脱!「ちやほやされた記憶」

電車の乗継駅にあるスーパーには、
なぜか「時間の止まった感じのする女性」が多いんです。

先日、レジでわたしの前に並んでいた女性は、
前髪だけをコテで上にくるんと巻き、
少し薄くなった残りの髪をぎゅっーと
眉毛や目がつりあがるほど後ろに引っ張り上げて結び、
ポニーテールにしていました。

シワ伸ばし効果をねらったというより、
80年代、彼女はきっとサッスーンのジーンズとトレーナーなんかを着ていて
前髪をクルンと巻き上げていて、
ピチピチしていて可愛くて、色気もあって、
気持ちのいいことがたくさんあったんだろうなあーという風に見えました。


つまり当時、彼女は、


ちやほやされた


ってことですね。


バイト中にオジサンたちに可愛がられたかもしれないし、
同世代の男子に次々に告白されたのかもしれません。

そんな栄光の80年代のままの装いに
30年の時を経た現実の彼女が包まれているというわけです。
彼女を「時間が止まってる?」と笑うのはカンタンですが、


この「ちやほやされた」記憶を手放すのは、
そんなにカンタンじゃないんですよね。



ちやほやされているときって(めったになかったけども)
脳内に快楽物質が大量に出ている感じがするもんね。
なんだかわくわく、どきどきして、ヒロインになったみたいで、
ちょっと麻薬的な魅力があるもんです。

もう一度、あの快楽を味わいたい。
もう一度、あの気持ちよさを味わいたい。

女性たちの多くは、
「若い女」や「きれいな女」や「そそる女」として
ちやほやされにくくなっても、
もう一度、できればあの快感を味わいたいと思っているんじゃかろうか。
だから「ちやほや」を誘因したときの勝負ファッションにこだわる。


でもね。


残念なことに、年とともに、
もっとも急速に失っていくものが、
この「ちやほやされる快楽」なんだよねえ。


男たちは、もはや、ちーっとも、ちやほやしてくれなくなるのです。
もはや一顧だにしなくなったりするのです。


ちやほやされたときの喜びにしがみつかず、
ちやほやされたときの装いにしがみつかない。



これって、カッコよく年をとる秘訣かもしれませんね。
「ちやほやされる」ことを求めなくなったとき、
威厳とか、風格とか、そういったものが生まれるんじゃなかろうか。

え?威厳より、ちやほやがほしい?
それもわかる(笑)


【関連記事】老いは未知の領域ですもんね。不安になるもんです。↓
漠然とした老いの不安をなくす方法

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★ちやほやされている人も、そうでない人も応援クリックしてくださればうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでも、おしゃべりしましょう♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

まさに

このまま、50代、60代の男性に贈りたいです。
彼らの多くは、20代、30代に栄光の時代がありました。
その過去の栄光こそ、今のビジネスのブレーキとなっていることに気付いていません。

仕事も自分も、「冷静な現状認識」の上に立ってこそ、次の打つ手が見えてくるはずです。
過去の栄光こそ厄介なものはないですよね。

今日も過去の栄光をゴマンと持っている経営者達と打ち合わせをしてきます。
いくら過去を自慢したって、現状の窮状を正視したら、その言葉はでないと思いますよ。
まずは現実に目を向け、できることから始めましょう!

私もそんなおじさん連中と同じにならないよう、老いも衰えもしっかり見つめ、だけど若い頃には持っていなかった冷静さと穏やかさで、これからを乗り切ろうと思います。

  • 2010/09/27 (Mon) 12:44
  • fu~ #-
  • URL
そんな時代もあったねと・・・♪

中島みゆきの「時代」がふと頭に浮かびました。

自分もかつての「元気社会人」だった時にしがみつかず、
(ちやほやはされていませんが、気持ちよくいられた時だわー)
今の状況を元気に有意義に過ごさなくちゃならんねー。

何をしようか・・・

まずは「時代遅れ」のいろんなモンを捨ててみるか?
気分も体も軽くなるかも!?

