増加中?閉経を認めない症候群。

クロワッサンプレミアムの最新号
阿川佐和子氏と香山リカ氏の対談が載っているんですが、

香山さんがこんなことを言っていました。

勤務している病院で
婦人科から精神科の私のところに紹介されてくる50歳前後女性たちに
閉経を認めない人が多いんです。

見た目は30代でも生物学的には老いている。
でも直視できなくて生理不順だとか、
体調が悪いだとか理由づけて
若いというイメージにしがみつくんですね。


なるほど?。

わかるなあ。


「こっち側」にいたいんだよね。


こっち側ってのは、「現役のおんな側」といえばいいでしょうか。

生理用ナプキンを使う側といってもいいな。
尿漏れ用ナプキンを使う側でなく(笑)

初潮の場合は、
文部省やら生理用品会社やら保健室の先生やら両親やらの
何がしかの教育的配慮や気づかいなんかがあって
身のまわりがざわざわするもんですが、


閉経は、ひっそり。静かに。

ただ、一人、この、わたしのもとに訪れる。


そのひっそり感が、さびしい。

長年、「こっち側」にいて
めんどう、うざい・・・とあれこれ愚痴をいっていたけども、
いざ「あっち側」にいくとなれば、
あっち側の世界に、
更年期障害と骨粗しょう症と容貌のおとろえ以外に
何が待っているのか。

解放されるとか、
自由になるとかいうけど、ほんとかよ?
それより、わたしゃ、現役の華やぎがいいよ。

みたいな。


ここで話が飛んで恐縮ですが、


私は、閉経を迎えそうなときにですね。
40代で亡くなったジャーナリスト千葉敦子さんの
ある文章を思い出したんですよ。

乳がんが転移し、声を失ったときに
千葉さんが書いた

「声の喪に服する」

というタイトルの文章です。

声を失うことは、一つの死を死ぬことなのだと思う。
自分自身の重要な一部を失うこと。

だから、私はいま、自分の弔いをしているような気分だ。

(中略)

こうして、一つずつ死を死んで
死の積み重ねが、最後の死へ私たちを導いていくのだと思う。
一つ一つの死は、十分にいたんでやらなければならない。
一つ一つの死には、それに先行する一つ一つの輝かしい生が存在したのだから。


いやあ。死を目前にひかえた千葉さんのことばを
だれもが体験する閉経と重ねるなど、
「けしからん!」と叱られそうですが、

しかしですね。この言葉を思い出して、


私も、ちゃんと弔いたいと思ったのです。


何をって?

閉経をです。

閉経なんて、とか
閉経くらい、とか、
閉経いやだよ?、とか
そんなテキトーな言葉でなく

ちゃんと、ひとつの終焉を受けとめたい。
そして生理とともにあった、
すったもんだや、ドキドキや面倒くささや
そういった私なりにあった「輝かしい生」をいたむのです。
ひっそりと、静かに。

千葉さんは
「死への準備」日記
こんなことも書いています。

私たちは、喪失体験を通じて大きく成長する。
だから、私もこの喪失体験を通じて成長したいと願う。


さらに、こんなことも。

声を失ったからといって、世界が崩壊したわけではないのだ。

この前向き、しみじみカッコいい。


【関連記事】私のすったもんだは、こちらからどうぞ!↓
そして生理よ。どこへ行った?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から読んでいただくと面白いですようわめづかい

★応援いただきありがとうございます!クリックしていただけたらうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでも、いろいろおしゃべりしましょう!♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

私もしがみつきそうですが・・・
とにかく今はもう血を見るのが嫌です<(; ^ ω^)
なんだかしつこくて嫌になりますわ~

  • 2010/08/30 (Mon) 17:52
  • あつこ #-
  • URL
No title

私、生理中でもダイビングは休みません。
刺すもの刺して(表現が悪い!?)潜っちゃってます。
でも、面倒で「早く終わっちゃえ!!」って思っているのも本当です。

でもなくなっちゃったら、淋しんだろうな。


ああ、
男っていいな。。。

  • 2010/08/30 (Mon) 18:01
  • KIY子 #-
  • URL
No title

夏の盛りのあの日差しがいつの間にかかげり
気付くと初秋を迎えている
昨日と似ているのに まったく違う今日で たぶん明日はきっとまた違う

こういう感じでしたねぇ 私(笑)

