アモーレの国の女たち。日本のおばさんに教えてタモーレ。

 

いきなりのさぶーいダジャレで失礼。

 

海外にはいたるところにマダムがいるに違いないのですが、

どうも、わたしたちが学びたいと考えるマダムたちの居住地は、

パリ、ミラノ、そしてニューヨークあたり。

 

いまの季節なら、

無造作にまとめた髪にサングラス、

グルグルと巻いたストールにコート。

街を颯爽と歩く欧米マダムたちのスナップを見ては、

「うーむ、いったいどこが違えばこんなにカッコいいのかねえ~」

と頭をひねりつつ、首をひねりつつ、

「やっぱ、平たい顔じゃダメなのかしら。ってか、わたしがダメなのかい?」

と自問自答する。

 

でもな、みんなそうなのかな。

世界は広いはずだしな。

世界各地の40代女性は、どうしているのかなあ。

50代女性は?60代女性は?70代女性は?80代女性は?

 

白髪問題で悩まないのだろうか。

贅肉問題で悩まないのだろうか。

「痛い」と言われないのだろうか。

「おばちゃん」扱いされないのだろうか。

いつまでも恋愛の現役なのだろうか。

夫と朝のキスは日課だろうか。

もっとおおらかに人生を謳歌しているのだろうか。

 

・・・などなどの疑問を、

メキシコ在住のYUKKEさんこと芳賀裕子さんにぶつけてみたら、

「そういう話題に触れられるかはわからないけれど、、

メキシコの普通の女性たちの様子を

レポートしてさしあげましょうか」と言ってくださいました。

 

YUKKEさんといえば、

ご主人の駐在に同行し世界各地で18回もお引越しを重ねただけでなく、

その経験と美意識を生かして整理収納コンサルタントとして起業。

(↑↑その詳細なプロセスは、こちらに→

(なかでも「ちょこキャリへの道」「ちょこキャリからバリキャリへ」

もんのすごい読みごたえあります)

Studio HAGAの代表としてメディア出演や著書も多数です。

(先日も、NHKのサラメシでお弁当が紹介されたそうです)

 

で、わたしが、そんなYUKKEさんとどうやって出会ったか、ですが、

それは、拙ブログを立ち上げたときに遡るんですねー。

 

まーったく読んでくださる人のいないブログでしたから、

「ちょっくら、コメントでも残すべか」と重い腰を上げ、

おもしろいなあと思った3人ほどの方のブログにコメントを残しました。

(コメント残すのも初体験、ドキドキでした)

 

そのうちのひとつが、いまは更新されていませんが、

ミセス・かんちがいさんのブログ日記」で

この方が非常に魅力的な方だったので、

ミセス・かんちがいさんとすでに交流のあったYUKKEさんが

わたしのブログを見てくださることになり、

ご自身のブログで紹介してくださったと。こういうわけです。

そしたら、もう、いきなり、ガガガガガーとアクセスが増えたのでした。

 

ですので、YUKKEさんは、

このブログを育ててくださった恩人でもあるのです。

 

そんなYUKKEさんは、メキシコの女性たちのことを、

よい意味でも、悪い意味でも

 

 

アモーレに振り回されている

 

 

と評しています。

アモーレ≒愛とかエロスとか、そういうことでしょうか。

 

 

連載エッセイに登場するかどうかはわかりませんが、

セレブネタや整形事情などについてもご存知のようなので

「こういうところ、もっと知りたいですっ!」という希望があれば、

また、感想をお寄せください。

ウェブマガジンのコメント欄でもYUKKEさんと直接、

やりとりしていただけますので、そちらもお楽しみに。

 

というわけで、メキシコで暮らしながら思うこと、

身のまわりの女性たちに感心することや、びっくりすることなどを

あれこれと書いていただきます。

(もちろんメキシコ全体のことではありません)

 


---------------------------------------------------------------

 

YUKKEの今日もラテンステップで

 

毎週金曜日、午前11時更新。

メキシコのフツーの人々の生き生きとした写真とともにお届けします!


---------------------------------------------------------------

 

YUKKEさんの暮らしと美しいメキシコはこちら→「ジェット妻ストリーム2」

詳しいプロフィールは、こちらにも。

 

わたしとみなさまの日々にも

アモーレ微増を祈願して。ではでは~♪



【関連記事】この記事にもミラノなどの地名が♪よければどうぞ(^_^)
京都に学ぶ「古さ」の活用術!

