老いの先に希望を見るコツ?

yodogawa_convert_20120806151208.jpg
写真はイマイチだが、花火は美しかった↑↑


40代半ばのころ、
バーベキューやお花見など
大勢の人と集まって遊ぶとき、
特に、それが「夫の会社の人たち」とか
「友だちの友だちなど知らない人も大勢来る会」だったりすると、
目の前に広がる「わが仲間たちのビジュアル」に


え?わ、わたしが一緒に遊ぶ人たちって
こんなにもオジサンとオバサンなの?



と自分のオバサンは棚に上げて、
「あーあ。年を取ったものだよ。
この間まで若者だった気がするし、
小さな子どものパパママたちの中にいたのにさ」と
ガッカリしたものでした。


あの頃を思うと、わたしは、
立派に「老いの受容」を成し遂げましたよ。




もう、わたしを待つ友人たちが
「山登りを愛好している風な中高年テイスト」であることにも
男も女も頭髪に過疎化が進行していることにも、
わたしと並んで歩く夫が
「運動不足が明らかなメタボ中高年」であることにも
ことさらに絶望することなく、
当然のこととして受け止め
自分を棚に上げることなく
我がこととして受け止め
余計なことを考えず、
皆で遊ぶ幸せをかみしめられるようになりました。


まだ若い40代のみなさん。
いまが、どんなに苦しくても
いつの間にか、自らと他者の老いを
受容できるようになりますから
気を楽にもちましょうぞ。

「はあ?そんな『老いの受容』なんて、まっぴらごめんだよ!」
いうアラフォーの声が聞こえたように思いましたが(笑)
その気持ちは、もう、痛いほどわかりはするものの、
40代のトンネルを抜けた先に
30代が待っていることは決してなく、
そこには、必ずや50代が待っているんですから、


老いは受容する、に限ります。
ジタバタしながら。



しかーし。


先週の土曜日。
数年ぶりに会う友人たちと
花火大会に行ったのですが、

50代のトンネルを抜けた先に
40代が待っていることは決してなく
そこには、必ずや60代が待っている。

という当たり前の現実を、
これまた痛感いたしましたですよ。


そして40代のトンネルが
美貌や性的魅力、女性ホルモン、ツヤ・ハリなど
主に「女性としてのあれこれ」を喪失しそうで、
あたふたする10年トンネルだとするならば、

50代のトンネルは
健康や仕事や家族のあれこれといった
「人生の諸問題の喪失の危機」に遭遇して
より深き老いの境地へ至る、
人によっては、よりドラマチックな、陰影の深まる、
10年トンネルなのだと知りました。

というのも
花火大会に集った面々は、
40代後半から56歳までの男女だったのですが、

56歳の男性(バツイチ。バリバリのやり手ビジネスマン)は
今年の1月に脳溢血で倒れたのを機に、退職していました。
ほとんど後遺症はないものの
生活の変化にまだ気持ちが追いついていないとのこと。

49歳の建築会社勤務の女性も、
お母さんの介護のため退職していました。

52歳の画家兼主婦の女性は、
ヘアカラーをすっぱりとやめ、
完全な白髪に変わっていました。
すっぴん&白髪に凝った眼鏡というスタイルに
彼女の「決意」を見たような気がしました。


おお、そうか。そうであったか。


50代というのは、
突然の病や退職など、
大きく人生を変えなければならない出来事が
もろもろ増えてくる時期でもあるんだなあ。


・・・と書くと暗い結論のようだけども、



56歳の闘病中の男性は
同世代の恋人といっしょに来ていたし、
49歳で仕事をやめた女性は、
この宴会の主催者で
独り暮らしの素敵な部屋を開放して
さばけたホステスぶりを発揮していたし、
人生の陰影を抱えたたくましさが
明るい笑い声になっていました。


病気も介護も退職も含みこんで
たくましく生きる。



時間が来たら、みんなで
淀川河川敷まで歩いて行き、
シートの上に持ち寄った料理を広げて、
ビールを飲みながら花火を見ました。


いやー。きれいだった。
今年は、とくにきれいだった。


花火を堪能しながら、
生きるって面白いなあ。
もっともっと楽しみたいなあ。
恐れずに楽しいことをどんどんやっていきたいなあ、
と思いました。


受容の先にこそ、確かな希望が待ってくれてるのかもね。


【関連記事】これも「受容」のカタチかも(^_^)/ 人気記事です♪
もう、心のことはいいや。と思ってみる。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