ま 病気多かったんで更年期もさっぱり分からなかったってお得なせいかもですが・・・・

若いことが良いと思う習慣 どーして抜けないのかなぁ・・・不思議だねぇ・・・

私 初潮を迎えたとき悔しかったのよ(笑)
男と別だったんだあってね・・・
いま 閉経思い切りで なんかねぇ 気楽
気楽に外見だけ若くいけばいいのね!と呑気になれてるしねぇ・・・
それに 若くみえたからって やっぱ無理なもんはあるのも事実
対策は早めに!心の準備はしっかりと!

しっかり 生理ちゃんを葬送してあげたら
しっかり 秋を楽しみましょう!

そして 冬の準備をせねばねっ!

  • 2010/08/30 (Mon) 18:09
  • ちゃーばー #-
  • URL
No title

私事ですが母がリウマチの副作用で
足の壊死が起り太ももからの切断を余儀なく
されたんですよ・・・・
もう歩けない身体でも足を失う事をとても嫌がった母親。今にしてこの千葉さんのお話を読むと
本当にかわいそうだったなあ。。。。て改めて
ごめんねお母さん、って思ってしまいました。

千葉さんは一人でアメリカでがん治療さえていたんでしたよね。
運命を本当に受け入れて現状で戦う事は
並大抵の意思では出来ない事。尊敬しますね。

弔い、良いですね。
クギリをきっちり自分で付けられる覚悟を感じます。日々何かを弔っていかないといけない
私たちですが、なに全てを失った訳じゃないですよね(ニヤリ)

  • 2010/08/30 (Mon) 23:22
  • あっころ #-
  • URL
認めない訳じゃないんですけどね

まさに50才前後の私。
終わりは、ひっそり。静かに。
始まりはきちんとわかるのですが、
終わりはどこでピリオドを打てばいいかわからかいでいます。
ちゃんと病院に行けば宣告を受けるのでしょうが。
 
私は喪失感というよりも、浮遊感と申しましょうか、
月経は月のもの。宇宙と繋がっていた感じすらしていました。
無くなった(らしい)今、どこを拠り所にしていいか、
自身のバイオリズムがわからなくなってきています。

  • 2010/08/31 (Tue) 00:10
  • rai #-
  • URL
No title

初潮の時はお赤飯を母が作ってくれたけど
閉経はひっそり静かに迎えるものですね。
抜けた歯を屋根に投げるとか、妖精さんがコインを枕元に
置いてくれるとかないから・・・
コラーゲンたっぷりの鍋なんかをつつきながら
お月さまサヨナラ会をしたいな。
義理の祖母は70歳になった時、死に装束を自分で縫って娘(義母)
に渡したそうです。あきらめではなく、老い支度をきちんとできる
受け入れる事が出来る大人の女って尊敬しちゃいます。

  • 2010/08/31 (Tue) 09:15
  • toro #-
  • URL
No title

人間だけですってね。閉経の後に30年ほどの寿命がある生き物は。

お猿さんも死ぬまで子供が生めるってゆうしね。医学の進歩なんでしょうか。

無駄に長生きになったんでしょうね~
昔は閉経してからすぐに死んでたのですよ。
寿命は延びても、閉経年齢は昔のままなんですよね。
何かで読んだのだけど、人間は孫の面倒をみるために長生きをするのだとか・・(?)

「起こること」・・を受け入れる
大人の女性には、なかなかなりきれない未熟者の私です。

そういうことか・・・

やっぱ一般的には閉経っていうのは
女性にとっては嬉しくないことなんですね・・・

でもあたしは無事終わったらそれこそ
お赤飯でお祝いしたいと思います。

  • 2010/08/31 (Tue) 10:31
  • MJ #-
  • URL
No title

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

中年を取り巻く環境が華やかになり、
STORYのモデルさんがJJのモデルさんと同じ服を
颯爽と着こなす姿を見るにつけ、
自分の人生もずっとこのまま続くような
錯覚がありましたけれど、
われわれ女は「閉経」という形で
しっかりと老いを突きつけられるわけですね。

