杉田かおるに学びたい、「練れた強さ」。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
先に40代からの超初級・ビューティー講座
「今日のこていれ」を読む方は、
こちらへどうぞ。

【今日のこていれ③】眉尻をどうするか問題。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんばんは!


関西ローカルのバラエティ番組に
杉田かおるさんや
道端アンジェリカさん、
遙洋子さんなどが出演していて、


「強い女」をテーマに
軽妙なトークを繰り広げておられました。


いろいろなことについて
武勇伝的なことを語ったり、
失敗談を語ったりするんですが、

途中、Q&A形式で、
「一人で焼肉屋に入って食べられるか」とか、
「男性に土下座させたことがあるか」とか、
「美容院でやり直してって言えるか」とか、
いくつかの質問に
イエス・ノーの札を立てて答えるわけです。

みなさん、中でも、若い道端さんなんかは、
真っ向勝負という感じで
つねに「イエス」を出して
ぶれない女、主張する女、堂々とクレームを言う女を
ことさらにアピールしておられましたが、

杉田さんは、
「焼肉」→「ノー」
(幸せそうな家族連れを見ると悲しくなるから)
「美容院」→「ノー」
(テレビで嫌なやつだと思われているのに、
普段も嫌なやつだと思われそうだから)
と「ごめんなさいね」という感じで
「ノー」の札を出していました。

こういうところが
杉田さんのキャラだといえば、
それまでですが、

「強い女」として認められ
「強い女」の一人として招集をかけられ、
「どれだけ強いか」に期待が集まる場で、
「焼肉屋に一人で行くか」と尋ねられ、
「いや、行けません」というのは、
現実の場面を想定したら、
なかなか、勇気がいるなあと思いました。

一人の人間のなかには
強いところと
弱いところ、
現代的なところと
保守的なところ、
心広いところと、
心狭いところなどが
まだら状に存在していて


何から何まで強い!という人はいない


と思いますが、
何にせよ、それが求められる場では、
強がらないまでも
「できる」とも「できない」とも言わず
「できる」と誤解するならそれでよしとする、
という態度になりがちです。

わたしも、最近は、齢を重ねて
だいぶ、ましになってきているけど、
これまでしばしば、そういう態度をとってきました。
で、何となく居心地が悪いんですよね。

ここのところ、
「一人でこなす」「一人で平気」が
わりあいにブームな世の中なので、
「一人で行けない」というのは、
依存心を露にするような、
昔タイプのオンナであることを
カミングアウトするような
そんな雰囲気もあったりします。


でもなあ。


できないことを
できないとちゃんと言う。



しかも、


頑なにならず
開き直らず、
穏やかに言える。



テレビのなかで
そんなふうにふるまう杉田さんを見ていて、
やっぱり、女性陣のなかで
一番強いなと思いました。
練れている、と思いました。

あれですね。

時代には、その時代の評価する「女性像」というのがあって
その女性像と照らし合わせて
「こんな生き方、いいよね!」なんて威勢よく言いますが、

だれにでも弁慶の泣き所みたいところはあるわけで、
「わたし、そこが泣き所なのよねえ」と
いたずらな弱さアピールにならない範囲で
普通に言えるぐらいが、
よいなあ、と思うのです。

硬軟おりまぜ、
新旧おりまぜ、
しゃちこばらずに
やらかく、やらかく
生きていきたいもんです。


【関連記事】これも強さといえるかも。人気記事です♪
「なってしまった人生」を受け入れる。

★10月限定企画やってます!毎日更新ですよー。
こちらから「今日のこていれ」の成り立ちから順番によんでいただけます♪
10月1日。アラフィフ三銃士、始めてみる。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

ちょっと論点はずれちゃいますが、色々な人が居るから強い人が当たり前に
やっていることを嘘言う事も無いし、弱いのに虚勢を張るのも変ですよね。

>いたずらな弱さアピールにならない範囲で
普通に言えるぐらいが、よいなあ、と思うのです。

解る解る!やる事が嫌ったらしい媚びになちゃったら人を陥れる手段だから
鼻に付くものね。

私は思う事を、後先考えずに言って軽率から痛い目に良く合うんだけど
そこを嘘ではなく、自分意思は曲げない柔らかい生き方って
これからの目標です。

  • 2012/10/03 (Wed) 22:41
  • あっころ #-
  • URL

おー♪杉田かおるさんは気持ちよく変貌しましたよね~!

