人生を細かく刻んで、「憂い」を脱出。


40代は当然のごとくそうですが、
50代も、60代も、最近では70代、80代でも
もんのすごく元気な人が多いので、


人生のハツラツ度に年齢なんて関係なし!


という感じがしないでもないですが、
でもきっと「憂い」の含有度は、
ビミョーに増してくるんじゃないかと思います。

何が悲しいというわけでなく、
何がつらいというわけでなく、
何となく憂う気持ちといいましょうか。
人生をふりかえって
ある感慨にふけるといいましょうか。


そのビミョーに増してくる
「憂い成分」を、上手に活用すると


年を重ねた深い味わい


なんてことになり、
ヤング層にも受ける「大人の本格テイスト」に
なったりもするんでしょうが、

使い方を間違って「ひねくれ」のほうに行っちゃったり、
「ひがみ」のほうに行っちゃったり、
「ふてくされ」の方に行っちゃたり、
憂うに任せて憂い成分ダダ漏れ状態になったりする


すべてに投げやりな雰囲気


が全身から醸し出されて
あまりよろしくないオッチャン&オバチャン風情に
なっちゃうのかもしれません。

で、この「憂い」ですが、
先ごろ亡くなった吉本隆明氏の著書「人生とは何か」
私たちよりもっとずっと先輩であるところの
70代後半や80代の人の心について書いた文章を見つけて
ああ、そういうことか、と思いました。

ちょっと引用してみますね。


--------------------

「老いの先にはもう死だけで、
いいことなんて何もないじゃないか」という軌道に入ります。

ご老人というのは、
たぶん、ぜんぶ、24時間のなかのある時、ある瞬間に
そう考えて、憂鬱で
「俺はもう生きてたっていいことは何もねえんだ」
と考える軌道に入ると思います。

問題はだから、その(絶望や死の)軌道に入り込んだときに
いかにしてそれから逃れるか、脱出するかということです。


-------------------

なーるほどー。もしかしたら、
年齢とともにビミョーに増えていく「憂い成分」は、
この「死の軌道」あたりから発せられる誘因成分なのかもしれないぞ。
「ほーら。こっちの軌道にはいっちゃいなさいよ」
「もう、そのまま軌道に乗るだけだよー」みたいな誘惑の声。


で、吉本さんが、
その軌道からの脱出法を
何だとおっしゃてるかというと、



こまかく刻め、と。



------------------------------

「こまかく刻む」ことです。

憂鬱であるとか、愉快であるということの移り変わりを
うんと刻むということです。

なんでもいいんです。

つまらないことでも
感情なり、時間なりを小刻みに刻んでいくと、
それが「今日は楽しかった」ということになります。

(中略)

若いときは幸不幸とか、
鬱とそうじゃない時とを長い射程でとらえています。
だけど、年をとってからうつ病を脱出するには
長い周期じゃぜんぜん実感できないんです。

「今日は楽しかった。明日はわかんねえぜ」
ということでいいから、
そうやって細かく刻む以外ないということです。


------------------------------

いやいやいやいや。そういうことなら、
わたしゃ、もう、今のうちから
「こまかく刻みクセ」を身につけたいな。

それにしても、あれですね。

亡きターシャ・テューダーさんとか
京都・大原に住むベニシアさんとか、
料理家の辰巳芳子さんとか、
ああいった「暮らしの達人」タイプの方ってのは、


体験や時間を、こまかく刻むことの達人


ともいえるわけですねー。
だから老いて、ますます素敵なわけだー。

高齢の人だけでなく、
ちょっと弱っている人、元気をなくしている人にも
「こまかく刻む」術は役に立ちそうですね。


吉本隆明さんの著書はこちらです↓


人生とは何か人生とは何か
(2004/02)
吉本 隆明

商品詳細を見る


【関連記事】ずいぶん前ですが、こちらでも吉本さんについて書いてました♪
紙オムツして、オシャレする老後へ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ♪うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

それって

気持ちの切り替えを早くするっていうことでしょうか?
いいことも悪いこともこれまでよって早く諦めること?
それとも逆に感度を上げるってことかな。
いや忙しくするの?あるいは刹那的にもとれるかな。
難しいー。

  • 2012/04/13 (Fri) 21:24
  • よ #-
  • URL
素敵!

こまかく刻む。
ああ、本当にいいこと教えていただきました・・・。
40代の私ですが、体験や時間を細かく刻んでいこうと決意。
実は免許の更新をすぽーんと3年も忘れておりまして、
20年ぶりに教習所に通って免許を取りなおすことになりました。
なんだかどよーんと落ち込みがちなのですが・・・
たしかに、1日の中に楽しい瞬間は訪れています。
その瞬間をがっちりとつかまえておかないとね!