今年から大学生メインの職場でパートを始め、
皆の母親が私と同年代だったり、
仕事の覚え(覚えるのは大丈夫だけど、忘れるのが早い)が
大学生にくらべて劣っていることを痛感したりして
「あぁ、私もオバサンになったんだな~」と
過去に自分が「こんな簡単な事も覚えられへんの?」と
ちょっと見下したりしてたオバサンの立場になった事を実感しております。

てことで、アラフィフとなり、老いを受容してきております。

あ、もう一つリーディンググラス(老眼鏡ね)が必要になったり、
肩が上がらない日があったり、階段で膝が痛いと思う日があったり・・・
と、そんな事が今まで以上に感じるようになり
「人間て面白いな~。同じように体にガタがくるもんなんだな~~」と
ちょっと面白がって「老い」を感じております。

スイート老女を目指し、その先の最終目標は
死ぬ直前まで健康で、誰にも迷惑かけず、苦しまずにコロリと人生を終える
これだな。

  • 2012/08/06 (Mon) 16:02
  • taketsuma #-
  • URL
もがいてあがいて、笑っていたい

今月20日で47になります。
40代のトンネルの出口が見え始めました。
30代への未練はすっぱりきっぱり捨ててありますが、
50代へ足を進めるには未だ躊躇しています。

もっともがきたい、もっとあがきたい、
まだもうちょっとだけ40代でいたい、
美貌と健康の衰えは認めているけれど
まだもうしばらくは崩れきらずいられそうだよ?
まだもうしばらくは細々と動けそうだよ?

そんな感じで、せいいっぱい老いに抗いつつ、
無様に抗う自分を笑い飛ばしながら
老いを受け入れてゆきたいです

  • 2012/08/06 (Mon) 16:47
  • きゃらめる #z/AVyrZM
  • URL

隣の芝生は青く見えるの法則にようやく気が付くのが、
この頃かもね~
アンチエイジングで若く見えるってえばってた美魔女の動画が有ったんだけど
見たら口から下がやっぱりたるんでいて、動くとそれなりに見えるし
他の10代20代の女の子とはやっぱり違うんですよね。

なんだ、写真効果だったのか~って、魔女なんか魔法なんかないよ、
ペテンだよ~ってほっとしちゃった。
そんなちょっとの差を大きそうに言う、その言葉に振り回されありもしない事実を信じるなんてつまらないですよね。

若くなくたって、若い人とおんなじに恋だって、労働だって、運動だって旅行だって
なんだってまだまだ沢山できる。
若者の特権じゃない。

人生は楽しもうと思う人は楽しめるんだよね。

  • 2012/08/06 (Mon) 17:51
  • あっころ #-
  • URL

そりゃ、長い時間過ごしてれば、いい思いもするし
悲しいことも諸々起こってくるもんですよね~。(ハーーー・・・)

でも、もし40代の次に50代、その次に60代をどんどん迎えられたら
それはやっぱりありがたいことですよね?
どんなに若くても、うんと幼くても、一寸は闇で生と死は隣り合わせです。

今まで、それ言っちゃったらオシマイ?と思ってたんですけど
受容ってことで~。えへへ~おゆるしを!

それに、過去、現在、未来というか、今今今のつながりだと思いますよ☆

ところでCarinaさんのツイッター、すごく深いんですね~!!
すごいーー!ちょっと、、、自分の何も考えなさと比べて呆然・・・としました。。。

  • 2012/08/06 (Mon) 18:47
  • R #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/08/06 (Mon) 20:40
  • #

最近、特に誕生日を迎える度、考え方が、「いくつになっても足腰を丈夫に、内臓をなるべく健康な状態に。」に向かって行っていますe-351
つい最近も思いました。
Rさんに近い考えです。
50才近くまでちゃんと生きて来られた。
これからも生きて行けるなんてありがたい事だって。
今自分が生きている場所というか、環境も、常に自分の住みやすい状態を作って行っているとも感じます。
我ながらそうやって上手に生きて来たんだな~と感心します(笑)
自分と同年代やそれ以上の年齢の人たちも、みんなそうやって生きて行っているんですねe-348

