不自然な若さは、なぜ不気味なのか。

限りなく人間に似たロボットを作っていくと、
ほとんど実物と変わらなくなる時点で突然、
そのロボットにゾッとするほどの
嫌悪感を感じてしまうという「不気味の谷」現象。

ロボットに限ったことでなく、
コンピュータグラフィクスの世界でもいえるようで
映画「ファイナルファンタジー」や「ベオウルフ」が
もうひとつ、ヒットしなかったのも、
この「リアルすぎる恐怖」が災いしたとか。

なーんて、珍しく理系な切り口で攻めていますが、
先週、言語学の偉い先生にインタビューしたときに
初めて知ったことです。

そして、その帰り道。

エコバッグを忘れたため、
スーパーの袋2つと仕事バッグを抱えて歩いたら、
グルグルにねじれて極細になった袋のひもが
指や腕に食い込んで痛いやら重いやら。
道路に2つの袋をドサッと起いて
「あ?、帰ってご飯か。めんどくさ?」と
道路に仁王立ちしたままタメ息ついて
右手と左手の荷物を入れ替えようとした、その瞬間!


はっと、ひらめいたんです。
(↑スーパーの袋食い込みによる修行効果か)


それは、ロボットに限ったことだろうかと。


ほら。ほら。

プチ整形などを上手に重ねて
若さと美しさをキープしてきた女優や歌手が、
ある一線を超えて「不気味」に転じる瞬間とか。

そこまでいかなくても
プチ整形などを上手に重ねて
若さと美しさをキープし、
20代後半にしか見えないような女優や歌手が
かすかに、しかし明らかに与えてくれる
「なんとなく居心地の悪い違和感」とか。


アンチエイジングにも「不気味の谷」がありはしまいか。


やや無理やりだけども、
以下の文章の「実物」を「若者」に変えて読んでみると、
「あるんじゃなかろうかね」と思わないこともないですよ。


ほとんど実物(←ここを若者に、ね)に近い人間は
死体のように見えて不安になるのかもしれない。
あるいは、われわれの脳が持つ、
仲間を認識したり、病気を避けたりする仕組み
――気の毒な仲間や病気の人を即座に見分けるためのもの――
に作用するのかもしれない。

リアルすぎる不安:『不気味の谷』現象をサルでも確認より


あまりにもよくできた人工って、どこか死の香りがするんだね。
(それを見抜くサルも人間もすごいなあ)


【関連記事】だからといってオバチャン化するのも…どうしたらいいの!?↓
ヘタな節約が招く「オバちゃん化」

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
年をとるって滑稽で哀しくて面白いな?と思っていただけたらハッピーうわめづかい

★これからも小さなネタからこつこつと!応援していただければうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク



コメント

整形って分かりますよね~♪

Carina様

こんにちは。
連コメです。
叶恭子様でも感じるんだけど、整形したり構いすぎている方って、やってる感が年を経る毎に如実に顕れてしまっていませんか?
マイケルジャクソンの様になっちゃったりで、上塗りするしかなくなる感じでしょうね・・・

素材を生かす方向で、でも、少しは抗いながら生きていきたいです(ピアスさえ開けてないワタクシですが・・・)
Carina様の書かれる事は、分かりやすくて深いです♪
ライターというご職業されてらっしゃる方って凄い。
尊敬です♪

それでは、また~、ごきげんよう~    蘭子

No title

デスマスクみたいなことになっちゃうんでしょうかね?
確か・・・究極に人に近い若い女性を模したロボットは怖かったなぁ・・・・

いやぁ 怖いほど美しいってのとも違うのかねぇ・・・

筋肉の方向性を無視したり殺したりするせいか 整形されていると目の動き 表情が無い?
何歳とかっていう表情じゃなく 表情筋自体が無いせいか 目はものを言わず 口は上っ面以上の浅いバーチャルを語るが如し?

怖いほど美しい・・・真夏向きかもしれませんが・・・嫌悪な美や若さを得るにはお金という憑き物が必要かもですねえ・・・

  • 2010/05/31 (Mon) 19:14
  • ちゃーばー #-
  • URL
こんばんはー。

昨日テレビで、山本陽子をみたんですよね、
そしたら・・とーっても若くて
ほうれい線とかなくて、シワなくて・・
わー・・すごい・・けど、こわい~((+_+))と
思ったばかりでしたので、こちらにお邪魔して
とってもタイムリー!
もう70歳ちかいはずなのに、・・すっごく若い。
いつまでも、キレイにいたいのは
もちろん解るんですけれど・・、
ただ、キレイに・・じゃなくて
年相応にキレイでいることが大切なんだなぁ・・と改めて実感しました~。

  • 2010/05/31 (Mon) 20:13
  • nimo_3 #-
  • URL
「年相応」

そうなのですよね。
笑った時に現れる目じりのシワやほうれい線、しかめっ面の眉間の縦ジワなどは、決して醜いものではないですよね。
表情を豊かにしてくれ、温かみや優しさ、鋭さや強さを表現し、そして言葉に「深み」を与えてくれていると思いませんか!?

「年相応」がいい!!

と言いつつ、目じりにクリークをすりこんでいる私でありました。
もちろんそれは、「年以上」にならないためで・・・・・ ^。^

  • 2010/06/01 (Tue) 10:57
  • KIY子 #-
  • URL
コメントありがとうございます。

★蘭子さん
年をとるごとに如実になる。
本当に蘭子さんのおっしゃるとおりだと思います。
老いのサインというのは、肌のつやとかハリだけじゃないんでしょうね。
もっといろんなところからにじみ出ていて、
そのにじみ出るものとの差が日増しに大きくなるのかもしれません。

やっぱり「インテリジェンスと多少の我慢」でしょうか。
蘭子さんの「ヒデ」って呼ばない気持ちわかりますよ~。
中山くんかと思うもんね(笑)中山くん、なんか最近、偉そうだし(笑)

★ちゃーばーさん
うまい!!ざぶとん、あるだけ全部あげちゃう!

美や若さを得るにはお金という憑き物が必要かもですねえ・・・

なるほど!執着とそれを可能にするお金というものかあ。
欲望が凝縮する怖さもあるのかもねえ。

★nimo_3さん
山本陽子さん、最近拝見していませんが、
そんなに美しいの!?見てみたい~。
十朱幸代さんにも異常なほどの若さを感じますが、
そんな感じでしょうか??
女優さんって難しいですね~。
若すぎると役がないもん。30歳に見えても30歳として
ラブストーリーに出れるわけじゃなし。美人も苦労だわ。

★KIY子さん
年以上にならないためにって名言だわあ!
ほんと年相応でとどめたいですよね!
「お若いですね」より「素敵ですね」がいいなあ。

そして言葉に「深み」を与えてくれていると思いませんか!?

この視点も素敵ですね!言葉の深み、確かにそうだと思います。

  • 2010/06/09 (Wed) 18:55
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する