芸能人の「ご本人、登場!」が教えてくれること。


「ご本人の登場です!」

と、大々的に紹介されて、
かつてのスターやアイドルが登場し
当時のヒット曲を歌う番組がありますけど、
もう、明らかな「懐メロ世代」となった今では、
なんか、もう、すごーい、見ごたえありますね。

その歌い手さんが、

(1)「ちっとも変わっていない!キレイ!」と言われたいのか、
(2)自分の歌をしっかりと聴かせたいのか、
(3)そのどちらでもないのか

なんとなく、わかっちゃうんですよね。

先日も麻倉未稀さんが「HERO」を熱唱してらっしゃいましたが、
若いころより、ちょっと体が大きくなった分、
若いころより、ずっと声量が増していて
迫力があって、さばけていて


ああ、この人、歌を真ん中において生きてきたんだなあ。


と思いました。

華やかなことばかりではなかったでしょうけれど、
歌が人生の真ん中にあり、
その歌との関係が深まっているから、
年をとることをあまり恐れていない感じもして、
とっても、かっこよかったです。

麻倉さんは上記の分類では(2)になると思いますが、
女性歌手のなかには、(1)の人もわりに多いですよね。

そして(1)のタイプの歌い手さんが歌い終わると、
その他のゲストの人たちは異口同音に

「きれい?♪」
「全然、かわってない!」
「昔よりキレイになった?♪」

など称賛&賛辞の嵐で迎えるんですよね。

「あー、わたしも一度でいいから、言われてみたいよ」と
思わないといったらウソになりますが、

しかーし。

その女性歌手自身が、
「うわあ、変わっていない!」と言われたくて衣装もメイクも準備し、
「昔のまんま!きれい♪」という賛辞をこそ求めていることを
まわりの年下ゲストたちが察して、その期待に応え、


期待どおりの賛辞を贈ってあげている「優しい雰囲気」


を薄々、いや、はっきりと感じることも多いです。

そして、「うわあ、変わっていない♪」と言われて
うれしそうにしている姿を見ると、
わたしは、同世代として、
その女性への関心をなぜか、かなり、なくしちゃうんですね。
(嫉妬とか羨望とはビミョーに違うんです、これが)

少し話がずれますが、
酒井順子さんのエッセイ集
「駆け込み、セーフ? (講談社文庫)」のなかの
「若作り、その危険な誘惑」に、
ダイエットしてハイパー上機嫌になっている友人の顔が、
びっくりするほど老けているのを目にして、


友人があまりにおばさん臭い顔をしている時、
「ちょっとそれってどうなのよ」とは言うことができるのです。

しかし、「私はこれでイケている」と信じて
若い格好をしている友人に対して
「イタいんですけど」とは決して言うことはできない。
そんなことを言ったら、友人の心の中の
どこか大切な部分を傷つけてしまうことになりそうで。


と書いてらっしゃいます。

そうなんですよね。
目の前の人の「心の中のどこか大切な部分」は、
よほどの意地悪でない限り、
だれだって傷つけたくないんですよね。

だから、


心の真ん中に「若く見える自分」を置いちゃうと、
まわりは、そーっとそーっと、
傷つけないように黙っちゃう。
称賛があまりに嘘っぽくなると、
あとは、優しい沈黙で包み込む。


それをこそ、「敬老の精神」というのかもしれません。


【関連記事】だからこそ、「お若いですね」が最強のほめ言葉になるんですよね♪
「若く見える」バトルは永遠なり。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★今年も読んでくださる方は応援クリックをぜひハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

若いという事に、他人とは違うのよ!っていう見下すような
感情を感じると回りはいやな気分で陰口の対象になっちゃうけど

なんと言うのか、一生懸命の努力に対しては
たとえば父兄参観で子供がママ綺麗で来てね、
なんて頼まれて努力したりは
その気持ちが可愛いから、行動に対しての賞賛って言うのも
ありますよね。

