有名人の寄付金額に燃えるとき。

ユニクロの柳井社長が10億円寄付したことを
だれかに教えてあげるとき、
なぜだか、ビミョーにわがことのように誇らしく、
威風堂々と背筋が伸びるような、
大いなる責任の一端を担ったような気分になって
いつの間にかドヤ顔になっているのが、
われながら、おかしくて不思議です。

なんでしょうね。この感覚。

一面識もない柳井社長に自分の分も出していただいたような
その善意と財力に相乗りさせていただいたような、
この感覚、ちょっとおかしな例えかもしれませんが、
スポーツの日本代表が優勝したときに似ています。


「ありがとう!日本代表?」みたいな。


だからでしょうか。
自分の好きな有名人が多額の寄付をしたと聞くと、
どうだ、と。
すごいだろ、と。
稼ぎもすごいけどケチじゃないよ。
出すときゃ出すよ、と。
もう、ますます、その太っ腹なところが
大好きになっちゃうんですよね?。


でもなあ。


きっと、稼ぎはあるにはあるものの、
いろいろと借金やスタッフを抱えていて
やや仕事に陰りが出はじめていたりして
はたで見るほどには余裕のない有名人もいるんじゃないかなあ。

それでもファンや世間の
「で、あんた、いくら出すのよ」という熱視線に負けて
泣く泣く無理しちゃった人もいるんじゃなかろうか。

もちろん、こんなときですから、
できる限り「まとまった額」の寄付をしたほうがよいとは思いますが、


有名人であれ
無名人であれ、
過度な無理は禁物ですね。



わたしのようなものでも
こんな風にブログなんかをしているだけで
「できれば、いい格好したい」
「ちょっと見栄をはってほめられたい」という気持ちが
ちょくちょく生まれて負けそうになるんですが、
そんな風にして自分の態度を決めていくと、


・ビミョーに居心地が悪い。
・判断基準がいつまでも定まらない。


ので「いかんいかん。自分の足元を見つめて決めるべし」
と、つねに自分に言い聞かせるようにしています。


とはいえ、今回は寄付についてもいろいろ考えました。

年末の家計簿売り場で
古めかしい「縦書き赤文字」が異彩を放つ
羽仁もと子案家計簿には、


年間を通して年収の1パーセントを公共費(寄付)に。


と書いてありますが、
年収の1パーセント。なるほど無理しすぎない、
それでいて「大人の金額」といえるかもしれませんね。


【関連記事】私自身の寄付についても書いています。よければどうぞ♪
まず寄付して、自分を落ち着かせる。
震災がもたらす「我がグータラ」に喝!
そうだ。私の不安は、私が認める。
「愛される人」はどんな人か。
「若返り」はもういい。「新しい私」へ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですうわめづかい

★いつも応援していただき本当にありがとうございます!
ブログ更新だけでなくわたしの人生の励みになっていますハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでもおしゃべりしましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

初めまして

今年から、ブログをはじめました。
美容室ですが、誰もが持ってる本質美というやつを引き出して綺麗になってもらうことを、目的に舵を取り直しました。時間があれば、覗いてください。
寄付に関して、私が思ったことは、それだけ大きな問題として受け取らざるを得ないほどの情報力をもってるのかも?でした。
もちろん、流れでやってる人もいるでしょうけど、孫さんの寄付を見て、チョット、かなりまずいぞと思ってしまいました。
40代からの・・・ですから、50代でも、仲間に入れてもらえますよね?
スカッとする、おもろい文章で、GOODです!
お気に入りにします。

コメントありがとうございます!

コメントをくださった皆様。
サーバー障害が起きたときに
コメントが消えてしまっています。
私の手元にメールとして届いているので
そちらをもとにお返事しますね。ごめんなさい。


★Yottittiさん
<いただいたコメント>
柳井社長は日本を代表する企業として、本当に誇りです。
今の日本の制度では、外国みたいに寄付が当たり前でいいことみたいになってない状態は、もう少しどうにかしたらいいと思います。
ただ有名人の寄付は、金額を公表するといくらしただの競争みたいになってお気の毒ですよね。これって刺激になっていい効果を表してくれるといいなって思います。
本当に続々と寄付金が集まって、一丸となって立て直そうとしている姿勢がうれしいです!

