加齢とともに育つ、感動のツボ。


よく晴れた空や
緑の美しい風景のなかを歩いていると、
「ああ、生きているって、すんばらしい~!」と思うことは、
これまでにもありましたが、

その「生きているって素晴らしい感」が
このところ頻発&増幅されていて
ちょっとした、めっけもん感というか、
お得感というか、儲かった感というか、


「いいんじゃないの。これって。
年とって、得してんじゃないの?」



なんて思っています。

昨日も、大学と高校・中学が同じ敷地にある
女子大のキャンパスに仕事に行ったんですが、

地下にある学食でお昼を食べて、
階段を上って外に出てみたら、

植え込みの木々の少し湿り気のある土が太陽に温められた匂いと
隣を足早に通り過ぎる女子大生のオーデコロンの匂いが混じるという
なんとも女子大らしい艶めかしい微香空間。

そこに女子高校生たちが音楽室で前を向いて
お行儀よく前後に首を振りながら歌っている
「いきものがかり」の「ありがとう」が聞こえ、
さらに、そこに設備の補修工事に来ている
ガテンなお兄さんたちのトラック誘導の渋い「オーライ、オーライ」が重なり、

さらに、そこからしばらく歩くと、
学園祭の準備なのか
バンドのボーカル女子のやや上ずった歌声が聞こえはじめ、

これまた、もー、なんとも絶妙な音空間!

見上げれば空は青く、
空気はそれなりに澄み、
日差しはまぶしく、
しかも、わたしは、生きている。
ご飯食べたばっかりで
お腹もいっぱい。


もう、たまらん幸福感でしたよ。


女子高生の合唱も
女子大生のシャウトも、
どっちも、みずみずしくて、
ほんとに、いいもんですね。


秋の始まりのころは、
「生きているって素晴らしい感」を
もっとも感じさせてくれる季節かもしれませんね~。



あちらこちらから響く耳慣れた生活音や
子どもの声や働く人の声や
ほのかだったり強烈だったりする匂いの混じり具合に、
「生きているすばらしさ」を感じるなあ。

目や耳や鼻の機能的な感度は
若いころに比べて鈍くなっているに違いありませんが
(老眼だし、突発性難聴もしたしね)
それにしても感じる力は増しているようにも思いますよ。

もっともっと「世界のすばらしさ」を全身で感じて
自分の人生をよろこびたいです。


【関連記事】かなり昔の記事ですが、秋を楽しもう宣言、気合い入ってます。
若かったな(笑)
40代。秋の陰影こそ、強い味方!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

この季節は窓が開いてるので、入ってくる風に生活音が世の中が呼吸してるようで心地いいですよね。
それに大学という場所が懐かしいのと、若いパワーがあるので、うずうずしちゃいそうです。
何も考えなしにすごしてたあの頃、その若さをねたむことなく受け入れられるようになったってことは、年を重ねて丸くなったってことかしら。



  • 2011/09/29 (Thu) 16:29
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
こんにちは。

こんにちは

整体の本を読んでたら、秋は 頭と身体が引き締まって
人間の 五感が鋭くなるように出来ているそうです。
Carinaさんの体は きちんと季節に適応されてるんだなぁと感じました。

年齢とともに 感じるものにも深みが出てくるのでしょうね。。
私も 世界の素晴らしさをもっと味わおうっと^^
今回も 素敵な記事を ありがとうございました。 

  • 2011/09/29 (Thu) 17:48
  • みき #JalddpaA
  • URL

こんばんは。

近くの小学校から運動会の練習の声が聞こえます。
先生がマイクで指導したり、子供たちが声を揃えて叫んだり、
ダンスの音楽が流れたり・・・。
いろいろな音が少し前はやかましかったのに、
今じゃ、おぉ、運動会だなぁ♪と感じる自分に
歳を感じます。

夏の蝉の第一声にはうんざりしてましたが
秋は何かと心地いいですね。

体内にぱんぱんに膨らんだ空気が少しずつ減ってきて
余裕がでてきた感じです。いえ、体重は逆ですが。

  • 2011/09/29 (Thu) 20:58
  • Dorothy #zEGwH0kg
  • URL
爽やか~!

