そうだ。私の不安は、私が認める。

これまでにも不安や悩みや心配がなかったわけでなく、
だれだって太平楽に生きてきたわけじゃないところに
この未曽有の大地震。

これまで一度たりとも
お金持ちであったことはありませんが、

それなのに、そんなわたしが、
あの瞬間以来、被災地の何十万人の人々が失ってしまった
「すべてのものを持っているマリー・アントワネット」
みたいなことになってしまって、慣れないことだけに、
もう、とんでもなく居心地が悪く、たまらんです。

いまのわたしは、
誰はばかることなくオナラしていい個室も、
誰はばかることなく臭いウンチをしていいトイレも、
誰はばかることなく股間を広げて洗える風呂場も、
もー、なんだって持っているんですからね。

しかも、家族も、犬も、食べ物も、布団も、ストーブも、
ガスも、水も、電気も自粛さえしなければ使い放題!停電もなし!


でもね・・・贅沢をいって申し訳ないが、
ゾワゾワゾワゾワと不安なんだよね。



ここんとこ激しく評判の悪い「買いだめオバサン」たちも
実は、あんまりお金持ちじゃないと思うな。

それほど裕福でなく、
被災の当事者ではもちろんなく、
日ごろからやや安物買いが好きで、
これからの景気がうっすら不安で、
父ちゃんの給料がうっすら心配で・・・

そんな将来への不安を
トイレットペーパーや、インスタント食品や乾電池といった、
必要そうだけど実はそれほどでもなくて
買ったモノより買ったヒンシュクのほうが大きいようなモノたちを、
物置の棚のキャパシティ以上に「ため込む」ことで解消し、
安心しようとしているんじゃなかろうか。
(・・・って実際にホームセンターに足を運んだわけじゃないから、
勝手な憶測なんですけどね)

わたしにも不安はあるもん。
この震災で、不景気や失業や所得減少や就職難など
これまで抱えていた不安や心配がなくなったわけでは決してなく、
これまでの不安や心配は、
目の前に広がる悲劇や不安や心配に覆われているだけで、
それほど遠くない将来に、いずれ必ず、表れるに違いなく、
そのときには、さらに悪化し、深刻化しているのではなかろうか、
という確信に近い恐れがね。
吹けば飛ぶよな個人事業主だけにさ。


非常時という真空のような時間に身を置きながら、
いずれ刻み始める「現実という時間」におびえている。



「できることをしよう」も
「ともに力を合わせよう」も、
「きっと乗り越えられる」も
すべて正しく、まったくもって賛成だけれど、
自分のちっぽけな不安も、ちゃんと認めてあげよう>わたし。

だっておよそ半世紀におよぶ経験上、
過度な我慢と抑圧はカラダによくないもんね。
わたしの場合は円形ハゲとなって出るからね。

そうそう。話は飛びますが、
フリーライターとして活躍中のアキエダさんのブログがおもしろいですよ?。
最新記事は「トイレットペーパーはじめました」
震災後、ブログ記事が冴える稀有な方だと感じています。(わたしゃ、修行が足りんです)


【関連記事】震災後の記事はこちらです(^^)
まず寄付して、自分を落ち着かせる。
震災がもたらす「我がグータラ」に喝!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですうわめづかい

★いつも応援していただき本当にありがとうございます!
ブログ更新だけでなくわたしの人生の励みになっていますハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでもおしゃべりしましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク



コメント

その後

他店の話ですがトイレットペーパー納品のトラックがきたら
その周りに人が群がってしまったそうです・・・
例えばその中に家にもう1ロールも残ってない!って人がいたら
それはさすがに売ってあげたいとは思います。
でもそんな感じではないんですよね
とにかく買っておかねば!って
そしてこんなときにでもいつもの安いのが買えなくて
ブツブツいう人・・・いやだ いやだ

そして、carinaさんの書かれてるとおり

そんな将来への不安を
物置の棚のキャパシティ以上に「ため込む」ことで解消し、
安心しようとしているんじゃなかろうか。

なのだと思います!


