旅番組の女優さん。その錯覚に学べ!

himitsunisimasita

久しぶりに、のけぞるほど上手なイラストで失礼します!

いやあ、それはそうと旅番組に登場するタレントさん方、
あれは皆さん、私服なんですかね。

私なんかがとやかく言うのは申し訳ないんですが、

こう、人によっては、
やや隙があるというか。
油断があるというか。
ズレがあるというか。

ああ、芸能界という華やかな場所で生きてきた方も、
「旅」をテーマに自由に服選びをしちゃうと、
こんな感じになっちゃうんだなあ・・・
と感慨にふけること、しばしばです。

実は先日も、2人の50代はじめの女優さんが、
高級旅館に激安で泊まってらっしゃいました。

そのなかのおひとりは、

マリーアントワネットを思わせる
ボリュームある明るい茶色のロングヘア。
(特に頭頂部のボリュームが見事!)

ショッキングピンクの体にフィットしたTシャツ。
(首元は大きくあいたスクエアカット
Tシャツはスパンコールのついた高級な感じ)
真白いサブリナパンツ。


50代とは思えないスリムな体型に
Tシャツとサブリナパンツが
似合っていないことは決してないんですが、
時代のトレンドと大きく異なるヘアスタイルとの組み合わせには
やはりかなりの「ズレ」を感じざるを得ません。

旅を終え、お2人が旅館を後にするときでした。

勢ぞろいした仲居さんたちが見守るなか、
お2人が歩きだすんですが、
口にした言葉が、

「よかったねえ」
「ほんと、お母さんって感じだよねえ」


お、お母さん??そ、そうだったのか!


仲居さんたち、同世代だけどな。
いや、むしろ、年下かもしれないけどな。

この人は、「自分の外見が他人に与える印象」を明らかに錯覚していて、
その錯覚がヘアスタイルに現れているんですね。

簡単に言うと、


時間が止まっているんです。


でもなあ。ちょっと、うらやましいかも。


錯覚したまま生きるのも、ひとつの方法かもしれませんな。


錯覚した女のところには
錯覚した男が寄ってきて
錯覚の上に成り立つファンタジーのなかで
プリンセスとして、
永遠に女として
大切に扱ってくれるのかもしれないもん。


錯覚のロマンス。


幻でかまわない。
時間よ止まれ。
生命のめまいのなかで。

永ちゃんも歌っています。


【関連記事】とはいえ年をとると、誰しも少し錯覚するもんですよね。こんな風に↓
ご注意!意識年齢と実年齢の差。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から順番に読んでいただくと面白いと思いますうわめづかい

★ランキング、低迷中(>_<)クリックしていただければうれしいです!ハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

この記事に書ききれなかったことをつぶやいています!どうぞ♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

時間が止まると、死んでしまうような業界にいたせいか、「止まる」のだけは回避しなければ。。。と思いながら今まできました。
だって、時代を感じられないと、夢は提案できませんからね。

明らかに20代の頃から化粧や髪型が変わってない女性を時々見かけませんか?
その女優さんも同じですね。
時間が止まっているのに、気付いていないんですね。

いくつになっても、時代を感じていたい私は、だから「白髪」にこだわっているのかなあ。。。
(・・・とまた白髪ネタに振ってしまいます へへへ 笑)

時代を感じて時を重ねることは、見苦しいことでも寂しいことでもないと思うんですけどね。

最近、「若くはない」 と自覚して鏡を見るようになると、白髪もシワもちょっと愛しくみえます。
この白髪は、あの時の苦労ね。。。なんて思いながら、それを乗り越えて今があると思うと・・・ね。
ちょっと誇らしく思えませんか?
そこらの青二才をはワケが違うのよ!
そう、胸を張れると思うんだけどな。。。

  • 2010/07/04 (Sun) 17:58
  • fu~ #-
  • URL
No title

きゃははは

錯覚のロマンス

あーーー見逃した 残念っ
突っ込みながら見たかったっ!!

でも それが視聴者のツボを刺激すると狙っての計算しつくされたファッションだとしたら
そのタレントさん凄いですね。

蜜の味を求めているワタシみたいな性格の悪いおばさん の 心をつかんで離さない
『芸能界で生き延びる才覚』ですよね。

  • 2010/07/05 (Mon) 00:34
  • わに #qbIq4rIg
  • URL
No title

ふむ・・・・なんか とても哲学を感じてしまったのは私だけ?
やったもん勝ち?幸せは自分で作るの典型?