こういうのは皆さん寛容なのでは無いかと思います。

綺麗でありたい気持ちは、認めてあげたい(認めて欲しい)
そこでやっぱり心根一つで周りの気分も変わりますから

奢る事無かれ、ですね。

  • 2011/01/26 (Wed) 20:09
  • あっころ #-
  • URL
心のどこが大切か・・・

ああ、お互い大切にしたいものですね。

でも、変わった人に「変わってない~」と
言うのも勇気がいるなぁ・・・

  • 2011/01/26 (Wed) 22:14
  • Akiko #-
  • URL

このごろ友人と会う機会も増えて、半ばどきどきするんです。
自分もそうだけど、相手も変わってたらどうしようって。
でも、年月が経ってるんだから仕方ないんです。
見た目はともかく、
みんな成長し、丸くなって、お互いが思いやれるやさしさを感じるとほっとします。

テレビに映る人は一発勝負で、言葉のはしくれや振る舞いで、いろいろなものが伝わるので、気をつけないといけないですね。
つくづく電波っていいこともあるけど、周りにいる人も、その人なりを評価されちゃうか怖いですよね。

  • 2011/01/27 (Thu) 10:02
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
それなりに

それなりに老けているのって悪くないと思うし、
自然体のほうが生きやすい気がして、
白髪も染めないしダイエットもしていない私ですが、
子どもがヨチヨチ歩きの頃、公園で遊んでいると
「かわいいですね~お孫さんですか?」って初老の男性に言われ、
返す言葉も無くそそくさと退散した苦い経験があります。

  • 2011/01/27 (Thu) 18:16
  • のりりん #vF6dOJDI
  • URL
おはようございます!!

「ご本人、登場でーす」って現れた歌手がさ、歌いだした途端に悲しくなることないですか?
「あっ、最近歌ってないんだ、このヒト」みたいなことが、素人の私でさえも感じる程度の歌声。
昔のあの声はどこに行っちゃったの?的な。。。
キレイをキープもいいですが、歌を仕事にしているなら、そこもある程度キープして欲しいなって思うのですが、、、というかしていて欲しかった~って、切望している自分。
懐かしい曲に自分の思い出が重なって、あの頃に気持ちに戻りたいと・・・望んで妄想に入ったところで、現実の世界に舞い戻っちまったって、悲しいよー ><。

まぁ、期待していたには私の勝手だけどね(笑)

  • 2011/01/28 (Fri) 10:37
  • 八重yamabuki #-
  • URL
はじめまして

はじめまして!
いつも更新を楽しみにしている、アラフォー2才、0才の男の子のママです。
今は育児休暇を取らせてもらっていて、家にこもりっきりの毎日ですが、Calinaさんの文章を読んで元気をもらっています!

ちょっと毒舌で⁈気持ちがよくって、そして時には温かい気持ちになれる所が大好きですo(^▽^)o

ブログにコメントするのははじめてで、ドキドキですが、今回の内容もとてもツボにはいってしまったので、思い切ってコメントしてみました☆(≧▽≦)
これからも楽しみにしています!がんばってください!

外見だけでなく…

『目の前の人の「心の中のどこか大切な部分」は、
よほどの意地悪でない限り、
だれだって傷つけたくないんですよね』

ていうお言葉、本当にそう思います。職場に「若い時からしっかりしている自分」という心の部分を大切にしていると見受けられる50代後半の方がいらっしゃいますが、ちっちゃいミスがちっちゃいとはいえとても多くて、でもプライベートのストレスも多そうなご様子なので、指摘したら崩れてしまいそうで本人に言えず、だれかが毎回カバーしているという状態です。本人は気付いてないから、他の人のミスには厳しい。
年をとるとどんなに気をつけていても若いときのように完璧にはできなくなること、まわりの方々が知らないところでしかたなくとはいえ優しくフォローしてくれている、ということを忘れてはいけないのだなあ・・・と40代前半の私は思うのでした。
テレビに自称「80すぎてもしっかり者、80代とは思えない」なんていう料理研究家さんなどがときどき出てますけど、わたしはまわりが偉い!って思います。

  • 2011/01/28 (Fri) 15:49
  • motimoti #Kh5qGxsQ
  • URL

えーっ・・!昔と変わらないだなんて。。。
長い間埃かぶってただけじゃがっかりですよねー;
磨かれて、より一層輝いてないとー!(お肌が、とかではなく!!)


