浦島太郎に感じる加齢リアリティ。


この連休に京都で個人タクシーに乗ったら、
スキンヘッズの人懐っこい運転手さんが、
友だちライクなタメ口で接してくれました。

窓の外の景色を見て夫が、
「このあたりも変わりましたねぇ」と言うと、
「うん?いつ頃とぉ?」
「うーん。30年くらい前かなあ」

すると


IMG_0604_convert_20110513162243.jpg
↑新緑がきれいな鴨川 写真はイマイチ(-.-)




「サンジューネンーーーっ?!
そりゃ、なんぼなんでも、変わりますわーーーーっ!」



どうやら30年という時の重みにやられたらしく、
あんなに友だちライクだった運転手さんが、
突然、「ですます調」に切り替えたうえでの、
もんのすごく大げさなリアクション(笑)


しかしね。


夫と同じ時期を京都で過ごしているはずの、このわたしも、
タクシーの座席に澄まして座り、
夫の口から運転手さんへの返事という形で
改めて聞いた「30年」という言葉に
心のなかで「そんなに昔かよ・・・」と
なぜか改めて驚くような、
さびしくなるような気持ちだったので、
自由奔放な運転手さんの大げさにもほどがあるリアクションも
「あんた、そんなに年違わないじゃん」という不服はあったものの、
まあ、わからないでもなかったです。


あれですね~。


自分自身の30年前の記憶の「鮮やかさ」と
実際の「30年という時間の長さ」との間に
ギャップが生まれつつあるんでしょうね。



竜宮城体験なし、玉手箱いらずの浦島太郎化か。


このギャップはこの先、
大きくなることはあっても
小さくなることはないはずで、


「このあたりは40年前は・・・」とか
「あの事件があったのは、50年前で・・・」とか、
自分自身の「若いころ」という
もっとも鮮やかに記憶が刻み込まれた時代のことを
リアリティ満載でモリモリに語ろうとすると、
「遠い昔」「古い話」「歴史の証言」「お年寄りのお話」として
片付けられるようになることでしょう。(長生きできれば)


老いる孤独のひとつは、ここだな。


ま!しかしものは考えようで

ひとつの場所を
過去と現在の二重写しで味わえるわけで、
あらゆる「旅」の深みや面白みも増すであろう。

過去を振り返れば、
なぜか狂おしいような、切ないような、
あっけないような、なんともいえない思いもしないことはないですが、
それもこれも旅のスパイスってことにしよう。

死ぬまで旅をつづけるのみだもんね~。


【関連記事】よければ、こちらの記事もどうぞ♪人生そのものが過渡期か。
「過渡期」を愛して、人生の質を上げる!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

30年ぶり

こんにちはヽ(^0^)ノ
市松模様のフレームのめがねを持っている48歳です。持ってるだけで、かけてはいません。もっぱら遠近両用コンタクトですっ。

このまえ、夜の京都を息子と歩いていまして、このへんにたまに行く店があるよ、と息子が言い。それがワタシがまさに30年前に行きつけで、毎週朝まで飲んでいた店でございました。お勘定のときそのことを店員さんに言うと、その時はボクももうこの店にいましたよ、と。ああ、良かった、となりました。

30年ぶりのお店で、母さん、目がきらきらしてるよ、と指摘を受けました(笑)。30年ぶりの京都というと、四条あたりですれ違っていたかもしれません。

旅ですねぇ。うまく電車を乗り換えて旅してゆきたいものですが、年を重ねるほど案外高度な乗り換えテクニックが必要なのかもしれぬと思うこの頃です。

  • 2011/05/13 (Fri) 17:13
  • あきら(ririmiki) #dI6DO0LA
  • URL

やっぱり母が25年ぶりくらいかしら~なんて言ってたのを、
夫がぼそっと「四半世紀ですよ~」と言われてて、世紀であらわすと大事だな~なんて話を思い出しました。
下手すれば、母は京都なんて半世紀ぶりに訪れたのではないかな~なんて。

私も大阪は20年行ってないけど、覚えてるのは初々しい記憶だけです。
記憶は止まったままなのに、
今はあっという間に過去に変わってるのですね。
過去の積み重ねが人生を刻んでいってるのですね~。なんてしみじみです。

  • 2011/05/13 (Fri) 19:19
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL

ありますねー。そういうこと。
私もつい最近、良く知っているつもりで行った場所(ここで待ち合わせでした)付近の様子がすっかり変わっていて道に迷い、
よくよく考えたら、良く知っていたのは20年以上前だったーe-350ってことがありました。

あれから20年かっ!?と愕然としました^^;

>過去を振り返れば、
>なぜか狂おしいような、切ないような、
>あっけないような、なんともいえない思い

というのにもすごく共感。
なんなんでしょうか?この思い。
過去を振り返って↑のような気持になり、
未来を思うと言いようのない焦燥感のようなものに襲われて
居てもたってもいられない気持ちになることがあります。

