老いた自分は、いつまでも慣れない「仮の姿」。

 

石垣りんという人の詩が好きで、

一時は、石垣さん自身が朗読しているCDを聞いたりしていました。

 

 

「おばあちゃんなのに、少女みたいな声だなあ。

童女だなあ。」

 

 

と思って聞いていたんですが、あるとき、娘に、

 

「この人、いくつぐらいと思う?」と聞いたら、

「80歳とか?」とそっけなく言われ、

 

あ、やっぱそうか。やっぱ、おばあちゃんに聞こえるんだな。

「ま、そうだよね~」と思いなおしたりしました。

 

 

その石垣さんに短い詩があるのを

最近、また本のなかに見つけました。

「かなしみ」という詩です。

 

--------------------------------

 

 

私は六十五歳です。

このあいだ転んで

右の手首を骨折しました。

なおっても元のようにはならないと

病院で言われ、

腕をさすって泣きました。

「お父さん

お母さん、

ごめんなさい」

二人とも

とっくに死んでいませんが

二人にもらった体です。

いまも私はこどもです。

おばあさんではありません。

 

--------------------------------

 

(いま、65歳というと「おばあさん」という感じではないですね。

85年の作品です。やっぱり、感覚が変わってきているんですね~)

 

ま、それはともかく、

 

 

おばあさんのなかに、こどもがいる!と思いました。

石垣さんの声といっしょです。

 

どんなじいさんであれ、ばあさんであれ、

その親がとっく死んで、いなくなっていても、

いまも「だれかの子ども」。

 

 

おじいさん、とか、おばあさん、とか、

それは、きっといつまでも

どこか「仮の姿」なのかもしれません。

 

 

だからこそ、受け入れようして、みんな、

意識的であれ、無意識であれ、必死になるのですねー。

わたしも、きっとそうなんだなあ。

 



「別冊 どうする?40代からのファッション&生き方」
今日も更新しています♪「ああ デパート。情熱と冷静のあいだ」

★ここにCDがついていました。代表作の「表札」も。



---------------------------------------------------------------------

【関連記事】表現は未熟ですが、ちょっと似た感覚かもしれません♪
おばちゃんでも、熟女でもない。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

人って誰かの子供なんですよね
いくつになっても、親には守ってもらうもの
そんな甘えがあるのでしょうね

また、年を重ねるど、親のありがたみを感じるものです
そして子供たちに受け継がれる
また親もまた子供から学んだり育てられるものなのでしょうね
大人だから甘えちゃいけないと思いながら、誰しも愛情を求め続けているものなのでしょうね

  • 2013/01/15 (Tue) 18:13
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/01/15 (Tue) 18:50
  • #
わかりますー

私を無償の愛で助けてくれるのは
母だけだと思ってます。
もどうしようもない時
天に向かってかあさーんと
叫ぶことで心落ち着かせます。
はい、45歳です。すみません。

  • 2013/01/15 (Tue) 19:14
  • よ #-
  • URL

私の両親はすでに他界していますが、苦しい時、辛い時、助けを求めるのは天国の母です。(母っ子だったためか父は出てこない)
そんな時の自分は完全に子どもですね〜
母は43歳で逝ってしまって、私はとうに母の年齢を越えているというのに、いつまでも母は母です。
きっと何歳になってもず〜〜〜っと自分の中に子どもがいるんでしょうね。

過去記事の「おばちゃんでも、熟女でもない。」を読んでジ〜〜〜ンとしてしまいました。
何か悲しいことがあって独りで泣いてると、愛猫がすっと傍らにきて涙を舐めてくれることがあります。
そんな時、やっぱり自分は完全に子どもになっています。
大の大人が小さな猫に甘えちゃってる。
ずっと生活を共にしてきて、何でも解っているような老猫や老犬だと尚更ですね・・・

しばらく忘れていた感情を、またCarinaさんに思い出させてもらいました。
ありがとう〜〜(*^o^*)

  • 2013/01/15 (Tue) 20:41
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

度々ごめんなさい。
もうひとつ記事を遡って「オバサン化した同級生と会ったとき。」を読んだら...
な、なんと!山田詠美さんの話題が!!
私、彼女の小説が大好きで、胸をキュンキュンさせながら、感涙にむせびながら読んでいたものです。
40代前半から老眼になって、今ではすっかり活字離れしてしまいましたが、俄然「無銭優雅」を読んでみたくなって、Amazonでポチっちゃいました。
Carinaさん、またまたありがとう〜〜(*^o^*)

  • 2013/01/15 (Tue) 23:57
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

いつものように笑うつもりでブログを開いたのに、
今回は泣いてしまった・・・

石垣りんさんの詩は、教科書に載っていた
「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」しか知りません。
(ちなみに私45歳。今の教科書にも載ってるのかな~?)
他の詩も、もっと知りたくなりました。

Carinaさん、ありがとう。
泣かされたけど、お礼を言いますね!

  • 2013/01/18 (Fri) 16:44
  • 加藤 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する