美容院の「家庭画報」をどう考える?

先週末、美容院に行ったら、
「サンキュ!」「家庭画報」をあてがわれたCarinaです!

「Domani」から「家庭画報」への昇格。
順調な老化を認めていただいたようで感慨深し。

しかし、
「年収100万円台でもここまで貯まる」サンキュ的世界と
「生誕200周年。ショパンを旅する」家庭画報的世界は
水と油ではなかろうか。

食費を2万円以内に節約した先に
ショパンと出会う豪華ポーランド紀行が
待っているというでもいうのだろうか。
大いなる所得格差を乗り越えて!

それにしても、この世の中には、
「天然生活」とか「ku:nel」とか
心穏やかに読める生活系雑誌がいくらでもあるのに、
なぜ、年中、正月の玄関みたいな表紙の家庭画報を
わざわざ常備しとくのかなあ。この美容院。
(はっ。今気づいたけど、家庭画報っていつの間にか
表紙の女優さんを載せなくなっているんですね。
男女を問わず読んでほしいってことか)

今回初めてカットされながら手にしてみましたが、


家庭画報は美容院にもっともふさわしくありませんよ(キッパリ)。


重いもん。

膝に置いたままじゃないと
腕が疲れて読めないもん。
腕をブルブル震わせながら読むほど面白くないし。
すべての記事が計ったようにビミョーに遠いし。

しかし、それでもなお!というべきか、
だからこそ!というべきか、
この美容院において「家庭画報」は
40代後半から上の高齢女性たちを一手に引き受ける
万能便利雑誌として獅子奮迅の活躍をしていらっしゃるご様子ですよ。


50、60喜んで!80歳まで入れます!

と親切げに語りかける保険のコマーシャルも

なんかイヤ?な感じがするけど、

この「十把ひとからげ」扱いもなんだかな。



なんて、こんな風にブツブツ言ってますが、

カットしてくれたお兄ちゃんは
彼女と行った韓国旅行で
びっくりするほどお得な値段で革ジャンを買えたことを、

カラーしてくれたお姉ちゃんは、
四国の山奥で育ったため、
マムシやムカデや蜘蛛の扱いがいかに巧かを
延々と話してくれたので、
あいづちを打つのにいそがしく、
雑誌を読む時間なんてほとんどありませんでしたけどね。

そういえば、このごろ、
美容師さんがやけに心を開いて
さまざまな身の上話をしてくれるんだけど、
私に田舎のお母さんの面影を重ねてないかな??

あああ。いろんなことがビミョーだよ。


【関連記事】ヘアスタイルへのこの提案には今も自信あり!よければどうぞ↓
ヘアスタイルの危険な選択。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
年をとるって滑稽で哀しくて面白いな?と思っていただけたらハッピーうわめづかい

★ランキング降下中(>_<)応援していただければうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク



コメント

美容院って保守的かも☆

こんにちは☆
なるほど~ きっとその美容院はこの年代の女性にはこの種の雑誌を与えるべし・・とマニュアル化されているのですよー。
にしても ミセスになるとショートボブとかすすめてくる美容院多そうですよね。。。
この年代にはこのヘアスタイルってのを勝手にきめちゃってるような気もします。40代には黒田知永子さん風とか 実際 この手のショートボブの友人たくさんいます。
「堀北真希ちゃんみたいに」「浜崎あゆみみたいに」とか「真鍋かおりみたいなかんじ」とか言ったらビンタがとんできてしまいそうですね。笑

  • 2010/06/07 (Mon) 17:59
  • ナチュラルココ #-
  • URL
『サンキュ』と『家庭画報』は微妙かも・・・

Carina様

又しても、のっけから、Carina様節にやられちゃった蘭子です!!!
「あてがわれた」・・・に爆笑!!!
それって、考えるに、『サンキュ』世代か『家庭画報』世代か悩まれたのかもしれない・・・って思うと、Carina様は年齢不詳なお方なんじゃないでしょうか?
それと、親しみやすくもあり、滲み出る知性も当然ありで、悩んだ結果ですよ!そのチョイスは・・・
そうなんですか?・・・『家庭画報』は重いんですね!今度、見てみたいと思います。

それでは、また~、ごきげんよう~    蘭子

No title

恒例の美容院の時期ですね~。どんな髪型にされたのかしら~?