老いを目の当たりにして、いかに行動するか。
そこが女の見せ所!
と、分かっちゃいるけど。
それでも、いざとなるとジタバタ、オロオロ。

若かりしバブル時代を懐かしむ、愚かな
40代半ばの晩夏だったりします。

  • 2010/08/31 (Tue) 10:55
  • La #mhe9mR06
  • URL
No title

ものではなく体の何かを失うことは、ぽっかり穴が開いたように受け入れがたいものがありますよね。それを前向きに受け止めなくてはいけないんです。くよくよせずに今までありがとうって弔う気持ち、大事ですね。心に染みました~。

  • 2010/08/31 (Tue) 13:11
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
閉経ですが白髪ネタ。。。

「閉経」なのに、また白髪ネタです。
歳を取ること、老いることをしっかりと認めた方が、楽になります、私の場合は。。。

どうもがこうと老いていくわけで、そのひとつひとつに「お疲れ様」と送り出してあげれば良いのではないかと思っています。

閉経は見えないけど、白髪は見えますよ。
人様に、老いを見せているわけです。
これに慣れれば、大概のことは飲み込めるような気がするんですけどね。

老いるというのは、経験を積んでいくことです。
閉経も、ひとつの役割を果たした結果ではないでしょうか。
たとえ、子供を生まなくても、役割を終えたんだと思います。

10年前、子宮ガンで子宮を摘出する手術の前日に、キャンセルをしました。
安全のため。。。というのが主治医の考えでした。
「そりゃあ、臓器がなくなればそこに癌は出来ないだろう。安心のためだけに、人工的に臓器を摘出する必要があるのか?」の疑問が頭から離れなかったからです。

自然に起こる白髪や閉経は、摘出という人工的な行為と比べると、飲み込める範疇ではないでしょうか。

白髪になっても、閉経しても、人であること、女であることに変わりはないですものね。

むしろ、キャリアを積んできた自分が、今後どこに向っていくのかがとても興味があるんです。

  • 2010/08/31 (Tue) 16:34
  • fu~ #-
  • URL
No title

更年期とか閉経とか
ちゃんと認めて受け入れないと
却って症状がきつくなるような気がします。

かくいう私も40代初めで
不眠症になり、どうしたものか調べた所
更年期?かと思い知って、あたふたしたものです。
そんなはずないと思っていたうちは
不眠症が悪化するばかりで~
認めざるを得ない、そういう年なんだと
受け入れたところ、症状が良くなりました。
ま、漢方薬のおかげでもあるんですけど。
そんなわけで閉経に関しては
快く受け入れましたね。
だって確実にラクになりますしね。
残るは白髪です、こればかりはやっぱり
もう少し抵抗して染めようかな。うーん。

  • 2010/08/31 (Tue) 17:41
  • 透実 #/Wv6FLE.
  • URL
じぃ~んと

心に沁み入りました。
心静かに、少しずつ訪れる閉経含む老いを受け入れる・・・人の一生という目線で眺めると、やがては必ず訪れる死を迎えるための人の心の準備でもあるのかなぁとしみじみ思いました。

その度にざわざわするのだけど、ざわざわに納得したら、満足したら(笑)そういう心境に、自分に無理なく向かいたいです。

先日まさに生理不順で婦人科受診し、すかさず「先生、もう私閉経?」そんな馬鹿な的に聞いてしまった40歳、まさにざわざわ中です;

こんにちは

自然に閉経を迎えるって、こ~んなイイことないじゃないですか。健全な証拠!と27才で卵巣子宮全摘して生理なんてどこの世界のものかと思っている私のようなのもいます。「18才で私は年老いた」小説のセリフじゃないけど、27才で本当に年寄りになったような気がしました。あれから20年経って同じ世代の閉経の話を聞くと何だか私もやっと同じ土俵に立てたような気がします。
話は変わりますが、白髪にはヘナが良いです。

  • 2010/09/02 (Thu) 12:48
  • にゃおこ #-
  • URL
結婚適齢期の映画に

Carinaさん

良くぞ書いてくださった!
(時差ぼけで、まだ頭が働かない私ですが、メヒコからずっとロムらせて頂いていました)