読んでいるだけで、爽やかな秋の空気と、絶妙な音の混ざり具合をありありと感じることができました♪

本当に、機能の衰えを補って余りあるように、感じる力は増している気がします。幸せ感度も高まって、小さなことでも幸せになれるし。意識の隅に終わりが見えてくるということはやはり良いことなんでしょうね。

  • 2011/09/29 (Thu) 23:45
  • flowerkinoko #-
  • URL

carinaさんの文章読んで、私まで幸福感に満たされましたよ

素晴らしい青空の下で感じる聴覚、視覚、・・・味覚?
秋は五感がするどくなるのでしょうか~

幸福感もあるけれど、急に肌寒くなると夜さびしくなる時も・・・

どちらも秋ならではなのでしょうね

  • 2011/09/30 (Fri) 11:35
  • kireidokoro #-
  • URL
ですね!

私も春よりも、今の秋の始まりが好きです。
澄んだ空気がたまらなく気持ちいい。

当たり前の毎日の中に幸せを感じられる人こそ
幸せなんだろうなって思います。

無いものを探すことからはなれ、
今自分の中に環境の中に
あるものを探すことができれば
みんなハッピーなんだろうなぁ!

とってもいいお話でした。

  • 2011/09/30 (Fri) 14:07
  • yoshiko #SFo5/nok
  • URL

Carinaお姉さま

今回の記事ではとても癒されました。何しろうちの近所はこの1年、家の解体工事、建設工事と、もううるさくてうるさくて劣悪な環境なのです。しかも私が体を悪くして仕事を辞めた直後から始ったものですから、悪い時には悪いことが重なるもんだとつくづく思いました・・・。

年をとると涙腺が緩むのは、経験値が高くなり共感能力が上がったためだそうです。季節の移り変わりに五感をフル活動させて生きている喜びを感じることは、まさに加齢の恩恵ですね。

工事よ、サッサと終わってくれと祈りながら、私も部屋から見える夕焼けや秋空を堪能したいと思います。

  • 2011/09/30 (Fri) 22:02
  • K #pjM6Dzec
  • URL
唐突ですが

秋になりました。

唐突ですが先日、
うちの近所に 千代田区一丁目から両陛下がいらっしゃいました。
国体です。大変です。

行幸啓ルートが目と鼻の先とあって、学校から帰ったばかりの息子(小3)と
そのお友だちと、めったにない機会の奉送迎に参りました。
( 「奉送迎」というんですね。あれ。ホーソーゲー。
  子どもたちは大ウケです。親の教育がワルイもので。)

美智子さまは、「発光」してらっしゃいました。
陛下はゆったりと お元気そうでした。
お二人ともにこやかで、一瞬のうちに「浄化」されました。
目頭が熱くなりました。わたし、40代ですのに。

帰り道、わたしが「ああ、金木犀だねえ~」と申しましたら、
少年たちは、「へ? 金星?木星?」と空を見上げました。

すべて、菊のお車の残された余韻?

唐突ですが、子どもの通った幼稚園で歌われていた歌があります。
「すんばらしき主イエスの愛は」
子どもが家で歌ったとき、「すンばらしき」ってあなた、
イエスさまをそんなふうに どっこい式に湛えるのヘンでしょう、
と思ったのですが、幼稚園ではこれを 拳を振り上げて歌ってたんです。
「すんばらしき主イエスの愛は~ひ~ろく~ふ~かく oh!」 と。

「すんばらし~」の語感が実は好きです。
すんばらし~。すんばらし~。あなたもわたしもすんばらし~。

>もっともっと「世界のすばらしさ」を全身で感じて
>自分の人生をよろこびたいです。

この一文に、細胞がざわめきました。

  • 2011/10/03 (Mon) 13:42
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL

うんうんー。年とって、自分のチャンネルが増えてくの、すごい快感ですね!
抜けると世界が広がりますね♪ワッショイ!

