「美人」評価と女性の本音、を考える。


娘が幼稚園のころ、
仲良くなったママ友は、


「わたし、見ちゃいけないと思うところを
つい、じーっと見てしまうクセがある」



と言っていました。


「あ、鼻毛が出ている」とか
「あのシミは大きいな」とか
「歯に何かついてる?」とか、
何でもいいんですが、
あっ!と気になったところを
会話をしながらでも、
つい、じーっと見てしまうらしい。
いけない、と思っても目が行くらしい。

実家のお母さんには
「どこ見てんの?感じ悪いからやめなさい!」と
いまでも叱られると言っていました。

でも、そういうところは誰にでもあって
「会話」という耳から入る情報と
「相手の顔かたち」という目から入る情報は、
脳内でデュアル処理され、


会話もちゃんと考えながら
まじめに聞いているけども、
目に見えるものについても
いろいろ考えている



なんてことが多いですね。


わたしのその正直者の友人の場合は、
気になることが目に入ると、
いつの間にか、会話のほうの脳内処理スピードが遅くなり、
「じーっと見る」ほうの処理に偏ってしまうため、
相手もしまいには、そのことに気づいて
やや気まずくになるという(笑)
人が一生懸命、しゃべってんのに
一体全体、どこ見てんねん?!と(笑)


わたしも昨日、40代前半の女性を取材したんですが
もちろん仕事だから緊張して真剣にお話を聞きました。


しかし、真剣に話を聞くということは、
真剣に相手の顔を見つめることにもなり、
「話の内容」と「相手の顔かたち」の両方について
おのずとデュアル処理することになります。


もちろん会話の処理が中心ですが、


ふとした瞬間に、
「まつ毛が長いなあ」とか
「髪の色がちょっと明るいなあ」とか
「この人は、キレイな人ってことになるのかなあ」とか。
そんなことをチラッ、チラッと考えていたんです。


そうなんです。このときまで、


わたしにとってこの女性は、
「キレイな人ってことになるのかなあ」
という位置づけだったんですね。



つまり、キレイかどうかってことは、
まだ保留になっていたわけです。
どうも、何となく、キレイなような気がするけども、
もちろん、わたしよりずっとキレイなのは間違いないけれども、
自分の好きな顔や雰囲気ってわけでもないから、
多くの人が、「それほどキレイじゃない」
という結論にいたることがあっても
その意見を受け入れることもやぶさかではないし、
何だったら歓迎してもよい、
というような感じです(笑)


ところが、


その後、写真撮影という運びになり、
取材にもずっと立ち会っていた
その会社の広報の男性が
お世辞というには、
やや情熱的すぎる言い方で


「○○さんは、本当にキレイだから」
「○○さん。何だか芸能人みたいですよ」
「うわあ、いいなあ」



などと、もんのすごく何度も何度も賞賛するために
わたしも立場上、大きくうなずくことになり、
他のスタッフも「そうですね!!」と
深く、深く肯定し、

さっきまでのわたしの
「キレイなのだろうか?」という保留は瞬く間に解除され、
「キレイじゃないという結論にいたるかもしれない」
という想定もあっけなくふっとび、
「キレイだ、それもヒジョーにキレイだ」という
最上級の「キレイ評価」が
満場一致でくだされることになったのです。


「美人」誕生の瞬間ですね。


世の中には、女優さんたちのように
「息をのむような美人」は、
そんなに多くいるわけではないので
「キレイな人」という評価の背後には、
多くの女性たちの「え?そんなにキレイ?」という
決して表だって声にすることのない
異議、異論、懐疑、疑問などが
ビミョーに、しかし確かに潜んでいると見た。


そんなわけで
わたしの声にならない疑問は
声にならないまま撮影も終わり、
なごやかに趣味の話などをしたんですが、

その方は、


「趣味は、ダイビングです。パラオによく行くんですよ」とさらり。


サンダルからのぞく
ブルーに塗られたキレイな爪と
その会話の内容を
デュアル処理しながら、


うーん。やっぱ美人だな。


と思いました。
といっても、まあ、それほどでもないけどね(笑)


【関連記事】これも仕事で会った女性のことです♪人気記事です、どうぞ(*^_^*)
40代。「絶対美人」じゃなくてよし!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターにも、思いを書いています!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

Carinaさん、こんにちは!