何事も無理は禁物ですね。
ブログもCarinaさんもそんな風に感じてたなんて~ほっとです。
見つめなおすのも大事だなというのも身にしみました。

<Carinaから>
そのあと、孫さんが100億を寄付したりして
目を回しましたね~!
震災からもうすぐ2カ月になろうとしていますが
それがまだ信じられないくらいですね。
寄付についても長期的に取り組まないと、と思っています。


★透実さん
<いただいたコメント>
有名人の寄付いろいろと大変ですよね。
多くても少なくても、あれこれ比較されちゃうし、
SMAPさん達が5人で数億だなんてことになり
あれ?嵐は?みたいなことになるわけで~
売名行為だと言われたりもしますよね。
石川遼君なんか、すごく沢山出して
すごーくいい子なんだけど
うちの夫が言いましたね。
ほかの人にプレッシャーになるよなあって。
妻子が居たり、事情があったりするプレーヤーも
沢山いるわけで、美談なのに
素直に感動できない我が家なのでした。

<Carinaから>
石川遼くんは今期の賞金全額なんですよね。
あの年で本当に頭が下がりますが、
スポンサーもついていなくて、
経済的に大変なプロの方はなかなかそこまでできないですね~。

★mariagaranceさん
<いただいたコメント>
お邪魔します~

著名人募金の金額の多寡はともかく、
ここで、

[太字]羽仁もと子案家計簿(爆)

その観点、しぶくて、かつ、流石です~~~!

年収から各予算決めて運営すると(慣れるまでめんどくさいけど^^;)
突発的なことが起きた時、あとどの位使えるのかの見当がつく。

あの家計簿が持つ、ロングセラーな生活哲学、
今、底力を発揮する時のように思います。

「公共費」に関しては、キリスト教的な思想の影響も感じますが、
確かにこのくらいのバランスなら、無理がないですものね。

寄付については、いろいろ考えてしまいますね。
日本赤十字社に駆け込んだ私ですが、
速攻性と小回り考えると、活動の安定したNGOに寄付する方がいいのかも。
長期戦になりそうだから、今後は見極めていきたいと思います。

<Carinaから>
ははは。よくぞ、そこの部分に着目してくださいました!!
わたしは、何を隠そう、あの家計簿の愛用者なのです!
しかし、未だかつて一度も「予算内」を達成しない愛用者なのです(笑

友の会の神戸の方々は、今回も大活躍されたようで
生活するスキルの強さを思い知らされました~。
わたしも日本赤十字に寄付しましたが、本当ですね。
次は、ペットレスキューやあしなが育英会なども考えています。


★あっころさん
<いただいたコメント>
モンゴルで公務員に強制的に寄付って記事を読みました。
日本より所得水準の低いところからこういう裕福な国に
募金の強制ってなんか恩を売るみたいな感じがして
良くないって思います。

一時的に募金するのも
出来る人はしたほがそりゃ良いけど、それ以外にも
買いだめをしないとか
東北でも安心な産地の野菜などを買い続ける
そんな事のほうが継続的かつ自立を促す良い方法だと
思います。

<Carinaから>
確かブータンも、公務員全員の方が
寄付したように聞いています。
たしかに貧しい国の方にしていただくのは申し訳ない気がしますね。

少しずつ時間がたつと、他の地域の人は忘れちゃいそうになるので
東北の震災のことを語り続け、
それぞれができる支援を探すのが大切な気がしますね。


★わにさん
<いただいたコメント>
名前変更のお知らせ (4/1)

 『 鰐 → 鯔 』   

---------------

今日の新聞に 日赤と共同募金会の 義援金が700億円越したけど 被災地への配分はまだ先になるって 書いてありました。

見える『思い』は いつ どこへ届くんだろ。。。。

<Carinaから>
4月30日の段階でも義援金が配分されたのは1割。
もっと早く現金を届けてほしいですね。
うん?名前変更?わにじゃなく?
いな、って読むの?
これも「わに」??
ごめん。また時間のあるときに教えてくださいませませm(__)m

★ヨーコさん
コメントありがとうございます!
美容室をなさっているんですね。
ぜひ、私たち世代の「年相応の美しさ」を実現するために
お力をお貸しくださいませ。
これからもよろしくお願いします!

  • 2011/05/06 (Fri) 16:28
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する