俺様風オジサンに学ぶ処世術。

ずーっと若いころは、

駅の券売機の前で
久しぶりに外出した感じの熟年女性たちが、
ボタンをじっーと見つめた後、
運賃表をじーっと見つめて目的地と運賃を探しだし、
やっとのことで切符を買い終わったと思ったら、
後に続く行列の存在をさほど気にする様子なく、
仲間うちで互いの苦労をねぎらうように微笑みかわしたりなんかして、
堂々と悠然と券売機のもとを去ろうものなら、

「キーっ。ここでとるべき態度は、
堂々じゃなくて、ペコペコでしょうが?!
しかも、なにのんびりしてんのよ?!」

とイライラが頂点に達し、
現役の、若者の、他人に迷惑をかけない買い方の、
しかるべき見本を示してやろう!とばかりに
8倍速くらいで歩きだし、肩がぶつかっても知らんよ、フン!的雰囲気で
券売機の方向へ突進したものですが、


今思えば、あれは人を人とも思わぬ行動でした。


あれからわたしも十分すぎるほど大人になり、
今では、ああいった各種券売機の進化ならびに多機能化を
さほど好ましく思わない、というか、
「もう、このへんの便利さでいいよ。あんまり複雑にしないで」
と祈るような心持ちになってきたので
かつての「券売機前の悠長なおばちゃんたち」には
心から謝罪したい気分です。

ごめんなさいね。

時は流れて。

ホームセンターで数点の日用品をカゴに入れ、
レジに並んでいたときのことです。

わたしの後には、単3のアルカリ電池パックを手にした
60代半ばの男性が立っていました。

こういったところでは
レジの女性が、前の買い物客のカゴを移動させて空いたスペースに、
自分のカゴをズリズリと移動させつつ、
順番が来るのをおとなしく待つのが一般的ですが、

どうも、後の男性はそうしたくない様子なんですね。

「邪魔だからどけ」的オーラを放ちながら、
わたしをグイグイグイグイ押すかのように距離を縮め、
スリッパ履きの片足のつま先をパタパタパタパタと
忙しく鳴らして周囲をキョロキョロ見ています。

そして、わたしの買い物かごが移動したと同時に、
単3の電池パックをボンと台に投げ、
わたしがお金を払っているあいだに
ご自分も支払いポジションまでポケットに手を入れて移動し、
小銭入れをポケットから興味なさそうに出して
100円玉を何枚か投げ置いたところで
次の硬貨が見つからないのか、
小銭入れのなかを探しはじめました。

ちゃんとした企業でちゃんと働いてきた感じのオジサマでしたが、
見ず知らずの方とはいえ、
この方の奥様のご苦労がしのばれます。


わたしのことも、

レジの女性のことも、

目下のもののように扱うクセを

このオジサマは、いったいどこで身につけたのでしょうか。


わたしの父は晩年、指先の動きが不自由になり、
小銭入れをレジの女性に渡して、
「すみませんけど、ここから出してくれんですか」と
頼んでいました。

このオジサマも、いつかそうなる日が来ないとも限りますまい。
現に今も、こうやって小銭入れと小銭の出し入れに
足元ならぬ手元をすくわれ、
レジの女性に冷たく見つめられたんですから。


人には人として接する。


いつでも、どこでも、だれに対しても
これだけは忘れちゃいけませんな。

若いころの券売機の思い出とともに
胸にしかと刻もうと思いました。


【関連記事】こちらの記事もどうぞ!↓
40代。コミュニケーションに繊細さを。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★「ああ、そんなオジサンいる!」「うちの旦那がそう」「父親がそう!」なんて方はひときわ力強く応援クリックを!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターで世間話はいかがですか♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