旅行するのにあの髪型するか?て問題はあると思った・・・エクステってこと?とかね(笑)
楽でいい鬘だったりするのか?

それぞれでいいとは思う
ただ 私はあの髪型は似合わないとだけ思った

  • 2010/07/05 (Mon) 11:57
  • ちゃーばー #-
  • URL
No title

自分の世界に埋没していて、それに気づかず
シアワセに感じているなら、それでもいいのかなって気もしますね。
あえて知ってしまうと今までなんだったの?ってことになるしね。
知るシアワセ、知らないシアワセどっちがいいのかしらん

No title

客観性を見失った存在が、滑稽に映ってしまう
悲しい例ですね。
そしてその一言に引っかかるのは、われわれ
同世代なのじゃないかしら。
年令の熟縛に逃れられないのなら、つまるところ
たいして差がないのかな。うぅ・・・

  • 2010/07/05 (Mon) 13:52
  • あっころ #-
  • URL
No title

イラストと吹き出しのセリフでしょっぱなから爆笑してしまいました!
さすがCarinaさんセンスあるなぁ~。

でもって「誰だろう?」と思ったら・・・
CarinaさんたらJPEGイメージ、ちゃんと彼女の名前で保存してあるし^^;
なるほど~。彼女か。うん。驚かないデス。

「錯覚した男になんて寄ってきてほしくないよ~」と思う場合は、自分も錯覚しちゃだめなわけですネ。
でもなー・・・ファンタジーは大好きだし^^;

  • 2010/07/05 (Mon) 19:54
  • ヨウコ #IwiPhfUQ
  • URL
No title

うううんん、誰なんだろう?

ヨウコさん、私には分からないですぅ ><。

「himitsunisimasita」じゃ。


  • 2010/07/06 (Tue) 08:38
  • KIY子 #-
  • URL

錯覚のロマンスの下りを読みながら、なぜか大屋政子さんが浮かんできました。
(御存知ですか?関西に着た当初、初めてTVで拝見し、あのインパクトにかなりの衝撃を受けました)
大好きなお父ちゃんが、可愛らしい格好が似合う、足が美しいと褒めてくれはったからと、最愛のお父ちゃん亡き後も、自分のスタイルを貫き通す。
そういえば、「これも愛、あれも愛、きっと愛♪」と、前世の松坂さんも歌ってましたよね

  • 2010/07/07 (Wed) 02:20
  • るー #-
  • URL
★コメントありがとうございます!

★fu~さん
時代と乖離してしまう人は、
たぶん、それに気づいていないんだと思います。
気づかないからこそ、離れちゃう・・・。
美容院に行かれてますます素敵になったfu~さん。
白髪を上手に生かした自信のある姿が眼に浮かびます。

★わにさん
もう、最後の「蜜の味を求めているワタシみたいな性格の悪いおばさん」
って私のことかと思いましたよ(笑)
そうねえ。そうかもしれません。
人間ってすごく複雑で意地悪だから
洗練よりズレが面白かったりするからなあ。

★ちゃーばーさん
はは。ちゃーばーさん、見てた?
あの髪型を旅先でキープするのは
確かに大変かも(笑)
ウィッグですか??どうなんだろうね。
たしかにフサフサだね。

★kireidokoroさん
ああ、深いことをおっしゃる!
ほんとね。知っていて錯覚を通すって道もありますよね。
そのタレントさん、かなりの大けがも体験してらっしゃるんですよね。
だから、知っていてやっているのかもしれませんね。

★あっころさん
そうそう。ズレてしまうのも
ズレをことさらに指摘するのも
同世代の女たち。
年齢に対するこだわりの表れが
違う形で表れているだけなのかもね。
でも、こういうのって年をとって初めてわかるよねえ。

★ヨウコさん
ぎゃ。知らんかった!
ヨウコさんの指摘を受けて
すぐにタイトル変えました(爆)

最初んとこ、おかしかった??
うれしいなあ。ほめてくれてありがとうです!

★KIY子さん
おほほ。ちょっと遅かったねえ(笑)
もうびっくりしたので買えちゃったのですが、
もっと面白いタイトルにすればよかったなあ~(笑)

★るーさん
楽しいコメントありがとうございます!
覚えていますよ~。大屋さん!
あの声、あのルックス。強烈でしたねえ。
当時は若かったけど、もし同世代なら、
どんな思いで見ていたんでしょうね。

  • 2010/07/19 (Mon) 20:08
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する