おしゃべり会に参加させていただく ”いく”です。

「女性の本音」面白いです!
誰かが「美人!」と声を上げた時に、
心の中では(そんなにめちゃくちゃ美人かな?)と思ってても
「ほんま、美人やわ~」と流れに乗っかって
賞賛の輪に入っちゃう人って、きっと多いと思います。

私は、褒め下手のコミュニケーション下手人間なので、
(そんなにか?)と思ったら、
褒めもせず何も言わずになってしまいます(笑)

  • 2012/06/21 (Thu) 18:32
  • いく #-
  • URL

Carina さん~聞いて下さい。
私は,昨日ほんまもんの美魔女と出会ってしまいました。
背筋がしゃんとした美しい小顔に髪もつやつやのふんわりカール、厚化粧でないけどポイントはしっかり押さえた人好きのするメーク。そして出しゃばらない気取りの無い性格。
とても好感を持ってしまい、上から目線でおいくつですか?と聞いてみたら。。。
どこかで聞聞き覚えのある数字。なんと私と同じ48歳でした。
どう多めに勘定しても32~3歳にしか見えないというのに!
こんなにぶったまげたのは息子が自己推薦で大学に受かった時依頼です。
同年代でキレイと言われる人々とは群を抜いていました。
ちなみに芸能活動はいっさいしたことがないそうです。(私興奮してそんな質問までしちゃったんです~)
叶うならCarina さんにも実物に会ってもらって彼女についての考察を語り合いたいくらいです。

  • 2012/06/21 (Thu) 18:42
  • keiko #m.2.LkcQ
  • URL

こんにちわ。
結局Carinaさんは、その方が美人だということに心から納得されたわけではなく、その時の「この人は美人」な空気に納得されたということでしょうか?

実は私の知り合いに、みんなから「きれいな人」という評価の方がいます。
でも、私と私の友人1人だけは「?美人?たいして美人じゃない・・・どころかむしろ残念」という感じなんです。
その方のことを絶賛する方々のほうがむしろ綺麗と思う人多いんですが・・・
で、思い切って絶賛している方に「○○さんて、スタイルいいし、性格もいいし、おしゃれだし、綺麗にしてる人ってこと話わかるけど、けっして顔立ちがいいってわけではないよね?」といってみたところ、「え~っ。めっちゃ綺麗な顔じゃん」といわれてしまいました。

好みの問題?では片付けられないんです・・・
いまだに人々の「○○さんてきれいだよね」に対して、どうしても同調することができず、「いつも綺麗にしてるよね」と応えてます。

ちなみにその「きれいなひと」のこと・・・私、普通に友人として大好きなんです。

なんだか今日のブログは、長年のもやもやを消してもらったのか、再燃させてもらったのか・・
もやもやしてしまいました。

  • 2012/06/21 (Thu) 20:34
  • higashiyorinishi #-
  • URL

あ、そこですよね~。

ふつうにかわいいはずなのに特に目に留まらない人と
いつも輝いてて、見とれちゃう美人さんの違い!

脳の要領を、パラオの海で満たしてるのか。
鼻毛で一杯一杯に満ちてるのか。爆
その差は大きいですよね~。笑

やっぱ、飛びぬけてキレイな友達は、怒ったり悩んだりもふつうにするけど
切り替えがはやくて自然だな~と思いますよ~。そんな時もうっとりしちゃいます♪

  • 2012/06/21 (Thu) 21:41
  • R #-
  • URL

美人が作られる過程、さすがCarinaさん、面白すぎです。有ります、あります、そういう場面。
全員が100%の同意ではないけど、心に疑問を掲げる人もいるけど、一票は一票。民主主義の決定が全体の総意になって行く。
波風立てず人生渡って行くには必要な知恵とも言いますか…?
有る意味、一票の格差とも言いますか…?