自然に増えてたり、いつのまにか閉じてるチャンネルもあるけど
ウンウン唸って、悩んで新設したチャンネルや、意識的に閉じたチャンネルも
思い入れがありまする!

あと、私もよく突発性難聴なるんですよっ~!
レバーや魚介類を食べて、よく休むようにしてるんですけど、特に効果なく・・・

Carinaさんはどうしてますか??SOS・・・!おせーてくださいー☆

  • 2011/10/04 (Tue) 19:22
  • R #-
  • URL
★コメントありがとうございます!

★Yottittiさん
そうそう。本当にそうなんです!
大学とか、そういった若い人たちが集う場所にそんなにいるわけでないので、
若者のもつエネルギーに命が祝福されたように感じました。

★みきさん
まあ、そうなんですか。
季節ごとに感じる「感覚」みたいなものは、
やはりそういう「体」の変化がもたらすものでもあるんですねえ。
もっともっと敏感になって(いい意味で)
季節を楽しみたいです!
ブログにもゆっくりお邪魔しますね。

★Dorothy さん
>体内にぱんぱんに膨らんだ空気が少しずつ減ってきて
>余裕がでてきた感じです。

この表現、おもしろくて素敵!
なんだかわかります。
あれですね。冬が深まると今度は体が小さくしぼんで硬くなっちゃいますね(笑

★flowerkinokoさん
うわあ、ほめてくださってありがとうございます!

>意識の隅に終わりが見えてくるということはやはり良いことなんでしょうね。

ああ、ほんとですね~。うんうん、終わりが見えてきたってことよね。
この感覚をもっと大事にしてないといけないなあとも思います。

★kireidokoroさん
まじ~?うれしいなあ。

>幸福感もあるけれど、急に肌寒くなると夜さびしくなる時も・・・
ほんとね~。寂しさの密度もぎゅっと高まるよねえ。
お互いに風邪ひかないように
この深まる季節を楽しみましょうぞ!

★yoshikoさん
そうなんですよねえ。
そういえば、ダライ・ラマ法王が高野山大学に来日されて、
その法話の中でも「心の中の平和・慈愛の心」について
お話されてました。
なかなか、「ないものを探すことから離れ」るの難しいですよね!
わたし、まだまだ「ないもの探し」「ないものねだり」してますよ(^^ゞ

★Kさん
うわあ、工事の音は大変ですね!
生活音といっても、それは別。もう終わりましたか?お疲れ様!!
体のほうはどうですか?寒くなってきたけど、体調こわしていませんか。

>季節の移り変わりに五感をフル活動させて生きている喜びを感じることは、まさに加齢の恩恵ですね。

ああ、うまいこと言うなあ。ほんと、ほんと。

★wasuregusa さん
ああ、わたしにも金木犀の香りがしました。ありがとう!!
美智子様は、私、幼稚園のときに「ホーソーゲー」させていただきました。
そのときは、美智子様、お若かったので
めちゃくちゃ美しくて、私は一気に「プリンセス」モードに突入しました(笑)
今はさらに「発光」してらっしゃるでしょうね。
「すんばらしい~」この瞬間から好きになりました。

★Rさん
おおお、SOSだったのに、こんなに遅くてごめんなさいね!!ほんとに。
Rさんはどんな難聴ですか。
わたしの場合は、急性低音障害型感音難聴というもので
ちょうど耳に水がたまったような感じになって病院に行ったら
低音が聞こえてなかったんですね。
そして、ステロイドを投与するという一般的な治療をしました。
(入院したほうがいいと言われたけど、しなくてすみました)
病院に行くのが早かったので、一応は治ったような感じです。
耳はストレスに弱いので、疲れをためないようにしてくださいね。

  • 2011/11/26 (Sat) 17:17
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する