グーグルが暴く!?妻の本音。

何はともあれ、
まずは、こちら↓をご覧あれ。

ひょえ?! 『Google』で「夫」のあとにスペースを記入すると!

すごいですね。

リンク先へ飛ぶのが面倒な方のために、
こちらにも記しましょう。

<『Google』で夫とスペースを入れると出る検索予測>

・夫 死んで欲しい
・夫 嫌い
・夫 小遣い 平均
・夫 言葉の暴力
・夫 小遣い
・夫 呼び方
・夫 死亡 手続き
・夫 うつ
・夫 失業


もっとも多いのが、

夫 嫌い 2190000件。

漢数字にすると、二百十九万件。

夫 嫌い
と入力して、
自分と同じように
夫を嫌いな「同嫌の士」を探しているのでしょうか。

ただただ、どうしようもなく夫が嫌いで
グーグルの検索窓に思わず
「夫 嫌い」と入れてしまうのでしょうか。
せっぱつまった検索です。

必死の検索。
恨みの検索。

ともいえるでしょう。

逃亡寸前の検索。
爆発寸前の検索。

ともいえますね。

でも、どうなの?
大げさじゃないの?

そう思うでしょ。
私もそう思って実際にやってみました。

ありゃりゃ。

夫のあとにスペースを入れると
ほぼ同じ検索予測が表示されましたよ。

ちなみに、妻とスペースを入れてみると、


グーグル


妻 誕生日プレゼント
妻 プレゼント


という言葉が、

雪の夜の灯火のように
はかなくも暖かい一条の光を放っています。

妻 謙譲語
妻 焼酎(51万8000件!)


うん。この妻なら、私、友だちになれそうです。


もちろん女だけが冷酷で、

男だけが愛情深いわけじゃない。


妻に「死んでほしい」と検索される夫は、
検索窓に「妻」なんて
入れたこともないのではないでしょうか。

もしかしたら
毎回、毎回、恐ろしくプレゼントがはずれていて、
「こんな夫、死んでほしいっ!」と妻が思い、
「どのプレゼントなら喜ばれるのか!?」と
夫がすがる思いで検索しているなんてケースも
ないことはないかもしれませんが(ないと思うな)。

しかし、今年の女たちは、
プレゼントそのものにも期待していないようです。


景気後退で夫婦愛はさらなる危機に!?



追記)この記事を書いてから 『Google』検索フォームに「妻」を記入すると絶望的な事実が判明するという続編記事の存在に気付きました。本日の記事です。
一般的な男性の感想はこちらで、どうぞ。


【関連記事】
幸せのコツは、ほどよい距離感?



関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

私も思わず、”うひょ~ほんと!?”ってびっくりしてしまいましたよ。

男脳女脳なんてのが昔流行りましたが、そういう
男女の気質の違いが結婚生活でのひずみを作る一つの要因になったりするのかな?

結婚後男は帰宅し巣に戻ると安心しちゃって会話とかプロセスとかそう言う事に無関心になり奥さんに対しても配慮が行き届かなくなりますよね。
それに対し雑事担当の妻に不公平感が募り
だんだんフラストレーションが溜まりついには怨念が出てきて例の検索へと・・・・・
鈍感な旦那への密かなる復讐なんでしょうな。

一方男は相変わらず鈍感で妻のプリプリの理由が
解らないだから、なんかごきげん取る為に
どうしようかと、例の検索になるのかな。

結婚しようがしまいが、親しき仲にも礼儀あり。
やっぱり感謝の気持ちとか、思いやりとか
忘れちゃいけませんね~

  • 2009/11/10 (Tue) 20:35
  • あっころ #-
  • URL
No title

どうでもいいと思わないと
やっていけないんじゃないんじゃないかとww

分かり合える幻想を抱きながら

  • 2009/11/10 (Tue) 23:43
  • #-
  • URL
★あっころさん

こんにちは!

たぶん、検索している夫と妻が一対ではないだと思うんですよねえ。
一対だと考えれば、妻があまりに残酷で
夫があまりにかわいそうという一般受けする喜劇になるけど、
違うんじゃないかなあと。

わりにせっぱつまった状況にいる女性と
わりに妻思いの男性が検索していて。

私は、この検索候補を見て、
女性たちのなかに
不幸な結婚をした人がやはりそれなりのボリュームで存在して、
そして、言葉の暴力とかで苦しんでいるんだなあ、と感じました。

> 結婚しようがしまいが、親しき仲にも礼儀あり。
> やっぱり感謝の気持ちとか、思いやりとか
> 忘れちゃいけませんね~

そうですね!!