  • 2010/09/27 (Mon) 15:27
  • KIY子 #-
  • URL

悲惨すぎる青春時代を送ったので、そもそもちやほやされた経験など
無いんですよ~
自分的には素っ頓狂な所があるんで、ちやほやされないで、悪い男にも
引っかからずタイに売られちゃう事も無く良かったとは思いますが
ディスコもなんにも知らず残念でもあります。

一寸大風呂敷広げると、実は今のほうがもてます、だはは。
私がおばさんになるように
つまり青年もおっさんになるから需要と供給バランスはちゃんとあるんですね。おっさんが若い人ばかりに目を向けると言うのも間違いのような
気がします。
威厳とか風格とか、そういう方向が似あうかっこいい人はそういう方向
がグッドグッドですが、
おっさんはそんな厳しい世界より癒しに弱かったりしますね。
まあ強みを活かせばどっちでも良いのですが。

  • 2010/09/27 (Mon) 15:37
  • あっころ #-
  • URL

ちやほやされるのは気持がいいものね^^

若い頃の「ちやほや」とは種類が少し違うけど
歳とったらとったで「丁寧に扱われる」というのがあり
そういう場面ではきちんと「女性として」丁寧に扱われますから
これはこれで気持ちが満足するものですよね。

ちやほやされた時代で留まってる感アリアリでは
丁寧に扱われるってこともないんじゃないかな~?と思いますが・・・。
それでちやほや扱われるってことは絶対にないでしょうし^^;

若い頃もよかったけど、
歳をとるのも悪くないかも?って、まず受け入れたいですね^^

  • 2010/09/27 (Mon) 16:19
  • ヨウコ #IwiPhfUQ
  • URL
目標

(*^_^*)
中村玉緒さんみたいな、すべてを超越した可愛い人になりたいなぁ☆ほんわかした雰囲気が可愛い~。苦労されたはずなのに・・・

  • 2010/09/27 (Mon) 18:21
  • まいまい #-
  • URL
あきらめ

今まさにちやほやされてる女の子と二人で、男性客が9割という職場で働いています。
それは悲惨ですわ(笑)
若くて綺麗で愛想もノリもいい女の子はちやほやの極致。
対しておばさんは心ないお客さんの言葉に陰で涙…の日々。
そりゃ若い子いびりたくなるのは自然な心理というものですわ(笑)

  • 2010/09/27 (Mon) 19:40
  • ふくろう #Zl1kUMhc
  • URL
はじめまして

はじめまして。1カ月前から毎日ブログを覗いては、一人で「わかるわあああああ。」と笑っています46才主婦兼会社員のmirumeです。宜しくお願いします。
mirumeもバブル経験者なので少し「美味しい」思いはしましたが、ひきずる程美味しくもなかったので、当時のロン毛は「厄年」にバッサリ切ってしまいました。(厄落としのつもり。)現在おばさん会社員に多いスタイリング簡単ボブです。

でもね。
いまだにヨソ行きの足元が、秋の流行「ミネトンカ」などには決してならず「ハイヒールのパンプス」なんだなあ・・・・・・・。なんか気合いが入らないっていうか・・・・・・・。気合い入れるところからして間違い・・・・かも。

  • 2010/09/27 (Mon) 20:59
  • mirume #Vd2/X/AA
  • URL

結婚が早かったため、ちやほやの「ちや」・・ぐらいしか味わっておりませぬ。

あ~女の一番いいとき子育てだったものね~クヤシィー
まぁ過去と他人は変えられないとかもうしますので、しょうがないだす。

最近では脳内快楽物質が出る時は、お仕事にて商談成立の瞬間ですかね~
わびしい~

あとは、勝手に近くのイケメンとの妄想恋愛ぐらいですか・・・(笑)

ちやほやされた時代を脱ぎ捨てる…
過去の栄光にはどうしてもすがっていたいものですが、
年とともにその姿も哀れなものになってしまうのでしょうか。
年相応の装いを心がけます。

  • 2010/09/28 (Tue) 11:15
  • 金子*化粧品プレス #AVNby.KY
  • URL
初コメです☆

ちやほやされた時代を捨て去るのは、なかなか難しいものですね。
私の職場は若い女性が居ないので、私が40代で最年少。
仕事は仕事で頑張れば評価してくれるし、最年少と言うことで男性陣には優しくしていただいております。多分、そういう環境に身を置いているせいか(?)20代、30代の頃と変わらず、元気で活き活きしていられるところもメリットかもしれません。ただ、若い頃のファッションや髪型をしても似合わないと思うので、年相応(ちょっとだけ、若作り?)の装いを心がけてはいますね(笑)

  • 2010/10/02 (Sat) 16:12
  • chako #HqCSGTJo
  • URL
コメントありがとうございます!