「結婚適齢期」の映画で、ベッドでジャック・ニコルソンに「避妊は?」って聞かれて主人公のダイアンが、「まったく大丈夫」って答えるシーンがあるのだけど、アレを見て、
「あぁ~、避妊を気にしないでアバンチュール愉しめるって大人の女だわぁ・・・」って感動したの。一刻もはやくそうなりたいと思ったよ。

私も今、更年期の治療して月経コントロールしてますが、先生に「生理はあっても、排卵はないからもう避妊の心配はないです」って言われて・・・。

いつも頭の奥で不安で、受身だったことが、もっと前向きになれるって感じた一瞬だったよ。
私には閉経は第二の素晴らしき人生の始まりと捕らえたいと思いますわ。

  • 2010/09/02 (Thu) 16:16
  • YUKKE #q6.UxYrM
  • URL
No title

閉経を受け入れられなくて精神科のお世話になるようじゃ、これからの人生どう生きていくんでしょうね。

先にコメントされていた方もいらっしゃいましたが、これといった疾患もなく無事に閉経を迎えるなんて、とても幸せなことです。
わたしは子宮筋腫持ちなので、早く閉経がきて欲しいです。
幸いなことに、貧血、大量出血といった症状はないので経過観察中ですが、年々大きくなって頻尿気味に。
ここ数日頻尿気味で鬱な気分になり、尿漏れパッドの購入も考えていますよ。
なんとか閉経までに手術なしで逃げ込みたいな~というのが願いです。

  • 2010/09/05 (Sun) 20:42
  • イシコロ #-
  • URL
コメントありがとうございます!

★あつこさん
その後、体調はいかがですか?
このコメントいただいたときから、時間がたってしまったけど、
少しでも体調が戻っているといいんですが。
不安定なときはつらいですね~。

★KIY子さん
ああ、わかります!
大好きなダイビングは生理ごときでは休めませんよね。
そんなことにとらわれずに楽しめるKIY子さん、かっこいいです。
生理は確かに面倒だけど、
いつか終わりが来るので慈しんであげてください(笑)

★ちゃーばーさん
しっかり 生理ちゃんを葬送してあげたら
しっかり 秋を楽しみましょう!

ちゃーばーさん、いつも深いコメントありがとうね。
ずっとブログにお邪魔できず、本当にごめんね。
今、知ってあわててコメントしたけど、
また戻ってきてください。待ってるからね、本当に。

★あっころさん
お母様、おつらかったでしょうね。
でも、あっころさんがそうやってお母様を想うことが、
最大の理解であり、愛だと思います。
わたしも亡くなった父については、いろいろ悔いがあります。
うんうん。千葉さんは、一人でニューヨークに行くんですね。再発後に。
あまりにも自分にも他人にも厳しすぎるように思うけど、
でも、だからこそ私たちを励ましてくれるのですよね。尊敬します。

★raiさん
ああ、その感じとてもよくわかります。
とても繊細に書いていただいて、共感しました。
ほんとね。終わりはいつも、どこか、静かで
よくわからないままに訪れている。
浮遊感ね・・さすが読書家のraiさんだなあ。

★toroさん
お月さまサヨナラ会、いいですね!
ああ、わたしも今年の中秋の名月で
ひとち「お月さまサヨナラ会」すればよかった。
ベランダから月を見て、その冷たい光に心がシンとしたから、
まあ、それをサヨナラ会ってことにしようかな(笑)
おばあさま、すばらしいですね!
きっといい顔をなさっていたんでしょうね。憧れます。

★kireidokoroさん
そうですよね。かつては平均寿命は50歳くらいでしたもんね。
ってことは、生物的には死んでもいいってことか(笑)
寿命が延びると、それだけいろいろ迷いも出ますね。
調査によると今は50代以上の人は、
おおよそ11歳くらい下の年齢感覚を持っているらしいです。
70歳でも50代後半ですね。ああ、そうだろうなあと思います。
揺れながら生きているんですね。ずっと、きっと。

★MJさん
MJさんはずっとそうおっしゃってますよね。
きっととても生理痛とかひどい女性は、
もう本当にホッとすると思います。
どんなことも個人差があって、みんな感じることは違うから、
決めつけて話しちゃだめですね。
コメントをいただくことで、そういう気づきもできて感謝です!