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

賀 春

今年も宜しくお願いします。今年になっての新しい記事をやっと読ませていただいて、ホッとしているところです。何時もながら、Carinaさんの言葉で自分の状況を自覚。そのことに助けられています。ありがとうございます。

別冊のスタートにわくわく!しています。

読みかけで年越ししてしまった本の1冊が上野千鶴子×湯山玲子の「快楽上等!」でした。現実のワタシは海外の俳優だかドラマの登場人物だかにお熱というわけのわからない状況をエンジョイ中ですが、アモーレだのセクシャリティーだのそっち方面に何か自分なりの答えが欲しいこのごろです。しかし、女を謎とくには、男の謎も・・。

  • 2013/01/04 (Fri) 22:07
  • あ き ら #dI6DO0LA
  • URL
ナルホド…

タイトルを見た瞬間、激しく脱力してしまいましたが(笑)
外国の素敵なマダムたちに学びたいところって、多々ありますもんね。
でも、素敵かどうかは、彫りの深い顔か、平たい顔族かどうか、ってことじゃなくて、やはり個人の女性であることへの心がまえかと思うのです。
外国の人でも性別を超越したおばさまも多々いるだろうし。。。

いくつになっても素敵な熟女でありたいものです。

  • 2013/01/05 (Sat) 17:18
  • ゆか #SFo5/nok
  • URL

アモーレに振り回されているという所が気になります。
国によって環境が違うから、女性の興味も違うんでしょうね~、興味あります!
日本女性は「若さ」に振り回されているのかな?と思ったんですが、みんな何かに振り回されているんですねe-351

  • 2013/01/06 (Sun) 17:20
  • 花緒 #-
  • URL
今年もよろしくお願いします。

いやいや^^;タイトルが思いのほかツボりました。好きかもしれない^^;

ちょこキャリへの道、少しずつ読ませていただいております。
私も昨年末から新しいことにチャレンジし始めていることもあって、なおさらわくわくと読み進めています。

異国の地に暮らすかんじも懐かしいな~。
メキシコ女性はアモーレに振り回されているのかー。
女に生まれたからには一度ぐらい振り回されてもいいかもですね!

新しいことといえばCarinaさんの別冊も楽しみにしていますよ。
まったくー!Carinaさんからは目が離せませんね!

相変わらずまとまりないコメントとなりましたが
今年もよろしくお願いしますね♪

  • 2013/01/06 (Sun) 21:40
  • ヨウコ #6/hWf/hA
  • URL
あくまでも私見ですが

 日本人女性って少女らしさを女らしさと勘違いする人が多いんじゃないのかなあって思うんです。
  ガリガリの体型でちょっと内股に立って、ぽかんと口明けてるスタイル。
30代40代でも可愛い女の子路線。
性を売り物にするのがいけないと思う日本人の考え方もあるんでしょうか?
ところが中高年になると、なんだか一気に女性を捨ててしまったようなオカマなオッサンみたいで、化粧していても何だか外れてるし、洋服も地味な色あいばかりだし‥。そこそこ好きな物も買えるし旅行にも行けて生活を楽しめるお年寄りなのにねえ。

一方、ベルギー女性は、生活に余裕があればという前提がつきますけれど、女は死ぬまで女なんだと思いますね。 丸みを帯びた身体に、ぴったりとした洋服で豊かな胸とお尻をうんと強調する感じ。知性とかクラスによって、セクシーさは多少変わりますけど、成熟した女性を思い思いに表現している感じが
します。
丸みが無くなってきたお年寄りの女性は、鮮やかな色使いで、寒くったってタイトスカートにハイヒールで女性らしさを強調する。

  外国の素敵なマダムの写真って、普段から一流ショップが並んだところで買い物が出来るアッパークラスの人たちを撮ってるんじゃないですかねえ。そこそこ演出もあるでしょうし‥。

  • 2013/01/06 (Sun) 23:36
  • maruko #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★あ き らさん
こちらこそ、今どき言ってもなんですが
どうぞ、よろしくお願いします。
「快楽上等」、知らなかったです。いま、アマゾンで見たら
オモシロそう~。読みます!
アルゴ、ご覧になったんですね~。ブログでのやや意味深なお言葉を見て
さらに興味がそそられています(笑

★ゆかさん
コメントありがとうございます!
本当にそうですね~。
わたしもYUKKEさんのレポートを拝見して
「アモーレはある種の礼儀だな」と感じております。
また、そこらへんも書きたいです(^_^)/

★花緒 さん
本当にそうですね~。
なんにせよ、その国や地域の価値観に振り回されるんでしょうね~。
ミラノのマダムなぞも、憧れるからこそ素敵であって
現実はいろいろ苦労があるのかもしれませんね(笑

★ヨウコさん
はい!ヨウコさんの新しいチャレンジ、頼もしく拝見しています!
自宅でのレッスン、お家も素敵だから
すごく魅力的な場になりそうですね~。
こちらこそ、ヨウコさんから目が離せません!また、いろいろ教えて♪

★maruko さん
なるほどね~。さすがに分析が鋭いです!
確かにアッパークラスの女性たちのスナップが多いですね。
身につけているものも違いますもんね~。
>が中高年になると、なんだか一気に女性を捨ててしまったようなオカマなオッサンみたいで、
>化粧していても何だか外れてるし、洋服も地味な色あいばかりだし‥。

ここ辛口だけど、面白い(笑

  • 2013/03/22 (Fri) 16:40
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する