「なってしまった人生」を受け入れる。

わたしたちが、わたしたち自身を語るとき、

●主婦
●妻
●母
●キャリア(バリキャリ、プチキャリなど。)
●女
●(自立した一人の)人間

などのことばを用いることが多いですね。

まあ、ふだんの会話ではやや不自然なんで
頻繁には用いないかもしれませんが、
女性雑誌などでは今も

「妻として、母として、女として輝いていたい」とか、
「キャリアも、結婚も、どちらにも欲張りでいるために!」とか、
「母は卒業しても、女は卒業しません。一生現役です!」とか

それぞれの年代に応じた「わたしたちの欲望」に
ことばを与え、集約し、代弁し、方向性を示し、
その理想的な「実現と完遂」に向けた具体的アドバイスを教えてくれます。


ありがたいことです。


でも、ここだけの話ですが、
わたしの人生をふりかえると

高校生までは、「颯爽としたジャーナリスト」を夢見ていたような気がするが
大学で演劇に出合い、今度は「颯爽とした女性演出家」を夢見るほうへ転換、

同時に、彼氏もほしく、エッチもしたく、
ひょんなことで、たまたま、恋愛をすることになり、

仕事面や、夢の実現方面ではことごとくうまくいかなかったものの、
結婚面だけは、当人の方針とはまったく別に
なぜか、さしたる障害もなく進んでしまい、結婚し、
アルバイトしながら、主婦しながら、演劇活動するという
「主婦フリーター」を長年つづけるが、

なんせ「理解ある夫の稼ぎ」にあぐらをかいているので
ハングリー精神に欠け、演劇には当然のことながら挫折し、
子どもを産み、母になったが、仕事もせねばならないと
フリーのコピーライターを始め、
業界の末端で細々と生き、愚痴を言いながら家事をしている。


ところどころ幸せ。ところどころ不安。


というような感じなんですね。

まあ、一言でいえば、


こんな人生になってしまった。


ってことです。

そして、ずっーーーと、
心のどこかで、バリキャリの稼ぎのいい女性たちや
依存なく強く生きている女性たちに劣等感を感じていて
「わたしって、一人前じゃないな」と思っています。

反対に、うちの姉は、
バリキャリの稼ぎのいい女性でしたが
「結婚せず、子どももいないから一人前として見られない」と
ずっーーーと劣等感を感じていたそうです。

つまるところ、わたしも、姉も、
ファッション雑誌で颯爽と、もしくは嫣然と微笑む、
女優さんやタレントさんや読者モデルさんたちみたいに、

「主婦として、母として、女として、自立した一人の人間として」など、

一度たりとも完結したことはなく、
一度たりとも満足したことはなく、
一度たりともフルな充実感を感じたことなく
「なってしまった人生」と、
仕方なく折り合いをつけながら生きているわけです。


このなんともいえない中途半端な人生に耐えながら、

それでもそこそこ明るく、笑っている。



こうなったらわたしはね、
そこんところに自信をもって生きようと思っています。

もし、あなたもそうなら、
そこんところに自信をもって生きませんか?
ポイントは「そこそこ明るく」ってとこですかね。
「思いきり明るく」「とっても明るく」「めちゃめちゃ明るく」じゃなく
笑顔も中途半端なところがポイントです(笑)


【関連記事】実は30代が一番、キツイかもしれませんね。がんばれ!年下女性たち↓
40代から悩める30代女性へ告ぐ!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★Carina同様、中途半端を明るく生きている方は「自信と誇り」のクリックを!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでも、おしゃべりしましょう♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク



コメント

自分が中途半端で物事に突き進んでいかなかった感
ものすごく私在ります!なんせ引きこもりだしー

そんな事を友人につらつら愚痴っていたら、そういうけど
私は私で色々な選択肢が在るとき、争いや揉め事を避け
穏やかに生きる道を知らず知らず選択してきたんじゃないの?
って指摘され、そんな考え方もあるんだって納得しちゃいました。

私がもし不十分に社会に出たら、
こんな穏やかな気持ちにもなれていないだろうし
少ない友人と穏やかに話すようなゆとりも持てなかったと思うのね。
野心は不満足だろうけど
これはこれで良かった事にしておこうかな。。。。

  • 2010/09/17 (Fri) 13:15
  • あっころ #-
  • URL
めちゃくちゃ共感!