  • 2012/08/06 (Mon) 22:38
  • 花緒 #-
  • URL
逃げないと決めたから

自分を取り巻くもろもろの現実から逃げないと決めたから、そのあとに見えてくるものが自ずとあると信じたい。

体は確実に一日一日年をとるけれど、以前には感じ得なかった、時間の旨みを享受できるようになったのも、年の功?かなーー。

なんとかかんとかツギハギしながらも、やってきたことを、神様は見ててくれてる気がしますよ。

苦しいことがあれば、楽しいことにより嗅覚がきくようになる感じ・・・といえばいいかな。

わたしは社会的に見たら、泥縄主婦だけれど、ココロはどんどん自由でたのしい状態にいつでも飛んでいける・・・そんな技術が身についてきています。

相容れない感覚の人にたいしても、「へ~~~。おもしろ」と思えたりするのですよ。
これって、神様からのご褒美かな~~。にんまり。

  • 2012/08/07 (Tue) 09:18
  • 爽子 #0QjNWJMw
  • URL
初めまして

初コメです。

40代ですが、carinaさんが書いていらっしゃること、
去年からひしひしと感じております。

それまでのほほーんと生きていたのですが、去年検査で
ひっかかり大きな病気の可能性も指摘され身体のあちらこちらを検査。
幸いにも結果はシロでしたが、それとほぼ同時に、同年代の
友人数人が世間的に重いといわれる病気に罹ったりと、
ああ、こうやって老いがやってくるんだな、としみじみ感じました。
そんな出来事と前後して震災もあったりして、それ以来なかなか
気力が出ません。かといって、この落ち込んだ気持ちのまま
この先過ごしていくのもなんとももったいないような気がして。
不惑をすぎてジタバタの毎日です。

「受容」することを覚えてこれから強くしなやかに生きていけたら、
と思います(でもそこに至るまでが難しいんですよね)。

  • 2012/08/07 (Tue) 15:01
  • 琴 #ztCBFypQ
  • URL

うわぁ、暑さにダラけていたら突然やってきましたね。60代というワード。
花火を見ながら確信されたのですね。60代がやってくると。
40代は「女性ホルモン」の喪失、50代のトンネルを抜けると‥。
60代のために何かする余裕はあるか?何をすればよいのか?
あーん、秋になったら考えるから、すこし待ってください。

  • 2012/08/07 (Tue) 17:10
  • ピーシーズ #-
  • URL

そうそう、わっかる~!と共感しながら読み進めていたら
最後にじんわり涙ぐんでしまった。
生きてること、友達と楽しい時間をすごすことって
ものすごい幸せなことなんですね。
いつもながら素敵なお話をありがとうです。
Carinaさんの感性大好きです。

  • 2012/08/07 (Tue) 22:33
  • yukuri #X.Av9vec
  • URL

年寄りと子供 環境を変えても大丈夫なのはどっちだ という選択で
『うちのこなら大丈夫』という 答えを出して
夫の親の住む土地に家を建てて 親を引き取って 
夫の単身赴任中 3人の子どもをそだてながら
寝たきり腹膜透析の舅を介護して見送り 姑も自宅介護して
ほっと したら 次は 自分の親が調子が悪くなり

なーんて 婦人公論に投稿したら 即採用されそうな現実もありますが

深く考えるのは面倒なので
楽に生きるためには 流されちゃうのもいいかなぁ と

ジぃちゃ が ゆーとりました
『飯くって糞して寝ると朝 病んでも老いても朝はくる』










  • 2012/08/08 (Wed) 00:06
  • わに@確信犯的コスプレの夏 #qbIq4rIg
  • URL
写真と現実

最近,撮った写真を見ると
「私,年取ったなあ・・・」って思うことが多くなりました。

目元とかほうれいせんとか,
鏡を見るときは,精一杯の笑顔でわからなくても
写真は正直です(涙)
なので,出かけても,自分が入っている写真を撮らなくなりました(笑)

あと,リボンが似合わなくなりましたねえ。
フリルは,場所により,まだ何とか,です(と思ってます~笑)
こんなにはっきりと,
『もう似合ってない』って言う宣告を自分自身で感じるとは
結構ショックだったりしてます。

今年42になって
いよいよ『アラフォー』ってくくりからも卒業かと思うと
女性ホルモンの喪失は,やはり一種の衝撃的な問題です。
今日も,コラーゲン飲まなきゃと最後の抵抗です。