私は美容院でいつも置いてある適当な本を読んでます。妙に若かったり、妙にシンプルだったり・・・・変えますかと聞かれても、物は勉強と妙な向上心も働き、「いいです!」と断ってしまいます。でも、家庭画報のように重い本は嫌ですね。

話しかける人と話しかけない人と両パターンありますね。話しかけなくちゃ~とか思ってるのでしょうか。

<私に田舎のお母さんの面影を重ねてないかな??
うれしいような悲しいような微妙ですね~。親御さんと変わらないような年齢でもおかしくないですものね。
やっぱり、とっつきにくいお客さんより、よっぽどいいと思います!!
でも忙しいときは「手を動かそうよ!」と思いませんか(笑)?


  • 2010/06/07 (Mon) 20:24
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
No title

私が行く美容院には「家庭画報」は置いてないですね。
ホント!この雑誌どんな人が読者なんでしょうね~
  図書館行くと置いてあるのでたまにめくったりするんですが・・

きっとcarinaさんって、若い美容師さんがつい身の上話しちゃうほど 親身に聞いてくれるのでしょうね。
やっぱり聞き上手な方には話すほうも、楽しいですもね。
でも前髪を切ってもらうときは、要注意ですよ。
話に夢中になってると とんでもない長さにされるから~
 息をとめて手の動きを観察してないと
ね。   

No title

Carinaさん

どこのサロンか忘れたけれど、あらゆる雑誌を
ワゴンに乗せてコロコロと運んでくるの。
それで、客に自由に選ばせてくれるのよ。
こういう制度を全サロンに導入していただきたい
ものよね。

あ、でもそうすると、こっそり読みたい「女性自身」
とかのゴシップ誌を取りづらいかもしれないわね(笑)

  • 2010/06/08 (Tue) 11:56
  • PUYOKO #oM6tt0T6
  • URL
No title

思うに一般主婦(って誰?^^;)は家庭画報ってわざわざ買わないから。
だから美容院にあれば読んでみる?ぐらいの雑誌なんじゃないですかねぇ?
そういう需要があって置いてある・・・と。

しかし美容院でどの雑誌を「あてがわれる」かは、どう見られているか?の基準のようで色々と勘繰りたくなりますネ^^;

私は妙に若い雑誌をあてがわれたりすると「おべんちゃらしおって!」という気分になります^^;

  • 2010/06/08 (Tue) 12:33
  • ヨウコ #IwiPhfUQ
  • URL
美容院ってビミョー

持ってきてくれる雑誌も
話しかけられる話題も
あまり しっくりこないことが多いです。

しっくりこないから
「エスクワイアー持ってきて下さい」って
言ったら「えっ?」
ってなったこともあるし・・

最近は 年のせいか?
(ってことにしていますが)
ずうずうしくなって
読みたい雑誌も言うし
たいてい 読みたい雑誌が
出てくるので 熱中しすぎて
会話もしていません。

婦人画報も好きですよ。
素敵な着物が見られるのと
自分の日常とかけ離れている
夢 があるからですかね・・

そして 自分では
まず買わないので
美容院に行って見る雑誌の
ベスト5には 入っています。

でも 確かに肩こりますよね~

  • 2010/06/09 (Wed) 10:20
  • Akiko #-
  • URL
見た目年齢

行きつけの美容院は見た目年齢より若目の雑誌を置きます。
この美容院は重い月刊誌しかありません。

私の前には通っている八年間、いつも『VERY』です。
もう幼稚園のお迎えやママランチから遠ざかったアラフィフにはきついお仕置きのようです(笑)

いつもいつもなので、一応目を通した後に、雑誌をしていして換えてもらいます。
今週また『VERY』を置かれるんでしょうか?
『STORY』に換わったら 私の見た目年齢は更に上がったということですね。
それはそれでショックを受けますよ(笑)