めちゃくちゃ共感して読みました。
「なってしまった人生」をやっと受け入れた私です。
50を過ぎて、「もう手遅れ感」と「あきらめ感」の混ざった、でも「今死んでもまあ幸せ」みたいな笑顔で、日々過ごしてます。
たまにアクティブに、たまにグータラに・・・。

こんな毎日に、もう少し、この先、「意外性」が欲しいところ。
老いを迎えるにあたって、ほんの少しカラフルにしたいかな~。

テンプレート変わって、すっきり秋らしい装いになりました。
全然違和感ないですよ。

今日も心にしみいり、さすがCarinaさん~って思いました~!
この世代になると、ちゃんと子育てもひと段落してるというのに、ちょっとした転機でこうなってしまったんだな~やっぱり考えてしまいます。隣の芝生は青く見えると勤めてすぐの研修時代に講師に言われ、何かあればそう思って乗り越えてきました。
こうして改めて、何かしら抱えて生きてるんだろうなと励みになります。気はもちようですよね!ケセラセラと歌が頭を駆け巡ってます(笑)

  • 2010/09/17 (Fri) 13:24
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
初めまして

ずっと読み逃げ専門でした。 
初めてコメントさせていただきます。
ツイッターではフォローさせていただいてるんですが・・・
HNが違うので(^^ゞ


今日は 「うんうん そうそう」とうなずきながら読ませていただきました。
なんとなく大学行って なんとなく就職して
私も「理解ある夫の稼ぎ」にあぐらをかいてました。

下の子に手が掛からなくなり 時間を持て余すようになって
なにかしたいんだけど何をしたらいいのかも分からない
そんな焦燥感に駆られたり・・・

中途半端を受け入れて 自信と誇りを持って明るく・・・ですか!
共感しながら 励ましてもらったようで。。。
「悩まないの そのままでいいんだよ」って!
今日の記事読んだらすっごく気が楽になりました。

Carinaさん ありがとう


  • 2010/09/17 (Fri) 14:08
  • アレまま #j.d64WD2
  • URL
うーん・・・

なるほど~
考えさせられましたわ~
私も前向きに・・・って思いますが
体調が悪いとついつい同居のせいにしてしまって
ダメダメです<(; ^ ω^)

  • 2010/09/17 (Fri) 14:26
  • あつこ #-
  • URL

「なってしまった」とはいえ、節目節目では決断があったり、流されたように見えてもそれなりに選んだりしてきた結果が「今」ですもんね。
今の自分にどれぐらい満足でも不満でも、それは誰のせいでもなく、自分で選んだ人生なんだと思えれば、わりと笑顔で居られる。
今の私はそんな感じです^^;

でもそうだなー。。。学生時代とか若い頃に、「何々を夢見て」いたっていうのがなかったというかできなかったというかさせていただけなかったのが、今になって思うととても残念なのよ。じつは。
Carinaさん羨ましいワ。

  • 2010/09/17 (Fri) 16:36
  • ヨウコ #IwiPhfUQ
  • URL

「なってしまった人生を受け入れる」ですか。

受け入れるしかないですね~

昔井上揚水の曲で、「人生が二度あれば」ってのがあったんですよ。

 v-266 うちの父は今年で六十五
  顔のしわは増えてゆくばかり
  仕事に追われこのごろやっとゆとりができた

  うちの母は今年で六十二
  子供だけのために、年取った
  母の細い手 つけもの石を
  持ち上げている

  ああ人生が二度あれば!v-266


切々と歌ってて、私当時コレを聞くと 自分の親と重なって泣けたの

今になると、自分も親とたいして代わり映えのない人生なのかなって・・

明るく受け入れるしかないのよね

どっちかいうと根暗な私なのです(笑)



初コメです

こんにちは。
昨日ツイッターでフォローさせていただいたさとりんといいます。
いつも読み逃げですが、今日は思い切って初コメです^^

私も「なってしまった人生」に折り合いをつけることができるようになりました。
若い頃一度だけ実家に戻った時に
「こんなはずじゃなかった」
と母親に言ったことがあるんですけど、その時母に、
「自分で選んだことでしょ」
と冷たく言われ・・(笑)
それ以来、落ち込むことがある度に、その言葉を思い出しました。
振り返れば何もかも中途半端で、満足にできていなくて、
一番の大仕事だったはずの子育てすら「???」な結果で(笑)。
でも、その時その時に何もかもすべて自分で考え、選び、必死に頑張ってやってきた結果なんだと思うと、
「ま、いっか~」と。
根が大雑把なんで(笑)

