40代はミステリアスな存在!?

「雑誌は美容院で読みます」
「本も図書館で借ります」
「アマゾンで中古を買います」
「そもそも読みたい雑誌がありません」
「読みたい雑誌があっても美容院で読みます」

と、

美容院に始まり美容院に終わる形となった
と言っても過言ではない
前記事に対する皆様の
歯に衣着せぬ貴重なコメントの数々。

万が一、何かの間違いで
出版社の方々の目に触れでもしたら、
辣腕で鳴らしてきた鬼の編集長ですら、
あまりの衝撃にデスクに突っ伏し、
「もう、40代向け雑誌なんて作らないっ!」と
むせび泣く姿が目に浮かぶようです。

反対に「ルチェーレ!」編集スタッフの方々が見たら、
「ああ、早めに手を引いてよかった」
「休刊は、やっぱり正しかった」
と互いの労をねぎらいつつ、
かつて下した苦渋の決断を、
あれこそ、まさしく英断だったと称賛しあい、
胸をなでおろしたのではないでしょうか。

そのルチェーレの発行元は、
株式会社ベネッセ。

「揺り籠から墓場のちょびっと手前まで」

私たち一人ひとりの人生を
こちらから頼んだ覚えはないものの
申し訳ないほど親身に考えてくれる
日本を代表する企業ですね。

プレママからママ、
乳児から青少年にいたるまでの
「ひとのきもち」だけでは飽き足らず
「いぬのきもち」や
「ねこのきもち」まで
とことん考えてくれる親切な企業。

そんなベネッセをもってしても
つかめなかった

40代女性のきもち。

「おすわり」や「待て」しか
日本語の通じない
ワンちゃんより理解するのが難しい

40代女性のきもち。


なぜ、かくもミステリアスなのでしょうか。


出版界を代表するプロ中のプロたちが
その能力を結集してなお、
なぜ白旗を揚げちゃうのでしょうか。

実は私。

そこに

問題解決の罠

があるんじゃないかと思ってるんだなあ。

さらに、

等身大の罠

もあるんじゃないかと思ってるんだなあ。

「裸の大将」みたいな語り口になってしまった上に
指摘するだけして大変、申し訳ないんだけど、
いたずらに長くなりそうなので、
続きはまた明日


【関連記事】
この秋は、「ズル可愛い」をめざせ!?



関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

Carinaさん

一連の40代向け節約ファッション雑誌の記事、
興味深く読ませていただいたわ。
(ってまだ続きそうだけど。。笑)

そもそも、年季を積んだ40代に
等身大のファッション雑誌って必要なのかしら???
ファッションジャーナリズム的なことや
ファッショントレンドの把握ということなら
VOGUEやWWDなどのモード紙誌で事足りるし、
純粋に生活の節約情報を得たいならば
「素敵な奥さん」とか経済評論家の書籍とかで
十分じゃないかしらね??

等身大のファッション情報っていうことは
オシャレの参考書、マニュアル、
ヘタすればバイブルって言うことでしょう?
雑誌なんかにそんなこと指南されるのはご免だわ(笑)

それより、街に出ていろいろなショップや
待ち行く素敵な人を見たり、
Carinaさんご愛読のthe sartorialistなどの
サイトで生のたくさんのスタイルを見て、盗んで、
消化して、自分だけのスタイルを身に付けて
行くほうがいいんじゃないかしら??

  • 2009/11/02 (Mon) 17:34
  • PUYOKO #oM6tt0T6
  • URL
No title

前回 口出し無用だなと感じましたね!

雑誌に頼らずしても大丈夫よと宣言されている気分だった。個性は人生の積み重ねですでに分かっている!
無用なものは読まずとも流行より質や価格!という生活観などなど・・・興味深く読ませて頂きました。

で・・・ じゃ・・・50代は?

40代 そうだったんですよ・・雑誌なんざ見なくても自分の好みや似合うものは把握できてたし肌映りはこれねとかわかってた・・・受け狙いか自分に気持ちよいかの区別も出来てた・・・

でも・・・その自信を50超えて失いつつもある・・・ポリシーにも似た好みや受け狙い等が通用しない自分がいる。しかもそれを確かめるにも老眼で見えない!見えないって怖いんだよ!

老眼で見えないだけじゃない!老眼の次に脳が反応できるセンス反応も衰えてる!こりゃまた雑誌探しの流浪の旅か?てなもんですかね?


独特な個性で浮こうが無視する路線の自分になるのか それとも流行にある程度乗れる自分でやっぱりいたいのか・・・難しいのです・・

40代の皆様・・・美容院に行っても雑誌見れる間は老眼もセンスもOKかもですよ!

  • 2009/11/02 (Mon) 18:53
  • ちゃーばー #-
  • URL
★PUYOKOさん

おお、お忙しいのにありがとうございます!

そうなんです。またも雑誌ネタで騒ぎ立ててすみません(>_<)
そしてさらに引き延ばすつもりなんです(笑)

> そもそも、年季を積んだ40代に
> 等身大のファッション雑誌って必要なのかしら???

ああ、ここまで読んで
続きを読むのが怖くなりましたよ。

今日、アップする記事と共通する内容が、
もっと簡潔な形で書かれているような予感・・・

でも、ほんとにそうなんですよねえ。

実際にPUYOKOさんのブログのほうが、
どんな仕事をしてらして、何を見て、どんな料理をして
何を楽しんで、そして何を着ているか。
ずっと具体的にわかるし、学べますもんね。
PUYOKOさんの小気味いい肉声とともに。

そんな風にファッションリーダーの存在も
自分で見つけられるから、
雑誌に頼らなくていいんですよね。
むしろ雑誌のほうがみつからなかったり。

そうそう、PUYOKOさんのブログで
「ブログ界の松任谷由美」て意見ありましたよね。
わかるなあ、と思いました。

  • 2009/11/03 (Tue) 07:38
  • Carina #-
  • URL
★ちゃーばーさん

見えない怖さ、ありますよね!
ちゃーばーさんは、老眼のみ?近眼とダブルですか?
私はド近眼とのダブルだから、
遠いとこも近いとこも見えないですよ~。

視力の衰えで見えなくなるんじゃなくて
他人の目に紗がかかってくれて、
シワが見えなくなればいいのに(笑)
うまいこといきませんねえ。

> 独特な個性で浮こうが無視する路線の自分になるのか それとも流行にある程度乗れる自分でやっぱりいたいのか・・・難しいのです・・

その感覚、すごくわかりますよ!

その二つの間を振り子を左右に振りながら、
ああでもない、こうでもないと考え、悩み、
いつか結論が出るのでしょうか。

てかでなくてもいいのかな。それが加齢の味わい??

40代の皆様・・・美容院に行っても雑誌見れる間は老眼もセンスもOKかもですよ!

ちゃーばーさん。40代にエールを送っているのか、
いつか美容院に行っても雑誌が読めなくなると脅しているのか(爆)
ビミョーな応援、ありがとうございます(^O^)/

  • 2009/11/03 (Tue) 07:57
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する