  • 2012/08/08 (Wed) 08:29
  • おどろんまま #-
  • URL

皆様、まだまだお若いのに悟るのにはちと早いのでは?f^_^;)

どこかのアンケートで、還暦を迎えたかたに
「今までで、いつが一番楽しかったですか?」って問いにk
やっぱり二十代が一番だったんだけど、
その次が、五十代だったんですよ(女性に限り)

普通にいけば五十代というのは、子供が独立して
自分が自由に使えるお金と時間が一気にやってくるんですよ

スイートな老女になる…を目指すのは六十になってからで充分よ〜

かえって四十代のほうが考え方が老けてたような気がする
四十代って、若いんだからね!

今をもっと楽しめばいいと思うなあーもったいないですよぉ

  • 2012/08/08 (Wed) 14:35
  • kireidokoro #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★taketsumaさん
こんにちは~!
>「人間て面白いな~。同じように体にガタがくるもんなんだな~~」と
>ちょっと面白がって「老い」を感じております。

それっていいですね~。私もすごくよくわかります。
面白がれたら、もう、こっちのもんですね!

★きゃらめるさん
わかります、わかります~。
そのお気持ち痛いほどわかります!
40代をホントに、存分に楽しんで
50代になんかならないという気迫で過ごしてください!

★あっころさん
>若くなくたって、若い人とおんなじに恋だって、労働だって、運動だって旅行だって
>なんだってまだまだ沢山できる。 若者の特権じゃない。

ああ、そうだねーー。
恋も労働も運動も旅行も。みんな、みんなそうだ!

★R さん
うん、ほんとうにそうですよね。
老いるってことは、死ななかったってことだもんね。
ははは。ツイッター、濃い??(笑)
つぶやいたり、つぶやかなかったり、不定期。
あれも「つぶやき脳」は必要ですね。

★秘密コメントのNさん
膝、大丈夫ですか?
でも調子の悪さをオリンピックになぞらえて
前向きにとらえるなんて素敵です。
お互いに無理せず、いきましょうね♪

★花緒さん
花緒さんの言葉には、静かな実感がこもっているなあ。
>我ながらそうやって上手に生きて来たんだな~と感心します(笑)

そう思えるって素晴らしい。最高なことだと思います。

★爽子さん
いつもツイッターでも、あったかい言葉をありがとう。
少しずつ自由になっている感じ、わかるよーー。
泥縄主婦って面白すぎる(笑)
優雅なマダムですよーー、あなたは。

★琴さん
コメントありがとうございます!
はじめてくださったのに、お返事が遅くてすみません。
琴さんのお気持ちとてもよくわかります。
私もブログを書こうとするとき
暗いことと明るいことのどちらを書こうか、悩み迷うですよ。
意外に暗いことが多いの(笑)
きっと、みんなそうじゃないかなーと思っています。
またお暇なときにコメントくださいね。

★ピーシーズ さん
ははは。夏の盛りに60代の話でごめんなさい!
待ってます、待ってます。
いつまでも待ってます。
私も、まーったく、考えられていないし(笑)
10年かけてブログに書きます(いらん? 笑)

★yukuri さん
出だしのところ、わかってもらえました?うれしい~(笑
自分のルックスもだけど、
まわりの友人たちのルックスにも年を感じるでしょ。あるよねーー。
でも、ほんと、この花火は印象深いものでした。
いちばん、だったかもしれません(^_^)/

★わに@確信犯的コスプレの夏 さん
パジャマの記事にも介護のことが書いてあって
パジャマ着てないって・・・すごいね。
わたし、父や母の「短期間介護」でも
眠れないとイライラして嫌だった。本当に。
どんだけがんばったの。すごいよ。
>『飯くって糞して寝ると朝 病んでも老いても朝はくる』

名言。

★おどろんままさん
こんにちはーー。42歳という年齢に、
「わ、わかい!」と思わず叫びました(うそ 笑)
でも、本当に若いよ。42歳。
リボンもいけるんじゃない?
今日(9月4日)に紹介したスナップブログのおばあちゃまたち
ガンガンやっているから、リボンもフリルもオーケー(^_^)/

★kireidokoro さん
そうなの?50代ってそんなに幸せなの?
そっか。じゃあ、楽しみに過ごす!
喝を入れてくれてありがとーーー(^_^)/

  • 2012/09/04 (Tue) 17:03
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する