何も言わず、生き方が変わるとき。


わたしがまだ演劇を完全にはやめていないとき、
自治体などの依頼で、
演技や照明やもろもろのワークショップを
友人たちと開いていました。

今から、15年ほど前のことです。

そのホールでも
何度か地域の人を対象に
ワークショップを行っていたのですが、
その担当だった30代のきれいな女性が、
別れ際に、突然、


敷地内の小高い場所で
月をめでる会を開きたいと思う。
そして、ともにある幸せを味わいたいと思う。


と言い、わたしたちにぶあつい企画書を手渡してくれました。


とても感じのいい、良家のお嬢様風の人で
どちらかというと口数の少ない人だったので
わたしたちは驚いて(3人でした)
その熱い口調と
思いのほとばしる、
やや饒舌な企画書を少しもてあますような気持ちで
持ち帰りました。

その後、喫茶店で、
わたしと、もうひとりの男性は、
お金にならない感じだし、やらないほうがいいんじゃないの?
と、露骨に気乗り薄でした。
面倒だったし、ボランティア的情熱に
当時は正直、うんざりしていたんです。

残るひとり(女性)は、
「いかなる場合であれ、熱い訴えに心を動かされる。
ただし、仕事の段取りはあんまりよくない」というタイプだったので
直接、その担当者ともう少し話してみる、
という感じだったと思います。
(彼女はその後、大車輪で会の実現に奮闘します)


月をめでる会は、
ダンサーや音楽家を招き、
華やかに開かれました。


30代のきれいな担当者の女性が
乳がんの発病をきっかけに、
その会を企画したと知ったのは、
大車輪で奮闘した女性を通じてのことでした。


あああ、わかんなかったな。


と思いました。

その30代の女性は、
最終電車を降りた駅から乗った乗合タクシー内で
見知らぬ中年男性にも自分の企画趣旨を熱く語り、
メンバーとしての参加を募り、
その男性の心を動かし
参加メンバーになってもらったとも聞きました。
すごいバイタリティです。
(男性は、とてもいい方だったので
人を見る目もすごいなと思いました)


この女性もそうですが、
わたしのまわりにいる人で、
「世間的に重いとされている病気」にかかった人はみな、
積極的に病について語らず、
笑顔で闘病しているように見えます。


相手が自分に対して気を遣うことに配慮し、
相手との関係に「病気」が色濃く反映することを避ける。
いや、きっとそれだけでなく、
さまざまなことを考慮したうえでの「笑顔」なんだろうと考えます。


「おしゃべり会」でも病気や闘病という言葉が
とても、さりげない感じで使われていました。
相手に気を遣わせない、
「大変でしたね」と言わせないような
ごくさらりとした感じです。

会がお開きになる寸前、
参加してくださっていたYさんが
乳がん検診推進活動「ももいろリボン活動」の話をしてくださいました。
このときもまた、ものすごく控えめな笑顔で。

そして、その後、メールをいただきました。


-----------------------------------------------------------------------

私自身、2年前に乳がんに罹患しました。(45歳のとき)
(中略)ブログのイメージを損なうことなく、
健康について書かれるコラムがあるときにでも、
ひとこと、女性の皆様、ぜひ乳がん検診に行ってくださいと
軽やかに言って下さいましたら嬉しいです。
他力本願で申し訳ありません。

------------------------------------------------------------------------

記事にしますと約束してから
どういう感じで書こうかと考えていたら、
もうこんなに時間がたってしまいました。

Yさんの参加する「ももいろリボンプロジェクト」は、
「ピンクリボン活動」とは少し異なり、
一人ひとりが日常の暮らしのなかで
身近な人に検診の大切さを訴える活動です。

