その「オバチャン」、本当に必要?

「オバチャン」という呼び名に
もっとも抵抗がないというか、
積極的に受け入れ姿勢を示すのは、
小さい子どもを育てるママたちかもしれませんね。

どう見ても20代だったり、
30代前半だったりするのに、
公園の砂場に集まると、他人の子を前に
「うん?オバチャンがやってあげようか」
「オバチャンに貸してごらん」
なんて言っちゃってるもんね。

そこには、年齢に関係なく、


これからは母として生きよう!


という健気なまでの一途な心が見えて、
「まだまだお姉ちゃんでいいやん。
そんなに無理しなくていいよ」
と耳元でささやいてあげたいような気分になります。

子持ちの自覚が生む
「オバサンの前倒し」現象ですな。立派だ。

とは言うものの私の場合、
子どもを連れて公園デビューを飾った時
すでにアラフォー。
前倒しでもなんでもなかったんですけどね。

そんな懐かしい公園を
最近は、もっぱら犬を連れて通りすぎます。

うちの犬は、全身が黒くて、
ちょっといかつい印象の柴ミックス。
子どもたちは、遠巻きに見つめるだけで
あんまり近寄ってこないんだけど

ごくまれに勇気ある、怖いもの知らずの子が
滑り台の上から
「あ゛?!、ワンち゛ゃん゛っ!!」と絶叫し、
滑り台を頭から転がるように滑り落ちてかろうじて足から着地したかと思うと
いったん地面に仁王立ちした後、
「フンガッ」と鼻息荒く、前のめりで迫り寄ってくる。
(こんな子、大好き。鼻が詰まってるところも好き)
その後ろをあたふたと前のめりでついてくるお母さん。

私「触る?」
走り寄ったママ「ほらほら、オバチャンに触っていいですか?って。」
私「いいよ?。ちょっと待ってね。(犬に)お座り」

犬、座る。

私「はい、どうぞ。」
ママ「オバチャン、優しいねえ。ほら、ヨシヨシしてあげて。ワンちゃん、お利口やねえ」

子ども、顔をゲンコで軽く殴る。
犬、耐える。

ママ「はい。オバチャンにありがとうは?『オバチャン、ありがとう』」
子ども「オ゛バヂャン、あ゛りがと゛」
私「いいえ。こちらこそありがとう」
ママ「ワンちゃんにもありがとうって」
子ども 「あ゛りがと゛」
ママ「はい。じゃ。ワンちゃん、バイバイ。オバチャン、バイバイ!って」
子ども「バイバイ」
私「バイバ?イ。またね?」



一点非の打ちどころなし!


礼儀正しいお母さん。
元気な鼻づまりの男の子。
近所に住む優しい女性。(←私)
そして、なるほどそんな人に飼われているだけのことはある
賢い犬。(おいおい)


でも・・・ごめん。ちょっと、いい?
ほんとに、ほんとに人間が小さくて恥ずかしいんだけども、
善良な親子に難癖つけるようで心が痛むんだけども、


そんなに「オバチャン」連呼する必要、あるかな?


数分の会話に、こんなに「オバチャン」入れないとダメかな?



わかってる。わかってる。わかってます!
48歳。オバチャンです(キッパリ)。


でもね。

さっきの会話、「オバチャン」を挿入しなくても
全然いけると思うんだな。
話、通じると思うんだな。


「オバチャン」はもちろん「オバアチャン」も

もしかしたら「オネエチャン」だって

知らない人には無闇に使わないほうがいいのかも。


って私の器が小さいだけかい?


【関連記事】
本格化!40代が若者の時代

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から読んでいただくと面白いですうわめづかい

★気に入ったら応援クリックしていただけるとうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

そーよ!そーよ!

私も経験有ります。そしてそんなリピートママは必ず見た目老けてるから、よけい腹が立つのでございます!!