雑誌に出てくる、幸せオーラ全開の女性みたいにはなれなかったけど
私は「そこそこ幸せオーラ」を無理矢理発しながら元気に明るく生きて行こうと思います^^

  • 2010/09/17 (Fri) 16:57
  • さとりん #wwgUDhqo
  • URL
流れ落ちた涙の理由は・・・

 「主婦として、母として、女として、自立した一人の人間として」など、
 一度たりとも完結したことはなく、
 一度たりとも満足したことはなく、
 一度たりともフルな充実感を感じたことなく
 「なってしまった人生」と、
 仕方なく折り合いをつけながら生きているわけです。



今の自分を・・・
今の自分の胸の中を言い当てられたようで、涙が出てきました。

出来ちゃった結婚の果てに、9年で離婚、5年の別居生活の後正式離婚、シングルマザーで8年、再婚して2年、、、
どの時期においても中途半端な人間だったような気がします。
現在においても、大事な主人の力になれないどころか、お荷物になっている始末。
何とかして、どうにかしてでも、今の主人の力になりたい・・・
自立できていない今の自分には、「頑張って主人の力になるよ」って大ミエも張れない・・・よ。
しっかりした自分を持ちたいよ。

  • 2010/09/18 (Sat) 00:13
  • KIY子 #-
  • URL

ツイッターではお話しましたが、こちらには初めましてです。いつも楽しく読ませていただいています!

本当にその通りだと思います。その都度、(やむを得なかった場面も含め)自分で選んできた結果が今。この年齢になると、自分の「今」を肯定するのは、大人の責任かなあと思っています。安住するんじゃなくて、受け入れて、生きてる間はちゃんと人生を味わう!

輝かしい人生だけが、かけがえのない人生というわけではなく。

私も中途半端組で(笑)、育児をしながら細々と仕事をしつつ、バリキャリへのそこはかとない劣等感を持っていました。でも、人生の残り時間を考えるようになり、今から仮にバリキャリへの道が開けていたとしても、そうしたいか?というと、そうじゃないなあ…と考えるこの頃です。(根っから怠け者なので、そもそもバリキャリは無理でした・笑)

  • 2010/09/18 (Sat) 01:00
  • flowerkinoko #aYDccP8M
  • URL
こんにちは^^

自分自身の人生を見つめられる事自体、
心に多少の「余白」があるのかな、と
自分自身のことを分析したりします。

って事は、わたし幸せじゃあん、なんて思ったり。

がむしゃらじゃなきゃ生きられないときって、
進むために、生きるために行動する事や、
志向を働かせる以外、何も出来ないですもんね。

今、余裕を持って考えている場合じゃないのに、
考えてる、、、って事は、余裕があるじゃん、私って。笑

自信、どこに置いたっけ?と家中探し回って、
鏡に半分背を向けてみたらなんか背中にわずかにくっついていた。笑

それを担いで、今日も中途半端な笑顔を押し隠し、
満面の笑みを見せたり、眼を飛ばしたり。(違うか)

だけど、そんな風に、沢山心に持ちながらも
沢山の人を勇気付ける力があるCarinaさんはもちろんの事、
皆さんも、すご~く魅力的。

そうそう、自分だってそうなんだって思う(ように努力する)。

ありがとう、Carinaさん。(す、、、好きです)←き、、、キモイ?

  • 2010/09/18 (Sat) 11:55
  • gatto #e8aPltnE
  • URL
ところどころ幸せ

なんだか素敵な言葉です。

人と比べ、無意識にプラスマイナスで換算してしまう自分。
あの人はバリバリ仕事しているけど、子供がいない・・・とか、
あの人はうちよりお金持ってなさそうだけど、子供が優秀・・・とか。

きっと誰だって完璧に手に入れている人なんていない、
みんな自分は中途半端だと思っている。

まず人と比べることから止めなきゃね。

  • 2010/09/18 (Sat) 21:22
  • rai #-
  • URL
ご無沙汰しています

こんにちは!
日ごろ漠然と感じていたことが、こちらできちんとした文章になっていました!