この活動を中心となって推進する医師のサイトもどうぞ。

Yさん。

あの後もメールでいろいろとお気遣いいただき、
こちらこそ、申し訳なく思っています。
ところどころに散りばめられた「お茶目」な言葉が
うれしかったです(^_^)/

記事の内容に補足などがありましたら、
コメント欄もご利用くださいね。
これからもよろしくお願いします。


【関連記事】「おしゃべり会」の開催まで&その後は、こちらのカテゴリで♪
おしゃべり会について

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターにも、思いを書いています!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

健診って気が重いですよね

おはようございます。

私自身は会社で年に一回受信する機会があるので、嫌々行っていますが、そういうのでもないとなかなかですよね。
ましてや若い方が婦人科に行ったりするのは大変勇気がいることではないかと思います。


私には県外の大学に通う娘がおりますが、彼女が高校三年の時に、私自身の健診で訪れた婦人科の病院で子宮頸がんワクチンの接種について知りました。市が対象年齢の子には助成をしていたのですが、予算があまり無かったのか、広報がされていなかったようで、殆んどの人がそのことを知りませんでした。
高3は対象年齢を外れていたので、一人暮らしを始める前に慌てて自費で接種しましたが、娘の世代がそういう機会に病院に行く機会を得ること、予防や健診について話をする機会があることはとてもいいことだと思いました。
私自身、高校生の時にひどい生理不順で受信したかったのですが、親から世間体が悪いからと婦人科に連れて行ってもらえませんでした(涙)
私たちは、自分の体の事もですが、子供たちの世代にも健診の大切さをしっかり伝えて行く使命があると思います。

まず母親の世代が自分たちでやって見せて、下の世代に伝えて行かなくてはいけませんよね。

何だか短編小説や短編映画を見させていただいた気分です。
きれいな情景が目に浮かぶようで。
などと他人事のように言っていたらだめですよね。
乳がんのマンモグラフィは、周りで検査を受ける人が多くて私も受けましたが、もう3年経ってしまいました。
医師のサイトを見ると、毎年受けるように書いてありますね!
2回目受けないと…。



  • 2012/07/23 (Mon) 18:59
  • 花緒 #-
  • URL

病気になることはいいことではないけど、
ひととの出会いに、心の痛みに触れたり、悪いことばかりでもないと思うんです
特に女性は前向きに向き合うので、それが活力になったり・・・
何はともあれ、逃避せずに健診は受けて、命を大事にしていきたいです

  • 2012/07/23 (Mon) 19:36
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
がん検診

婦人科系の検診は特に気が重いですね~。

父をガンで亡くしており、ガンの血筋だからと従姉に強く勧められ、乳がん検診を受けましたが、頭痛と吐き気がするぐらい痛かったのでその後一度もやっていません。

ガンなどの生活習慣病は遺伝子と生活習慣の組み合わせで起こると考えられているので、そういう予防法の研究・開発をしているところがありまして、「ジェイ ミック スタディ」っていうんですけど。

2035年まで続けられる遺伝子調査に血液検査という形で協力しています。

痛くない予防法が開発されるといいんですが・・・・・・早期発見が大事ですね。

月を愛でる会ですか。私だったら音無し、踊り無し、上質なお香だけ焚く。
そんな、会がいいかなあ。(これでは人は集まりそうも無いですね・笑)

Carinaさんのまわりは独創的で素敵な方がいっぱいですね。

  • 2012/07/23 (Mon) 23:18
  • deno #mQop/nM.
  • URL

(小学校の時に) きっかけは 猩紅熱だったんだけど。。。長期隔離ってのを体験。隔離だから その病棟には私ひとり 見舞い客もなく ただ時間が過ぎるのを待つのみ。 その中で 検査の日は テンションが上がるイベントでした。

高校の時に まわりの子と 生理の様子が違うような気がして病院へ。  ちょうど その時修学旅行があって 私は中学の時にも参加していなかったから 高校もフツーに参加してなかったんだけど  婦人科に通っていたもんだから
『妊娠してる子』っていう噂になって なんだか 不良扱いしてもらって かっこいい と またまたテンション上がって検査好きになっちまった。 
おまけに 月のものは 年に数回なので楽勝~っ。