初めてコメントするのに興奮しててすみません。
いつもブログ楽しみにしています。
Carinaさんの文章は読んでいてスッキリします。再開もとても嬉しいです。

No title

Carina様

こんにちは。
最後まで、問題がなんなのか分からなかったわたくしって、もう、「おばちゃん」慣れしちゃってるのかも・・・(泣)
そういえば、自身で「先生が・・・」を連呼してしまったり、「ママが・・・」を言い過ぎている事って多いのかもしれませんね・・・
さすが、Carina様、観察眼が鋭いわ♪
↓の記事での姿勢・・・正しい姿勢・・・思わず立ち上がってやってみました!胸よりお腹の時点で既に負けました・・・
骨盤バンド、つけていると、スッと伸びる感じがいいです♪今まで意識していなかったけれど、大事なんですね~♪正しい骨盤の位置!

それでは、また~、ごきげんよう~    蘭子

  • 2010/03/03 (Wed) 13:35
  • 蘭子0358 #-
  • URL
ばかやろー!

すみません、はじめまして。
いやー激しく同意して初書き込みなんです(笑)
おばちゃんかおばあちゃんかおねえさんか、あなたに決められたくないわよ!って言いたくなりました。
私は40過ぎですが独身(子ナシ)なので、おばちゃんと言われたらキレます。・・というのが傍目にもわかるようで、子連れの友人や姪っ子も私のことは名前で呼ぶように事前にしつけられていました(○○おねえちゃん)
実際、子供さん、お孫さんがいる人は慣れがあるかもしれませんが、私がいくら見た目オバチャンでも、言われたら「今なんつった?」って言いたくなります・・・(未熟者)
通りすがりの人が相手でも、配慮が必要だなと思います。

  • 2010/03/03 (Wed) 14:30
  • **joy** #tNWRMRN6
  • URL
No title

何歳になってもね オバチャンとかという まるで「アレとって」状態な代名詞はダメですよ・・・(きっぱり!!!)

90をはるか超えたねって女性が患者様にいましてですね
その方を当院ドクター達は必ずのように氏名ではなく「おばあちゃん」とか「お母さん」とか呼ぶわけです・・・
それが もの凄く嫌だと抗議意見を頂きましたさ(汗)

あるいは まだ61歳な女性が 年上ドクターから「おかあさんと呼ばれてショックで悪化する」とも言われました・・・

ドクターからしたらね あれは 名前を間違えるよか 代名詞代わりに使ってるだけなんだろうけど・・・・
ダメだね あれは テンション下がる!!!


もって 器ではなく オバチャンは代名詞!
個を示してはいないので・・・・ そういう場合はどうするか・・・・


名前を知っている場合はそれを使用させて頂くのは当然!
分からない場合は・・・ あえて 主語を抜く!


日本語は主語抜き得意な言語なり!!!を生かしておくのも エチケットなりとふと思うのでありました!

  • 2010/03/03 (Wed) 15:19
  • ちゃーばー #-
  • URL
No title

Carinaさん復活!うれしい~^^!

ところで「オバチャン」・・・そうなのかー。
私はなんとも思わない派です^^;

結婚当初、義姉が気を使ってくれて、姪っ子たちに私のこと「お姉ちゃん」と呼ぶようにしつけたんですよ。
私は当時からオバチャンと呼ばれて何の差し支えもない気持ちだったんですけどね。
当時、私23歳、姪っ子は5歳と7歳でした。
以来、今でも25歳と27歳になった姪っ子たちは私のことを「お姉ちゃん」と呼んでくれますけど・・・なんだか逆に気恥かしい^^;
ちなみに夫のことは「おにいちゃん」と呼んでくれるんですが、夫50歳ですヨ!
我が息子たちがいつも笑います^^;
まぁ、姪っ子や甥っ子から呼ばれるのと見ず知らずの人から呼ばれるのとでは違うでしょうけど・・・それでもやっぱり私はなんとも感じない派だな~。
これってどういう感覚の違いなんでしょうかね???

  • 2010/03/03 (Wed) 15:21
  • ヨウコ #IwiPhfUQ
  • URL
I am a Lady !

おばちゃんという言葉って、親しみを込めた面があると同時に、相手の方に対するリスペクトに欠ける面もある気がします。
危険をはらんだ言葉だと思うので、私はこれまで「使わない派」でした。
そして今、「使われたくない派」のお年頃です。

女性は永遠に乙女!