  • 2010/06/09 (Wed) 14:55
  • らむね #-
  • URL
コメントありがとうございます。

★ナチュラルココさん
「堀北真希ちゃんみたいに」「浜崎あゆみみたいに」とか「真鍋かおりみたいなかんじ」とか言ったらビンタがとんできてしまいそうですね。笑

これ、おかしい~!!
一度、美容師さん「はい」といって「え?え?」と
聞き返しそうですね(笑)

特になぜか真鍋かおりが受けた(爆)
ショートボブ、勧めますねえ。私の美容院もそうです!

★蘭子さん
あてがわれた・・・受けた?
超うれしい!これ、はまってるでしょ(爆)
自分でも気に入ってるんです~。

この美容院は30代向け雑誌までしか置いていないんですよ。
だから40代までは30代向けを持ってくるの。
だから、まあ、50代に見えたってことですね(シュン)

★Yottittiさん
そうです、そうです。恒例の美容院です。月1回の。
行ってきました!そして家庭画報とサンキュ!でした(笑)

いろいろ探ってみたんですけど、
間違いなく、担当美容師さんは二人ともご両親が私より若いです。
40代半ばかなあ。
それをすごく年をとったように感じているの (>_<)
まあ、親ってそんなもんですよね~。あ~あ。

★kireidokoroさん
家庭画報、置いていないですか。
あんまり勢いのある雑誌じゃないですもんね~。
どちらかというと守旧派よね(笑)

確かに前髪のときは要注意ですよね。
カットの人はそれほどでもなかったから
悲劇は起きませんでしたが(笑)
カラーの子は機関銃のように話していました。
私の性格というより、彼女の止まらない性格??

★PUYOKOさん
それ、それ!!そういうのが理想です!
自分で選べるのが理想です。
私が行くところ、いつも、シャンプーが終わると
小さなテーブルに置いてあるんですよ。2冊。
有無を言わさず、「あてがいぶち」(笑)

しかも、しかもですよ。女性自身とか置いてないんです。
家庭画報より、女性自身が読みたい。軽いし。

★ヨウコさん
そうなんです。そうなんです。
あてがいぶちだけに、勘ぐるでしょ。
それも急にDOMANIから昇格だもん(>_<)

私は妙に若い雑誌をあてがわれたりすると「おべんちゃらしおって!」という気分になります^^;

ああこれも、あったんですよ。同じ日に。聞いてください。
2冊に飽きたとき、持ってきた本が「MORE」。
落差ありすぎだろって思いました(笑)

★Akikoさん
エクスワイアのある美容院ってところが
まずもってすごい!
ないもん。私が行くところ。
感度低いか>私の美容院

今度はちゃんとシャンプー行く前にえらんでおこう、
とAkikoさんのコメントを読んで思いました!
ちゃんと主張しないとダメですよね~。
あてがいぶちに甘んじちゃダメですね。

★らむねさん
こんにちは!

もう幼稚園のお迎えやママランチから遠ざかったアラフィフにはきついお仕置きのようです(笑)

ああ、受けました~(笑)
そうそう、DOMANIも、ファッション的には
すごく参考になっていいんですが、
結婚や出産、その両立の悩みが多く、
私にもややきついお仕置き(笑)
ああ、もう一度、悩みたい。カムバック、その日々!的な。

STORYに昇格したら、またコメントくださいませ♪
私なんか、その40代もすっとばして家庭画報ですから(-.-)

  • 2010/06/13 (Sun) 19:20
  • Carina #-
  • URL
家庭画報の世界

夫の年休がとれず、2泊3日の格安バスツアーを泣く泣くキャンセルした矢先、
娘の彼氏のご両親が来週からショパン生誕200年でポーランドに2週間出かけることを知りました(しかもファーストクラスだそう)

ホントにいたのね、そんな人・・・

  • 2010/06/15 (Tue) 12:25
  • ちかおばちゃん #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する