ところで、相手と話しながら、頭では全然違う事に集中する事、あります。
私にとって一番思い出深いのは、今を去る事十○年前の幼稚園ママです。
まごう事なき、大変な巨乳・美乳の持ち主だった彼女と話すたびに、ボタンとボタンの間が楕円形にはちきれそうになっているところから、目が離せなくなってしまったのでした、ホント、吸い寄せられるように。
「目が釘づけになる」の意味を身をもって知った瞬間でした。
同時に、「色の白いは七難隠す」もとい、「胸の大きいは七難隠す」、である事も発見。
だって胸に夢中で顔なんか眼に入らないんですから。
(ちなみに、ご当人はお顔も大変な美人でしたが)

男性の気持ちがわかりました。でも、そんなこと言えないですよね、とても。

  • 2012/06/22 (Fri) 10:50
  • あんな #/Qo2uXNc
  • URL

あの、お友達を鼻毛呼ばわりして、ごめんなさい!!
なんと失礼な・・・;;;でも、笑っちゃった。。。

おそらく、造作的に何の問題のない美形さんでしょうに
わざわざもったいないよ~という話ですよっ。
私は造作的に問題ありすぎるので、いらんもんはやめとけってことですよん♪
実際、ファニーフェイス美人も多いし。目指せそっちっす~!

  • 2012/06/22 (Fri) 16:55
  • R #-
  • URL

男性と女性で美人(顔)の定義って違いますよね。
「美人女優」としての地位が確立している女優さんでも、
造作的に美しいとは思えない方もいらっしゃいますし。
男性が「美人だ!」とレッテルを貼った瞬間に、
「美人」が自他ともに定着するような気がします。
美人スパイラルにのったもん勝ちですかねえ。

  • 2012/06/22 (Fri) 18:02
  • ちかおばちゃん #-
  • URL

なんだか


『女だな~』


て思いました!


あ、もちろん良い意味でですよ(*^o^*)



女性ならではの、『心の声』のような気がします。

  • 2012/06/22 (Fri) 18:20
  • 葵 #-
  • URL

そういえば、以前、夫が言うとりました。
「美人かどうか、男は、全体をみるんだよね~。
雰囲気とかも。
女は、部分的なとこをみるでしょ。
例えば、肌がきれいとか、髪がつやつやとか。」

へぇぇぇ…と思いました。
パーツも大事だけど、美人を醸し出す雰囲気も大事…なの?
ますます難しいやん

Carinaさんの美人がつくられる瞬間も、よくわかります!
このあたりの、もやっとした心の動きを上手に文章にできるって
すごいなぁ~


  • 2012/06/22 (Fri) 20:16
  • 加藤 #-
  • URL

毎日楽しみに拝見してます。日々の糧です。

初めてコメントしようと思ったのは
20数年前の出来事を思い出したからです。

20代のわたしがある日電車に乗り込んだとき
そばに大学生男子3人が座ってまして
わたしを見るなりこそこそ声で

男子A 「お、可愛い」
男子B 「ぜんぜん!」
男子C 「フツー」
と、即座にジャッジされました。

思わず吹き出しそうになったのですが
3:0や2:1の判定どころか
1:1:1に分かれたもんですから
好みはほんとに人それぞれなんだな~と
身を以て実感し、それ以来自分がどのレベルなのか
どうでもよくなりました。











  • 2012/06/22 (Fri) 20:24
  • bi-ko #KGAhWzec
  • URL
ほんね。

>「美人」誕生の瞬間
いいですねぇ。憧れます。
ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」のイメージ♪