(>д<)/

  • 2010/03/03 (Wed) 19:45
  • まいまい #K0v2UoR6
  • URL
No title

Carinaさん

お久しぶりね。

PUYOKOもヨウコさんと同じで呼び名なんかどうでもいいタイプだわ。
だって、幼稚園生からみたら20歳でもオバちゃんだし、
お婆ちゃんからみたらオバちゃんは若さの代名詞だし。

そもそも、皆さんったら何でそこまで若さにしがみつくのかしら??
若いことがいいことだっていう感覚が根本的にわからないわ。
もちろん体力や健康面では若さに勝るものはないけれど。
年齢を重ねること=老いとか衰えじゃないと思うわ。
PUYOKOは47歳の今でも成熟した大人に憧れ続けているから。

それより近年オッサン化してることの方が問題だわよ(笑)

  • 2010/03/03 (Wed) 21:37
  • PUYOKO #oM6tt0T6
  • URL
No title

お久しぶり~。
寸子の休刊と同時にCarinaさんの復活だわよ~。
落ち着きましたか?
寸子は今、ヒーヒー言ってるズラ。

ところで久々のコメントですが、寸子もヨウコさんやPUYOKOさんの意見に賛成だわ。

そもそも日本語は曖昧な言葉が多いのよ。
おじさん、おばさんって、単に自分よりも年上とかだけではなくて、代の違いを表す場合もあるのよ。
ヨウコさんのご主人様の甥っ子さまたちではないけれど、特に親戚の場合は、年が若いからではなくて、言葉を覚えた頃から「叔父さん」「伯母さん」と教えていれば、この人達と自分とがどんな関係なのかも自ずと分かってくるのよね。

最近は核家族と少子化で、親戚ではあっても、自分とどんな繋がりの親戚なのか分からない子が多い。
何でも一言「親戚」で済んじゃうから。

寸子の子供が生まれた時、寸子んも弟は27歳の独身だったけど、お兄ちゃんなんて呼ばせず「おじさん」と初めから呼ばせたわよ。

今回のCarinaさんの記事のような場合、もしも近所の親子で互いに名字を知っていたとしても、そんな小さなガキに「山田さん」とか「寸子さん」なんて呼ばれる方がしっくりこないわ。

日本は「おばさん」「おばちゃん」と言う呼び名を軽視する傾向があるけれど、お隣の韓国では、知り合ってまだ日が浅く、相手の年齢がわからない時は「お姉さん」「おばさん」などの、自分よりも年上の人を呼ぶ時の呼び名を使うのよ。
これは年上の人をたてる国であり、尊敬の念を表しているそうよ。

寸子にしてみれば、相手を軽視する時に使う「オバチャン」も、酔っ払いのオッサンが「チョッと、オネ~チャン」って呼ぶのも、対して変わらないと思うけどな~。

  • 2010/03/03 (Wed) 23:10
  • 寸子 #-
  • URL
こんばんは

ご無沙汰しておりました、bambooです。覚えておられます?お若い方々に混ざってコメントするのは気恥ずかしいのですが久々にお邪魔しました。
なるほど、Carinaさんは元劇作家(?)だけあって、日常のさり気ない出来事も素敵なポエムに仕上げてしまう、私はそう感じています。
特に後半の赤字の部分、圧巻ですね。
鼻づまりのガキに殴られても牙もムカずにじっとお利口にして耐えたという愛犬君、お姉ちゃんママからの「オバチャン」連発にも「こちらこそありがとう」と笑顔で答えたという近所に住む優しい女性、共に大物ですな、そう思います。








  • 2010/03/03 (Wed) 23:40
  • bamboo #-
  • URL
No title

追加して 自分のことを言うと・・・・

17歳で姪っ子がいたので すでに「オバチャン」でしたけど?慣れすぎて何も思わなかった

歳の離れた兄がいると こういうこともありでしょ?
それに1歳児からみたら 立派にやっぱり オバチャンなんだろうしなぁ・・・と思ったし・・・(爆)

今 姪っ子たちは 自分の母親も身内もすべて名前で呼ぶので 私も名前に昇格(?)しましたが?
*これは あまりにオバチャンやおばあちゃんが増えたためややこしいので名前になったってこともあったようです!


