オバチャンが、はしゃいでしまう理由。

 

自分もオバチャンなので

友人と待ち合わせしてお出かけするときなんか、

顔を合わせた瞬間に、つい、はしゃいでしまって

周りが見えなくなることがあるのは、なぜなんだろう、と

わがことながら、不思議に思います。

 

周りから見れば、

「あのオバチャンたち、何、喜んでんの?バカみたい」

という感じだったり、

「年取ってるくせに女子高生の気分かよ」って感じでもあるんでしょうが、

当の本人たちは、お互いへのあいさつや気遣いで

「あれも言わなくちゃ」「これも伝えなくちゃ」と忙しく、

それでもう手いっぱいになって、

つい、周囲が見えなくなるんですよねー。

 

決して、単純に、喜び騒いでいるわけではないのです。

 

んじゃ、なぜ、そんなことになるのか。

暇に飽かせて考えてみました。

すると、どーも、この「オバチャン型突発性大はしゃぎ症候群」は、

 


「おすまし」レベルの

大きな落差から生まれるのではなかろうか。


 

と思ったのです。

 

観劇でも、美術鑑賞でも、お食事でもいいんですが、

友だち同士(この場合は3人以上)、

いついつ行こうねと約束して当日を迎える。

いつもより、気合を入れてオシャレして出掛ける。

もう、家を出るときは、「おすまし度」マックス。

「いそいそ度」もマックス。

 

一人で電車に乗っているときも、

いつになく「おすまし&いそいそモード」。

 

このまま行き先が、

結婚式場とか、お茶会とか、重役会議とかなら、

「おすまし」を高レベルに維持したままでよいのですが、

そこに待つのは、よく知る「友」、

もしくはかつてよく知っていた「友」。

 

それぞれが、それぞれの家の玄関口から

高レベルのまま運び込んだ「おすまし」が

待ちあわせの名所や駅のホームで鉢合わせした瞬間、

いきなり、友だちという「ざっくばらん」な関係に叩き込まれる。

 

おすまし度100から

おすまし度ゼロレベルを逆側に振りきって、

ざっくばらん度100へ!

 

なぜかオシャレしている自分がビミョーに恥ずかしく、

同じようにオシャレしている友の気持ちがこそばゆく、

なぜかまったくオシャレしていない友の現況が気になったりし、

いずれにしろ何となく照れくさくて居心地が悪く、

「まあ、これ似合う」「ああ、いいね、これ」と

目についたことをほめ言葉にして連発したり、

「いや、これ、安かったの」「この頃、調子悪くて」と

マイナスアピールを早口でまくしたてたりしながら、

 

 

「おすまし」から「ざっくばらん」への

落下衝撃を和らげる。

 

 

さらに、お互いの「おすまし度」の差≒気合の差を

笑いと言葉とボディタッチなんかで埋めていく。

なんか、そういう、切実で動物的な行動だったりするんですよねー。

 

外に出かけたときのモードが、

「おすまし」と「ざっくばらん」しか持ちあわせがないと

「オバチャン型突発性大はしゃぎ症候群」を発症しやすくなるので、

その中間というのも変だけど、

自分なりの「平常モード」も持っておいたほうがいいのかな。

 

あるいは、

「今日は、わたし、すましているな」というときは、

「オバチャン型突発性大はしゃぎ症候群」発令警報も出ていると

すこーしだけ用心してみるとか。


わたしも用心して、オバチャンから大人への脱皮をめざします(笑)。


【関連記事】おばちゃんの元気の裏には、いろいろ陰影があるんですよねー。
「おばちゃんパワー」に秘められた真実。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

嫉妬モード

ああ、私、嫉妬モードで
友達のスゴくかわいい似合ってたオシャレを
目に入らなかったかのようにスルーしたことあります。
冬に柔らかい色のショートパンツに生足とブーツ。
普段では見たことない出で立ちに、
かわいいと思うと共に、私もオシャレしてくればよかったと
瞬間、嫉妬、戦闘モード。
きっと彼女はおすましモードでやってきたし、
褒めてほしかったんだと思う。
最初の一言を逃すと、あとからは言えないものなんですよね。
ざっくばらんモードを発動できなかったばかりに
私にも友にも密やかな傷になりました。
ざっくばらんモード、大事なコミュニケーションです。

