若さと未熟さと、アウェイ。

「ほぼ日刊イトイ新聞」
毎日更新される糸井重里さんのコラム、
「今日のダーリン」は、
とんがった内容について書いてあるときでも
肩の力が抜けていて、
テンションがほぼ一定に保たれていて、
あらゆる方面に配慮がなされていながら、
伝えたいことをストレートに伝える文章で、

毎回、すごいなーと思いますが、

1998年や2000年など、
「ほぼ日」が立ち上がったころの
ダーリンコラムを読み返したら
(↑画面を下のほうにスクロールするとあります)
ちょっとびっくりするぐらい、

とんがっていて、
焦っていて、
怒っていて、
長かったり、
短かったりしていて、
もう、いろんなことが一定じゃなくて、


あああ!!若い。もんのすごく若い!


と読むたびに思います。


若々しいとか、年を感じさせないとか、
感性がみずみずしいとか、
そんな「若者っぽい」もんじゃないんです。

「未熟」という意味に近い。
「反抗的」だったり、
「怒りっぽい」というような「若さ」です。


そして、あああ。糸井さん、
ものすごく成長したんだなあ。
こうやって「なりたい大人」へと成長したんだなあ。



と生意気にも、心の底から感嘆するのです。

とはいえ、
糸井さんが「ほぼ日」を始めたのは、
49歳とか、そのあたりの年齢だったと思うし、
もうそのころ、すでにコピーライターとして
功成り名遂げていたはず。

であるならば、

この人にとっても人並みの「老い」はあったはずで、
「老い」にふさわしい言葉や気分は
周囲にも発せられていたに違いなく、

しかし、なお、「ほぼ日」という
新しい挑戦に向かうとき、
「若く」「未熟」だった
ということなんだと思います。

そして、そのように未熟だったからこそ、
いまの糸井さんみたいな
「そこらへんにいない大人」に
なったんだろうなと思うのです。

昨日、「おしゃべり会」に参加してくださった方に
うれしいメールをもらったんですが、
近況報告とともに、


アンチエイジングには、アウェイがいちばん大事かも。


と書かれていました。


アウェイに身を置く。


いつもホーム(家のなか)にいるわたしなんか、
アウェイと聞いただけで、
緊張が走るけど、
その気持ち、大切だよね。

もう一度、「未熟」からはじめることも、
アウェイに身を置くことかもしれないもんな。

「大人になったつもり」でいず、
「なりたい大人」になるために
未熟者からはじめたい。
そしてちゃんと成長したいと思ったわたしでした。


【関連記事】若さつながりで・・・よければどうぞ(^_^)/
若者の若さを意識しすぎない。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク



コメント

確かに、確かに!
私も、なににたいしての挑戦なんだかわかりまあせんが、
緊張するバーに行ったり、
ちょっと気取りすぎなレストランに行ったり、
取材と称して知らない人から話を聞くってのもそうなんですが、

見栄に近い背伸びも、やっぱり洗練を学ぶには
良い場所なんだろうな~ってしみじみ思います。

ただねー
私の場あい、しみじみ思うだけで身に付かないここが大いに問題なんですが。。。

  • 2012/08/30 (Thu) 19:35
  • あっころ #-
  • URL
なんかすっごくわかります

とある出会い系のオフ会に九州から東京まで行こうとしている私。

その出会い系を積極的に利用しているわけでも無く、ただ友達に頼まれて登録し、そのままほったらかしにしていたのですが、様様な年代の人が全国から集まるらしいオフ会のお誘いをたまたま戴き、なぜそんなのに行こうと思ったのか…?

思いっきり居心地の悪い思いをするに違いないのですが、そこから何かが見つかるかも?と思っているんですね。

我ながらチャレンジャーだなぁと思っています。

真面目な人からは、落ち着きがないと言われそう。
もうすぐ50になるのにね。
でも、若いときはそんなことしなかったかも。
人生の新しいステージに上がった気がする今日この頃です。

  • 2012/08/31 (Fri) 08:52
  • ぶんぶん8 #-
  • URL
far and away ~

糸井さんの「ダーリンコラム」いくつか読んできました。

カリーナさんがこの記事をお書きになったその日、
糸井さんは「今日のダーリン」で
「 『そんなことで怒らなくたっていいじゃないか』とメモに書き、
それを目立つところに貼っておく。するとこれがけっこういい。」
的なことを書かれていたと記憶します。

過去にはけっこう怒ってることもあった糸井さん。
今は「そこらへんにいない大人」になっている糸井さん。
両者の間に上のようなメモがあると思うと
わたしのような万年未熟もんは、
ちょっぴりこっそり胸をなでおろします。