★fu~ さん
こんにちは!
自分の才能を存分に発揮して、
困難がありながらも乗り越えているfu~ さんならではのお言葉ですね!
男性は仕事のみの時間が長いだけに
栄光の時間にしがみつく人が多いのでしょうか。
地域でも、そんな方をたまに見かけますが、
寂しさの裏返しかなあ~と思ったりもします(笑)

★KIY子さん
元気社会人・・・ほんとね。
その「元気○○」だったときは、
そのときでいろいろいやなことがあったのに、
ドラマの回想シーンみたいにいいところばっかり浮かんだりしますよねえ。
KIY子さんは、自分を見つめつつ暮らしを楽しんでいるじゃない?
その姿勢、素敵だなあと思っています。

★あっころさん
あああ、ほんとに元気の出るコメントだ。
サンキュー!あっころさん。だはは(笑)
「今の方がもてる」って言えて、
「うんそうだろうなあ」って周りにも思わせるって
最高の年の取り方だよねえ。
オジサンは若い子が好き・・・っていうのも真実であるとともに
全員にあてはまるもんじゃないんだから、
そのあたり、ひがんじゃだめね(自分に言ってみる 笑)

★ヨウコさん
ちやほやされた時代で留まってる感アリアリでは
丁寧に扱われるってこともないんじゃないかな~?と思いますが・・・。

ああ、これは、本当にそうかも!
若さに執着する姿勢が、丁寧に扱われない原因だったりするのね。
まずは、自分が受け入れないとダメってことですね。
わかってるんだけどなあ(笑)

★まいまいさん
中村玉緒さん。ほんと、苦労したはずなのにね。
ご主人が生きてらしたときより、
今の方が伸び伸び見えるのは、
やっぱり開放感のせい?(笑)
懸命に生きてきたからこその可愛さでしょうね。
難しいけど、見習いたいなあ~。

★ふくろう さん
こんにちは!コメントありがとうございます!

おおお、若いだけでちやほやされるその最前線で
格闘中なんですね!!
ふくろうさんとはちょっと違うんですけど、
私は「もっとも年上なのに、しがない外注の身分」なんですが、
初めての人に取引先の若い女性と一緒に行くと、
いつも最初は私が上司と思われる・・・という
なんともバツの悪い思いをします。
途中で「あ、あんたじゃなかったのね!損した」みたいな(笑)
お互い、がんばりましょうね。応援しています!

★mirumeさん
コメントありがとうございます!
ずっと読んでいただいていたなんて、うれしいです。
コメントがおそくなって申し訳ない。
一日一返信を目標に頑張りたいと思います!
それはそうとmirumeさん、そもそも、私、ミネトンカを知らなかったですよ(笑)
「統的なハンドメイドモカシンを作っているシューズブランドの事」
なんですね!知らんかった~。ありがとうございます!
ああ、でもでも、わたしも靴の冒険、うまくいきません。
パンプスで気合いが入る気持ちもわかります~。

★kireidokoroさん
お仕事で商談成立で脳内快楽物質が出るって、
ステキじゃないですか!
わたし、全然でないもん(笑)うらやましいよ~。
きっとそのときのkireidokoroさん、
輝いていると思うなあ。

★金子*化粧品プレスさん
コメントありがとうございます!
お返事遅くなりますみません。

あわわ。金子さんには若い格好も似合うかもしれませんよ~。
あまり鵜呑みにせず、テキトーに読み飛ばしてくださいませ。
私という、あまりぱっとしない人間が書いているので、
そのへんも大目に見ていただければうれしいです(^^ゞ

★chakoさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
ほんとにお返事がおそくてすみません。
最後になんだかうれしくなる元気なコメントありがとうございます!
ちやほやされるのはchakoさんが、きっと素敵だからですね!
ちやほやされながらも年相応(プチ若づくり)の装いをするあたりが
とってもいい年の取り方をされているんだろうなあと思います♪

  • 2010/11/14 (Sun) 16:35
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する