「暗さ」が育む生命感もある!

ポール・スミザー氏の
「日陰でよかった!」という、
庭づくりの本がもんのすごく面白かったので、
「宝塚ガーデンフィールズ」内の
氏がデザインしたナチュラル・ガーデンに行ってきました。

ナチュラル・ガーデンというと、
かの有名なターシャ・テューダーさんの庭が思い浮かんだりして
「憧れの庭」なんてことになり、丁寧な暮らし・・・なんてことになり
夢はどこまでも広がるのですが、

しかし。

よーく見ると、
というか心を落ち着けて冷静に見ると

このナチュラル・ガーデンを構成する「スター植物」たちは、
シダ各種
コケ各種
イネ科雑草各種

を中心に、

ギボウシやクリスマスローズやヤツデやドクダミなどなど
やや「地味」、見方によっては「陰気」な植物たちが、
湿り気のある暗い土地に
ワサーっと、モリモリーっと
「このなかにはいろんな虫を隠しています」
「はい。足をふみこんだらジメジメしていますよ」と
絡み合いながら、のたくりあいながら
じっとりと見つめているような雰囲気で、
モリモリモリモリと繁茂しています。


CIMG2088_convert_20110606170119.jpg
↑それでも、もちろん「考えられた繁茂」なので美しいですけどね。


「この風景、どこかで見たぞ~」と思ったら
長崎の実家の裏庭でした(笑)
(ただし「考えられていない繁茂」)

うちの姉が毎回、その、あまりの繁茂ぶりに
「シルバー人材センター」に電話して、刈りつくしてもらい、
草という草を根こそぎとってもらい、
ビニール袋にギューギューに詰めてもらい、
どこかの月極駐車場みたいにスッカラカンにして
ようやく清々するような雑草たち。

「どくだみの、あの匂いも、全部好かん!やっとすっきりした!」
と腰に手を当てて仁王立ちし、
してやったりと一気飲みするのは買ってきて煎じた「どくだみ茶」(笑)。


というわけで、

ポール・スミザー氏のシェード・ガーデンは、

湿り気のある日陰のもつ、
始祖鳥の声がどこかで聞こえてくるような、
正体不明の蟲がうごめいているような、
繁茂するエネルギーがわたしに伝染して
どこかが痒くなってくるような、
そんな「ザワザワした感覚」を呼び起こしてくれました。


ガーデニングと雑草は地続き。


こうやって書いてみると至極当たり前なんですが、
なんか、ちょっと、思想として目からウロコでした。

無理やりこじつけますが、
わたしたちの心の中にある「ジメジメした日陰」も、
なんか、いろいろ生みだしているんですよ、きっと。


湿った日陰は、生命力の源。


「日陰の庭」も大事に、美しく育てましょうぞ。
陰気な部分があっていいんです!庭も、人も。


CIMG2092_convert_20110606170150.jpg
↑もちろんこんな甘美な空間も♪
まあるいアリウムがたまりません。



【関連記事】ガーデニングから思いついた記事。もんのすごい昔の記事です(^^)↓
おしゃれのベストバランスは?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

私もガーデニング好きなんですー♪
好きっていうか、必要不可欠!!
家には犬や猫がいて、庭に木が茂って緑が一杯ないと
しょぼーーーーん・・・・・・ですよ。

ガーデンフィールズも行ってみたいです~。
四季折々楽しみですね!

ジュウ・ドゥ・ポムやエディション・ドゥ・パリの
ガーデニング本もかわいいですよ~~!
すんごい明るい感じですが。笑

  • 2011/06/06 (Mon) 19:24
  • R #-
  • URL

自分ちの 庭も心も
ふとみれば こそっと日陰が、
ってな風合いがいいかもしれません。

しかし本家本元、
ここまでわさっているとは!

  • 2011/06/07 (Tue) 15:50
  • hochinton #-
  • URL
ガーデニング

っていうと咲き乱れた花、みたいな明るいイメージが
一般的なのかしら?