  • 2012/04/13 (Fri) 21:58
  • 293momo #-
  • URL

あーた
50も半ばになると

時間の経つのが早くて
朝ごはん作ったと思ったら もう 次の日のお米を研いでいるのですよ
あれっ 亭主が また 一日家にいる と思ったら
一週間が過ぎていて。。。。

つい最近 おめっとさん 
何もしないうちに 花散らしの雨
気がつきゃ せんせも走るんだろうな 

ああ
またたく間に 老化が進み シワシミタルミが増えて行くぅ~

子どもの頃は
たっぷり時間があって その時間をもてあまして
退屈で退屈で

教室の時計を じっと見ても 給食時間は 遥か彼方
それどころか
後5分で ぎょうかん って時にも その5分の 針が進まない

「この前ね」が数日前 まで の事 だったのに
今じゃ
「この前」 は 十数年前も この前

いつしか
母のように
「この前の」話は 数十年前の昔話に なるんだろうな

てな
俊足?馬  時間の日常じゃ

『こまかく刻む』 は 無理だな

あっ
だから

>体験や時間を、こまかく刻むことの達人

「暮らしの達人」には なれないのか(爆っ

  • 2012/04/13 (Fri) 22:14
  • わに@シャンプーこぼさず移し替えて ちいさくガッツ #qbIq4rIg
  • URL

うんうん、ノートに刻んどくとくのがいいと思います。

記憶の曖昧さって、対人的には都合よく働く気がするけど(いい人ぶれて?)
自分と向き合うには、よくない!・・・ような???気がします。。。進歩がない!?

私は大雑把な記録しかしてないですけど、自分のペースが把握できて
無能さにガックリするかと思いきや、意外や意外、満足感がある感じですよ~♪
そんでさらに欲もわくし~!

  • 2012/04/14 (Sat) 11:53
  • R #-
  • URL

年寄りで危ないからって、フラットにして、お手伝いを付けて
な~んにもやることが無いとついつい余分な事を考え出しますよね。

”細かく刻む”
幾つになってもあれこれ用事をしたりおしゃべり相手と話をしたり
忙しく過ごして余分な事を考えないって便利かもね。

ぎんさんの娘たち、遺影を楽しそうに4人でワイワイ選んでいたって
なんかに書かれていましたが、遺影までも明るく受け止める
おおらかさ、寛容さって素敵だな~って思います。
隠居にならずに死ぬまで現役しますかね。

  • 2012/04/14 (Sat) 14:09
  • あっころ #-
  • URL

Carinaお姉さま こんにちは^^

まだ元気ハツラツのはずの40代なのに、すでに黄昏、憂いたっぷりのKです。どうしましょ(笑)。何をしてもアドレナリンが噴出さない感じなんですよね。好奇心とか知識欲なんかは若い頃よりずっと幅広くあるのに、高揚感がない。それでいて、心が常に穏やかかと言えばそうではない。煩悩には相変わらず振り回されている。最近はもう、煩悩を捨てたいとまで思うようになり、仏陀の真理のことばなど読んじゃってますから(笑)。

「こまかく刻め」ですか。響きます。煩悩を捨てようとするより余程現実的ですね。さっそく実行したいと思います。頭の切り替えを上手に早くするということにも繋がりそうですね。

  • 2012/04/14 (Sat) 14:22
  • K #-
  • URL
ふっ、深い・・・

朝一番、生ごみを出し忘れたとします。パンパンのごみ袋を見ながら、自分を責め、戴きもののおいしいはずのフルーツも「ああ、また生ごみ・・・」と恨めしく見つめる暮らしと、パンパンのごみ袋は風景として眺め、おいしいフルーツをおいしくいただき、「美味しっ!しあわせっ!」と切り替える暮らし・・・
確かに後者のほうが、一日の終りに「いい日だった」と思える確率増えそうですね。それに・・・いいこと、悪いこと、たくさん心で体験できるから一日も長く感じられるかな。

Kさん同様、私も最近、仏教の教え的な本を結構読んでます・・・煩悩捨てて穏やかに生きたい、なんて思って…。でも、「煩悩捨てて穏やかに生きたい」という煩悩も、こまかく刻むことで捨てられるのかしら?

40過ぎると、やはり時間がいとおしく感じられますね。

  • 2012/04/14 (Sat) 22:01
  • higashiyorinishi #-
  • URL

なるほど~
ホント最近「すべてに投げやりな雰囲気」…です私 イカンです

今日、近所のかたの葬儀に行ってきたんです
いつもお庭を花でいっぱいにしてらして、すごくお元気そうだったのに
三年前から深刻な動脈瘤を抱えていたなんて、ちっとも知らなかった
あえて手術をせずに、一日も長く生きるようにしたそうです

まさに体験や時間をこまかく刻んでたのでしょうね。

最近の葬儀じゃナレーション付きの故人のスライドショーまであるんですね~
写真もあんまり若いときのじゃ変だから、最近の写真も必要かなぁと
思った私です(いざという時の為?笑)





  • 2012/04/16 (Mon) 16:03
  • kireidokoro #-
  • URL
R40

吉本隆明は亡くなって尚根を伸ばす大樹
そんな気がします。

わたし、若い頃はわかりませんでした。
それが数年前、大樹が海で死にかけた、
というニュースを耳にし、彼の存在を思い出しました。
日刊イトイ新聞にも さいごまでご登場でしたし。