わたくしごとで恐縮ですが、
うんとむかし、剣道部員でした。

剣道はご存じのとおり、判定で勝敗が決まります。
西洋のフェンシングが、近年になって機械判定を採用したのとは違い、
剣道は21世紀の今も、3人の審判がおのおの赤と白の手旗を持ち、
打突の有効無効を判定します。

「さっきの、入ってなかったよね。」「うん、雰囲気で(旗が)挙がったね。」
厳密には有効な打突になっていなくても(つまり ハズレていても)、
そこに一瞬の「気」があれば、
それも充分に「有効」とされ、勝敗もそれにより決まります。

3審の旗は、気持ちよくパッと挙がる場合と
各々の審判が別々の判断を示す場合とがあります。
一人の審判が有効の旗を挙げ、他の審判がそれを無効と判断した場合、
手に持った赤白の旗を低い位置で交互に振って、各自の判定を表明します。

旗は振られます。小刻みに。鋭く。
「ないない。」あるいは「ちゃうちゃう」と 言わんばかりに。

例によって前置きが長くなりました。
「美人判定」、旗がぱっと挙がるケースと、
「ん?」とか、旗ぱたぱたとか、あるよな~と思ったもので。
もとより、機械判定なんてのも、ないですしね。

気の置けない友人同士だと、むかしはよ~くやりました。
「あのひと、キレイよね~。」「え~~~!そぅお???」

若い頃ほど、旗をぱたぱた振っていたように思います。
若い頃ほど、判定、キビシカッたなぁ。。。

旗、挙げたくなかったんだよなぁ。
すんごい集中力、発揮してたもんなぁ。「アラ」探しに。
「雰囲気美人」なんて、一刀両断してたっけ。
「細部完璧、全身骨格美人しか認めん!」とか言って。

剣道の3人の審判が、
その場の気配で「有効!」といっせいに旗を挙げる場合があるのと同じで、
その場の空気を味方にする「雰囲気美人」のカテゴリーの方々も、
もうもう充分に「美人島」の住民なのだと、
やっと素直に認めることができるようになりました。

ここに至るまで、
「雰囲気美人」がありなら「性格美人」もありじゃん、とか
「ひたい美人」がありなら「うなじ美人」もありじゃん、とか
「二の腕美人」とか「ひざ美人」とか、「歯美人」とか「声美人」とか
いろんな美人で「美人島」の面積をぐいぐい広げ…
そのこころは…、加わりたかったんだなぁ、美人!の裾野に

45年このかた、観察洞察の限りを尽くし、
執念く続けた自由研究の結果が出ました。
わたし、今生において、
「美人島」の住民にはなれん。あはは。

それで、船を編む、じゃなかった、船を漕ぎます。
「ご愛敬島」に向けて。
もうおそらく、そこにしかわたしの居場所はない!
         
世の美人島の方々にこの場をお借りして、お願いです。
できればわたしという船の前を何度も何度も横切ったり、
そば近くにぴたっと横付けするのはやめて下さい。
貴方の航路の邪魔はしません。
ご愛敬島を目指す小舟に、
できるだけ波風をたてないでいて下さい。
どうぞ ほどほどの距離で。
どうかどうか お願いです。






  • 2012/06/22 (Fri) 22:45
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL

 カメラマンがよく言ってるよね、(わたしのイメージでは、床に寝転がって) 「いいねぇ~、いいねぇ~・・・」って。

 広報の男性は、一役買ったのかも?

 お世辞と わかりきってても、言われてみたいなあ、
 「いいねえ、いいねえ、今日も美人だねえ、
 センスが光ってるねえ!」
 おだてられて伸びるタイプです。笑


 

 

 

  • 2012/06/23 (Sat) 17:08
  • emi28 #-
  • URL

Marisol7月号に タイムリーな記事が出ていました(#^.^#)

ベテラン美容医療の医師の「美人」についてのお話

「無意識に見る 顔の1番&2番の強いパーツの印象が
キレイだと、脳は「美人」と判定する。1番強いパーツ(例えば目)が
キレイでも、2番目パーツがファニーだと(例えば豚鼻)ファニー顔に認定」

