いつでも普段着、の破壊力。

約10年ぶりに会う友人と
レストランで食事をしました。

ちょっと早めについたので
レストランの前で待っていると
「ほい!」とか「はい!」みたいな懐かしい声が聞こえ、
振り返ると、久しぶりに会う友人が
こちらへ歩いてきます。

普段着でした。

カジュアルウェアという意味じゃないですよ。
限りなく部屋着に近い服装、という意味です。

完全なるすっぴん。
首元が波状に伸びた山吹色のトレーナー。
ジーパン。
ウェストポーチ。

ありゃ、そうだったっけ?
そういう人だったっけ?
あああ、忘れていたけど、
そうだった気もするなあ・・・

そんな彼女と面と向かっていると、

めかしこんだ自分が
ものすごく俗物のような、
人生万事、浮ついているような、
金にモノをいわせて
贅を凝らしているような気がしてきました。

実際には、
特段、めかしこんではおらず、
多少は浮ついているかもしれないがそれなりに勤勉で、
モノを言わせるだけの金は、どこを探してもなく、
(資産家に嫁いだ彼女のほうがはるかにお金持ち!)
贅も凝らしていないのに、です。


「いつも普段着の人」が持つ
独特の破壊力にやられたんですね。



いつも、どんなときも
流行など一切顧みない
「着なれたトレーナーとジーパン、以上!」という感じの
究極の普段着で通す人は、
その場の祝祭性や装飾性やイベント性を一気に破壊します。

たとえば、お正月。
晴れ着を着ておしゃれして
新年のあいさつにいったら、
もう一人の来客は「究極の普段着」で来ていて、
そのまま台所でエプロンもつけず
当たり前のように働きはじめた、みたいな。

正月じゃないの?
ゲストの立場じゃないの?
え?それがルール?
とりあえず座って歓談が先じゃないの?
あとで「適度にお手伝い」じゃないの?
この格好、ダメ?失格?

みたいな混乱に叩き込まれる感覚です。

「究極の普段着の人」は、
ありとあらゆる場を一気に
「日常の労働の場」に変えてしまうので、
ちょっとでもおしゃれしていると、
「チャラチャラと場違いなわたし」気分に
させられちゃうんですね。

わたしには彼女を含めて3人の
「いつも究極の普段着」で通す知人や友人がいます。

内面に屈折を抱えているように感じることが多く、
かなりガンコでもあるので、
つねに親密につきあいたいか、というと
ときには、「ご遠慮申し上げたい」と思うことも
ないわけではありませんが(笑)

わたしが身ひとつで家を飛び出したり、
だれかに追われる身になったりしても
わりに動じずに助けてくれそうな気もします。

そんな、人間としての、
裸の底力を持っている人たちでもあるんですね。

有事の友、といえるかもしれません。


【関連記事】コート姿も多くのことを物語りますね。よければどうぞ♪
40代、コートで人生を物語る。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★ランキング降下中(>_<)応援クリックしていただけたらうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ブログ記事とツイッターをともに読んでいただくと面白さ倍増です!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

なんだか・・・・・

怖いです、そうゆう方。

おしゃべりの内容はCarinaさんを惹きつけますか?

  • 2010/11/29 (Mon) 00:54
  • サボ #/zO.jUTE
  • URL
なるほど

います います、そういう女性。
かと思うと、ハイキングに行くのに、やたらと着飾って登場する女性。”あれぇ?”なんて拍子抜けすることもあります。

じき55歳になる私としては、適当にいつでもおしゃれ、でいたいです。さりげなく、「おっ、気をつかってるじゃん」なんて思わせるような。ですから、当然いつでも普段着、にはなりません。

ちょっとした場所やパーティなどにはおしゃれするのが楽しいです。また、招待してくれた方にも失礼になるときがありますから。。。

ただ、そういう普段着婦人も、着飾り夫人も、ノーメイク婦人も、ある意味で何事も恐れない的な部分をもっているので、話していて非常に楽しいときがありますね。

普段着婦人、ノーメイク夫人は、うまく、「自然体」でいいね、と言われるようにちょっと気を使うと、またこれも粋な感じがするのになあ。

  • 2010/11/29 (Mon) 02:56
  • Muffin #-
  • URL

タイムリーな話題でした。

先日娘が職場のBQQ大会がお台場で行われ
まあ、悩んでそれなりの服装(レギンスとか)で行ったのですが
帰ってくるなり
「みんなGパンとかで、あたしだけ浮いていた~」とボヤいてました

