長いスパン、を手に入れる贅沢。

「オキーフの家」という本を眺めたり、読んだり、
また眺めたり、読んだりしていたら、
心の深いところに火がともるような気がしました。

ジョージア・オキーフが、
ニューメキシコ州アビキューを訪れ、
その地に魅せられたのが、42歳のとき。
実際に移住したのは、62歳のとき。

そういえば、
ターシャ・テューダー
バーモンド州マールボロに移り住み、
あの夢のような庭と住まいを作り始めたのは、
彼女が57歳のときでした。

オキーフは、それから36年を、
ターシャは、それから35年を
それぞれにまったく異なるけれども、
自分そのものといえる「住まい」という「世界」を作りながら、
一日、一日を、おそらくは満足するかたちで生きたのです。


基本、ひとり。
ザ・大移住 & ザ・大プロジェクト。


そこに40代や50代、60代という年齢が刻まれていることに、
かつては「すごいなあ。そんな人もいるんだなあ」とだけ思っていましたが、
いまは、なんか、ちょっとだけ、その理由が、
(見当ちがいかもしれませんが)、わかるような気がします。

実は、前記事の花火を見ているときにも
その感覚をもったんですが、


目の前に広がる「時のあり方」が、
変わってきているのを感じるんです。



どういったらいいのかな。

ちょっと前までは、
受験や就職や恋愛や結婚や出産など
どうやら自分が通過することになっている「区切り」を
やはり、どこかに想定していて、
それに対する持ち時間とか、
それに対する猶予とか、締め切りなんかで
小刻みに仕切られている「スケジュール帳」を手にしていた感じ。

それが、いま、自分の前には、ない。
(ま、日々の仕事の締め切りとか、
子ども関係とか、介護とかもろもろを想定すると、
それなりにはあるけども)

自分の人生を大きく変える
社会的に要請される通過儀礼的「区切り」はない。
でも、時間はありそうだ。
もしかしたら、30年とか、
ひょっとすると、40年とか。


この、時間の、たっぷり感。
区切られていない、長いスパンのたっぷり感は
やや持て余す「空漠感」と紙一重ではあるものの、
ムクムクとやる気を刺激してもくれる。



じっくり構えれば、いろんなことができるんじゃないの感、
といえばいいでしょうか。


しかも、そこでは、
ビジネス書に書かれているリーダーシップ術とか
コミュニケーションスキルなんかじゃなく、

ましてや、ちょっとした馬力とか小器用さとか、
涙こらえた自己犠牲とかでなく、

自分で自分を楽しませる
毎日の、日々の、暮らしそのもの、
細やかな創作そのもの、
その積み重ねがものを言いそうだ。
若いときの「社会適応重視」の勝負とはまた
違うところも面白そうだ。

才能があった、
それゆえに財力もあったでしょうが、
ジョージア・オキーフも
ターシャ・テューダーも
なかなかに生きにくい「頑固な女」であったでしょう。


誰はばからず、自分の世界を手に入れるときが来た。


と40代で、50代で、
運命の地を前に仁王立ちして、
心のなかで高らかに宣言したかもしれません。

長いスパンを手に入れた!と直観する日のために
やるべきことを練りに練っておくのもいいかもね。
(気宇壮大、規模僅少でよし)

わたしにとっては、このブログもそうです。
コツコツコツコツ書いてきたら、
自分自身が開放的になり、
見える風景も変わってきました。
たっぷりある時間を「空漠」ととらえず
「持ち時間」として楽しめそうな気がしています。
ちょっとだけだけどね(笑)

↓モノクロなのに、目を閉じると「日干しレンガ」の色が見えます。翻訳は江國香織氏。




【関連記事】マイケル・ジャクソンの亡くなったころの記事でした。ターシャに触れています。
40代、時間を味方につけたい。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

こんにちは。
ブログに訪問していただきありがとうございました。
感激です。
リンク貼らせていただきました。

最近の記事のショートヘアのおっさん化を防ぐと言うところ吹いてしまいました。が、もっともだ、とうなずいております。
確かに若く見えなくて構わないのですが、おっさん化だけは是非とも防ぎたいですもん。
「オンナでありたい人」は、確かに加齢を拒む、何だか物悲しさを感じてしまいます。