固有名詞を使われるほうが少し知り合えば嬉しい!
覚えててくれたんだと嬉しい・・・

でも 少し知ってる人間に代名詞代わりに使われる 「オバチャン」や「おばあちゃん」「お母さん」は・・・よほど特定されてない限り嬉しいとは思わないかな?

知らない誰かにオバチャンと呼ばれるのは良しとしよう
あ もう 私はオバアチャンでした(汗)

気にとめなきゃ 意識に沁みない・・・・・イメージ外のことは 軽いものとして流そう!
オバチャンて呼ばれたと気付かないレベルにいりゃ オバチャン化へ移行しないと思うし・・・と妄想(爆)


オバチャンなんざ 軽い部類ですもんさ!

身内じゃない見知らぬ他人に 「おばあちゃん」て呼ばれるショックよか いいと思うね(爆)
さすがに これを言われた日は一生忘れないと思うよ・・たぶん(涙)

  • 2010/03/04 (Thu) 08:30
  • ちゃーばー #-
  • URL
こんにちは

いつも読ませていただき感謝です。

「オバチャン」サイドにシフトして久しい私ですが、
言う方、言われる方、どちらの気持ちもわかる気がいたします。

このケースの「オバチャン」は、
顔見知りでない女性間の、ちょっとした、でも放置すれば
間違いなく不快な隙間を埋めるため、
手近な語彙でもって好意的に多用されたように
私には思えます。
もうちょっと感じのいい言葉があるといいのですが。

carina様が前に書かれていた「マダム」で
置き換えていただくのはいかかでしょうか!?

  • 2010/03/04 (Thu) 08:48
  • Sad #-
  • URL
あはは~

Carinaさ~ん、今日も楽しい記事をありがとうございます!
記事を読み進めて、あ、最後にこの落ちが、、、きそう、、、きそうだな、、、

キターーーーー!!! と、大喜びしておりました。(笑)

どう呼んでいいのかな~と言う部分が言う側にもあり、これが無難なセン!が
「おばちゃん」だったのかもしれませんが、(あとは、この状況の中での
条件反射的に)私も、絶対、この手の出来事の後は友人に言うだろうなあ。

「オバちゃん、オバちゃん、連呼すなーー!!」って、握りこぶしで、
山崎邦正風なキレキャラで(、、、、例えが微妙ですみません)

  • 2010/03/04 (Thu) 09:04
  • gatto #e8aPltnE
  • URL
No title

はじめまして。
いつも楽しく読んでます。

私は先日はじめて見ず知らずの子どもに「オバチャン」言われました。
めちゃネタにしてふれまわってます。

見ず知らずの、というところが。
知り合った仲の呼称としてではなく、たんなる代名詞のオバチャンは、いわゆる「オバチャン」なイメージ。
「おばさん」じゃないほう。
私って、そっち側?!と子ども相手でもちょっとガクっときました。

大人が連呼はツッコミの対象です(笑)。

  • 2010/03/04 (Thu) 19:41
  • 豆球 #-
  • URL
No title

こんばんは、そしてお帰りなさい(^^)
再開を楽しみにしておりました。
いやぁ、相変わらずするどい洞察力ですね!
私も最初の子供を育てている時、
初めての「おばちゃんにね・・・」
には少々とまどいました。
心の中は、子供産んだらいきなりおばちゃんに
変身するの?って感じで(笑)
今は「おばさん」より「おばちゃん」のほうが
いいかな~?なんて思いますけど。
ダイエットしなくちゃと強く思えば思うほど、
太っていく今日この頃です(笑)

  • 2010/03/06 (Sat) 02:07
  • yoshiko #-
  • URL
No title

carinaさん、とても面白い問題提起でしたね~

コメント欄を読んでいて立場によって、その言葉への反応が違う事が良く解りました。
私は子供などに言われるのは何でも無いのですが
大人だとちょっとがくって来たりもします。

