「孤独」を豊かな時間に育てたい。

昨日、日が暮れる寸前に、
「ああ、もうこんな時間だ」と
南側のリビングのソファから、よっこらしょと立ち上がり、
北側の子ども部屋のカーテンを閉めようと
マンションの細く薄暗い廊下を歩いていったら、

その5メートルにも満たない移動中に
わが心に変化が現れましたよ。


平常心から


↓ 急転直下


孤独感。



寂しいな。

人恋しいな。

やるせないな。

みたいな感情へみるみる変化したのです。
何があったわけでもないのに。


皆さんはそんな経験ないですか。


でもってカーテンを閉めながら、
何の気なしに窓の外に目をやったら
ペリカン便の60歳はとっくに過ぎていそうなオジサンが
車の扉をバタンと閉めて、
みかん箱を抱え直して手早く体勢を整え、
ワッセワッセと走っていて、
その老体に鞭打つといっては失礼だけども、
それでも決して楽ではないだろう仕事に精を出す姿に


こんなとこで、私、

カーテンなんか閉めてていいのか。



という自問自答モードに拍車がかかり、


そもそも、こんな人生でいいのか。


なんて約半世紀に及ぶ我が人生を改めて問い直すという
大事業にまで発展しそうな気配。


いかん。いかん。
思わず首をブルブルと振りましたよ。


そういえば、認知症の母も
夕暮れになるとホロホロと泣くんだけど、

私のこれも夕暮れ症候群ですかね。一種の。

もしくは、更年期ウツ??(シュン)


でも、

こんな感覚の先に

年をとってからしかわからない

「豊穣な孤独感」とでもいうのかな。

そんな味わいが待っている気がしないでもない。



な?んてことを考えていたら
1939年生まれの長田弘氏の詩集「世界はうつくしいと」
うつくしい一節をみつけました。


気がつくと、いつか、夕暮れがきている。
夕暮れという、鎮まる時間が好きだ。
束の間の、その時間のすきまから、
音もなく、影と、沈黙が滴ってくる。   


皆さんはどんな夕暮れを過ごしていますか?

                       
【関連記事】
山ほどあるよ?。年をとる楽しさ!

こちらから過去記事一覧もご覧になれます。

★ファッション部門「ミセス・ヤングミセス系」で引き続き第1位!
いつも応援していただき、ありがとうございます。
引き続きクリックいただければうれしいです。


にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ



関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

素敵なポエムですね。
夕暮れの沈みかけた太陽をきれいと見るか寂しいと見るか、それを見る人の年代と気持ちによっても美しくも、わびしくも見えますね。
思うに40代、50代(これは私のこと)は日時計で例えると、3時と4時位でしょうか。お昼の盛りを過ぎて日差しも弱まり、やがて日没までの静かな時間とでも申しましょうか。もちろん、そうではない夜型の方もおりましょう。
基本的には人は最終的には死という孤独を抱えて生きています。中年以降(ここでのかような表現、許されますか?)は人生の折り返しを過ぎて、今まで生きてきた時間よりも確実に残り少ない時間が気になり出すのだと思います。誰にでもあります、理由のない、ただ漠然とした孤独感は。何かの拍子に意味も無く頭を過ぎります。
なんだかものすごく深刻なコメントになってしまいましたね。でもCarinaさん、ご安心ください。50代は更に豊穣のはずです、先に行く私がしかと実感していますから。

  • 2009/12/10 (Thu) 20:30
  • bamboo #-
  • URL
No title

一人で生まれて一人で死んでいく、
そんな生まれいずる悩みなんでしょうね・・・・
まあ、皆条件は同じだから、っと気持ちに沿うしか無いですね~

その気持ちにどっぷりつかるもよし
そうそう、うつ状態のとき暗い気持ちをありのままに書いたりしているうちに
心が楽になって行った事があります。
悩みに格好付けないで、自分に正直にするのも
良いのかな?

いやなら気分転換に音楽を聴いたり、ショッピング考えたり
お茶にしたり友達にメールしたり、楽しい事を考えたりしますね。

でもね、夕暮れは寂しくっていやね。
朝とか春とかが好きです。

  • 2009/12/10 (Thu) 21:05
  • あっころ #-
  • URL
度々

素敵なポエムとは、Carinaさんが引用された長田弘氏の詩というよりは(長田氏の詩も勿論うつくしいのですが)、Carinaさん自身の心情に共感したからのことです。・・・饒舌なオジサンより

  • 2009/12/10 (Thu) 21:58
  • bamboo #-
  • URL
No title

絶好調ですね~。
早く順位の横に王冠マークが付いたところを見たいわ。

  • 2009/12/10 (Thu) 22:39
  • 寸子 #-
  • URL
Carinaさん こんばんは

雨の日や夕方などそうでないときも、何もないのにふと急にむなしく寂しくなることがあります。読んでてあるある!と、叫んでしまいました。
Carinaさんもお忙しくしてる中、ふとした瞬間があるのですね。

