じいさんが、街のカッコよさを決める。

NHKの「世界ふれあい街歩き」

この番組に限っては、
じいさんやおっさんが出てくるとうれしい。
ワクワクする。

兄さんが出てきても
あんまりうれしくない。

5月14日に見た再放送「中国 松藩」編の
じいさんたちもよかった。

とくに
「ヤギを連れたおじさん」
「西門を眺めて過ごす94歳のじいさん」
がよかった。

働き者の息子の嫁さんなんかに
「お父さん、またあ。ほかにすることないんですか!」と
一喝されそうなマイペースぶりがよかった。

じいさんが、じいさんのリズムで
傍から見ればどうでもいいことに
精進している。

その風景は、
どんな都会より今っぽくて
大阪に住むオバサン(←私)の
旅情を誘う。

松藩のじいさん、カッコいいぞ。
それで、ばあさんは働きづめかい?

関連記事

スポンサーリンク



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する