人には人として・・・

私も心にしっかり刻み込んでおきたいと思います。


私が子供に言って聞かせていた言葉は、
「自分がイヤなことは、他人にもするな」。

そして、私が自分に対していつも唱えているのは、
「必ず自分に返ってくる」。


このオジサマにも、いつか自分のとってきた態度、行動を見直す時が来てくれたらと、心から願います。


  • 2010/10/21 (Thu) 23:08
  • KIY子 #-
  • URL

人には人として接する。
自分がその立場にならないと 気付かない事って多いですよね

元気だけがとりえだったんですが
体調不良になり
自分で自分の身体を管理できないもどかしさをはじめて知り

友達が 「腰が痛いぃ~」 「四十肩だ」「五十肩だ」と 言ってると時に

「身体鍛えてないからよ 腹筋背筋が足らん」 と 内心思ったり、口に出したりしてた事を 反省。。。してます

  • 2010/10/22 (Fri) 00:29
  • わに #qbIq4rIg
  • URL
人間性

お客様商売をしていますので、いろんな会社の社長様ともお話をする事があります。 

いろんな方がおられます。  社長だからと、おごることなく、私たちにも敬意をもってお話をしてくださる方・・・や 気さくに話して下さる方。
たまぁ にえらそーな方も(笑)

社長でなくても 
「ワシを誰だと思ってるんだ。お前じゃ話しにならん!店主をだせ!!」みたいな方もおられます。 
店主も「さぁ? 誰だろう」って方が多いんですが(^^ゞ

結局、人間性なんですよね~   育った環境とか、 その方を取り巻く環境でしょうねぇ・・・・

私も、自分を見つめなおします。 どこかで「やってもーた」ってな事はないか・・・ 気を付けねば。

  • 2010/10/22 (Fri) 00:44
  • ぐぅ #fw5uC2iA
  • URL

お久しぶりです
たくさんの励まし温かいコメントありがとうございました・・・

今 毎日 母を傷つけていると思うのです
自分なら言われたくないだろう言葉を言わねば 進まない毎日・・・
母も人なのだ 他人なのだと思うのだけれど・・・
社会は 母のペースでは進まず こういう時はヘルパーさんさえも胡散臭く怖く・・・他人を信じることも 自分の母を信じることも どれだけ大変なんだろうかと思う毎日です

そして・・・同じことを 大昔 母が祖母(母の母)に言っていたなと思い出すのです・・・

ここを越えてゆくのは 無理な力ではなくて 諦めにも似た納得なのかなと最近思います
自分も同じ道をゆくだろう・・・遺伝子がそういうのですから・・・

母を見て 祖母を思い 祖母を思い出して母を思い そして 今の自分を見る・・・連鎖を思う毎日
ちょっとヘビーだなあと思うのです


それにしても・・・無いお金が出てくって どうよ?てな気分・・・・です(汗)

  • 2010/10/22 (Fri) 08:37
  • ちゃーばー #-
  • URL
きっと

すっごい急いでたんですよ!笑

そのおじさんは、実は重度の脅迫性障害で
「早く電池を買って帰えらないと時計の電池が切れたら死ぬ!」
(妻子が悲しむから俺は死ねない!!)
と、思っているとか・・・やや深刻な事情が、ないとも限らないし。

単なるイラチなんだとしても、それもやっぱりお気の毒だし。

Carinaさんのお急ぎ度と比較してみて、よかったら順番を譲ってあげてください。

  • 2010/10/22 (Fri) 09:06
  • R #-
  • URL
初コメントさせていただきました♪

こんにちは。ツイッターでお世話になってるみえにょんです。
今日はこちらにコメント残してみました。

おじさまに、このような方すごく多い気がします。
電車の中でもすごく横柄で・・・
山手線でチャラい若者と年配のおじさんの喧嘩よく目撃しますし。笑

会社で偉いからって会社外でも偉いと思っちゃっているのかな?と
思ったりもします。

こういう人々を見ながら、自分は気をつけようと心に誓いますよ。笑

どんな人にも、優しい人になりたいです。

  • 2010/10/22 (Fri) 09:40
  • みえにょん #9/YSsLMo
  • URL

どこにも自分勝手な人はいるものですね。
公の場所で、自分の世界のように我先にと振る舞う人は見ていても腹立だしいです。
最近は海外旅行をしていると、お隣の国の方々や発展途上国の人が多くなってきて、もっと輪をかけるような行動を取ってるので、日本人は目立たなくなりましたけど、
海外では順番を守る、レディーファーストは当たり前です。特にレディーファースト見習ってほしいです。