★Laさん
はじめまして!コメントいただき、うれしいです。
すでにお気づきかもしれませんが、
ものすごく返事が遅れていて本当に申し訳ございません。
返事迅速計画、発動する方針です!

そうなんですよ。どんな若くあろうとしても閉経によって
老いは突き付けられ、女性ホルモンの急激な減少を自覚することは
避けられないんですよね。
そこを受け入れつつ、自分の魅力を開拓せねば!
でも、Laさんはきっと年下なのでまだまだ大丈夫だと思いますよ~。

★Yottittiさん
Yottittiさんのコメントこそ、心にしみました。
ドイツの旅行のブログが本当に楽しくて、
毎回読むたびに、自分もそこに行っているような気がします。
すでにドイツ通って感じ(笑)
これからも楽しみにしています!

★fu~さん
いつもfu~さんのコメント拝見すると背筋が伸びるような気がします。
病気のときも、自分の心でしっかりと考え、選択してこられたんですね。
それが、今の白髪という選択にも生きているんだなあ。
そう思います。

★透実さん
コメントありがとうございます!
ああ、そうなのかもしれませんね。
一つ一つ受け入れていくことで楽になり、
次の自分の立ち位置も見えてくるんでしょうね~。
人によってこだわりも、受け入れ方も違うのでしょうが、
みんなそれぞれ迷ったり、悩んだりしながら乗り越えていくんですね。
そう思うと、年上の女性たちがとても偉い人たちに見えます(笑)

★ととっちさん
はじめまして。コメントいただきありがとうございます!
いつものことながらお返事遅くてすみません。

先日まさに生理不順で婦人科受診し、すかさず「先生、もう私閉経?」そんな馬鹿な的に聞いてしまった40歳、まさにざわざわ中です;

ああ、わかります!
わたしなんか「妊娠しているのでは?」と思って
産婦人科にいったくらいですから(笑)45歳で。
ねえ、ざわざわしますよね。

★にゃおこさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!もう、ほんとにお返事遅くてすみません。
にゃおこさんのコメントをいただいて、わかっていたはずのことに
今更ながらはっとしました。
27歳で年寄りになったお気持ち・・・いかほどのものだったでしょう。
もしよければ、また興味ある記事のときにコメントなどいただければうれしいです。
おっ、そうですか。ヘナがいいですか!試したいと思いつつ、まだ試してません~。

★YUKKEさん
こんばんは!お忙しいのにコメントありがとうございます!
「恋愛適齢期」私もみました~。
あのときに「避妊しなくていいの~」的な開放感、よかったですね!
わたしもあのシーンは忘れられません。

良くぞ書いてくださった!

なんてYUKKEさんに言っていただくと勇気百倍です!

★イシコロさん
こんばんは!
そうかあ、改めてこういった「婦人科系」(でいいのかな)の話題は、
本当に人によって抱えている状況が違うのだということを
教えていただいている気分です。
ってことはですよ。「女性の現役(?)であることを女性みんなが切望している」ような
アンチエイジング的煽りは、すでに女性の願望とずれているのかもしれませんね。

  • 2010/09/26 (Sun) 23:03
  • Carina #-
  • URL

私も更年期真っ最中ですが、思春期、反抗期、更年期のノリで更年期の人たち仲間はもちろん、夫や娘や息子にまで 「私は更年期だから」と宣言し、だらけまくっていました。
今は、更年期の自分に慣れてしまい、汗も暑い夏のせいか更年期のせいか訳が分からなくなり、まあいっか!の開き直りで 綺麗なもの、素敵なもの、美味しい物、嬉しいことを探して暮らそうとしています。ストレスが一番 だめかもです。

  • 2010/09/27 (Mon) 00:31
  • Michiko #-
  • URL
Carinaさま

泣けます・・・・
特にここのあたり


ちゃんと、ひとつの終焉を受けとめたい。
そして生理とともにあった、
すったもんだや、ドキドキや面倒くささや
そういった私なりにあった「輝かしい生」をいたむのです。
ひっそりと、静かに。

とってもいいもの読ませていただきました。ありがとうございます。
また明日からがんばれそう。

  • 2013/05/29 (Wed) 23:11
  • 匿名希望 #X.Av9vec
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する