「性の力」をまっすぐに見つめる。

昼間から恐縮ですが、

皆さん、幸せなエッチをしていますか?

しています。
という方も、
していません。
という方も、
どうでもいい、
という方も
そんな場合じゃない
という方も
興味津々
という方も
全力投球中
という方も

まあ、いろいろかとは存じますが、


高齢者の性、となるとどうでしょうかね。


できれば触れたくない。
否定はしないけれども、そっとしておきたい。

みたいな感じですかね。

今年の8月、読売新聞の「医療ルネサンス」に
「高齢者の性」が連載されたところ、
予想以上に反響が大きかったそうで、
岩永直子さんという37歳の医療情報部記者が
「高齢者の性・ブログ」を開いています。

12月16日付の記事は、「高齢者のピンク映画に感動」。

いまおかしんじ監督の映画「たそがれ」もとても味わい深そうなんですが
この岩永さんという記者の方の文章がグッド。

「グッときたシーン」に、かつて読んだ闘病記を重ねて
こう書いています。

夫婦の究極の秘密はセックスに関するものでしょう。
子どもにも、友人にもなかなか話せるものではありません。
二人きりで共有してきたその思い出は、
片方が亡くなると、一人だけのものになります。

この世に生まれた時から一生付きまとう人間の孤独と、
それを埋めるための性の力、
誰かとかけがえのない、
親密な関係を築くための性の力を
改めて感じさせてくれました。



性には、いろいろな雑念というか
雑情報や雑イメージがこびりついていて
私たち自身もそれに振り回されがちなものですが、
こんな風にシンプルに「性の力」という
優しくも切実な「核」を示されると


「エッチしたい」

という一言さえ、
とても自然で深い言葉になる気がします。

映画の原作者は、


「僕にぴったりの老人文化を作りたかった」


と語る、三重県の高校で倫理を教えていた65歳の男性。
(倫理ってところが渋いですね。写真はこちらです)。


自分のためのオリジナルな世代文化を

自分の手で作る。



その姿勢、断固支持したいな。


老人文化も
中年文化も
中年女性文化も
ちゃんと作らないとね。


固定観念の檻の中で生きるなんて、絶対やだもんね。
いくつになっても。


【関連記事】よければこちらの記事もどうぞ♪冬なのに夏の記事ですみません。
40代の女たち。欲望の夏をどう過ごす?

★ファッションから更年期の体の変化、心のあれこれまで!こちらから過去記事一覧もご覧になれます。

★ランキングに参加しています。
いつも応援していただき、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
引き続きクリックいただければうれしいです。


にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

Carinaさん、こんにちは~

およ!性の話に一番乗りかな?!

いまおかしんじ監督の映画「たそがれ」、本当に味わい深そう。
今は、複雑に感じても、自分自身がその年齢になった時に、
それはとても自然に考える事なんだろうな、、、。

ちょっと違うのですが、
映画「恋愛適齢期」の中で、ダイアン・キートンとジャック・ニコルソンが、
目覚めて(笑)熟年同士で奔放なベッドタイムを過ごしたり、

映画「まぼろし」の中で、シャーロット・ランプリングが
失踪した ふくよかな夫 ではない、痩せている人との情事の後、

「貴女軽いんだもの。」と言って、ベッドの中で裸で大笑いする姿は、
大人のすんごい凄みがありました。

シャーロット・ランプリング演じる、その女性は、もう失踪した夫の
「重み」も無ければ、本当の意味で満足できなくなってしまっているのですよね。
長年過ごしたパートナーならではの言葉、、、、。
ちょっと悲しい映画でしたけど。(ちょっと、それちゃってゴメンナサイ)

  • 2009/12/18 (Fri) 14:22
  • gatto #e8aPltnE
  • URL
深いですね

私が中学2年生の時、母は41歳で1番下の妹を妊娠しました。
妊娠の報告を受けたとき、なんとも複雑な思いをしました。
えぇ~~親ってSEXしてるの?!みたいな・・(苦笑)
そうなんだぁ~という思いと、なぜか不潔にも感じたんです。
今、その母よりも4つ上で・・あははなんですけどねぇ。
でも、やっぱり心のどこかに「恥ずかしいこと」みたいな認識もあるし、だけど欲求もあるわけで。
このジレンマは私たち世代で最後なのかな?とか感じてもいます。ん・・ドイツはオープンだからかな?