  • 2010/10/22 (Fri) 10:23
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
お久しぶりです 2回目です♪

いますいます;こっちまでイライラしちゃいそうな・・・

おじさまのような人に会う場面、
そういう時に気ぃ悪くした分「負け」のような気がする自分がいます・・・

そういう人って周りが嫌な気分になることは承知で、
イラチ度をアピールしてるみたいなとこありますもん。

目指すはそんな人にでもにこやかに「お先にどうぞ♪」って
笑顔で譲る私、対等に腹を立てることなく、
心のゆとりで勝ち誇りたいものです^^
有難うの一言も言わせればガッツポーズですね(笑)

ただその時それができるかどうかは私の気分次第;
ただ、そういう出来事ってその後の気分を結構換えちゃったり
するので、やっぱりなんかこう、「勝者」で終わっときたいですね
自分のために。ひねくれてますね、私^^;

  • 2010/10/22 (Fri) 23:59
  • ととっち #-
  • URL
コメントありがとうございます!

★KIY子さん
本当にそうですね~。
年を取るにしたがい、疎外感も加わって
ちょっと無愛想な態度に出るのかなあ。
私も、気をつけなくちゃ。

★わにさん
ああ、わたしもおなじです。
閉経が関係しているのか、まあつまり更年期ってことなんでしょうけど、
ここ数日は目の疲れ、肩こり、頭痛に悩んでました。

「身体鍛えてないからよ 腹筋背筋が足らん」 と 内心思ったり、口に出したりしてた事を 反省。。。してます

うんうん。まったく同感です。

★ぐぅ さん
ぐぅ さんは、お仕事でいろんな方に対応していらっしゃるから、
いろんなことを学んでらっしゃるんだろうなあと思いました。
そうですね。育った環境は大きいんでしょうね。
母がお世話になっている介護職の方も、
「どんな老人になるかは、生育環境の影響が大きいように思います」とおっしゃってました。

★ちゃーばーさん
ああ、コメントうれしいです。
老いたお母さんをめぐるちゃーばーさんの正直な気持ち。
すごくよくわかります。
うちの母も認知症が進むとき、壊れゆく自分を感じながら
本当に大変そうでした。
ちゃーばーさん。あまり無理しないでね!またブログ行きますね~。

★Rさん
コメントありがとうございます!
そうなんですよね。あとになって、「自分も心が狭くなかったか」と
反省しました。今日、ある地域のイベントがあって若い人たちと話したんですが、
やはり若ければ高齢者への偏見はありますもんね。
わたしの反応もその一つだったかも。もっと大らかな人間にならないとだめですね~。

★みえにょんさん
せっかく初コメントいただいたのに、
お返事が遅くてすみません。ありがとうございます。
みえにょんさんも、感じることが多いですか。
ときどき、手のかかる、おだてないと機嫌の悪くなる高齢男性がいますよね。
きっとさびしいんでしょうけど(笑)困りますね~。

★Yottitti さん
なるほど!海外の男性と比較すると、またいろいろ見えてくるでしょうね~。
レディファースト、やってほしいなあ。
すべてにおいて、やってほしいですね(笑)
今日、うちのマンションのイベントがあったんですが、
70代以上のお父様たちは奥さんに偉そうにしている人が多かったですよ。困ったもんだなあ。
可愛いとばかりも言ってられませんでした(笑)

★ととっちさん
こんにちは!ご無沙汰しています!
ああ、最高の処世術&自分の感情との付き合い方を教えていただいた気分です。

目指すはそんな人にでもにこやかに「お先にどうぞ♪」って
笑顔で譲る私、対等に腹を立てることなく、
心のゆとりで勝ち誇りたいものです^^

それでこそ大人ですよね!

  • 2010/12/12 (Sun) 16:30
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する