樹木希林を「美しい」というとき。

樹木希林さんを「美しい」「憧れる」という人は、
決して少なくないけれど、
「キレイね!」という単純な感じの言い方じゃなくて
一拍置いて、いろいろなことに考えをめぐらせて
しかる後に、「わたしはキレイだと思う。憧れている」と言う。

そんな感じの人が多いですね。

樹木希林さんの何が、
女性たちに一拍置かせ、考えをめぐらせるのかな。

着物のセンスがいい。
骨董のセンスもいい。
家がすばらしい。


・・・といった美意識の高さもあると思うし、
あの独特の語り口や人生観もあるだろうけど、
そのどれもがキラキラしない、
鈍色(にびいろ)の世界ってことも大きいよなあ。

ご自身の姿も、装いも、おおむね鈍色。


鈍色は、パッと見、婆さんの色だからね。


樹木希林さんを「美しい」というとき、
わたしは、同時に、


『婆さん』と呼ばれることを
いささかも恐れていないところがすごい。



という畏れに似た敬意を、
やっぱりいつも込めているような気がする。


そういう腰の据わった生き方を
「美しい」と思う心が自分にあるならば、
他人の美意識にも信を置いて
樹木希林さんのような道も歩めそうなものだけど、
やっぱり、「あ、そこの婆さん」と言われるのは恐ろしくて、
婆さんのタネを大切に育てるわけでなく、
アンチエイジングに心の炎を燃やすわけでなく、
ゆるゆると老いていく、わたしであることよ。


顔であれ、生き方であれ、
「美しさ」の評価は、
それを発見することのできる他人に
委ねられているわけだから、
(だから発見されないこともある)
自分は、自分が納得のいくように生きるしかないわけだけどね。


他人の美意識を信じる。

他人の美意識を侮らない。


ということも大切なのかもね。
自分の思う「美」はきっと伝わる、的な。


・・・独り言みたいになったうえに
わかりにくい結論でごめんなちゃい。

ウィキペディアによると、
希林さんの座右の銘は「行き当たりばったり」。
目標は、所ジョージだそうです。


【関連記事】ここにも希林さんのこと書いてました♪
アンチエイジングより「人間骨董」。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

樹木希林さん風になりたいかどうかは置いといて、
自分の芯を持つ ってことですよね~~。
簡単なようで難しいですね、ぶれない自分って。

  • 2012/08/28 (Tue) 04:59
  • midori #-
  • URL

樹木希林さんといえば。
子供の頃よく見てたドラマで、「寺内貫太郎一家」でしたっけ?
渡り廊下に正座する(樹木希林扮する)婆さんが
渡り廊下がせり上がると同時に滑り落ちていくシーンが大好きでした。
たぶん婆さんを演じてはいるけれど
まだ30か40代のはずですよね。
婆さんの年季が違いますね。

と、ここまで書いて、カックラキン大放送(古っ)の研ナオコの婆さんと
記憶違いしてるかも?と不安になってきました。
でも、研ナオコもいい感じに婆さんになりそうですね。

  • 2012/08/28 (Tue) 09:55
  • アメちゃん #-
  • URL
誇りとか身体とか

ゆるゆると老いてゆく というきもちはどこまで続く。
どこかで切迫したり焦燥に駆られたりするのでせうか?
老いたとき、柔軟性も必須でしょうが誇りや矜持をかなぐり捨てない
ことも大切と、祖母を見て思っていました。

どうもつれあいの方が、若くなくなったことに対してより悲しんでいる
ようなこの頃です。男の子の自信とか沽券とか、うまく乗り越えてほしい
ものです。自分のことより面倒ですもの。

うつくしくありたいといういうきもちを保つためには、やはり源は身体
なんじゃないかと。てきめんに反映されますもの。
しかし身体は病んでもうつくしい方もおいでになりますし。。。奥深いですね。

前記事の構成比率、すとんと納得しました(^Д^)

  • 2012/08/28 (Tue) 22:26
  • あ き ら #dI6DO0LA
  • URL

わー、嬉しい! 私も樹木希林さん美しいと思います。彼女の言葉使い、語り口もとても素敵ですよね。緒方貞子さんと共に、憧れる?カッコいい婆さんです。そう考えると、ファッショナブルかどうかなんて(自分にとっては)どうでもいいことなんだと思います。シャープさと肝っ玉の座りっぷり?