娘の考えは会社の行事ってことで
まったくの普段着ではまずいと思ったので
いくらBQQでもGパンはないかな、って思ってたのに
他の女子はまさに普段着だったと・・・

一人だとなんでもいいちゃ、いいんだけど
誰かと一緒だとその差にとまどってしまいますよね。

TPOって、難しいもんですね、いくつになっても。

  • 2010/11/29 (Mon) 09:44
  • MJ #-
  • URL

ヒトはヒト、自分は自分ってスタンスを持ってるんでしょうね、その方。

『人間としての、裸の底力』って言葉でCarinaサンは表現しているけど、素直に自分ってものを持っているヒトって強いなって感じますもん。

「私、そんなことで悩んだことないわー」って一蹴してくれそうな、悩んでる自分がアホらしく思えるくらい、気持ちよく一蹴してくれそうじゃない?

自分にないものを持っているヒトって、たまに会っておしゃべりしたりすると、新鮮に感じちゃいますよね。

  • 2010/11/29 (Mon) 10:10
  • KIY子 #-
  • URL

中学校時代から、服装に全く変化のない友達が居ます・・・・
今日日の中坊はとってもおしゃれですが、私の中学時代のままのスタイルな彼女。 
息子がおしめを入れて背負ってただろうリュックでレストランにも来ます。
「使えるから」

一本筋が通ってるっちゃあ通ってる彼女。    

それ以来、彼女と会うときはファミレス でこちとらもジーンズで行っちゃいます。   

おしゃれするのがバカっぽく思えてしまうから・・・ アハハ ^^;

  • 2010/11/29 (Mon) 11:11
  • ぐぅ #fw5uC2iA
  • URL

世間の流行とか、人がこうしてるからとかに一切影響を受けない人っていますよね。
ある意味根性ありますよねぇ~  私、根性なしなので・・

何か自信があるから服装に見栄をはらないのか
まったくおしゃれに興味がないのか
容姿の衰えにあきらめているのか

よくわかりませんが、たしかに破壊力ありますよね。

本音でほがらかでまったく服に関心が無いなら
とやかく言うのもなんですが

>内面に屈折を抱えているように感じることが多く、
かなりガンコでもあるので、

これが着飾らない(着飾れない)理由だとすると
こういうコンプレックスを一生抱えこんで死んでいく人生を
かわいそうだなとも思ってしまいます。

私の周りだと急に太っておしゃれがむなしくなっちゃって
着飾ることをやめちゃった友人居ます。
女性にとって美醜のコンプレックスが底にあって
屈折が服装に出る場合もあるから
なにか触れるのも難しいですね。



  • 2010/11/29 (Mon) 15:49
  • あっころ #-
  • URL

あのさ 80歳以上になって 思い切りじゃらじゃら着けてて 適度にひらひらしてて あまりにセンス良すぎて圧倒されるかなあ?ってのと・・・

「上下無茶苦茶な取り合わせ?でも オシャレしたくなったの?」なちぐはぐな格好・・・つまりダサい よくいそうなおばあちゃんと・・・

10代から 死ぬまで 同じだったのか?喪服も持ってなかったのか?ずっとデニムにTシャツかトレーナーだったね・・・あのおばあちゃん

どれが良いかって言われたら みんな 困るでしょう?

どっちつかずだけど・・・ 痛くない程度に努力度がある人に対しては みんな「ああ わかるよ~!」と共感したくなる・・・
50過ぎると 無駄って思いたくない部分と もうダメだって思う部分に揺れて ちぐはぐの怖さを味わうからか・・・
中庸の・・・を選んで 安心していたい・・・頑固でなくてもいいよー服装くらい・・・ 他がもう ガチガチ  身体も頭ガチガチだから~・・・中庸もOKじゃないの?と曖昧に自信喪失していいやら ちょっとオシャレを喜ぶべきかなのか???微妙だ 私・・・みたいな?

久しぶりに会う相手に どう思って欲しいかという 想像すらしないのも寂しい・・・

そして 思ったよ Carinaさん・・・ あなたは とても バランス感覚良いからこそ・・・ ノックアウト喰らったんだと・・・
久しぶりの相手に想像し 思い出し 刺激を受けて ノックアウトだと感じた感性は大切だと思う

それを失ったら・・・刺激ってものが 良いものに変換できない人になると思ったから・・・
刺激はいつもあるんだよ・・と 感じる心あって 良かったね!