最近特に
あのしわがれ声のべらんめえ口調が腑に落ちます。
思えばわたしも40の坂を越え
これからはあれだ、降りて行く人生だ、
と実感しつつあるような時期でした。
それで勝手に 吉本隆明は「R40」だと。

3.11に
彼がまだご存命だったことは、大げさでなく救い。
ご紹介いただいたこの本、未読です。
早速読みます。

ぞろりぞろりと
あるものないもの全部つなげてナンボ、
という智恵しかありませんでした。
よくわかりもしない因果律にからめとられて
わざわざ深い淵へ沈んで行ったり…。

いっそ達観してしまえれば…
けれど達観と投げやりは紙一重。
憂さよりおかしみを味わいながら
徐々に徐々に降りて行くには…

そうか!カットか!
「今日は楽しかった。明日はわかんないぜ。」って
シビレます!!

ぞろぞろもずるずるもどろどろもカット!
人生のひとコマひとコマを小気味よく味わおう。

カット カット カット
チョップ チョップ チョップ

ちょっと あれだ
久しぶりに包丁でも研いでみようか。
そんな「やる気」が湧いてきました。

  • 2012/04/18 (Wed) 16:44
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★よさん
ほんとよね。わたしも書いてはみたものの
現実にはなかなか(笑
多分、今日のご飯は美味しかったとか、
朝、早く起きれたとか、
そういうことを小さく数えて達成感をもって
充実感に変えるってことかな~。
休日はことさら「楽しかった!」とまとめてみるとか(笑
でも確かに刹那的、ともいえるかも。
遠い未来を見ない、という意味では。

★293momoさん
コメントありがとうございます!
教習所で真剣に望む293momoさんの姿、
それが、まさにとても素敵です!
>たしかに、1日の中に楽しい瞬間は訪れています。

ほんとですね!その瞬間をつかまえたいですね、
わたしもそうしたいです(*^_^*)

★わに@シャンプーこぼさず移し替えて ちいさくガッツさん
ははは。こぼさず移し替えたら
そりゃあもう、ガッツ、ガッツ!わたし、必ずこぼすよ。
でも、このコメント読んで、「ああ、そうだなあ」とふかーく思った。
ほんと、ほんと、ゴールデンウィークも過ぎちゃったよ。
あっという間。だからこそ、無理やり刻んで「楽しかった」
「覚えておけよ」ってやっていこうか。
ボケ防止のためにも(笑

★Rさん
うわあ。さすがだなあ。
でも、ちょっとわかります。
たとえばお金のこともきちんと管理するほうが
自由になったり、自信になったりするもんねー。
書いておくと、惰性でやってたとこと自分の傾向もわかったりして
さらに充実するでしょうね!

★あっころさん
ぎんさんの娘さんたち、ああやって
おしゃべりしながら本当に楽しそう♪
こたつの上にはお菓子があって、お茶があってね。
あそこに加わりたいよ(笑
「細かく刻む」というのは、頭の中だけでなく
行動もそうかもしれませんね~。
ちょこまか動く、たくさん話す、とかね~。
あっころさん、死ぬまでつきあって♪頼むよー。

★K さん
>最近はもう、煩悩を捨てたいとまで思うようになり
>仏陀の真理のことばなど読んじゃってますから(笑)

素適だなあ。わかりますー。
瀬戸内寂聴さんも40代で出家されたと思うし、
自分の欲望とか煩悩とかと対峙する時期なんですよね。
それって、老いへの精神的な準備じゃないでしょうか。
このままで対応できない何かを察知しているいというか。
Kさん、きっと、もう毎日刻んでいると思うな。

★higashiyorinishi さん
ああ、higashiyorinishi さんも読んでいらっしゃるですか。
私は読んでいないですが、
その気持ちはとてもよくわかるような気がします。
老いへ向かうとき、このままの心では進んでいけないような気がするんですよね。
そうやって静かに本を読む時間、とても豊かだと思います!
でも最初のたとえ話のところ、リアルで面白い~(笑

★kireidokoroさん
ああ、素敵なコメントありがとう。
そんなお式に出ていたんだねえ。
その方は、本当に刻んで生きてらしたんでしょうね。
でさ、そういうことを思っているkireidokoroさんが
参列してくれて、とてもうれしかっただろうなあ。
スライドなんてあるの??
いやあ、何事も映像化。
わたしゃ、ずぼらだから、対応できんわ~(笑い

★wasuregusaさん
武田百合子さんのことを村松さんが書いた
「百合子さんは何色?」を最近読んだんです。
百合子さんの謎がいろいろ解けるような本で、
しかも、あの方の文章にある「緊張感」の魅力もわかるような気がしました。
Wasuregusaさんのコメントも
おどけた中に何とも言えない緊張感があって重なりました。
吉本さん、R40か。名言だなあ。

  • 2012/05/09 (Wed) 17:08
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する