「ボケてない老人」を姉と二人で研究してみたら。

 

うちの母は、認知症なので、

姉との会話には、しばしば、「どうすれば、認知症にならないか」

「なぜ、母は認知症になったのか」

「わたしたちは、なるのか」といった話題が登場します。

 

わたしは、そうでもないけれど、

姉は、わたしより一回り年齢が上ということもあり、

「ボケないための」系知識は人一倍豊富です。

ってか、さまざまな行動規準のひとつに

「これをやっていたらボケるのでは?」というチェック項目が入っています。
食べ物しかり、勉強しかり、交友しかり、外出しかり。

 

 

しかし。

 

 

どーも。ことは、そう単純ではないぞ。

という結論が、わたしたち姉妹の

ここ7~8年のフィールドワークから導き出されようとしているのですよ。

 

 

たとえば、実家の近くに住む95歳のTさん(女性)は、

50代のころから、夕方の時代劇再放送が大好きで

「あ、あれを見なくちゃ!」と言ってはそそくさと帰り、

そりゃ、びっくりするほど出不精だったが、いまも、ボケてない。

 

80代のオバも、

「おばあさん」と呼ばれる年齢になってからは

ずーっとテレビばっかり見ているようだが、

こちらも、ボケる兆候はなし。

 

わたしの友人の80歳のお母さんも、

これといって向上心があるようには見えず、

遊びに行っても、もっぱらダラダラお過ごしのように見えたが、

いまもってボケたという報告はなし。

 

 

遺伝だろ?という解釈も可能なんでしょうし、

ま、結局、運命よ、という解釈も可能なんだろけど、

どーも、「ダラダラしていてもボケない」人には

ひとつの特徴があるように見える。

それは、

 

 

「ダラダラ」を「ダラダラ」と解釈していない。

 

 

といえばよいでしょうか。

 

 

「ダラダラ」を「ダラダラ」と解釈しないことによって

自己嫌悪に陥りにくい。自分を責めない。

 

 

といったらいいでしょうか。

 

傍から見れば、ダラダラしているのだが、

それは「楽しみなテレビ番組」であったり、

「勉強になるテレビ番組」であったり、

「あれは、よかもんねー的番組」(←長崎なので)であったりしていて、

別段、解決すべき問題として認識されない。

 

刺戟を求めて外に出ねば!とか。

好奇心を失わず、いくつになっても挑戦せねば!とか、

そういった「ネバ感」が低いので、

当然のことながら「納豆を食べネバ!」というような

「ネバ系食べもの」への信仰もそれほど強くない。

 

暇つぶしが上手。というより、

人生が元来、やや、暇つぶし的??

 

年をとると、ふとしたときに

なんともいえない孤独感に陥るので、

「暇つぶし」の手段を何重にも用意していくのがよいのかもしれん。

 

 

いわば、

茫漠とした寂しさに落ちないためのセイフティネットの

自前化ならびに重層化作戦。

 

 

テレビ番組しかり。

DVDしかり。

漫画しかり。

ゲームしかり。

 

 

ダラダラものでオーケー。

教養ものでなくてオーケー。

 

上手に暇つぶしして、

「ネバ感」にさいなまれず生きる。

 

 

「そっちのほうが、ボケても後悔ないんじゃない?」


 

なんてことをフィールドワークの研究成果として話していたら、

やや寂しいモードだった姉が、なぜかものすごくホッとしたようで、

「そうね!韓ドラも見たかだけ見てよかね!」と言っていました。

それでよか、と思います。




--------------------------------------------------
★明日(2月27日)の別冊は、「中島のおとぼけ七五調」
前回に続き、読者の方の「歌」を中島さんがイラストで臨場感たっぷりに
表現しています♪ぜひ、ご覧ください。
こちらの記事でお知らせした
「Tomi*さんの最適解。・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」も、
あさって木曜日11時公開です!先週は、びっくりするほどたくさんの方に見ていただきました。ありがとうございます。
まとめ読みもこちらからどうぞ!わたしの記事もありまーす。
--------------------------------------------------

【関連する記事】こちらもどこかしら共通する内容かも♪
「お勉強」を断捨離する!

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/02/26 (Tue) 17:31
  • #
ボケるのは怖いです。

私の身の回りにおいては、気配りが上手だったり、とても知的だったり、頭脳明晰でいらしたり、良き師であったりされる方が、ボケてしまうことが多いようです。

仰られるように、気楽に、のんびりと、脳をいじめすぎずに、脳に余裕や休息を与えて生きてきたほうが、最期まで余力を残して脳のお仕事ができるのかもしれないですね。

正直ボケて何をしでかすか考えると、ガンの方がまだ納得できるかなと不安に思う今日この頃なのです。

  • 2013/02/26 (Tue) 21:54
  • チェロ子 #CqngAVxM
  • URL

ああ〜、ものすごくホッとしました!!
カリーナさん、ありがとう。

私はてっきり「ダラダラ」して「ボ〜〜〜ッ」とした生活をしているとボケるのだと思っていました。(私だす)
端から見たら「ダラダラ」しているように見えても、私自身は退屈知らず。
好きなことをただ「ダラダラ」やってるだけで楽しいです♪
生真面目な人からすれば、何も建設的なことをしないで時間がもったいない!と思うのでしょうねぇ...

