視点を変えて女性の「年齢」やもろもろを考えたい!

 

わたしは、わりに思い立ったらすぐにやっちゃう人間で、といっても

「思い立ったら、すぐ、世界一周ひとり旅」とか

「思い立ったら、すぐ、大学に社会人入学」とか、

そういう大規模かつハンサムウーマン系なことは、

そもそも「やっちゃうこと候補」にすら入っていないので、

もっぱら、

 

 

家のなかにいて、できること。

 

 

という「ズボラウーマン系」のすぐやっちゃうことを

すぐやっちゃうことになります。

 

つまり、思いついたことをブログに書くとか、

思いついたことをメールに書いて送るとか、

思いついたことをツイッターでつぶやくとか。

そういうことです。

 

宇野ゆうかさんとのやりとりも、

そんな、わたしの、「すぐやっちゃうクセ」から始まりました。

 

宇野さんは、「yuhka-unoの日記」を書いている若い女性ですが、

わたしの記事、「年齢差による居心地の悪さ」って何だ?

はじめてコメントをくださいました。

 

そのコメントを読んで、宇野さんのブログを読ませてもらい、

わたしは、すぐ、宇野さんに連絡をとろうとしました。

でも、ブログにメールを受けつける仕組みが見当たらず、

コメントにしようかとも思ったものの、それもちょっと違うような気がして

いろいろ考えた末に思いきってツイッターで直接、

「突然ですみません!寄稿していただきたいのですが…」

ときっちり140字で呼びかけたのです。

 

ツイッターをしている方はご存じだと思いますが、

ツイートはどんどん流れていくものなので

人々の目に触れない場合も多いですが、

わたしをフォローしてくださっている何人かの人は

「え?!なに、してんの!?」と驚いたかもしれません。

しかも、宇野さんは2000人以上のフォロワーがいる人気ブロガーなので、

宇野さんが、わたしに、けんもほろろな返信を返したら、

「うん?こんな返信をさせる相手は、どこのどいつだ!?」と

わたしのツイートを宇野さんファンに

チェックされることもあるかもしれません。

そして何にもまして宇野さん自身にドン引きされるかもしれません。

 

 

つまり、家のなかでできることとはいえ、

それなりに大胆なアプローチ。

公開プロポーズのようなものでした。

恥をかいてもいいや!と腹をくくっていました。

 

 

その後、宇野さんからは、

「ブログのエントリーを、そのまま寄稿するということですか」という

しごく、まっとうな、常温のお返事が返ってきました。

それから、メールでのやりとりがはじまりました。

 

いま、「まっとう」という表現を使いましたが、

メールのやりとりから受ける宇野さんの印象も、

ずっと、「まっとうな人だ」というものでした。

そして、「あらゆる視点から物ごとを見ようとする人だ」というものでした。

安易な憶測かもしれませんが、それは、

映画「雨に唄えば」や「シャーロック・ホームズ」など

好きなものの「古典的な品の良さ」からも感じられるように思います。

(→ドクター・ワトソンの才能

 

以下の文章も「いろいろな視点から物ごとを見ようとする」姿勢が

とてもよく表れていて好きです。

「俺を傷つけないような言い方をしろよぉ!」という、抑圧者の甘え より

 

----------------------------------------------------------------------------------

私が「老害」たちを見ていて思ったことは、たとえ自分で子供を育てていなくても、ある程度の年齢になったら、社会的には「親」なんだな、ということだった。老害を叩いている若者でも、子供たちに対しては、社会的な親としての責任があるのだ。ベビーカーに乗っている子供に対して、社会的な親としての責任を放棄するようでは、たとえ20代の若者でも、それは老害だと思う。

---------------------------------------------------------------------------------

 

面白い記事はたくさんありますが、

いくつか記事のリンクをはっておきますね。

自立とは、自分の心の赤ちゃんのお守りを自分ですること
相手のための気遣いと、自分が嫌われないための気遣い
非モテの問題は「女のステレオタイプ化」にある

 

というわけで

 

「別冊 どうする?40代からのファッション&生き方」

宇野さんのコラムが登場することになりました。
これまでのやりとりも、この結果も、とてもうれしいです。

 

タイトルは、

 

 

「見た目アラフォー疑惑女子の、異質街道まっしぐら人生」

                      (不定期掲載!次回未定!)

 

 

宇野さんの自筆のイラストとともに登場しますので、

ぜひ、お読みいただければと思います。

なんというか。心に、すーっと風が通るように思いますよ。

 

今週木曜日、11時の更新です。



■ 少しずつ、お気楽系コンテンツも登場予定です。「別冊 どうする?40代からのファッション&生き方」は、平日毎日11時更新。
本日は、サヴァラン氏の〈晴れ 時々 やさぐれ日記〉「ああ、SA。ホームとアウェイのあいだ」。サービスエリアのトイレや土産物売り場、レストランなどの独特の雰囲気と気分が、2回にわけて描かれます。車で帰省する方はとくに「ああ、この感じ!」と思っていただけるんじゃないかなあ♪

【今日の内容に関連する記事】これもまた視線を変える提案ではございます♪
「写真の自分」に打ちのめされない方法。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

私が「老害」たちを見ていて思ったことは・・・読んできました。
納得というか、そうそう、その通りって感じ。

宇野さんの更新楽しみです(^^)

  • 2013/01/29 (Tue) 18:02
  • taketsuma #-
  • URL

Twitterでの公開プロポーズ、しかと見てましたよ。
で、宇野さんのブログに飛んでみました。
「またまた凄い人がいたもんだ!!!!!」と吃驚仰天!!
Carinaさんが惚れ込むのも解る気がしました。

想いが通じてよかったですね!
別冊にまた新しい風が吹きますね〜
宇野さんのコラム、心から楽しみにしています♪

  • 2013/01/29 (Tue) 22:42
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

Carinaさんのライターとしての琴線に触れたのですね。
新しい風、楽しみにしてます~。
いや~、生きるのって大変だ。
若者も大変、大人もやること多くて大変。
まさに四苦八苦。
Carinaさん風味なら笑いあり、笑いあり、で期待してます。

  • 2013/01/30 (Wed) 11:03
  • 長月 #XVgCdbeE
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/01/31 (Thu) 23:34
  • #
コメント、ありがとうございます!

★taketsumaさん
うわあ、ありがとうございます!
不定期だけど、更新されるので
これからも読んでね。七五調引き続き、もよろしくーー(^_^)/

★Tomi*さん
見てらっしゃったんですね―ー(^_^)
あれから、ひんぱんにメールをやりとりして
お互いの距離を縮めたんです。
すごく楽しい時間でした。アプローチしてよかったです。

★長月さん
そんなふうに言っていただいてありがとうございます。
せっかく個人ブログとは違う場所を作ったから、
できるだけ自分とは違う年齢や考え方の人と接したいと思います。
また、ご感想などくださいませ。

★秘密コメントのKさん
ありがとうございます。
別冊が始まってひと月たっていなかったので
Kさんのコメントには本当に励まされました。
宇野さんの記事、これからもどうぞ、楽しみにしてくださいね。

  • 2013/04/03 (Wed) 16:51
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する