私は 山中湖にあるお気に入りのレストランを思い出します。
パーマカルチャーっていう 都市でもできる
自然との生活っていうのを目指し
(そこは都市じゃないけど)
狭い空間でも工夫すれば植物と暮らせるよ、みたいな
見本の庭があります。

料理に使えるものばかりがところ狭しと
植えられていて 雑草の茂みにしか見えない。

藻だらけの池には蛙の卵がたくさんあって
生命力あふれている印象もありました。

私は 食べられる庭が好きです☆
今、バジルが育つのが楽しみです。

  • 2011/06/08 (Wed) 13:37
  • Akiko #-
  • URL

掻き分けても掻き分けてもうっそうとした緑には、ひきこまれそうな魅力がありますね。
どこかに迷い込んでしまったような亜熱帯地域に飛び込んでしまったよう・・・
ガーデニングの原点なような気がします。
もちろん、手のとてもかかったきれいな花々の咲くお庭も魅力的です。
自然は人の心を和ませてくれるものですね。
この時期、雨が降った後の土のにおいは、どことなく懐かしい香りがしていいものですね。
そういえば、先日大きな蛙とそうぐうして腰を抜かしそうでした。
動物も動き出す時期ですね。

  • 2011/06/08 (Wed) 15:50
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL

いつも拝見しております!
奈良ケンミンなので、Carinaさんの関西お出かけ情報いつもたのしみにしています。
アリウムかわいいですよね。お花のグリーンとパープルって私の中で鉄板です。

  • 2011/06/09 (Thu) 11:19
  • tomo #-
  • URL
いただきます…

日陰で良かった!

ガーデニングと雑草は地続き!

湿った日蔭は生命力の源!

「暗さ」が生む生命感もある!

今日のような暗く湿った梅雨時の一日に
ゆっくり読み返したい アフォリズムです。

頂戴して帰ります。大事にします。

  • 2011/06/19 (Sun) 14:04
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★Rさん
うわあ、教えていただいてありがとうございます。
ジュウ・ドゥ・ポムやエディション・ドゥ・パリ、
ネットで調べました。明るい&素敵!
先日、ちょうどフランスのイルドレの庭を見ていて(テレビで)
いいなあ、と思っていました。
いやあ、ガーデニングの世界って深いですね!
またいろいろ教えてください。

★hochintonさん
わさっているでしょうー(笑 すんごいでしょー。
わたし、この方の庭の写真ばかり見ている間に
川べりや路地横のわさーっとした雑草群が
庭に見えるようになりました。
いや、正味、山間部ではよくわからんです(笑
「ふと見れば、こそっと日陰」・・・素敵ですね~。

★Akikoさん
ああ、Akikoさんがご覧になった山中湖の庭に
この庭も似ているかもしれませんね。
ハーブの庭もあって、セージとか、もんのすごい背が高くなっていました(笑
バジル、いいですね。
わたしもバジルとローズマリーは育ってます。
ローズマリーの繁殖力はすんごいですね(笑

★Yottitti さん
ははは。大きな蛙と遭遇すると、腰が抜けそうになりますね(笑
この時期は、蛙も活動期ですもんね。
うっそうとしていると、本当に引き込まれそうな、
引き込まれたら足がかゆくなりそうでイヤなような
微妙な気分になりますよね。
なんか、こう、原始的なところが刺激されるんでしょうか。

★tomoさん
こんにちは!ありがとうございます。
いやあ、お出かけ情報、たまにしかない&しょぼい・・・でしょ。申し訳ない!
Tomoさんにこそ教えていただきたいです。
そうそう。今は、京都の青木繁展に行きたい&蓮花寺に行きたいと思っているんです。
また、行ったら書きますね~♪

★wasuregusaさん
別の記事にも胸にしみるコメントいただき、
もんのすごく感謝しています。
Wasuregusaさんの文章へのこだわりや鋭い感受性がうかがえて、
うなっていました。ありがとうございます。
はは。この記事は、ちょっとこじつけですかね(笑
そんな風に言っていただいて恐縮。これからもよろしくです。

  • 2011/07/01 (Fri) 16:13
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する