子どもは「人間の小ささ」を見抜くプロだからなあ。

 

小学校3年生のときの担任の先生は、

当時40代後半ぐらいの女の先生で、

下校前には、あまり上手でないオルガンを弾き、

あまり上手でない歌を歌ってくださり、

それに合わせて私たちも歌を大声で歌わなければならず、

ダメ出しも長くて「まいったなー」と毎回、思っていました。

 

ある日、友だちの家で遊んだかえり、

酒屋さんの前を通ったら、

のれんの向こうでワンカップの日本酒を

グイグイと一気飲みしている先生の姿が見えました。

 

 

あ、先生だ。

 

 

と思いました。

 

子どもながらに、「そういうこともあるんだろう」と思いました。

なんかよーわからんけど、

先生に「昨日、見ました!!」とは言っちゃいけんぞとも思いました。

(飲んでいる顔は学校で見るどの顔よりもキマッてました)

 

 

そんなふうに先生っていうのは、

人間の陰影というか、

どっちかっていうと「小ささ」を教える存在なんじゃなかろうか。

その意味で大変に因果な商売というか、

引き受けていただいてまことにありがたいというか。

 

 

教えるって行為が「正しい」もんだから、

どうしても存在の「卑小さ」が目立つ。

どんなに器の大きい人でも目立つ。


 

わたしなんか、いつだって

「この先生は、最後の最後、逃げるタイプだな」とか、

「この先生は、いろいろなことが面倒くさいんだな」とか、

「この先生は、あんま、この仕事、好きじゃないな」とか、

そういうことを、もう、感じまくっていましたもん。

 

 

でも、その合間から、かすかにのぞく、温かさ、やわらかさ、面白さ、

なんだかいっしょに笑ってくれそうな気配、

わたしの言葉を聞いてくれそうな雰囲気、

自分が間違ったら「ごめん」って謝ってくれそうな感じ。

本当は面倒だけど、しぶしぶでもつきあってくれそうな人のよさ。

そういうものを探し出して好きになりたい。

ほんとにもう、好きになりたい。

先生にも好きになってほしい。できうれば。

そんなふうに思っていたなあ。

 

 


一点のくもりもない敬意なんて

どの先生にも(どの大人にも)、

一度も、もったことないですよ。

 

 

 

でも、ごちゃまぜの、不純物たっぷりの敬意みたいなものはあるんですね。

酒屋さんで一気飲みしていた先生に対してもそれなりにある。

「ああ、あの人もつらかったんだ」

「でも、がんばっていたんだ」・・・みたいな、

そんな想像の過程を経て少しずつ、

いろいろな大人に対して敬意が熟成される。

 


自分の親だって、その「小ささ」と「せこさ」をわかった後のほうが、

敬意も深まったもんな。

偉かったと。小さかったけど偉かった、よく生きた。がんばったと。

「卑小さ」を理解せずして敬意なし!と言いたい。

 

 

昔からずっとそうで、いまもそうですが、

「しつけ」とか「威厳」とかにことさら積極的な人が苦手なのは、

「透けて見える自分の小ささ」に鈍感だと感じるからかも。

 

 

自分という人間の「小ささ」が露呈していることに

正直かつ真摯な大人から学びたいです。

わたしは。

すでに大人になっちまっているけども(笑)

かつての子ども代表として。



--------------------------------------------------
前回の記事でお知らせした
「Tomi*さんの最適解。・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」は、
あさって2月21日11時公開です!
これまでの別冊にないビジュアル重視のページですよー。
ぜひ、ご覧ください。ほかの記事は今すぐに。→こちらからどうぞ!
--------------------------------------------------

【関連する記事】こちらは病院の先生ですが、先生つながりで(^_^)
感情の「ひとつ手前」に伝えるべきことはあるのかも。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

私もおなじような思い出があります。

子供の頃、公民館にお習字を習いにいっていたのですが
教えにきてた先生(年配の男性)は
俳優のフィリップ・ノワレのような風貌(だったような気がする)で、
暖かくて楽しくて、いつもニコニコおおらかな先生でした。

ある日、小さな駅前の寂れた食堂の前を通りがかったとき
その先生が一人で、おうどんか何かをすすっているのを見てしまいました。
単に帰りの汽車の時間待ちで、ごはんを食べてただけだったのかもしれませんが、
いつもたくさんの子供達に囲まれた先生が、たった一人で食事をしている姿をみて
子供心に見てはいけないものを見たような、切ない気持ちになりましたね。
でもこれって大人同士なら、恋に落ちてしまうパターンのような気が〜。。。