グリーン特集のブルータスで白洲正子氏を「知らないことは知らないという人」って
紹介してて、私なんかにとっては当たり前だけど(知っててビックリされる方が多い、笑)
ほぉー・・・是非その本を読もうなんて思ってたのを忘れてて。。
注文しようとしたら「美しくなるにつれて若くなる」なんて本も書いてるみたいですよ~!
レビューによると老いるほど美しくなる・・・ですって。

そういえば、オキーフの絵もすごく気に入っちゃって、空と雲の絵を飾ってます♪
本物見に行きたいです!(どっちかっていうと来て欲しいけど)

  • 2012/10/04 (Thu) 08:35
  • R #-
  • URL

読んでいて、弱く見えるけど強風にもしなって折れない
柳の木のことが頭に浮かびました。
本当に強いモノは、わざわざ強く見せなくてもいいんですよね。

長谷川町子さんのお話で、海外旅行に行くと
外国の方は、朝ごはんの卵料理でさえ
「私はスクランブル!」「私はサニーサイドアップ!」と
一人一人自己主張をするけれど
自分がお母さんと、うな丼を食べにいったときに
間違ってうな重が運ばれてきても、お店の人に「違います」と言えず
黙って食べてしまった。。。と漫画に描かれていました。
自己主張が大事、な風潮ですが、私は長谷川町子さんとお母さんの方が
すきだな〜と思います。

  • 2012/10/04 (Thu) 09:03
  • アメちゃん #-
  • URL
関西

ローカルバラエティでそんなに面白い番組があるんですか!
いいな~、観たいわ♪
そういえば、テレビのバラエティでは、みんなばかばかしい事をやってるけど、それぞれテーマや役割を演じていて真面目だなぁ。
って思うようになっていた所です。
その点、無理をせずに自分を出せる杉田さんはさすがですね。
やっぱりCarinaさんの普段のブログいいですね~。
何せ、「喪服・高い」で検索してたどり着いたのが出会いなので、ファッションやメークに重きを置いていない私としては…。
だからもう少し勉強したほうがいいのかもしれませんが(爆)

  • 2012/10/04 (Thu) 09:35
  • 花緒 #-
  • URL

これ見ました!
他の方の「Yes」に対してのツッコミが的を得ていて、でも、嫌味じゃなくて
「同じYesでも色んな意味があるんですよねー」って
さらっと言った杉田かおるさんに
「あぁ、これが本当の姿なんだろうな」って思いました。

友人が先日
「尖がって生きていくと決めてたけど、目指すは【金平糖】のような尖がり具合にするわ」
と言ってたのですが、杉田かおるさんを見て、この人は「金平糖」かもしれないと思いました。

  • 2012/10/04 (Thu) 11:46
  • taketsuma #-
  • URL
いいな~~~!!

Carinaさん

こんばんは♪♪
このテレビ見たかったです。。。
名古屋はやって居ないのかな??

>できないことを
できないとちゃんと言う。
しかも、
頑なにならず
開き直らず、
穏やかに言える。

仕事上では通用しないかもしれないですけど、プライベートではそういう風に
生きる事が出来たら良いですね!!

杉田かおるさんが少し前にお母さんと一緒に出ている番組があって
あらっ??と思った事がありました。

抱えて来た物がきっと大きすぎた人生だったのでしょうね・・・
だからようやく荷物を降ろして、本来のご自分になられたのかな?
その時は思いました。

鎧を着ないと生きる事が出来ない人生を背負って居る人も沢山見て来ました。
歳と共に鎧も付ける必要がなくなってくるのでしょうか?!