贅沢っていうのも本質はごく普通の日常の中にあることなんですよね。

  • 2011/03/17 (Thu) 23:38
  • MJ #-
  • URL
現実への不安

地震のニュースをみては心が痛み、
何かしなくちゃと、何かできる事は
ないだろうかと考えるけれど、

何とかしなくちゃいけないのは
自分の現実も、なんですよね・・・。

ただいま目の前の不採用通知に
がっくりと肩を落とすばかりです・・・。

もっと大変な思いをしている人が沢山いるのに、
そんなことで落ち込んでどうする!とは思うのですが、
やっぱり悲しいものは悲しいし、
先々を考えれば不安があります。
それもまた大切なことですよね。

ブログを読んだら元気が出ました♪
さて、今日もせっせと内職しつつ、頑張ります!
ありがとうございます♪

  • 2011/03/18 (Fri) 09:01
  • にゃおこし #xCSKYJK.
  • URL
子育て済みのおばちゃん達は

いつもありがとうございます。

こちらは被災地からは遠く離れた土地ですが、個人事業主としては、地震の日以来、目に見えて仕事が減りつつある感触があります(現実!)いつか復活する日がくるのかな...
そんな経済状態を肌身にしみて感じている私達世代の一方で、少し上の定年退職済み世代のおばさま方(たぶん年金や退職金をもらってちょっと裕福)の物言いに、最近、不愉快な気持ちになりました。
口では、大変だ!かわいそう!と言うのですが、自分だけは安全だと思っているというか..。
「これから日本の経済はだめになる」
「便利な世の中を作ってくれた先人には感謝しなくてはならないが、私達は反省しなくてはならないと思うの」
「やりたい放題やってきた天罰ね」
「日本は外国に比べたら電気で照らしすぎ」
「やっぱり水も食料も備えておかなくちゃね」などなど...

なんだか言っていることは殊勝なんだけど何故か上から目線。自分達はやることやってしまって十分贅沢もしたし、もうあとは残りの人生、自分の安全を確保するだけでいいって感じ?たぶんこういう人達も買い占めして、あわよくば自分の家族だけ助かろうなんて思っていそうな感じがしてなりません。自分達が育ててきた子ども、作ってきた環境に責任なんて感じていなさそう。

ほんと私も「すべてのものを持っているマリー・アントワネット」な気持ちです。

私達世代は、これからの世の中を生きていく子どもを育てている最中だし、
頭を使ってがんばりましょう!

  • 2011/03/18 (Fri) 11:20
  • mikeko #mQop/nM.
  • URL

こんばんは☆

twitter発信で、「どうぞ、どうぞ」と譲り合う
『ウエシマ作戦』が始まってるらしいですね~。素晴らしい・・・☆

私は、twitterやってないのですが
今回のことで、災害用に家族で始めたほうがいいのかな~と思ってます。
でも、しょちゅう携帯忘れちゃうので意味ないかも;
典型的な末っ子タイプなので、いつも備えが甘いです;;;

だから、ある意味、買占めには、たくましさを感じたりもします。
買い占めたものを、困ってる人に「どうぞどうぞ」と譲ってくれたらいいですよね。

  • 2011/03/18 (Fri) 20:50
  • R #-
  • URL

服飾関係の仕事をしてます。販売する側ですが、春物の色あざやかな洋服を着たいという気になりません。でも、市場が活性化しないと、日本経済全体が落ち込んで、被災者の人達への支援も、きっと充分に行き届かなくなる。だから、うつむかないで前向きに。優しい春色の服を着て、精一杯に働いて、稼いで、少しでもたくさんの義援をする。小さくても、自分にできることを、頑張ろうと思います。

  • 2011/03/18 (Fri) 20:59
  • なな #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する