老いの先の希望だとか、長いスパンで時間を楽しむ、なんて贅沢なんでしょう。
これからも楽しい記事お待ちしています。

  • 2012/08/08 (Wed) 21:59
  • 水彩 #-
  • URL

オキーフ 大好きです

以前 雑誌で

「60才過ぎて 砂漠に移り住み

 一人で絵を描いた 孤高な女性」

な感じで紹介されていて しびれましたね~
格好良すぎる!!それからの私のキーワードは「孤高」

彼女の絵画展にも行きましたが
シンプルだけど力強くて潔さを感じる作品に
女の生き様を見ました。

それまでの環境やら人間関係やらを捨てて
自分一人で 好きな世界へ飛び込んで行ける
勇気と覚悟 憧れます。

子供の手がどんどん離れて 今までとは違った
未来が広がってきましたね
(うちの下の子も Carinaさんの娘さんと同じく高1です)

子供抜きで 考える私だけの未来

あ~ わくわくする♪

  • 2012/08/08 (Wed) 22:38
  • ジャスミン #8DlcNI.A
  • URL
タイムリーすぎる。

  
 忙しすぎたこともあり、年齢的にもそろそろいいかなぁ…なんて
 思い切って仕事を辞めたら、 子供たちも独立しちゃってるし、 
 あまりにも時間があり過ぎてウワ~大丈夫?自分って感じで、
 しばらくの間、とにかく一週間が長くて逆につい最近まで戸惑ってました。  
   
 やっぱり辞めるべきじゃなかったのかななんて、心の整理に時間が 
 かかりました。
 
 しかし、少し時間もたち、この時間の流れ方にも慣れ、会いたかった
 友人に会ったりしている中で今まで挑戦したかった二つのことを    
 始めました。


 Carinaさんがおっしゃるようにすべて自分のペースで進めているから
 面白くって仕方ないです。意外に私ってアスリート系かも…(笑) 
 趣味の域にたどりつく自信もなんとなくあるかな。

 それなりに待ってる世界もなかなか楽しいですよ。
 
 

  • 2012/08/09 (Thu) 12:04
  • ヘミ #-
  • URL

すっごく納得。

もう一度自分の好きなこと出来る時なんですよね。
100万円あればケニアに学校が一つ建つんですって!

密かにナイロビ移住計画中です。ライオン怖いけど、ちょっとワクワクしながら妄想計画中です。

  • 2012/08/09 (Thu) 12:26
  • YUKKE #-
  • URL

こんにちは。
Blogへは初コメントですが、よろしくお願いします。

ターシャもオキーフも憧れの生き方を実践された大先輩ですが、
この二人を結びつけて開いて見せるなんて、思いも寄りません
でした。
Carinaさんの感性に脱帽です。

 
  『誰はばからず、自分の世界を手に入れるときが来た』

この言葉には、今丁度47歳にして勤続22年目の会社を辞め、
全くの別世界で独り立ちしようと無謀な希望を抱く私の背中を、
ぐんと押していただいちゃったみたいです。


こんにちは。

私も、この本好きです。
動物の頭蓋骨など・・・ちょっと驚くようなものが、部屋の中にあって・・・

以前テレビでも、江國さんが訪問した様子が流れたと思います。

最近更年期うつで、ど~~~んよりとしていましたが、carinaさんのところに来て、少し元気をもらいました。
いつもありがとうございます。。

  • 2012/08/09 (Thu) 16:08
  • うさこ #gCBQAbbg
  • URL

オキーフの家、ブルータスですよね♪
私も今号のブルータス買ってたのに、緑の写真にばっか見てて・・・字、読んでないし
そんなページあったっけ~?とツイート見て探したんですよ~。笑
目の付け所が違うわ~。プランツハンターのヌード写真見て
ウケてる場合じゃなかった~。イヤ~ン・・

で、私も、のんきなので、長い目で見てるとこがある一方で
一寸先は闇という焦りがあって
時は短し恋せよ乙女モードになってしまうんです!!!
あ、いや、乙女でも恋愛でもないけど。笑

  • 2012/08/09 (Thu) 22:05
  • R #-
  • URL

carinaさんのブログを読むと、いつも嬉しくなります。

数年前まで共働きだった頃、忙しくて夫のワイシャツをクリーニングに出すのを忘れ、ど、どうしよう~間に合わない~と思ったとき
、「あ、自分で洗えばいいんだ」と気づきました。
日々忙殺され、ワイシャツ=クリーンニングと決めつけていた自分が恥ずかしくなりました。

夫の転勤を機に退職し、生活を見つめ直して・・随分 テレビやら雑誌に洗脳されていたのだなぁとつくづく感じています。そして、専業主婦には専業主婦の、共働きのひとには共働きの人の  それぞれ悩みがあって、その立場にならないと見えてこないんですよね。

そして、この先何歳になっても悩みはいつもあるんですね。

人生なにが起こるかわかりません。期待と不安・・

でも挑戦と努力は忘れないようにしたいです。

  • 2012/08/10 (Fri) 11:00
  • naopo #-
  • URL
そうだったのか

Carinaさん

ここ三年くらい?ずーっと囚われていた「空漠感」の正体は即ち、社会的に見た「区切り」のない人生の始まりに慄き戸惑う私ってことだったんだ!