「ネバ系食べもの」は大好物ですが...(^w^)

  • 2013/02/27 (Wed) 00:06
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

今のところ、私の周囲には 痴呆より老人性うつが多いです

痴呆は、介護者は大変ですが
本人は苦しんでるように見えません(本当のところは不明ですが)

うつは、本人も周囲の人も、暗くなります…

いずれにしても Carinaさんのおっしゃる通り

「自分を責めない」がキーワードですね

楽しく、気ままに生きたいわぁ~

  • 2013/02/27 (Wed) 00:09
  • ジャスミン #8DlcNI.A
  • URL

なんとタイムリーな!!


自分の親・義親を見て思う所あり、
子供に迷惑をかけずに老人になるにはどうしたらいいかと考え
テキパキした充実した日々を送るのが良いに違いない、と
生活を変えつつある所でした。


確かにそれもいいけどそれができないからと言って
自分責めしたり楽しめなかったりするより
だらだらの自分でも自分に優しく自分褒めする方が
日々楽しく無理なく過ごせますね。


寂しさという強敵を優しくつつんで自分OKと言う。
好いですね。



  • 2013/02/27 (Wed) 06:08
  • midori #g7r.6ZAU
  • URL
ボケない方法なんてありません

人からどう見えるかを気にする方はボケることをとても恐れますが
高齢になってボケるのは死の恐怖を和らげるために必要なことです

  • 2013/02/27 (Wed) 17:57
  • もん #-
  • URL

心配ないですよ~♪
だってー、自分がボケたら、わかんないし!

あと、私、両親sやだんなも、ボケたら、、、介護施設ね♪ウフッ
って言ってあります。爆

だってーーー、私、体力もうここまでだし~~~
がんばってもわかんなかったら腹たつーー!!!

プロにおまかせして、会いたいときや
何かしてあげたいときに遊びに行くんだ~☆←能天気

ところで、みなさんそうだと思いますけど
いつもお姉さんの話、すごい好きです!
なんかリアルで暖かい感じ。また楽しみにしてますね~☆

  • 2013/02/28 (Thu) 18:07
  • R #-
  • URL
なるほどーーー

はじめまして。

私はどちらかというと、自分責め系で、おまけに何かをやってないとボケるのだ、
と信じていた口なので・・・
大変参考になりました←この言い方がもう、いけない性格なのかも

テレビ観てぼーっとするの、すごく楽しいのに罪悪感があるんですよね。
楽しい物は楽しい!
それでよか!(長崎に住んだことあり)
ですね。

  • 2013/03/03 (Sun) 10:16
  • anna #OBMsjrhY
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★秘密コメントのPさん
せっかくコメントをいただいたのにお返事が遅くてすみません!
遊びに来ていただいて、すごくうれしいです。
その自問自答、すごーくわかります。
私など、ずっと先の自分は母の姿とかぶっていて、
「きっとそうなるだろうな」と思っていたりします(笑)
もう、流れに任せましょう!

★チェロ子さん
ちょうどこのお返事を書く前日、
サッチャーさんが亡くなりましたね。
あの方など、チェロ子さんがおっしゃるように知的で頭脳明晰でしたもんね。
生前最後の写真といわれるものを拝見しましたが、
それでもやはり威厳があってホッとしました。

★Tomi*さん
ははは。「ねばならない」発想から自由はほうがいいような気がする
(科学的根拠なし)ので、Tomi*さんは理想的だと思います。
わたしも、だらだら派です。ともにダラダラまいりましょうー(笑

★ジャスミンさん
老人性ウツになる気持ちわかりますよねー。
私の母も認知症が深刻化する前、
父を亡くしたときは、ウツだったのではないかと
今になって姉と話しています。
子どもって本質的に親を救えないなあと思いました。
うんうん。楽しく気まま、いきたいねー♪

★midori さん
こんにちは!
>寂しさという強敵を優しくつつんで自分OKと言う。

この言葉、とってもいいですね!
寂しさは、本当に強敵。それにまず自分が優しくしないと、と思いますねー。

★もんさん
ボケることは、「死の恐怖がやわらぐ」こととイコールではない、と
母を見て思うようになったのです。
自分が「わからなくなる」恐怖は、
闇のなかに入るような恐怖もともなうのではないかと
今は、思っています。

★R さん
お姉ちゃんの話が好きなんて、本当?
基本的に自分勝手な人ですよーー(笑)でもありがとう。
ボケたらわからなくなるってのも、
これ、ある種の幻想じゃないかと思っているの。
母は、認知症になってから
「ボケていく」自分を悔しがっていたから。

★anna さん
はじめまして!コメントの返事が遅くてすみません!
長崎に住んでらしたんですか?
それでよかと思います!
好いとっことば、するとが一番よか!です。(変換が大変でした 笑)

  • 2013/04/09 (Tue) 17:32
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する