でも、私「夫」と何で検索しただろう。
したことないかも~(爆)

  • 2009/11/11 (Wed) 09:36
  • Carina #-
  • URL
No title

ふむ なんか凄いようで ある意味妥当だな・・・

的外れのプレゼント・・・分かるし・・・(爆)
この不景気だから 失業も頭の中をゆ~らゆら・・・うつ 誰が本当はなってるか分からない病気だしなぁ・・・

でもなぁ 分かるよ・・・・

自分の気持ちも揺れて 分からなくなる
ちょっとしたことにも動揺する
それが人間てものかもだけど 器の小さい私は揺れる

そんな中でパートナーが・・・ブチっと切れたりするし 不満も多い
男って なんて現実を見てるようで実際の生活を見てないんだよ?とか思うもん・・・

でもさ 親だって子供だって血が繋がってたって別の人間 個性がある
まして 他人様で 長く誰かの子供だったパートナー
三つ子の魂とやらもあるだろう・・・


それに いくら思っても言っていいことじゃあないから・・・他人には口に出さないけど
ネットなら 検索なら 思っただけでの打ち込みなら・・・
世の中 愚痴の捨て所が無いってことだけかもしれない
それだけ カウンセリング的町内的な人のつながりが減ったから愚痴を聞いて貰えないからかもだし・・・


友達が 死にたいくらいつらい時に 検索のスペースに打ったそうだ

「死にたい 助けて」と・・・何が出たかは聞かなかったけど・・・その先に 私がいたらしいけど(爆)

  • 2009/11/11 (Wed) 09:37
  • ちゃーばー #-
  • URL
Re: No title

コメントありがとうございます!

分かり合えるという幻想を抱きながらですか。
なるほど。

  • 2009/11/11 (Wed) 09:38
  • Carina #-
  • URL
★ちゃーばーさん

コメント、即効返しになってる感じ(*^^)v

> 世の中 愚痴の捨て所が無いってことだけかもしれない
> それだけ カウンセリング的町内的な人のつながりが減ったから愚痴を聞いて貰えないからかもだし・・・

なるほどねえ。そうかもしれませんねえ。

あっけらかんと愚痴を言える場所って必要なんでしょうね。
「ねえ、聞いて聞いて」で始まってひとしきり
あーでもない、こーでもないって愚痴を言って
あーだ、こーだとしゃべくって
「んじゃ!バイバイ!」ってすっきりして帰れる場所。

なじみの喫茶店なんて場所もなくなってきてますもんね。
スタバとかになっちゃって。
カフェってグチは似合わないもんなあ。
打ち合わせは似合うけど・・・。

ちょっとネガティブな感情を
上手に持ち寄って、
それを、適度なプラスに転化できる場所が必要なんですね。

思いっきりプラスに転化されても重いし、
適度に、適度に。

お友達の話、そうかあ。そういう検索もあるんですね。
検索は、欲望の集積と思っていたけど、
救済のメッセージでもあるんだ。

  • 2009/11/11 (Wed) 09:47
  • Carina #-
  • URL
No title

可笑しすぎます~。

  • 2009/11/11 (Wed) 14:36
  • Yさおり #tHX44QXM
  • URL
No title

こんばんは。
日本の男女の人間模様が浮き彫りにされているような・・・。
そんなわたくしも・・・

そんな理由かどうかは話すと長いので(笑)
シングルになりましたぁ。

でも女の人の方が感情的な生き物であることは
間違いないようですね!
いいか、悪いかは別として。

  • 2009/11/12 (Thu) 00:07
  • yoshiko #-
  • URL
★Yさおりさん

こんにちは!

さおりさんにサラリと流されると
なんか深いですねえ。

すっぱりと決別して
次の一歩を踏み出してらっしゃいますもんね。

それぞれの生き方を選んだ女性の
それぞれの見方があるんだと思います。
この検索候補には。

  • 2009/11/12 (Thu) 16:17
  • Carina #-
  • URL
★yoshiko さん

おだやかで深いコメント、ありがとうございます!

コメントのお返事になっていませんけど、
yoshikoさんのブログでのユニクロショッピング、20分間はすごいですねえ。
決断の早さがすばらしい。

私もこの日曜に行きましたが1時間くらいいて
3着購入。長っ(笑)

ベージュのカシミヤセーターとべロアっぽいジップアップのパーカーと、
そしてフリース!←なんと同じでした~(^O^)/今、部屋で着ています~。

  • 2009/11/12 (Thu) 16:31
  • Carina #-
  • URL
No title

実は私も9日に「夫 」と入力して驚いた者です。

ちなみに私は「夫 」の後に
「借金」と入れたのですが・・・(涙)

  • 2009/11/12 (Thu) 16:32
  • Sad #-
  • URL
★Sadさん

コメントありがとうございます!うれしいです。

おおお、なんてタイムリー。

夫の後に「借金」ですか。
私たち夫婦も、30代は何百万単位で借金があったんですよ。
このブログにも書いていますが、
お互いにまったく家庭を顧みなかったからです。
私が演劇なんてものをしていて、
すごくお金がかかったというのもあります。
一種の道楽ですね。

その後、夫は独立して会社を始めたので、
今も決して安定した状況ではなく、
一般の40代後半家庭より貯えはずっとずっと少ないです(断言)。

なんて私のことを書いても何にもなりませんね(^^ゞ
また、こちらのブログにも息抜きに来てくださいませ。
お待ちしています。

  • 2009/11/12 (Thu) 17:07
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する