Carinaさんや、みなさんも同じ思いなんだと思うとちょっと安心です。

自分はボケボケの干物女、いや干物おばさんなので、今こうして結婚して子供がいて、なんとか生きている奇跡に感謝することにしています。

そう、最終目標は、寿命まで健康に生き抜くことだけ。
もう欲張りません(笑)

  • 2010/09/19 (Sun) 07:41
  • サボ #/zO.jUTE
  • URL

中途半端やなぁ~ いつも そう思ってました

Carinaさんの言葉に 励まされ

まっ そこそこ明るく生きているから いいんちゃう  と 思ってました

思ってましたが。。。。。。

今日 ミヤネ屋
『50歳からの手習い から はじめて 50年のベテラン』 の 100歳の書道の先生の笑顔 テレビで見て

今から はじめれば 何か身につく かも しんない  と思いました。
(すぐ 影響される めでたい奴です。ワタシ)

今は まだ 人生を語らず。。 がははは

後 50年  まだまだ 時間は たっぷりある。  いくぜぃ~!!



  • 2010/09/20 (Mon) 22:38
  • わに #qbIq4rIg
  • URL

おお 書道の先生

http://www.nhk.or.jp/100banzai/file/2008/1018/index.html

2年前に 100歳だったらしいので 今は 102歳っ!!

  • 2010/09/20 (Mon) 22:57
  • わに #qbIq4rIg
  • URL

carinaさんの言う中途半端な人生送ってきました。
やっと最近自分の中で折り合いがつくようになってきました。

中途半端というのは自分の中だけで
外から見たら、きっと恵まれていると思われるのでしょう。

自分の持っている物の大切さ、幸せ、
自分が選んできた道、自分自身に自信を持てたら
思いっきり笑える日が来るかなと思っています。
今はちょっと無理かな~~。
そんな日が来る様に暮らしたいです。

  • 2010/09/24 (Fri) 13:19
  • midori #-
  • URL
コメントありがとうございます!

★あっころさん
ああ、いつも味わい深いコメント、サンキューです。

>私は私で色々な選択肢が在るとき、争いや揉め事を避け
>穏やかに生きる道を知らず知らず選択してきたんじゃないの?
>って指摘され、そんな考え方もあるんだって納得しちゃいました。

ほんと、そのとおりだと思う。
少し見方を変えれば、自分を認められるよね。

★マダムコミキさん
こちらこそ、素敵なコメントをいただいてうれしいです。
もう少しカラフルにかあ。
カラフルって言葉がなんともいえず素敵ですね。
わたしもそうです。
カラフルさを娘の若さ、娘の派手さに依存しがちなので、
自らカラフル力を身につけたいと思います!

★Yottittiさん
いつも心にしみるコメントありがとうございます。
そうですよね。
みんな自分の人生を選択の結果のように語りたがるけど、
いろんなことが絡まって、
ひょんなことから選んでしまうんですよね。
人生は一度きり。
選んでしまった人生を楽しみたいですね~。

★アレままさん
コメントありがとうございます!
こちらこそ、元気をいただきました。
それにしても、なんて素敵な暮らしでしょう。
うちの犬は10キロ程度ですが、
家族全員大きな犬が大好きで、
なかでもラブラドールには大きな、大きな憧れを感じています(^^)
お家の温かさや野菜のみずみずしさが伝わって癒されました。
ツイッターでもよろしくお願いしますね。

★あつこさん
ははは。偉そうに書いてしまってますね(^^ゞ
自分で書いて自分を納得させようとする悪あがきですね(笑)
そっか。あつこさんは同居なんですか。
いろいろ気をつかって暮らしてらっしゃるだけでも、
わたしみたいなお気楽主婦に比べると偉いです!