・・・こ、更年期^^?e-330

  • 2011/05/13 (Fri) 21:04
  • ヨウコ #IwiPhfUQ
  • URL

小説の登場人部の行動が 先の先まで予測できて
「もしかしたら ワタシって天才っ」と 読み進んで・・・半分くらい読み終えた処で
あっ これ 前に読んだ事のある小説だ と 気づくワニです。。。。

サークルで『汚れてもいいコート』が必要になって 
「そうだ 短大に通う時に着ていたコートがあったな」とタンスから取り出して
ふと
短大生の頃って。。。。。。ぎゃーーーっ35年前っ。。。驚いた。
7回引っ越してるのにね(7回段ボールに詰めて出してたのよ)あはっ。

波風立たずに ほげーっと ぼんやり生きてるからでしょうが 『過去に重み』がない毎日です

脳の容量が少ないのか 記憶の整理整頓ができないのか
起きた事はすべて 『昨日以前の事』で インプットされています。

たとえて言うなら  落ち葉を集めてごみ袋に入れたような記憶の集合体です
(よけい わからんわぃっ)
最近じゃ ごみ袋の中に入っていた枯れ葉(一応内容を記している葉っぱ)も 燃やして 灰となってますけど。。。。
(まったく わからんわいっ)


これって 更年期通り過ぎて 老化? 昇華?(笑) 
がははは

  • 2011/05/14 (Sat) 11:51
  • わに #qbIq4rIg
  • URL

私は物持ちがいいと言われてます。

まぁ単に買い替えするのが面倒なだけなんだけど(笑)

我が家のリビングのテーブルも、お嫁に持ってきたものなのですよ。
先日、娘がこのテーブルで初めてつかまり立ちをしたときの話をしてたの。

立ち上がった瞬間なんて、昨日のことのように思えるのに・・
変化のない日々がン10年と過ぎたのでしょう

このテーブル、骨董品の域に達するまで使い続けるのでしょうか~

似たような体験が…(笑)

昨年、京都にて同じようなことが…(笑)

三月書房のすぐ近くに、ものすごくおいしいドーナツ屋さんがあったんですよ!もしかして、ご存知でしょうか。涼しい季節だけで、夏場は氷屋さん(かき氷じゃなく業務用)で。今まで食べたなかで最高のドーナツ、その味が忘れられず…三月書房に立ち寄り、ご主人(代替わりして息子さん)に尋ねてみました。

すると「そりゃ…!もう20年も前のことやわ~!」と…。
そりゃそうか、私が知ってたのは四半世紀以上前のこと…。あのお店は(多分もう無いだろうとは思ってたけど)とっくに店じまいしていたのでした。
ドーナツが幻に…切ない…(ちょっと切なさの意味が違うけどw)

私は20代うから眼鏡常用です。一時コンタクトにしたら「なんか変!」って言われた…これが素顔なの…(^^;)

  • 2011/05/17 (Tue) 10:24
  • flowerkinoko #-
  • URL
コメントありがとうございます!

★あきら(ririmiki)さん
まあ、コメントを拝見しているだけで
京都にさまよいでたような気がしました。
本当にすれちがっていたかもしれませんね。
あきらさんのブログも、
さまざまなことに造詣が深く、刺激的です。

★Yottitti さん
ほんとにそう!世紀で表すとすごいことになりますね。
わたしはもうすぐ半世紀(じゃじゃーん)
四半世紀どころの話じゃありません(笑)
だからでしょうか。最近は歴史物の「100年前」とか
「200年前」が、そんなに昔じゃないなあと思います。

★ヨウコ さん
うわうわ。ヨウコさんもある??
あるよね~。
過去と未来に感じる、あの独特の狂おしいような感じ。
更年期かなあ。じっくり味わいたいような、味わいたくないような
ビミョーな感じです(笑

★わにさん
短大時代のコートの話、おもしろいなあ。
しかし、7回の引っ越しを経てまだ持っているところがすごい。
わたし、もんのすごく捨てるので持ってない。ときどき、「あの服、もう一度見たい」とか
思いますよ(笑)
>落ち葉を集めてごみ袋に入れたような記憶の集合体

すごいな。こんな表現できるなんて、それはもう昇華でしょう。

★kireidokoroさん
ははは。そんな物持ちのよさはとっても素敵じゃないですか。
娘さんの成長の記憶が刻まれているものね~。
でも、そこに流れた時間とその速さを感じると
ほんと、人生は「つかの間の夢」ってことを実感しますな(笑

★flowerkinokoさん
おおお、三月書房!!
そのドーナツ屋さんは忘れてしまっているんですが(残念(>_<))
三月書房はもんのすごく覚えています。
店主の方(多分、その息子さん)に私の書いたものについて
丁寧なお手紙をいただいたこともあって、
懐かしく、大切な本屋さんです。
しかし、そのドーナツ屋さん!タイムマシーンにのって食べてみたい!

  • 2011/06/21 (Tue) 16:33
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する