だそうです。

でも人は他人の意見に左右されやすいので、他の人が「美人」と認定すると
自分は微妙だと、影響されちゃいますよね

そして「美人」と思う人じゃなくても お医者さんの奥様とか昔「ミス○○」でしたとか
(応募が片手ほどでも)の肩書で、急に美人に見えたり
旦那さんがすごい年下とか、バツイチ、子持ちで初婚の男性と再婚したとか
聞くとやっぱり、急に美人に見えちゃったりとかもします

そして「美人道」研究家としては やっぱり「顔」だけでなく
その人が醸し出す雰囲気といいますか、オーラが大切ですね
どんなに美人でもこれが「美人」じゃないとないと「美人」じゃない!

>「趣味は、ダイビングです。パラオによく行くんですよ」とさらり。

美人オーラ全開です。顔に作りがもう少しイマイチでも
広報の男性の方はメロメロだったことでしょう

顔の作りより重要なもの…

年を重ねるにつれ、ウエイトが大きくなりますね。

  • 2012/06/23 (Sat) 23:40
  • ジャスミン #-
  • URL

わかります。いつのころからか、確かに話は聞いているけど他に見ているところがあるような気がします。頭で整理してこの人はこんな人と決めつけてしまっているかもしれません。

  • 2012/06/25 (Mon) 13:13
  • ぶどう姫 #jEoNSDQ.
  • URL
評価の基準

carinaさん

美人評価をするときに、参照(レファレンス)が女優・モデルなどの現実的でない人ではなく、「そんじょそこらの一般女性」だとしたら、それはそれまでその人(評価を下す人)が見てきた景色が大いに影響を及ぼすと思います。

以前転勤である国に駐在した時、そこに集う駐妻たちは、全国から集まった「たぶん将来有望かもという匂いのするサラリーマン」にゲットされた「○○課のマドンナ」的美人がたくさんいて、PTA行事に参加するたび十把ひとからげの私は肩身の狭い思いをしたものでした。夫も授業参観を楽しみにしていたし・・(おいおい)
なので、マイホームのあるこの地方(はっきり言って田舎)に帰ってきたとき、友達から「○○ちゃんのママは美人だからいいよね」とか「△△さんはモテるから」と聞いても、本人を見て「おっしゃる通り!」と納得できるサンプル(失礼!)に出会ったことはありません。私が参照するサンプルのアベレージが高いせいか・・。

私は美人と言われたことはこの49年、ほぼありません。ただ、きわめてまれに美人評価をしてくださった方たちの記憶をたどれば、それは「若いOLを身近に見ることがあまりない地元老舗薬局の老夫婦」「たまたま私が写り良く撮れた写真を掲載された社内報をみた夫の会社同僚」「ほぼ男性しかいない職場で、愛想を振りまく私に癒されたであろう年上社員」というほかは思い浮かびません。みなサンプル数・品質が不十分です。

ゆえに私は、「美人」評価は下す人の参照サンプルの多寡またはクオリティに影響されると考えるのであります。

なーんて、まじめにおもしろく考えてしまいました。carinaさんの記事はほんとにいろいろ考えさせてくれて(生活に直接関係ないとしても)楽しい!

  • 2012/06/25 (Mon) 21:58
  • ありがとうさぎ #-
  • URL
美人の空気をまとっている人

私のまわりにも美人と言われまくっている方で、私は「そうかなあ…でもそうじゃないとも言い切れないなあ」と思う方々が3人ほどいらっしゃいます。

共通点は「肌がきれい」&「首が長い」かなあ。

どなたかの小説で「女の子は美人に育つのではなく、美人に育てられるのだ」とかいうセリフがあったような気がするのですが、どんな風に育ったかも関係するのかな…

そのことにつてほかの方と話し合ったことはありません。だって、確かに美人の雰囲気をまとっているのは認めるし、妬んでると思われたくないですもん(ザ・女)。





  • 2012/06/28 (Thu) 12:32
  • toco #Kh5qGxsQ
  • URL
まったくね~

40年ぶりの同窓会!!(今週末開催)
検索してたら、ここにたどり着きました。
まったくね~、悲しいかな・・そうなんですよね。
女子は、いくつになっても若く、美しく見られたい。
なんなんでしょうか・・
  てか、もう、手のつくしようもないんですが。。。
 あ~あ、欠席にすればよかった(爆)