あの夕方のオレンジに染まるきれいな空をみて、
今日も一日終わってしまったという焦りがあったり、
今日も一日無事に終わったというゆったりした気分で眺めたり、
いろいろな思いが駆け巡るときですね。
最近はきれいな夜の星空を眺めることも、夕陽を眺めることもなく、昔は冬の夜のオリオン座を見るのが好きだったのに、目の前のことだけをおっかけてたので、久しぶりにゆったりと夕方の空や星空を眺めてみたくなりました。

  • 2009/12/11 (Fri) 00:23
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
No title

私も基本的にはネクラ体質なので
ついつい 「人生って・・・」とか 「孤独だ・・・」とか考えるほうなんです。
とくに12月は日照時間が短いせいか、冬季ウツになったりすることもありますねぇ。

最近はどんな夕暮れ時をすごしているかというと
疲れて寝てる 買い物にいってる 洗濯物をたたんで家事してる ネットしてる かなぁ。
けっこう忙しくて 「次はこれをやらなきゃ!」と追いたてられています。 
もしかしたらこれって充実しているのかも~・・

  • 2009/12/11 (Fri) 10:01
  • ナチュラルココ #-
  • URL
No title

12月って1年の夕暮れですよねー。ゆっくり1年を振り返ってみたいです。

  • 2009/12/11 (Fri) 11:30
  • Yさおり #tHX44QXM
  • URL
No title

幸か不幸か 私はどうもね 小さい頃から入院が多くて・・・
そのせいか 夕方になると 孤独で死にたくなり 病気を憂い 晴れた朝は 呪いたくなるほど自分以外が 孤独とは無縁に見えたものです・・・

なので・・・体調の変化ってのもあるかもしれませんね!

でも この孤独感がなくなるとたぶん怖いと思う

人が1人で楽しめることの大切さ 
誰かと一緒にいる幸せな時間の素晴らしさ

これを感じることすら きっと出来ない浅い寂しい人生を・・・最後に知ると思うから!


夕暮れ 人恋しい 何かに惑わされてもいいとさえ思う 切ない孤独時間

大切に大切に・・・ 

体調も心も身体の一部 だと 知る 孤独の時間を甘やかに 過ごしてもいいなと思えます


(更年期って たぶん 青春時代と体調変化があるって点で似てるからね 心も揺れるのかもだね)

  • 2009/12/11 (Fri) 12:46
  • ちゃーばー #-
  • URL
Carinaさん、こんにちは*

「豊穣な孤独感」、、、、豊穣な人生経験を持つ全ての大人の為の、、
孤高の瞬間のひとときを思い描きました。

夕日を見ると、自分の親達と、、、
キャサリン・ヘップバーンとヘンリー・フォンダの「黄昏」の
ラストシーンを重ね合わせて思い出し、とても切なくなくなります。

、、、、そして、時には燃え上がるような夕日を一人見て、
「なにクソっ、、、、」と拳を密かに作ってみたり。(笑)

空が作る光は、どうしてこれ程までに人の心に
呼びかけるんでしょうか、、、。

私は、空に月とその光があると、月一人、自分一人みたいな
孤独感が生まれるのですが、窓の外を見ると、
各世帯の明かりが窓に見えて、皆同じように感じているのかと思い、
寂しさが消え、むしろ心が温まる事があります。
夕日とはまた違う感性を与えるのですね。

Carinaさん、シンと心に入る文章をありがとう***

  • 2009/12/11 (Fri) 15:28
  • gatto #e8aPltnE
  • URL
★bamboo さん

コメントいただき、ほんとにうれしいです。
お元気にしてらっしゃいましたか?
早くお返事したいと思いながら、遅くなってしまいました。

私の記事の何倍もbambooさんのコメントの方がステキです!

50代は更に豊穣のはずです、先に行く私がしかと実感していますから。

うん。そうだろうなあ、と思います。
この長田弘さんもそうですが、
男性作家には年をとったほうが
ずっとずっと素敵な方がいらっしゃいますね。

黒井千次さんなども、中年のころよりずっと好きです。
なんだろう。少年のような柔らかさが戻るのかな。
って私が女だから男の人がよくみえるだけかも(^^ゞ
bamboo さんもますます深みが出て、
素敵になるの間違いなしv-218
ですね。

  • 2009/12/11 (Fri) 20:27
  • Carina #-
  • URL
★あっころさん

こういうこと語らせたら、あっころさん、
いつもかっこいいよなあ。うなります。
日頃から考えているからですかね。

> その気持ちにどっぷりつかるもよし
> そうそう、うつ状態のとき暗い気持ちをありのままに書いたりしているうちに
> 心が楽になって行った事があります。
> 悩みに格好付けないで、自分に正直にするのも
> 良いのかな?