そして、敬老の精神ですが、たぶんどんな分野でも
一回ある程度に達すると、一目置かれたり
「先生」とか呼ばれる立場にでもなったら、もう誰も教えてくれなくなって
そこで腕が落ちることがあったりするんですよね~。

そこが、新たな試練のはじまりなんだろうな~と思います。

せめて身内(親しい人も含め)からはちゃんと言われたいです。
それも、気づかないようなさりげない言い方じゃなくて、でも嫌味はなくて
タイミングよく、ピリっとスパイシーに効かせてくれ!
って甘いですよね!エヘヘ

  • 2011/01/28 (Fri) 18:06
  • R #-
  • URL
コメントありがとうございます!

★あっころさん
う~ん、毎回思うけど、
「きれいでありたい」に関するあっころさんの考察は、深いなあ。
毎回、うなってるね、私(笑)

奢る事無かれ、ですね。

ほんとに、そうですねえ。
いろいろ配慮したバランス感覚が大事ってことに尽きるかな。

★Akikoさん
でも、変わった人に「変わってない~」と
言うのも勇気がいるなぁ・・・

うん。それはウソだもんね~。
だから、そういった外面の変化問題は完全にスル―して
別の「真実を語れる話題」に集中した方がいいですね(笑)
八百長問題とか、ムバラク問題とか。

★Yottittiさん
みんな成長し、丸くなって、お互いが思いやれるやさしさを感じるとほっとします。

もう、この一言に、Yottittiさんの人柄が表れてますね!
そんな風に感じながら再会できたら、
もう、何も言うことなし!
再会のすべてがすばらしいですよね♪

★のりりんさん
「かわいいですね~お孫さんですか?」って初老の男性に言われ、
返す言葉も無くそそくさと退散した苦い経験があります。

「そそくさと退散」がおかしい~♪
抗議も号泣も罵倒もせず「退散」する上品さがものすごーーく素敵です。
ユーモアこそ「素敵な老い」の必須要素を考える私には、
のりりんさんはそれだけで素敵要素満載です(^^)v

★八重yamabuki さん
ああ、その感じわかるーー!!
ブサイクになっていても歌が上手、のほうがいいなあ。
「太ったのは歌のため」とか、
「このシワは人生の深見のため」とか思えることないわけでないし(笑)
やっぱり、本業の実力あってこそなんだろうねえ。

★カピバラ さん
ものすごくうれしいコメントをいただいていて、
すぐに読んで、ありがたく、ありがたく舞い上がっていたにもかかわらず
こんなに返事が遅くなって誠に申し訳ないです。
2歳と0歳のお子さんがいらっしゃるんですね。
かわいいだろうなあ。でも、大変だろうなあ。
時折、「大人としゃべりてえ」「フツーの日本語で弾丸トークしてえ」と思いませんか。
(きっともっと上品な言葉で 笑)
そんなときは、こちらのコメントで弾丸トークしてくださいませ。
記事内容に関係なくても構いません!!

★motimotiさん
コメントありがとうございます!
実はmotimotiさんのコメントも速効拝見して、
「ああ、そうだよなあ」としみじみ考えさせられたんですよ。
これは本当におっしゃる通りで、
年齢とともに気をつけなくちゃいけないことで肝に銘じようと思いました。
昔のやり方を通す、現役感を押し付ける、自分のミスを認めない
これらはほんとに注意しないといけないですね~。
つまりそれらが「老い」なんですよね。

★Rさん
「先生」とか呼ばれる立場にでもなったら、もう誰も教えてくれなくなって
そこで腕が落ちることがあったりするんですよね~。

そこですよ、そこですよ。
私も仕事では年長者の人にインタビューなどするんですが、
そのとき、実は、ものすごく相手を観察していて、
「おだてる」「否定しない」とか瞬時に判断しているんです。
それは、失礼でもあるんだけど、そうするのが安全だから。

タイミングよく、ピリっとスパイシーに効かせてくれ!

Rさん、頼みます。言ってください!私にも。

  • 2011/02/08 (Tue) 17:44
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する