ああ~Carinaさんありがとうございます。うすうす気づいていても、こうやって分かり易く文章にしていただくと確信に変わります。「腑に落ちる」とはこういうことですね。
紙一重の「長いスパンのたっぷり感」の方を重視していけばよいのですよね!先は長いかもしれないのに、何を焦っていたんだろう、私。なんだか元気になりました。今現在を受け容れ、したいこと、したくないことも淡々とこなし
心地よいことや楽しいことを見つけながら暮らしを紡いでいく・・・タンタンローゴに向かって・・。

締め切り感たっぷりの若い人を間近で見ているので、ちょっと前まではいいなあと思っていたし、その人たちからは「もう終わった人」的な見方もされているのもやっぱり感じてしまうので、悔しかったんでしょうね、本音のところは。
大人ぶってはいましたが・・。

「長いスパンを手に入れた!」と直観できた時、本物の大人になれるのかもしれません。

  • 2012/08/15 (Wed) 21:21
  • ありがとうさぎ #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★水彩 さん
こんにちは!うわあ、丁寧に書いていただいて
こちらこそ恐縮です。
ははは。髪型の記事、読んでいただけました?
ありがとうございます!
お互いに「長いスパン」で楽しみましょう。

★ジャスミンさん
わあ、絵画展にも行ったの?
>子供抜きで 考える私だけの未来
>あ~ わくわくする♪

うんうん、ほんとだね。同感!
ジャスミンさんなんか超若いから、なんでもできるよね~。

★ヘミさん
あー、コメントを読んでいる間に楽しくなりました。
すごく楽しい感じが伝わってきて
わたしもうれしいです。
でも、とってもよくわかります!
また、どんなことをなさっているのか
お暇なときに、いろいろ教えてくださいね♪

★YUKKEさん
わー。ご無沙汰しています!
いま、YUKKEさんのブログに遊びに行ったら
しばらく読みふけってしまいました。
読書された本の数が多く、
一人の時間をじっくりと過ごすYUKKEさんの姿が浮かびました。
ナイロビ移住、素敵。

★hayachine65さん
コメントありがとうございます!
47歳で新しい門出なんですね。すばらしいです。
22年1つのところでお仕事されてきたことも
新しい挑戦をすることも宝物になると思います。
わたしこそ勇気をいただきました。応援しています!

★うさこさん
コメントありがとうございます!
うわあ。江國さんが訪ねた番組とかあったんですね!
見たかったなあ。
素敵なコメントいただきながらお返事が遅くてすみません!
その後、どうですか?
わたしも、よーく、どんよりしています。
お互い、ムリせずやっていきましょう。

★R さん
そうそう。植物特集のブルータス。
Rさんも見たんですか?
わたしは、プラントハンターさんはあんまり見てなかった(笑)
それぞれ見るところは違うよね♪
>時は短し恋せよ乙女モード
わっと集中しちゃうってことですか?すごくいいと思うなあ。

★naopo さん
最初のクリーニングの話、とてもリアルで
生活の息遣いが聞こえてくるようで好きです。
本当に私たちって、そんな小さなことから
いろんな気づきを得ているんですよねーー。
naopo さんのコメントからそんなことを思いました。

>専業主婦には専業主婦の、共働きのひとには共働きの人の
>それぞれ悩みがあって、その立場にならないと見えてこないんですよね。
本当にそうですね。その通りだと思います。

★ありがとうさぎさん
ああ、よかった。
そんなふうに受け止めていただいて、本当にうれしいです。
いつも、「どうなんだ?この記事」と思いながら書くのですが
ありがとうさぎさんの言葉でホッとしました。
コメントの言葉も、一つ一つうなずきました。
悔しさ・・・というもわかります。とっても。

  • 2012/09/04 (Tue) 17:29
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する