人からどう思われようが、ありのままの自分をされけだ出るのも、歳を重ねて来たから出来る事でしょうね(笑

>硬軟おりまぜ、
新旧おりまぜ、
しゃちこばらずに
やらかく、やらかく
生きていきたいもんです

賛成です!!
そういう生き方に少しでも近づけるように生きて行きたいです♪

素敵な記事をありがとうございました*^^*

  • 2012/10/04 (Thu) 20:13
  • maja #y1P/pzjo
  • URL

杉田かおるさんは
『今おかれている自分の立ち位置』 を きちんと判断できる人だな と

自然なのか努力なのか わかりませんが
複数の女性出演者登場する番組では かぶらないキャラ の 見極めが 素敵ですよね。


そうそう 深夜番組で
道端カレンさんと山咲千里さんの 対決?みたいなの やってましたが

ある意味自分を貫いている(貫き過ぎている) 千里さん 美しくなかった。。。。
てか 怖かった。。。。

50代は もう少し 顔の張り と 気持ちのはり を 緩めてもいいんじゃないかと。

  • 2012/10/05 (Fri) 00:28
  • わに@マリア・シュナイダーの眉もいい #qbIq4rIg
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/11/08 (Thu) 03:39
  • #
コメント、ありがとうございます!

★あっころさん
こんにちは!元気ですか?
>私は思う事を、後先考えずに言って軽率から痛い目に良く合うんだけど
>そこを嘘ではなく、自分意思は曲げない柔らかい生き方って
>これからの目標です。

ああ、そういう目標の立て方、イイですね~。
自分もまわりも居心地がよくなるもんね。

★Rさん
おお、白洲正子さん、そんな本を書いてらっしゃるんですね!
ヘルマン・ヘッセにも「人は成熟するにつれて若くなる」という本が
ありましたね。白洲さんの本、探してみます。
教えてくれてサンキューです♪
オキーフの絵が飾ってあるなんて、素敵!

★アメちゃんさん
おお、長谷川町子さん!そのエピソード、読みたいなあ。
どの本に書いてありますか?
わたしは、「サザエさん」マニアで
文庫は全巻持ち、精神的に弱っているとき、必ず読みます(笑)
長谷川ワールドは、昭和の記録としても最高ですよね。
そのうなぎの話もいいなあ。

★花緒さん
ははは。花緒さんは、そのキーワードで検索してくださったんですね!
んじゃ、わたしがイオンで、喪服を買う記事から読んでくださったのかな(笑)。
そうやって巡り合えてよかった!
うんうん。バラエティ番組の雛壇の方々、真剣ですよね。すごいです。

★taketsuma さん
おお~、関西仲間~!土曜日正午の番組ですね(笑)
金平糖ねえ。尖りながらも丸くて甘い。
きちんと転がる。いいですね~。
でも、難易度高そうだね(笑)

★majaさん
こんにちは!
>抱えて来た物がきっと大きすぎた人生だったのでしょうね・・・
>だからようやく荷物を降ろして、本来のご自分になられたのかな?
>その時は思いました。

ああ、優しい見方ですね~。でもきっと、そうなんでしょうね。
子どもの頃からきっと多くのものを背負ってこられたんでしょうね。

★わに@マリア・シュナイダーの眉もいいさん
マリア・シュナイダー、「ラストタンゴインパリ」が
衝撃的すぎて、その後の作品に恵まれなかったよね。
わにさんが、このハンドルネームで書いてくれてから
ロミー・シュナイダーも検索したら、なんか可愛そうな人生だったよ。
>50代は もう少し 顔の張り と 気持ちのはり を 緩めてもいいんじゃないかと。

名言すぎて、もう、言葉がありません。

★秘密コメントのKさん
コメントありがとうございます。
そうですね~、「熟れた」でもよかったかもしれません(^_^)
ただ、「こなれた」とも「うれた」とも読めるのであまり使わないかなあ。
熟練といいますから、どっちを選んでも
「角のとれた」「人格が円満になった」という意味にはなるかと。
練れたは、「ねれた」です。
「こていれ」読んでくださってありがとうございます(^_^)/

  • 2012/11/12 (Mon) 17:14
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する