  • 2012/08/28 (Tue) 23:31
  • Michaela #aIcUnOeo
  • URL

個性的な樹木希林さん、誰にも振り回されてないし、己をもっているので素敵です!
それに『婆さん』と呼ばれることを恐れてないんですね!
なかなか自分ではさすがに受け止められないです
年を重ねても受けとめらる自信もない・・・
まだまだ人間できてないと修行が足りないなと思います

  • 2012/08/29 (Wed) 12:43
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
凛とした・・・

Carinaさん

ようやくコメントが書ける時間に帰宅しました♪
前の記事もコメントを書きたくてウズウズしていたのですよ(笑

>鈍色(にびいろ)の世界ってことも大きいよなあ。

色に例えるなら、正にその言葉通りですよね。
私は好きな色ですけど(笑

彼女の外見では無く、行き方そのものの選択した人生に於いての責任の取り方・・・・
例えば夫との事とか?!
いつも凛とした、彼女が20代では決して放つ事のない鈍い輝き・・・・
きっと人生そのものなのでしょうね!!
病魔と闘って居てもプロ根性を忘れない!!
己の人生を己の足で歩く・・・・
そんな彼女を何だか眩しく見て居ます。

>他人の美意識を侮らない。

人の事を否定しないトークも凄く大人だな~~~と
憧れをもって彼女のトーク番組を見ている私は。。。。
もはや婆さんの域でしょうかね(笑
ようやく書き込みが出来ました♪♪
被って居たらどうしよう。。。ドキドキしていました(あっはっは。。。



  • 2012/08/29 (Wed) 20:38
  • maja #y1P/pzjo
  • URL

こんにちは!

私も「鈍色」がヒットしちゃって、鈍色→鼠色→・・・・ってwikiwikiしたり
伯母が趣味で日本画書いてたので、私も色の本をもらってて
引っ張り出して見てます☆日本の色って(いや外国のもだけど)
魅せられるものがありますよね~~~。はぁ~うっとり~~♪

灰色、鼠色っていうと、たしかにパットしない感じだけど
源氏鼠。とか桜鼠。なんて、華やかかつワビサビ含んだお上品な色~。
でも、材質や染料がうんとよくないと、ばっちくなりそう~!爆

危機期燐酸。←わお!は、明るい色とりどりも似合う感じしますよね!
お正~月を写そっ☆な印象。

  • 2012/08/30 (Thu) 10:43
  • R #-
  • URL

…なんだか読んでて、嬉しくなってしまいました♪

私も、樹木希林さんの演技、生き方、責任の取り方などが、
テレビで観る度にワクワクしてまう…憧れの役者さん☆です。

誰にも媚びない生き方しているのに、
「自分の分をわきまえてる大人」と言うのでしょうか…
イマドキ珍しい役者さんですよね。

ちゃんと他人の価値観も肯定しつつ、
その根底に「潔さ」と「美学」がある。

≪そのどれもがキラキラしない、
鈍色(にびいろ)の世界ってことも大きいよなあ。≫
 ↑
これが、ピッタリな感じでカッコイイ!!


「可愛いオバアチャン」もいいれけど、
潔く生きる「カッコイイ婆さん」にも、なりたいと本気で思ってるんで(苦笑)

やっぱりcarinaさん眼のつけどころは、鋭いですね。
そして深いわ・・・ホントに。

深夜にPC前で、『うん、うん…そうだよ。』って、
ニンマリ頷いてる私がおります。
(気持ち悪~って言わないで下さいね)

  • 2012/08/31 (Fri) 03:56
  • 七蓮しずく #-
  • URL

樹木さんといえばお婆ちゃん役もインパクトあるけど
やっぱ内田裕也氏との関係かな・・・
なんで離婚しないんだろうってズッと思ってたけど
彼女の方は離婚する理由がないんだろうね。
最初は意地になってるのかと思ってだけど
そうでもないみたいだし・・・


で、所さんの名前がでたとこで
あたし、高校生の頃からの数年間
大ファンで!!!
当時は今みたいなキャラでなく
ヤンキー上がりのふざけたシンガーソングコメディアンだったの

で、アルバムも全部買ってたし
ライブも行ってたし、知り合いのコネでラジオ局でご対面したこともあるのよ!