アウェイといえば、先日帰省中に 
新たなるシミ、新たなる白髪、発見しました。

実家の母の鏡台で、顔をつくっておりましたら、
「ん?枕のあと?」的なモノが左こめかみ付近の生え際に。
「枕のあとにチガイナイ。チガイナイ、ということにしよう。」

母の今の自室は元はわたしの自室です。
もともとべんきょ~机を置いていた場所に鏡台、
その横の壁に姿見が置かれています。

鏡ってやつはつくづくおそろしいもので、
角度や光りの具合がほんの少し違うだけで
驚くべき現実をクールな鏡面に映しだします。

日常を過ごす自宅の鏡には映らなかったシミ、白髪。
非日常となった、元の自室で発見する人生のアイロニー。
ふふふ。

見渡せばこの部屋、ま~上手に住み変えられたもんです。
うちの母、洋服やインテリアのセンスは動物的直観力で、
「コレ、いいわね」で、即断即決。
「いるものはいる。いらないものはいらない。」
魔女の杖の一振りで、自分の色に染めかえる。染めかえる。

壁面いっぱいのわたしの元本棚を収納&飾り棚に変身させ、
もともと白かった本棚の木枠に合わせて
わたしのウエディングベールを巧みなドレープで飾っています。

ベールの再利用については、
「 あ~たのベール、あれ、良かったわよね。
 わたしがお部屋でこう使うけどいいでしょ」と
一応の事前確認はありましたが、
「しまっておいても仕方ないでしょ。有効利用よ。ベールも喜ぶ」
得意の我田引水。有無を言わせません。

なんか、ちょっと、フクザツ。
「ま~、娘の大事なものを。そんなふうには使えないわ。」
とおっしゃるお母様が世の大半と考えるわたしの脳内リサーチ。

乙女の夢が。
あの気に入りのイタリア製ベールが、
ば~さんの部屋で揺れているの図。

そういえば、友人が
「あの着物はわたしはもう着れない柄だけど、
 気に入ってるからまだあんたに譲らん!」とお母様に言われたとか。
類は友を呼ぶ、的な。
なんか、我の強い母に育てられた娘の悲哀?のよ~な。

「ば~さんは、立派なことも言うしできんこともするけど、
 なんだかんだ言って 根っこは『女子』ってことで。」
そ~ゆ~ことでおさめよう。友とはそういう結論に。

そんなこんなで
「そんなことで怒らなくたっていいじゃないか。」

な~んか、糸井さんに申し訳ないけど
わたしはわたしの次元で、
この台詞折々に使わせて頂くことにします。

ベールよ。ば~さんに夢を運んでやっておくれ。

実家も今や、わたしにとっては半アウェイ。
そこで、新たなる人生の友、老人性紫斑とお知り合いになったのも
これも極小笑劇場。

気付いていない自分、
わかっていない自分、
わかった「つもり」でわかっちゃいない
「自分との出会い」は、アウェイという現場で起きている!
「出会い」は続くよ どこまでも!

「アンチエイジングにはアウェイが一番大事かも。」
なんだか相当な脱線ですが、
アウェイの緊張感への挑戦、
我が身を引き締め、いとおしみ直す効果、大。かと。

  • 2012/09/05 (Wed) 14:41
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★あっころさん
いや、あっころさんは偉いよ。
芹澤さん所に行ったのも、
私だったら、重い腰が上がらないもん。
でも苦手なことってできないから、
できる範囲でアウェイを自分の暮らしに入れなくちゃって
思っているところ(^_^)/

★ぶんぶん8さん
こんにちは(^_^)/
オフ会にはもう行かれましたか?
どんな出会いがあるのか、自分はどんなふるまいをするのか。
そんなことをあれこれ考えながら行く道すがらに、
もう、新しい「旅」が始まっていますよね!
脳細胞はぐぐーんと若くなるみたいな(^_^)
また、どんな体験だったか教えてくださいね♪

★wasuregusa さん
>「自分との出会い」は、アウェイという現場で起きている!

ほんとだねー。事件も自分との出会いも現場で起こっているんですよね。それも現場で。
それにしてもお母様のベールの大胆な再利用、あっぱれ!!
何て素敵な子離れ!!ワンダフル!これぞ母親の鏡。
娘がアウェイ感を感じる子育てこそ、最高じゃないですか。
わたしもそうなりたいな。
wasuregusa さんとお友だちの「おさめ方」も素敵!

  • 2012/09/29 (Sat) 15:08
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する