そして その上で こういう友達の存在の意味も考えた感性をもつCarinaさんを尊敬しました

  • 2010/11/29 (Mon) 17:02
  • ちゃーばー #-
  • URL
あちゃあー

間違えてた~~

BBQが正しいのです、はずかしけど訂正入れておきます。

  • 2010/11/29 (Mon) 19:09
  • MJ #-
  • URL

あ、分かる~!

と読んで、単純に思ってしまいました。
普段着の相手に対して、『なんか私、凄い頑張った人みたいじゃない!?』みたいな感覚、凄く分かります(笑)


私の場合、そんな居心地の悪さを何度か経験し、悩んだあげく結局中途半端な服装をしてしまいます。


先日、友達三人で久々会ったのですが、一人はいかにも育児中ママという普段着スタイル、一人は先日出産したとは思えない細い体に、ワンピースとアクセサリーを身に纏うエレガントスタイル。


私はと言うと…普段着をちょっと頑張った感じ?
二人の中間ですね。


中間、て居心地の悪さはあまり感じないんですが、ちょっとつまらないなぁ~なんて…今回二人を見て思いました。

  • 2010/11/29 (Mon) 19:27
  • 葵 #-
  • URL
人それぞれですもんね~

常に普段着、どこでも ちゃっちゃと自ら動く、そういうのもOK。

でも、私はこういう場所で こういうメンバーだから と考慮した上で
その中で できるおしゃれを楽しみたいですね。

そして、どこでも自分のペースよりは
この場ではこうしよう、と変えるのが
自分らしい、と思っています。

でも 自分と同じ人ばっかじゃ 世の中 発展もしないわけで
やはり、人間の底力ある いつもどこでも普段着な人っていうのも
もちろん、必要だと思います。

  • 2010/11/30 (Tue) 00:12
  • Akiko #-
  • URL
追記

友達に「中庸がいいって変かなあ」と話したら・・・「あんたのは 特変の中の中庸だろ?」と言われて 謎のスパイラルに嵌りました・・・

ええっと(汗)

私の真ん中ってすでに 真ん中じゃないのか?

バランス感覚 ナッシングかと反省していいのか?なんだか分からん自分です(汗)


  • 2010/11/30 (Tue) 08:15
  • ちゃーばー #-
  • URL
はじめまして^^

こんにちは。
一ヶ月ほど前に初めてこちらにお邪魔し、
その後、更新を楽しみにしています。
過去日記も時間がある時に読んでいきたいと思いますe-343

>限りなく部屋着に近い服装
というのは、なかなかですね!
ものすご~く自己を確立されているのでしょうか。
私のまわりには、残念ながらそこまでの人はいませんね。
私自身は、歌舞伎もオペラも‘お出かけ用ジーンズ’で行っていましたが
最近は、ちょっと考え直そう・と思っています。
carinaさんの記事も参考にさせていただきたい・と思いますe-348

  • 2010/11/30 (Tue) 15:42
  • アイコ4才 #zA2mftqY
  • URL
ある意味うらやましい。

私の友人で、います。凄い人。50代半ばでほとんど休職中の運送業のご主人と3人の子供を一家の大黒柱として支えている逞しい女性なんですが。
冬場でもトレーナーにジーンズ、薄いナイロンのジャンパーみたいなのでいつもいるのですがそのジャンパーは恐らくご主人が飲むビールの景品でもらったものであろう「ロゴ入り」のものなんですよね。そしてトレーナーは徹底的に色褪せ、ジーンズは娘のおさがりでサイズが合わずに7分丈に・・・・。ある意味突き抜けているんですよね。所帯持ちのmirumeは給料全部をファッションと美容につぎ込む輝かしい独身族にもなれず、友人のようにどうどうと「生活第一。」って感じで服なんか着ていればいいのよ!と肩で風切るおかあちゃんにもなれず・・・・・・なんだかアイデンティティが揺らいでしまうことがありますがね・・・・・。いやいや私は私だ!v-91

  • 2010/11/30 (Tue) 22:52
  • mirume #-
  • URL

経験あります。なんか損した気持ちになるのは、なぜでしょうね?なんか、一生懸命おしゃれしてきたのに、な、な、何~って感じですよね?

  • 2010/12/15 (Wed) 18:51
  • kankan #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する