  • 2012/06/28 (Thu) 23:25
  • ka #-
  • URL

Carinaお姉さま こんばんは^^

以前仕事でよくお会いしていた奥様なんですが、お顔立ちがすごく綺麗なのです。50代かな多分。でも美人に見えなかったんですね。それは服装がかなり地味でメイクも髪型もほとんど手を加えていないおばちゃん状態になっていたから。TVの変身コーナーでプロの手にかかれば美人さんに変身するだろうな、勿体無いなといつも思っていました。

対して、原形はさほど美しくないのに美人に見える女性は、自身の全てにおいて神経とお金を使っています。

個人的意見をはっきり言い切ってしまってよろしいでしょうか?

「(ある程度の)美はお金で買える!!!」

作家の林真理子さん然り。最近色っぽくなったと噂の谷亮子さん然り。彼女達は、決して原形美人ではないと思うのですが、お金をかけて自分を大改造した結果(整形はされていないかと思います)、以前よりかなり美しい女性に変身されました。

ということは、原形がそれなりに美しい女性がお金をかけて自身を磨き上げれば美人さんの出来上がり!なわけですね。

女性に認められる美人には、原形美+髪型、ファッションにおけるセンス+十分に手間とお金をかけてケアされた美しさが必要な気がします。かなりハードルが高い!男性とはやはり目線が違いますね。

  • 2012/07/12 (Thu) 23:34
  • K #o25/X8aE
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★いくさん
わーい、こんにちは(^_^)/
>私は、褒め下手のコミュニケーション下手人間なので、
>(そんなにか?)と思ったら、
>褒めもせず何も言わずになってしまいます(笑)

ははは。いやあ、それぐらいがいいんですよー。
お世辞とか、無理やり合わせている感じ、ばれちゃうもんね(笑)

★keikoさん
はいはい、聞きますよーー(^_^)/
ええええーー。ほんまもんの美魔女~!しかも感じがいい~!
お会いしたいような、お会いしたくないような、
何としても荒さがししたいような(爆)
でもそんな方、いるんですね!秘密を聞きたいです。

★higashiyorinishiさん
あわわわーもやもやを再燃させてしまいましたか?
しかし、higashiyorinishiのお友だちの謎は、
わたしの謎より、さらに深くミステリアスですね。
わたしがお会いした人は、「キレイといわれれば、キレイと思う」人でしたから(笑)
いやあ、higashiyorinishiさんのその美人とされるお友達に会って
お顔を確かめたいですっ!

★R さん
おおっ、やっぱりそこ注目しました?
そうなの。コツコツと研究しながら、休日はパラオ。
それが美心オーラのヒミツですかねーーー。遠いなあ、わたし(笑)
あ、そして2つ目のコメントも発見!
ぜーんぜん、謝ることないですよーー。ノープロブレム(^_^)/
気を遣わせてごめんなさいね。

★あんなさん
ははは。いつもながら楽しいコメント、サンキューです!
その巨乳のお友だちを
自分が目の前に下みたいに
ハラハラドキドキしてしまいました(笑)
「美人誕生」の過程には、いろんな秘密がからんでいますよねー。
そのあたり、もっと探究しようかな(^_^)/

★ちかさん
>男性が「美人だ!」とレッテルを貼った瞬間に、
>「美人」が自他ともに定着するような気がします。

なるほど、鋭い~!今回も若年男子の言葉で決まりました。
美心スパイラル、一度でいいから乗りたいものです(笑)