既婚であればまあ甘んじて受け入れる気持ちも
沸くけど、未婚ならやっぱりすごく抵抗感も
あるでしょうね、
それは若さへの執着とはそういうものとは違う
と思います。

これだけ敏感になる言葉だから、本当に
気をつけないといけませんね。
旦那に私ぐらいの人にどういうの?
って聞いたらやっぱりおばさんって言う必要が無いなら言わないよって言いましたから
別にあえて言う必要ないのかな。

  • 2010/03/06 (Sat) 11:47
  • あっころ #-
  • URL
No title

★ユカ子さん
コメントありがとうございます!
いつも読んでいただいているなんて、
めちゃうれしいです。励みになります。
早くお返事しなければならぬ!と思いながら、
遅くなりました。すみません(>_<)

そうなんです、そうなんです。わかっていただけました??
なんかね。そのお母さん、無邪気に「オバチャン」と呼べるほど
若くないというか・・・(^^ゞ
ビミョーな違和感を感じたんですよねえ。
こういうのってほんとビミョー。
自分も気をつけないとなあと思いました。

★ 蘭子さん
ああ、そうか。蘭子さんは、すごく優しいんだなあ。
私より心が広いんだと思います。
コメントからもその気遣いが伝わりますもん。
私はね、広いふりして実は狭いんです(笑)
はっきりいって未練たらしいんですね。

でも、それだけでなく、私の書き方がおおざっぱだったのかもしれません。
どの部分にビミョーな違和感を感じたか。
ちゃんとかけていなかったんだなあと反省しています。

急に話が変わりますが、骨盤の位置ですよね!
ヨガでもそこ、すごく習いました。
ここがずれると体も色々不調が出てくるし。
気をつけましょうぞ。お互い。

★**joy**さん
コメントありがとうございます!

私と同い年の友人も
35歳のころうちの娘に「お姉ちゃんよ」と強要していました(笑)。
今では48歳になり、
うちの娘も「お姉ちゃんはどうかな?」と思うのか、
名前で「○○ちゃん」と呼んでいます。
この友人のように「オバチャンを断固拒否する」ってのも
ポリシーのある見事な姿勢だと思っています。
彼女は、そのかわりつねに平等というか、
対等の立場でうちの娘に接してくれたので、
うちの娘にとっては「ちょっと不思議な大人の女性」であり、
「相談相手」として存在しているように思います。
いろんなこだわりと生き方の女性がいる。
その多様性が素敵だと思いたいな。

おねえちゃんでGO!>JOYさん

★ちゃーばーさん
そのおばあちゃんの気持ち、すごくよくわかります。
お医者さんや、介護関係の方で
「おばあちゃん」「おじいちゃん」を多用する人は、イヤ。
猫なで声も幼児扱いもイヤ。

善意のなかにビミョーに優越感が潜んでいる。
それが一番イヤ。

ちゃーばーさんが言うとおり、主語抜きに賛成だなあ。
「あの・・・すみません」でいいじゃないですか。
口のなかでモゴモゴでいいじゃないですか。
個人名がナチュラルに言えるまで主語抜き、に賛成♪

★ヨウコさん
うわあ、やっぱり私の書き方があいまいなんですよねえ。
ヨウコさんのコメントでわかったわん(>_<)

私も甥や姪、さらには近所の子どもたちから
「おばちゃん」と呼ばれることに抵抗はないんですよ~。
てか、「おばちゃんが」「おばちゃんに」と
おばちゃん奨励的行動をとっていると思います(笑)

ちょっとやりすぎかも(笑)

この場合、気になったのは、
このお母さんの態度のビミョーなところなんです。
大人と大人のコミュニケーションとしてどうかな??みたいな。
私が細かいのか(>_<)

★まいまいさん
そうなんですよねえ。

すごく親しみを感じさせる言葉だけに、
魅力もあるけど、
どうしてもリスペクトには欠けちゃうので
親しく人に使うときは配慮が必要ってことでしょうか。

「オバチャン」と呼ぶかどうか以前に
コミュニケーションの姿勢の問題かもしれませんね。
そう考えると、深いですね~。

★PUYOKOさん
あ、でもでも、私がもし小さな子どもを連れていたとして
公園でたまたまPUYOKOさんに会ったら、
私は(現実には私が年上ですが(^^ゞ)例として)
「おばちゃんにありがとうって言いなさい」なんて決して
言わないと思うんですよねえ。

もちろんPUYOKOさんが
まったくオバサンっぽくないからなんですが、
(てことは、私がオバサンっぽかったか? 笑)
できれば、PUYOKOさんと
「母」と「近所のおばちゃん」以上の話がしてみたいと思うから。

安易に大人が大人を「おばちゃん」って呼ぶのは、
個人としての関係を閉ざしちゃう気がするんですよね。

★寸子さん
お忙しい中、コメントありがとうございます!