ほんとにそうですね。
かっこつけないで正直にするのもいいですね。
その間に元気になっちゃったりできて。

ねえ。夕暮れ、イヤですね。
私、逃走したくなる(笑)できればイケメンと。

  • 2009/12/11 (Fri) 20:30
  • Carina #-
  • URL
★bamboo さん

ありがとうございます~。

長田氏の同詩集に「みんな、どこへいったか」というのがあって
死んでいったかつての幼馴染たちについてのものですが
これもとてもいいのです。

年をとり、未来より過去の時間が長くなったとき
世界はこんな風にほほ笑むんだ、という感じ。
詩はいいなあと思いました。

  • 2009/12/11 (Fri) 20:35
  • Carina #-
  • URL
★寸子さん

ありがとうございます~。
メールでほんとに丁寧に説明してくださって感謝しています。

でも寸子さんこそ、すっごく慕われているじゃないですか!!
次々にファンが増えていて、いつも驚いています。
これからも面白くて、ちょっと考えさせられる記事、
期待しています♪
無理して体壊さないでくださいね!

  • 2009/12/11 (Fri) 20:37
  • Carina #-
  • URL
★Yottitti さん

うわあ、Yottitti さんもありますか!?

私、基本的に夕方は弱いです(笑)
仕事帰りには、このまま帰らずにどこかで大騒ぎしたくなるし。
犬と散歩していてもな~んかつまんないし(笑)
結局、人生が充実してないのか??

> あの夕方のオレンジに染まるきれいな空をみて、
> 今日も一日終わってしまったという焦りがあったり、
> 今日も一日無事に終わったというゆったりした気分で眺めたり、
> いろいろな思いが駆け巡るときですね。

ああ、本当にそうですねえ。

そうだ。Yottittiさんのおかげで、
オレンジに染まった空に胸がすくような幸福感を抱くこともあると
思い出しましたよ!ほんとだ、ほんとだ。忘れちゃいけないなあ。
オリオン座の季節ですねえ。今年、ちゃんと見上げていないです。夜空。
ゆったりとした気分、大事にしなくちゃと思いました。

  • 2009/12/11 (Fri) 20:42
  • Carina #-
  • URL
★ナチュラルココさん

よかった、よかった(^O^)/ナチュラルココさんにも
ネクラな要素があったんだ(笑)
ちょっとホッとするなあ。

夕方は追い立てられますよねえ。
でも私、洗濯物をたたむのが嫌いなんで(笑)
そのたたむ行為の途中なんかも、孤独モード墜落の危険ゾーン。
朝の洗濯はあんなに爽快なのに、なぜたたむ行為はこんなにさびしい!?
やっぱ何事も始めはよし、終わりは寂しいってことかな(笑)

ナチュラルココさんの充実が伝わるなあ。
ブログで、最近お仕事も忙しいって書いてらっしゃったし、
冬季ウツも更年期ウツもすーっとさりげなく
通過させられちゃうのかもしれませんね!

  • 2009/12/11 (Fri) 20:46
  • Carina #-
  • URL
★Yさおりさん

うわあ、ほんとだ~。だから私、大みそかとかにも弱いんです(笑)

私の人生、これでいいのかモードに陥りますよ。必ず。
なんか、こう、もっと冷静に振り返りたいな。
今年こそ。大人なんだし(笑)

  • 2009/12/11 (Fri) 20:48
  • Carina #-
  • URL
★ちゃーばーさん

そうそう。ブログで拝見して、
「そうなんだ。ちゃーばーさん闘病生活、長かったんだ」って
思ったんですよね。
だから、明るくて他人に優しいんだって思いました。
そうか。自分以外はみんな孤独とは無縁に見えたんだ。
「自分以外」って思えるときって弱っているんですね。
何かと闘っているんですね。

> 体調も心も身体の一部 だと 知る 孤独の時間を甘やかに 過ごしてもいいなと思えます

なんか、ここのコメントに書くのもったいない!
もっとみんなによんでもらいたいような
ありがたい文章です。

> (更年期って たぶん 青春時代と体調変化があるって点で似てるからね 心も揺れるのかもだね)

ホント、そう思います。ちゃーばーさん、いつもサンクス。

  • 2009/12/11 (Fri) 20:52
  • Carina #-
  • URL
★gattoさん

うわあ、うわあ。
なんてきれいなんでしょう。
月の光のところ・・・月一人、自分一人みたいな孤独感。
ああ、そうですねえ。
その孤独感は、なんか自分も透明になるみたいで
夕暮れのざわざわする孤独感とはまた違いますね。

ほんとだ。燃えるような夕日も、
なんか心が騒ぎますね。

gattoさんのおかげで、
心がチマチマした夕焼け的孤独から
もっと広い空の下に連れて行ってもらったみたいです。
こちらこそ心動くコメント、ありがとうございます!!

  • 2009/12/11 (Fri) 21:10
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する