  • 2013/02/19 (Tue) 18:51
  • アメちゃん #-
  • URL
大人の見本市

そうそう、学校というところは大人の見本市ですね。高校生のむすめがはなしてくれる先生方への観察を聞くが何時もたのしみです。

むすこの方が小学生のとき、学級崩壊がおきておおごとになりました。くじ引きをして入る教育学部付属の小学校だっただけによけい悲しいことのように思われました。悪い先生だったわけではなく、強いものには振り回されるとこのあるかたで、そのことを子供たちは敏感に感じとったのが主原因のようでした。小さい子供たちは動物的な感覚で人を過たずに見抜くものですね。

余談ですが、最近水村美苗さんの「母の遺産」という新聞小説を読みました。トーンがあまりに50代の女子の心象風景と深く親和していて、読みながらこちらのページのこともワタシの意識に立ち上ってきたのでした。いつも心に響くページ感謝しています。

  • 2013/02/20 (Wed) 11:34
  • あ き ら #dI6DO0LA
  • URL
先生って

先生って 複雑な職業ですね。

わたしは先生大好きっ子で、
休日のスーパーで先生に会うのも嫌でした。
好きだった女性の先生が結婚されて
みんなでお式に押し掛けたときも
式場の入り口で帰ってきてしまいました。

なんというか、先生の先生以外の顔を見たくなかった。
先生という立場のしんどさみたいなものも感じてたので、
なおさら「表の顔」以外は見たらいかんと思ってました。

あることが当然の先生の「素」の顔を
あの頃のわたしは受け入れるキャパがなかったんだと思います。

しかーし。
今は「ありのまま」派です。

少々矛盾があろうが、思いがけない弱さがあろうが、
はじらいながら「正しさ」を説いてくれる先生には敬意を表します。

だって、だれかがそれやらきゃいけないんだから。

何かと風当たりの強い「先生」ですが、
むしろ、人としてのままならなさに敏感で
人に対して誠実な先生ほど、
はた目には愚鈍で脆弱に映るのかも知れません。

>「しつけ」とか「威厳」とかにことさら積極的な人が苦手なのは、
>「透けて見える自分の小ささ」に鈍感だと感じるからかも。

この手のひとがねじふせようとしているものは
自分より弱い立場の他者だけでなく
自分の中の小ささが露呈することへの怯えなんじゃないかと
思ったりします。



  • 2013/02/20 (Wed) 21:40
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL
混沌としてますが

こんばんは。

仕事柄週何時間か先生方の側でお手伝いさせていただいてます。
今の時代は,先生と名のつくものの価値が目に見えて低くなって
ます。思うところもあるのですが,現場は「いきもの」を扱ってます
から,ぶれることなく,前にすすんでいってほしいものです。
子供たち,大人たち,その存在するものすべてをつつみこむ暖かな
まなざしを感じられるコミュニケーションの能力が必要な時代です。

こういった話題の切り口,やはり達人のカリーナさんだなあと
しみじみ。。。

  • 2013/02/22 (Fri) 18:41
  • ことぶっき #zE0MhaqE
  • URL
先生だって波乱万丈

初めまして
私が小学生だった頃、学級担任の先生は(男性)
夏休みに、家族も、仕事も捨てて、若い女性と駆け落ちをした
逃げたい何かかあったんでしょう

  • 2013/02/26 (Tue) 17:19
  • ぺこりん #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★アメちゃんさん
あー、それも忘れ難い風景ですね!
フィリップ・ノワレ的風貌というのがまた、
なんともペーソスがあって・・・。
しかし「ひとりで麺をすする」風景というのは、
なかなか破壊力があるのかもしれませんねー(笑)。
何か、こう、欲望に抗えない人間の姿を浮き彫りにするというか。

★あ き らさん
子どもたちは本当に見ぬきますね。
私は、20代のころに友人の息子さんと接した時、
いわゆる子ども扱いをして、失敗をしたことがあるんです。
それですごーく反省して、子どもと接するときの基本姿勢を変えました(笑
「母の遺産」読みました!別冊でも話題になったことがあり、
このコメントを読んで「わー」と思ったんですよ!

★wasuregusa さん
>少々矛盾があろうが、思いがけない弱さがあろうが、
>はじらいながら「正しさ」を説いてくれる先生には敬意を表します。
少々の矛盾や思いがけない弱さは
必ずあるものですもんね。
「はじらいながら」というところ、共感します。
微量のはじらい成分の含有が感じられると、信じたくなりますねー。

★ことぶっき さん
こんにちは!コメント、ありがとうございます。
先生のお手伝いをされているのですね。
先生方の大変さ、ご苦労、混沌とした状況は
私などの想像をはるかに超えると思います。
やはり、私たち大人それぞれの「敬意」が試されているのかもしれないですね。
そして、お褒めいただき恐縮です。ありがとうございます。

★ぺこりんさん
おお、そうですか!きっと、いろいろあったんでしょうね!
恋もすれば、不倫もすれば、ルーズにもなれば、責任逃れもする。
それが先生であり、人間ですものね。
本当に、忘れられない先生になりましたね!

  • 2013/04/09 (Tue) 17:16
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する