  • 2009/12/18 (Fri) 16:00
  • 真奈 #C9mMlKkc
  • URL
Carinaさん こんにちは~

年を老いても、ちょっと恥ずかしくて隠しがちな話を、こうして堂々と話ができるって素敵です。私たちにはまだまだ想像できないようないろいろなことを経験し、葛藤し、過ごしてきたのでしょう。年は関係なく、永遠に大事なことですね。
年寄りだからという概念を振り払って、夫婦仲良く、男女仲良く、いろいろな形での愛情の表現はあるでしょうけど、男女が求めあうことは素晴らしいことなんじゃないかなと思いました。って感想文みたいでごめんなさい。やっぱりこれも照れかしら。

  • 2009/12/18 (Fri) 16:32
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
No title

ううう・・・・一番に見つけてコメント書いてたのに・・・毎日吹っ飛ぶんですけど?なぜ?


・・・・・・たぶn 仕事せーっつう神様の声!


てか・・・・ スパム扱いされてコメント書けないですぅ 毎日・・・なんでさ!

  • 2009/12/18 (Fri) 18:57
  • ちゃーばー #-
  • URL
No title

↑ちゃーさん、私も!
エロ過ぎて跳ね飛ばされたのかと思ったよ~
何回か送信して、もし皆反映しちゃったら
エロ満載だしーーー

その場合もみなさん、生暖かく見守ってね。
もう1度挑戦しますー

  • 2009/12/18 (Fri) 19:09
  • あっころ #-
  • URL
★gattoさん

一番のり、ありがたや~(笑)

でしょ、この映画、味わい深そうでしょう。
日本のピンク映画の系譜、なかなか深いですもんね。

恋愛適齢期、覚えています!
それでジャック・ニコルソンが「避妊は?」ってことになって
ダイアンキートンが「必要なし!!」みたいに弾けるとこ。
好きです(笑)
あの映画みたいに、いったんキアヌ・リーブスと恋愛して
パリなんかに旅行も行き、愛をささやかれまくり、
そののち、年相応のジャックニコルソンに戻りたい(爆)

「まぼろし」は見ていません~。見たいです~。
シャーロットランプリング、いいですよねえ。
昨年「レミング」を見て、それでも凄味がありました。
映画の話できてハッピー♪ありがとう!!>gattoさん

  • 2009/12/20 (Sun) 09:34
  • Carina #-
  • URL
★真奈さん

こんにちは!おお私の姉が中一の時に、私が生まれたんですよ。
真奈さんの気持ち、姉とかぶるかもしれません。
すごく複雑ですよね。
わかります。その感じ。

親と性はできれば結びつけたくないですもんね。

そうかあ。ドイツはオープンなんですか!!
どんな風に?知りたい、知りたい!!(笑い)
真奈さんのブログのドイツの方の「キレイ好き」ぶりにも
驚きました!また遊びに伺いますね~。

  • 2009/12/20 (Sun) 10:01
  • Carina #-
  • URL
★Yottitti さん

コメントのお返事がすごく遅くなって申し訳ありません!
いつも本当にありがとうございます!

Yottitti さんが語ると性の問題もなんだかさわやかですね~。

年を老いても、ちょっと恥ずかしくて隠しがちな話を、こうして堂々と話ができるって素敵です。
なんて言っていただけてとてもうれしいです。

性の話題は、あんまり評判はよくないと思うのですが(^^ゞ
頻繁でなくても、書き続けたいと思っているんですよね。
私にとっては、けっこう大切な問題なんです。
やっぱり照れますけどね(笑)
今週中頃には時間があくのでゆっくりとブログにもお邪魔しますね!!

  • 2009/12/21 (Mon) 17:11
  • Carina #-
  • URL
★ちゃーばーさん

えっ!!ちゃーばーさん、毎日、書き込めないですか??本当!!
ちゃーばーさんのコメント、楽しみにしているのに困るじゃないですか。

なんでだろ?毎日、エッチなワードを入れているとか(爆)?
もう少し様子を見て教えていただけますか?
でも本当に申し訳ない。
面白いコメント書いて飛んでしまっていたら、あー、ほんと申し訳ない。
そのままコピペしといて、メールにして(ってダメか 笑)。

  • 2009/12/21 (Mon) 17:13
  • Carina #-
  • URL
★あっころさん

あっころさん、受ける(爆)
でも、その反応、うれしい(^O^)/

ああ、でもどんなこと書いてくださったのか、読みたかったです!!
○○とかにして書きこんでくださいな。
そっちのほうがよりエロいかな??笑

誰からもコメントこなかったらどうしよう・・・なんて
こんな話題のときはびくびくしているので、
うれしかったです!

  • 2009/12/21 (Mon) 17:15
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する