★葵さん
ははは。そうだよねー。
女ならではの視点だよねー・
ツイッターだったかな、で、「ひがみ」って指摘されたような気がするんだけど、
これ、ひがみ、そねみ、ともちょっと違うんだよね(笑)
ビミョーなビミョーな感覚なの。

★加藤さん
なるほどー!!全体ねー。
ああ、でも女性も男性を見るとき
そうかもしれませんね!
あ、昨日、桐野夏生と小池真理子の対談を読んだんですが
「質感」とか「上にのったときの重み」とかを見る、
って語り合ってましたよー。大人のオンナー。でもわかるよね(笑

★bi-koさん
いつも読んでいただけているなんてすっごいうれしいです。
コメントいただいたのに返事が遅くてすみません!
bi-koさんのお話し、面白いなあ。
でも、その話から感じられるのはbi-koさんが「可愛い」ってことですよ!!
オール「ぜんぜん」評価ってこともあるんだから。私か(爆)

★wasuregusaさん
何度も書いているけれど、
その後半に向けての見事な盛り上げ方、どうすればできますの??教えてーー。
>それで、船を編む、じゃなかった、船を漕ぎます。
>ご愛敬島」に向けて。
>もうおそらく、そこにしかわたしの居場所はない!
これ、いただきました。私も船をこぎましょう。こぎましょう。
そういえば、「東京島」というのもありましたねー。
45歳のオンナが性的存在として権力をふるう島。あそこにも行けません(笑)
wasuregusaさんは行けるけどね。美人島にもね(キッパリ)

★emi28 さん
いや、ほんと、おだてられて伸びるよねーー。
わたしも、おだてられて木に登りたい!!
その男性、でも、ほかの被写体はスルーなんだから(笑)
プロ意識だけではないと見たよ。おばちゃんは(笑)

★ジャスミンさん
さすが!美人道研究家!
話が深い。重みがある、味わいがある!
美心とファニーの境目も、
美人オーラのヒミツも、
うなづけることばかり。
わたしも「パラオ」の話を聞いたときには、
「あー。素敵だなあ」と思ったもんね(笑)

★ぶどう姫さん
ぶどう姫さんもありますか?
なんだかほっとしました!
そうですねー。「頭で決めつける」わたしもやってるかもしれません。

★ありがとうさぎさん
こんにちは!
いやーん。ありがとうさぎさんの論考が面白すぎて
この夏の暑さ(8月1日)を忘れて熟読しました!
しかし、ありがとうさぎさん、私、そんなにアベレージの高いところに
身を置いた経験もないのですが、あれですかね。
否定したい、否定したい・・・というやはり人間的な小ささが影響しているのでしょうか(笑)

★toco さん
こんにちは!

>そのことにつてほかの方と話し合ったことはありません。
>だって、確かに美人の雰囲気をまとっているのは認めるし、
>妬んでると思われたくないですもん(ザ・女)。

他の方と話し合ったことがないというところ、わかります~。
「美人だね」「違うよ」←この瞬間、妬み疑惑が発生するから、
疑惑を被りたくないから、「そうね」で流すスパイラル~。(ザ・女)。笑

★kaさん
うああ。気になるじゃなありませんか。
同窓会、楽しくなかったんですか。
・・・というか、いろいろ比較したことによって疲れたとか?
わたしも、45歳の時の同窓会、やや疲れました(笑)
それも味わいですよね~。また遊びに来てくださいね♪

★Kさん
あああ、それは鋭い!!
女性の「キレイね」には複合的な意味があるってことね!
原型の美しさ、カバーする技術と情熱、センス、まめさ、
財力。心持ち、自意識が過剰すぎないか・・・などなどね。

>「(ある程度の)美はお金で買える!!!」
うんうん。でも、プライスレスの美ってないかしら~。
(内面、なんて気休めでなく 笑)

  • 2012/08/01 (Wed) 17:15
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する