生き方と重なれば、最強ファッション。


MINOO_0022_convert_20120717150517.jpg


昨日は、山へ行きました。
ああ、もう、景色は夏山だなあ、と思ったら
今日、近畿地方は梅雨明け。



夏が来ましたねー。



それはそうと山を走る道の脇に建つ
「峠」とか「ふるさと」といった名前の
ラーメン屋さんやそば屋さん、
川魚料理や喫茶店、カラオケ店は、
閉店したまま野ざらしになっているところが多いですねー。

「やっぱり、こういうところの商売は難しいんだなー」と思うとともに、
「どーも、最初からややテキトーな店構えのところが多いなあ」と感じます。
低コスト低愛着仕上げといいましょうか。

ラーメンにしろ
丼ぶりものにしろ、
それなりの味なんだろうなあーと
外観から推測できちゃうと、
お腹がすいていてもスルーしてしまうんですよね。


いまの時代、山の中であっても「見た目が9割」ってことでしょうか。


大阪・箕面から京都・亀岡に至る国道423号線沿いも
例外ではないんですが、
昨日、不意に、目の前に、山の中にあるとは思えない、
建設途中のテーマパークのような
映画のセットのような景色が広がったので驚きました。


映画「ロード・オブ・ザ・リング」の
ホビットの村に迷い込んだか?!


と本当に思ったんですから。

pontoak_convert_20120717151500.jpg


実は、すでに日本各地から
この場所を目当てにお客さんがやってくる
PONT-OAKという
英国のコッツウォルズを模した
英国風ヴィレッジ(という言い方でいいのかな)でした。
食べログはこちら。


pontoak2_convert_20120717151223.jpg
↑もっといい風景があちこちにあるのに、
あえて、ここを撮る?というような風景選びとゆるい写真に我ながらorz


インテリア、スタッフの方の装束ともに
もっとも「良き時代のイギリスの田舎感」の濃厚なレストランのテラスに
犬とともに座っていると、

明るい色の巻き髪に、
タータンチェックのドリーミーなワンピース姿の
中年女性がにこやかにほほ笑みながら
うちの駄犬にも水を持ってきてくださいました。

この方が社長のマリーさん(日本人)だったのですが、
その姿を見て、15歳の娘が、


あの人は、あのワンピース、似合ってるなあ。
あの髪も似合っているなあ。



と言外に「母さんと違って」という
意味を含んだようなビミョーな口調で
えらく感心していました(-.-)


生き方と重なっていれば、
いくつになっても、
どんな服装も着こなせるんだなあ。



私も、そんなことを思いながら
きびきびと立ち働くマリーさんの華やかな姿を追いながら、
スコーンを食べていました。

実は、このマリーさんの明るい巻き髪ヘアは、
おしゃれ用ウィッグらしく、
「マルセイユのセキュリティーで、まさかのズラがひっかかる」事件として
ご自身のブログに書いてらっしゃいました(笑)
その顛末が楽しくておかしくて、
長年続けてらっしゃるブログからは、
夢を実現する情熱も伝わってきます。


建設途中なこともあって、
ところどころ未完成の部分があり、
熱の入れようや手の入れように若干の偏りもあり、
それが大きなテーマパークにはない
温かなスキやちょっとしたユルさになって
居心地のいい場所です。

大人であればあるほど、
いろんな視点で楽しめると思いますよ。
「維持するの、大変だろーなー」とか(笑)、
そういったことも含めて、想いが広がります。
テラスは犬同伴もオーケーでーす。


【関連記事】去年の今頃は、京都の蓮華寺に行っていました。
なでしこジャパンのことも(^_^)
堂々たる「すっぴん」の美しさ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターにも、思いを書いています!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク



コメント

知らなんだです。

おしゃべり会に参加させていただいた隣町のTです。こちらへのコメントは初めてです。おしゃべり会、がっかりなんてとんでもない!!私はCarinaさんのお隣に座ってるのが夢みたいで、なんだかふわふわした、不思議な気持ちでした。とっても心地よい空間でした。
ところで、箕面の山の中にイギリスがあったなんて!!今まで聞いたことなかったです。こんど是非行ってみたいと思います!!(ほんまのイギリスには行ったことないんですけどね)

  • 2012/07/17 (Tue) 21:47
  • tiporu #ijCIUDbE
  • URL
甘やかさ。

おしゃべり会のこと、たのしく読ませていただいています。ワタシも心ザワザワのお仲間になりたかったなぁ。

まったく個人的なことですが、ワタシの年間のビックイベントはとあるライヴと、とある舞台に出かけるの2本柱で、これまでのイメージでは、「ライブには女装(どこか女性性を意識したい)、舞台にはコスプレ(実用的には着物)」 がコンセプトでした。しゃべりだしたものの長くなってしまうので置きますが、非日常の服装はどうするか?という重要事項です(笑)。

人から、似合っているなどと思っていただくなんぞ到底無理ですが、かっこよくても悪くても、どこか甘やかでいることを諦めずにおこうと、Carinaさんのこの記事を読ませてもらいながら思ったのでした。

スタンディングのライヴ(3時間は立ったままで、かつ踊ります)で、60代の大人の方が恋するような顔をステージに向けていらっしゃるお姿を毎年お見かけするのですが、励みになっています。(とりとめなくなってゴメンなさい!)

  • 2012/07/18 (Wed) 14:31
  • あ き ら #dI6DO0LA
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/07/18 (Wed) 23:03
  • #
ウェールズにも

カーディフからバスにごとごと揺られて山のほうへ行くと、
こんな建物がたくさんあったように思います(24年前の記憶ですが。笑)


いつもツイッターで絡ませていただきありがとうございます。
こちらにも、勇気を出して書き込んでみました(^^)

  • 2012/07/19 (Thu) 12:01
  • きゃらめる #z/AVyrZM
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★tiporu さん
はいはい~、こんにちは(^_^)/
いやん、そんなふうに言ってもらって
こっちが天にも昇る気持ちです~。
そうなんですよ!知らんかったでしょ。
もうね、山の中に忽然と現れるんですから。
そして、スタッフの装束がオールドイングランドなんですから。
お暇なときに行ってみて♪

★あ き ら さん
ああ、あきらさんが人生を楽しんでいらっしゃる様子が伝わります。
ライブに女装、舞台にコスプレ(着物)という
ふり幅の大きさもまた、何とも大人で素敵です!
「甘やかさ」・・・とてもいい言葉をいただきました。
似合ってなくても、似合っていても
心の中の「柔らかいときめき」が「甘やかさ」につながるんでしょうか。

★秘密コメントのNさん
ツイッターも見ていただいてありがとうございます(^_^)/
ピアスについては、この後に書きましたが、
いまは、おちついています。
でも、すごーい大きなピアスをしている芸能人を見ると
「ピアスホールが完全に完成しているんだね」なんて言っています(笑)
ピアス、また時間のあるときに載せますが、
大したものはありませんよー(笑

★きゃらめるさん
こちらこそ、いつもありがとうございます!
うわあ、ウェールズの方にこんな風景があるんですね~。
ぜひ、こちらの、模倣イギリス空間にも行ってみてください。
何か、ちょっと不思議ですよ(笑)
ブログにもお暇なときにコメントくださいませ!

  • 2012/08/18 (Sat) 15:20
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する