、いつまでたっても
外見には、な?んの変化もなし。

10月頭には芽が出るんじゃなかったっけ?

放っとけっていうから
その言葉を真に受けて放っといたら、
いつの間にか終わっちゃう遠距離恋愛みたいな感じ?

ためしに球根を触ってみると
内部で何かよからぬことが起きているような
何かがしぼんでるような触感。

あ?あ。

とあきらめかけていたら、

人間の胎児みたいにクルンと丸まった芽が
玉ねぎに似たカサカサの皮を突き破って
顔を出してきました。


生きていてくれて、ありがとう。


そうか。これからが自主独立運動の正念場だったんだね。


急いてはものを仕損じる。

何事もあきらめてはなりません。




このコルチカム。

球根も花も葉も、すべてが有毒。
少量食べても、呼吸麻痺などを起こして
死に至ることもある毒草なんだとか。

自主独立の気概を支えているのは、
相手を死に追い込む猛毒だったというわけですねえ。


人間であれ、花であれ、

独立独歩を貫くには、我が道を行く精神と

それなりの毒が必要ってことですかね。



上手に咲かすと、こんなに可愛いコルチカム。
なかなかどうしてやり手です。


【関連記事】
35歳から出てくる魅力とは?


関連記事

スポンサーリンク



コメント

Carinaさん こんにちは

コルチカム放っておいてもOKで、こんなかわいらしい花が咲くなんて、私に打って付けと喜んでいたら、
あんなにかわいらしい花なのに、毒をもってるなんて、見かけによらず恐ろしいです。

人もそうですね。
たとえば、美女に男性がだまされるように、触れると痛い目にあうような感じですね。
今は草食男子が増え、それもなくなったのでしょうか。

やはり自分を守り、たくましく生きるには、毒を持ってないと飲み込まれちゃう時代かもしれませんね。

  • 2009/10/23 (Fri) 14:39
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
No title

毒出してたなんて そうでないと生きてけなかったんだと最近まで分かりませんでした。

そう 痛いのがお得意分野のちゃーばーです!遅いって!気付くのが遅い!

爪のお話・・・ 爪が甘いちゃーばー・・・厳しい直面をお話すべきかと悩みました・・・
で たぶん 書くでしょう・・・悲しい現実を!

でもね 毒たっぷりで男に迫ってた(?)時期は過ぎ 毒たっぷりの世代を応援しつつ 毒の効果期限が過ぎつつある50代!

無農薬ほどではないにせよ 人工的な毒も知り でも天然の怖ろしい毒も知り・・・
しかし 避け方を知ってるようで知らないお馬鹿でもある50代

好きになっています はい 自画自賛!

なぜって? その毒をいかようにも使えることをすでにやってきてるから。。。

毒は薬なんだってこと 多少はやってきてるから!

毒のない人生は 屁でもねーぞと言えるくらいの婆さん度はあるから!

美しいものに毒があって当たり前!なきゃ偽者!くらいでちょうどいい!

どんどん枯れてゆく場合は 自分の毒のせいなのか?
それとも 毒がなくなって 生気を失ってゆくのか?

興味深々てとこです
どちらにせよ 自滅ってこと?良かった・・・他人様のせいにしたくはないくらいのプライドはある!

  • 2009/10/23 (Fri) 18:37
  • ちゃーばー #-
  • URL
★Yottitti さん

行者にんにくと間違って食べてしまう人がいるらしいです。
葉っぱが似ているのでしょうか。
あと球根を犬が食べて死んじゃうとか。
うちにも犬いるんですが(^^ゞ

そういえば、今年の夏はモロヘイヤを育てましたが、
この実も結構、毒があるらしいです。
調べてみて初めてわかりました。植物って意外に有毒なものが多いんですね。

考えようによっては
めちゃくちゃ美味しい料理が
脂肪たっぷりだったりして、
それもある意味では摂りすぎると毒。

Yottitti さんが書いてらっしゃるように
異性も食べ物も、
はまりすぎると痛い目に合うくらいが
魅力的なんでしょうか??

そうそう、あのキム・ヨナもちょっと毒があって魅力的ですよね。

  • 2009/10/24 (Sat) 10:10
  • Carina #-
  • URL
★ちゃーばー さん

ちゃーばーさん、「毒」一つでここまで
世界を広げられるってすごい!!

でもね 毒たっぷりで男に迫ってた(?)時期は過ぎ 毒たっぷりの世代を応援しつつ 毒の効果期限が過ぎつつある50代!


なるほど。そうかあ、毒にも効果の期限があるんですね。

・・・と考えると、毒は生命と同義??深いな。

ネイルのとこにも書いていただきましたが、
ちゃーばーさんって、なんかすごい「いい女」なんじゃないですか?

恋もし、仕事もし、オシャレもし・・・。

私、50歳を超えても

なぜって? その毒をいかようにも使えることをすでにやってきてるから。。。

なんて言えないもん。言いたいぞ。

若い時の「毒使用度」が
年を重ねた後の「腹のくくり度」と比例するのかもしれませんね。

  • 2009/10/24 (Sat) 10:19
  • Carina #-
  • URL
No title

Carinaさん

まさに自然の神秘ね。
深い哲学を感じさせるコルチカム。
強い意志と生命力と猛毒を持ち合わせ、なお
この美しい姿とは、恐れ入りましたわ。



  • 2009/10/24 (Sat) 13:40
  • PUYOKO #oM6tt0T6
  • URL
目が出たんですね~

私も雑草みたいなバジルを育てていたのですが
あんなでも うまくいかなくて
なのに枯れる秋になって
急にニョキニョキ葉が大きくなり始めたの!
自然てマニュアル通りじゃなくて
思ったより逞しかったり
厳しかったりで・・

でも、そんな転がしておいても・・
っていう植物があったなんて
知りませんでした。
これからが楽しみですね。

  • 2009/10/25 (Sun) 02:12
  • Akiko #-
  • URL
★PUYUKOさん

最初は「転がしておこう」という楽な点にだけに魅かれたのですが、
なかなかどうして、すごい花です。

可憐ななかに攻撃力を持っていることを知り、驚きました。
自然は侮れませんねえ。

PUYOKOさんがその日常で見つける
猫や寝そべっている犬や虹や夕日の商店街が
心のゆとりを感じさせてとてもステキです。

「街」にあるいろんな「役に立たないもの」が好きなので
すごくそそられるんですよね。

それにしてもお忙しいのにキッチンもきれい!
冷蔵庫搬入時の。驚きました。

  • 2009/10/25 (Sun) 10:00
  • Carina #-
  • URL
★Akikoさん

おおお、バジルの復活!おめでとうございます!

見た目もいいし、香りもいいし。いいですねえ。
うちは今、ローズマリーくらいしかハーブはありません。

そうなんですよ。ちょっとおもしろいでしょ。
土はともかくとしても、水もいらないなんて。

花が終わった後、土に植えれば
フツーの植物として楽しめるそうです。
偉いですね。命って。

  • 2009/10/25 (Sun) 10:03
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する