やっぱ、私の書き方が未熟だったんですね(>_<)
寸子さんがコメントの最後に書いてらっしゃることと、
私が記事の最後に書いていることは、
たぶん、同じような意味だと思うんですよね。

関係を示す「おばさん」「おじさん」は
私も必要だと思っているんですよ。
あ、でも、私、それでも
「おばさん」と言われるたびに、
十分、受け入れつつも、
ほんのかすかに傷ついているかも(笑)
かすかに、かすかに、心が痛いかも。

ほんの少しだけど。覚悟が足りないのでしょうか(>_<)

★bambooさん
お久しぶりです!
以前、メールいただいたお返事に、私、
ぶしつけなことを書いちゃったのでは??と反省していたんですよ~。
だから、コメントうれしいです(^^)v

そして、そして、いつもありがとうございます。
できるだけリアルに状況が伝わるように
書いてみたいと思っているのですが、なかなか・・・。
道は険しいです~。(どの道なんだ?? 笑)

また、お暇なときにコメントくださいませねm(__)m

★ちゃーばーさん

見知らぬ人におばあちゃんと言われる恐怖??

ということなら、
→→私の最古記事を見よ(爆)

泣きましたよ~(>_<)
「おばちゃん?おばあちゃん?」だもん(笑)

2回も楽しいコメント、ありがとう~♪

★Sadさん
お久しぶりです!お元気でしたか?

Sadさんのおっしゃる通りですねえ。
そのお母さんも好意的に多様されたんでしょうね。
Sadさんのコメントを拝見してわかったんですが、
私、そのお母さんに少しでも
目礼とか、目くばせがあれば、
「オバチャン」で全然オーケーだったんだと思います。

あと最後に息子さんへの命令でなく、
彼女自身の口から
「ありがとう」と一言あれば、
それでオーケーだったんだと思います。
彼女の腹話術的コミュニケーションがいやだったのかも(笑)

★gattoさん
いやあ、gattoさん、その節はお世話になりました。
なんとか立ち直っています!

「オバちゃん、オバちゃん、連呼すなーー!!」って、握りこぶしで、
山崎邦正風なキレキャラで(、、、、例えが微妙ですみません)


受ける~(爆)
ザキさん風ね!それだ、それだ。

★豆球さん
はじめまして。コメントありがとうございます!
お返事がめちゃくちゃ遅くて、すみません(>_<)

ああ、豆球さんの気持ちわかります~。
そんなときは、私の最古記事をぜひお読みください(笑)
小1の子に「おばあちゃん?」ですよ。
泣いた(>_<)倒れた(>_<)

大人が連呼はツッコミの対象です(笑)。

連呼、これもポイントだったんですよねえ(笑)

★yoshikoさん
こんにちは!
お忙しい中、遊びに来ていただいてありがとうございます。

ああ、そうですね。
「おばちゃん」にはせめて親しみがあるけど、
「おばさん」って(>_<)なんもないですね(笑)
私たち、こうやって小さな違和感を感じながら
本意でない呼称を受け入れ、
そうして老いを受け入れていくのでしょうか??

え?え?yoshikoさん、ダイエット必要ないのでは??

★あっころさん
ありがとうございます~♪
最後にビシッとまとめてくださってるみたい。感謝。

ほんとですね。
それぞれの立場で感じ方も考え方も違う。
それでいいんですよね。
もう少し、このオバサンネタ考えてみようかな(笑)

旦那様のそのお返事、絶妙。
いいご夫婦だ。

  • 2010/03/13 (Sat) 10:17
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する