★ヨウコさん
ほら、ヨウコさん、本腰入れて返事してるよ~(笑)

>今の自分にどれぐらい満足でも不満でも、それは誰のせいでもなく、自分で選んだ人生なんだと思えれば、わりと笑顔で居られる。

ほんとね。わたしも自分の子にはどんな人生を歩めとは言わないけども、
自分の選択に愚痴は言わないでほしいと思ってます。
グチとか、あと他人のせいとか。そういうのは、幸せと遠いからね。
あ、でも、私から見るとヨウコさんのほうがかっこよくて憧れだよ~♪

★kireidokoroさん
まあ、味わい深いコメントでしみじみと呼んでしまいました。
そうよねえ。かつて両親に対して「人生、もう、ほぼ終わってるんだろうなあ」と思っていたけど、
自分がどんどんその年齢になってしまって、私も大差なき人生(笑)
両親同様の老い先まで見えたりして(笑)

しかし、井上陽水氏の歌、時代を感じるのは60代がかなりおばあちゃんなことでしょうか。
今の60代は漬物石を抱えることがないとはいえないけども、
もっともっと飛び回っている感じだもんね。

★さとりんさん
コメントありがとうございます!
ブログ拝見しました。
いやあ、走っている女性ってカッコいいですね!
「なってしまった人生」は受け入れても
「だらけてしまった人生」を受け入れちゃいけないぞ!と
さとりんさんの素敵な笑顔に刺激され、
自分に言い聞かせているCarinaです(笑)

★KIY子さん
ごめんね~、こういうコメントいただいたら
もっとちゃんとさ、その時にさ、返すべきなんだよね。
ほんと、時期を逸して申し訳ない。

わたしこそ、胸がジンとしたよ。
というのも、KIY子さん、きっと一度たりとも中途半端じゃなく、
むしろ全力投球だったんだろうなあって思ったから。
お世辞じゃなく。
前も書きましたが応援してます。
だから、私のことも応援しておいて(笑)

★flowerkinokoさん
こんにちは~!
ああ、flowerkinokoさんのコメントを、
いろんな女性にぜひ読んでいただきたいです。
たとえば、小さなお子さんを抱えて「私、何しているんだろう」と
思っているような女性たちに。

この年齢になると、自分の「今」を肯定するのは、大人の責任かなあと思っています。安住するんじゃなくて、受け入れて、生きてる間はちゃんと人生を味わう!

これは、私自身の胸に刻みました!ツイッターでもひきつづきよろしく!

★gatto さん
うんうん。gatto さんには、ぜひ発言していただきたかった!

自信、どこに置いたっけ?と家中探し回って、
鏡に半分背を向けてみたらなんか背中にわずかにくっついていた。笑

これ激かっこいいやん!
背中ってあたりが、もう、gatto~っ!って感じ!

キモくても好きです。(あ、キモイのは私のことですよ~笑)

★raiさん
そうそう。あの人はこれを持ってる。
って思うけど、本当に持ってるかどうかわかんないのよねえ。
でも、「あの人は持ってる。私は持ってない」って決めつけて
ふん!って思っちゃいますね~。
わたしも油断するとその回路に入るので、
注意します!大人として(笑)

★サボさん
サボさんのそのあえてゆるい感じ、肩の力の抜けた感じ、好きです。
好きなものを好きといって、それを楽しむのっていいよねえ~。
干物おばさんでいいのです。
そうそう、わたしも今、オダギリ出演の映画「マイウェイ」を絶賛待望中です!(笑)

★わにさん
書道の先生。吹田市って、わたし、結構近いです~。
この笑顔、本当にすてき。
この方が100歳超えているんですか??
いやあ、ひよっこじゃん。私たち!

おしえてくれたサイトを見たら、
>菅谷さんのモットーは、「日々楽しく暮らすこと」です。
きっかけは88歳の米寿の時でした。周囲にお祝いしてもらった際、人生の残り時間を強く意識しました。
「これから百まで生きても年数がない。それならうんと人生を楽しんで暮らしたい。」と思ったそうです。
ですって!
88歳で残り時間を意識するってところがまた大器!

★midori さん
こんにちは!
わたしも、ほんと、ずっと中途半端ですわあ。
それに、思いっきり笑えているかというと・・・それも違うなあ。
なんか憂いとか、あるもんねえ。同じです。
でも「徹底」とか「完璧」って、実は幸せと遠いのかも・・・とかと思うんですね~。
若干のたるみとか、ゆるみがあったほうが幸せに近いのかも。
あ、あれ?「たるみ」、「ゆるみ」ってなんだか親しみある言葉(笑)

  • 2010/11/05 (Fri) 16:08
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する