いいかげんキャラで売ってたけど
最近は半分文化人みたいになってちょっとさみしかったけど
さすが樹木さん、目のつけどころが違うのね。

  • 2012/09/05 (Wed) 00:15
  • MJ #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★midoriさん
そうだよね~。
ぶれない自分って、やっぱり難しいよね。
それにぶらないほうがいいのかどうか、最近わからなくなってきた(笑
あれこれ、いろいろ試行錯誤してみて
その結果、「この点ではブレなくなってきたなあ」とか、
そういう感じなのかもね~。

★アメちゃんさん
うわあ、懐かしい!
アメちゃんさんのコメントに刺激されて
いま調べてみたら、当時、希林さん、31歳でした!!
アラフォーですらない、アラサー!
カックラキンも懐かしいなあ。
いい婆さんになるといえば、
YOUなんか、どうでしょう。
おばさんは絶対すっ飛ばしたいと考えているように見えるので、
いつ、婆さんにスイッチするか見どころです(笑

★あ き ら さん
いつも優しいコメントありがとうございます!
うちの夫は、年を取ることに無頓着なのか、
あらゆることに無頓着なのか(笑)
私ほど加齢について考えていないように見えるのですが、
男性もそうですよね。いろいろのりこえるハードルがあるように感じます。
それにわたしも、「こんな老い方をしたい」というようなものに
まっすぐに届くことはないなーと感じています。
あらゆる葛藤があることは前提で、
総体として、比較的、どのように老いるのか・・・ということなのかもしれませんね。

★Michaelaさん
うわあ、お久しぶりです!
ああ、なんとなくわかります。
Michaelaさんのお写真からもそんな心意気伝わってきます(^_^)
>シャープさと肝っ玉の座りっぷり?

なるほど~。どちらも難易度高いだけに憧れますね!

★Yottittiさん
こんにちは(^_^)/
ですよね~。
「婆さん」のハードルは高いですよね。
でも、NHKの番組に出ていた時
骨董の先生は希林さんを「この婆さん」と言っていたような気がします。
やはり、そのハードルを越えてこそ、なんでしょうか(笑)

★majaさん
お仕事の後にコメントくださってありがとう!!
そうでした。希林さんって病気もされていますよね。
目の病気もされていて、そのときもちょっと死を覚悟しているような
ことをおっしゃってました。
「鈍色」の魅力って、パッと目を引かないから
見る方の「眼力」も求められますね。
見る力のある人間にもなりたいなあと思います。

★Rさん
こんにちは(^_^)/
うわあ、ここからWIKIを調べてくださるなんて
うれしいなあ。
>でも、材質や染料がうんとよくないと、ばっちくなりそう~!爆

ああ、そこ、そこ!大切なポイントですね!さすが。
それが鈍色系列色の難しさ~。

★七蓮しずくさん
ブログお邪魔したら、休んでらっしゃるんですね。
でも、文章から、何かじっくりと取り組んでらっしゃる様子が伝わってきました。
暑い夏が過ぎて、ゆっくりと取り組める季節ですもんね。
また、よかったら教えてくださいね。

>(気持ち悪~って言わないで下さいね)
そ、そんな・・・言いません!!
ニンマリ頷いていただけたら光栄です!

★MJ さん
おお、所ジョージの初期ファン??
ってことは、かなり目が高いんじゃない??
あの人の「軽くて深い」といわれる生き方は、
なかなかできるもんじゃないよね~。
どこかで希林さんと似ているのかもね。
見え方が違うだけで・・・とMJさんのコメントで
改めて思ったよ。サンキュー♪

  • 2012/09/28 (Fri) 18:06
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する