  • 2012/11/12 (Mon) 19:25
  • よ #-
  • URL

オバチャンがはしゃいでしまう理由は、そういう事だったんですね!
納得しました。
おすましからざっくばらんへの落下衝撃を和らげると( ..)φメモメモ
しかしここまで細かく分析出来る人はCarinaさんだけではないでしょうか!?
というくらいの結果報告をありがとうございましたm(_ _)m
私ははしゃいでいるオバチャングループを見ると、微笑ましい気持ちになります(^_^)
もちろん自分がオバチャンだからです。
中でもおしゃれな人たちだと、いいな~って思います。
きっと若い人も男性も微笑ましい気持ちで見ているといつも思っています(笑)

  • 2012/11/12 (Mon) 19:36
  • 花緒 #-
  • URL

こんばんは~、そうそうcarinaさんお誕生日おめでとうございます♪
乗り損なっちゃたのでここで失礼いたします。

はしゃぐってまさに私だ~って読んでいました。
多くは無い親友が一緒だとまさにこのパターンです、やばし!

それと私の場合初対面だと、精いっぱいの背伸びで良い人に見せたい
といういじましい気持ちから、ハイテンション化してラジオとなってしまいます。
それが2回目3回目となると、今度は自信が無くなって逢うのが辛くなると言うおこちゃまモード突入です。

平常心で居ればいいのよ。
なんて話をいましがた丁度電話でアドバイスされていたところなんです。
どうしてそうできる相手と、出来ない相手がいるのか不思議ね~

  • 2012/11/12 (Mon) 20:43
  • あっころ #-
  • URL

なるほど、落差を埋めてるのですね。

電車の中でも他人のはしゃぎっぷりは耳に付くけど
自分たちがしゃべってるときには気がつかない。
ふと周りの視線が気になり
あ、自分たちだけの声しか響いてない・・・て我に返ることあります。

電車で下校時に走り回る小学生、
きゃぁきゃぁと嬉しげにしゃべる女子高生。
結構やかましいけど、なんとなく微笑ましいものです。

あの子たちは若さ故に周りの視線に気がつきにくいし
常に元気で溢れていて
まだまだ落差がないのでしょうね。

  • 2012/11/14 (Wed) 06:43
  • Dorothy #zEGwH0kg
  • URL
お久しぶりです(≧∇≦)

何年ぶりでしょうか?
「おばちゃんの白い生足」のあたりにコメントさせてもらっていたぷりしらです(*^^*)
忘れちゃっていたらゴメンなさい!
ご無沙汰していますm(__)m
私も今は45歳!立派なおばちゃんですw
もう、なるほど!そうだったのかと思わず吹き出し久しぶりにも関わらずコメしたくなりノコノコ登場した次第ですw
これからもたのしみにしていま~す(*^^*)

  • 2012/11/17 (Sat) 10:43
  • ぷりしら #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★よ さん
こんにちは~。コメントの返事が遅くて本当にすびばせん。
よさんの、ほめたかった気持ち伝わってますよーー。
その後悔もまるごと。ほんとタイミングを逃すと難しくなるんですよね(^_^)

★花緒さん
こんにちは!花緒さんの人を見る目は、いつもとっても優しいですね!
わたし、実はそんなに観察していなくて、そのときは。
あとで「そうなのかな~」って思うんですよね。洗い物とかしているときに(笑

★あっころさん
こんにちは!あっころさん、最近、忙しそうですね~!!偉いです。
初対面のときと慣れていたときの心の変化、なんだか、わかります。
そういう自分って持て余すんですよね~。わかるわかる。

★Dorothy さん
うんうん。女子高生はなんだか微笑ましいですよね~。
そこには、異性への興味やコントロールできない自意識や不安があってねえ。
でもやはり「はしゃぐ」理由の根底には、
コントロールの難しい自意識があるような気がします(^_^)

★ぷりしらさん
覚えていますよ~!コメントすっごくうれしかったのに反応鈍くてすみません(>_<)
また、気楽にコメントくださいね。
わたしも、返信のペース、がんばってあげます!!

  • 2013/02/16 (Sat) 15:48
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する