この状態で授かったら奇跡だよね と 言われた妊娠は 3回も。 えっ これは奇跡じゃなく日常だ。

子宮関連は 年に数回 検査してます 
今年の一月に 「来年お会いしましょう」 って言われたよ 閉経って ありがたいねぇ
筋腫関連で腸も変だったので 大腸カメラもね 穴あきパンツのプロなのだ。

石灰化なんていう ありがたい体質なので  おっぱいは マンモと超音波と時々 細胞検査   以前 胸の細胞を取るとき 「腹の脂肪もとって」と お願いしたら「腹部の検査はありません」だって 融通のきかないやつだ。ふんっ。

あっ年に一回の健康診断も ちゃんとね 受けてるよ  

大病した事がないので 痛みもわからないので 
このコメント不愉快になった方がいらっしゃったら ごめんなさい。
でも
非日常的な気分が味わえる健康診断 ぜひ 年に一度のイベントとして受けてくださいね。

  • 2012/07/25 (Wed) 23:21
  • わに@健康だけがとりえ #qbIq4rIg
  • URL

Carinaさん、素敵な記事とともにご紹介下さり本当に
ありがとうございました。
また、Carinaファンの皆様この場をお借りしまして申し訳
ありませんでした。

当人が書きますと悲しげになりそうなところ(^^;)
わに@健康だけがとりえ様、明るく楽しく検診のことを書いて
下さりありがとうございます!全く不愉快ではございません。

またマンモグラフィーは確かに技師の技量により痛い時もあります!
そんなときは思いっきり、痛い、痛いと騒ぎながら受けてみませんか?!
あと男性技師さんにも抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、最近は
女性技師さんも増えてますので事前に確認してみても良いと思います。

コメントを下さいましたぶんぶん8様、花緒様、Yottitti様、deno様、
わに@健康だけがとりえ様、ありがとうございました。

  • 2012/07/26 (Thu) 19:47
  • Y #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★ぶんぶん8
本当におっしゃる通りですね。
大人になると検診も企業で働いているか、自営業か、
働いていないか・・・などなどでチャンスの有無や費用も変わってしまい、
それによってますます検診に行くのが億劫になってしまいますね。
私はわりにマメに行く方なんですが、
前回は子宮がんの結果を聞きにいかないままになってます^_^;
ダメですね~。

★花緒 さん
そんなふうに言っていただいてありがとうございます!
そうですねー。
3年たっているとやっぱりそろそろ行ったほうがいいですね~。
かわいいイラストレポートもいいかも♪

★Yottittiさん
こんにちは(^_^)/
ああ、そうですよね~。
いろいろ考えたり、人との絆を考えたり、
少し立ち止まって考えるいい機会になりますね!

★denoさん
愛媛に行ってらしたんですね!
私も7月に行ったんですよー♪
ジェイミックスタディ、知らなかったです!
http://www.jmicc.com/index.html ですね。
私は乳がん検診、あんまり痛くなかったのですが、
胸が大きいと痛いのかな。
お月見の会は、私もdenoさんの案に一票です!

★わに@健康だけがとりえさん
ていねいなコメントありがとう!
(あえて丁寧と言っちゃうよ!)

>非日常的な気分が味わえる健康診断 
>ぜひ 年に一度のイベントとして受けてくださいね。

日々のいろんなことを
イベント化して楽しむ「わに流ライフ」、
いろいろな知恵がつまっているね~。感謝。

★Kさん
ああ、最後にご登場いただき、
こんなに素敵にまとめていただき感謝です!
おしゃべり会に来ていた私の友人も、
Kさんとお話しをしたとかで、
「その人間力に触れて、感銘を受けた」と言ってくれと
メールをよこしました。
ここで伝えておきます(笑
また、会いましょう。私も検診行きます!

  • 2012/08/20 (Mon) 17:20
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する