老舗に学ぶ「攻めのエイジング」と「みかんの皮哲学」

 

観光地の格を上げるのは、お菓子屋さん。

 

 

どこそこのお寺や神社や風景なんかを見る

おいしいと評判のお菓子を買う

 

 

この歴史と甘味のコンビネーション。

物見遊山と食欲さんの相乗効果。最強。

 

なぜか、「佃煮」とか「干物」とか「伝統小物」とか、

そういったものじゃダメなんですね。

いや、それもいいんですよ。それもないと困る。

いいんですけどスイーツほど盛りあがらない。

ウキウキしないというのかなあ。

 

ティータイムに

旅のお土産話といっしょに盛りあがれる点も

スイーツの魅力。お土産にもしやすいしね。

 

有名観光地に有名スイーツ店(和洋を問わず)

そこに、伝統がついてくれば文句なし。パーフェクト。

 

 

oumihatiman

滋賀県近江八幡市。濠をいく舟と新緑が美しいまちです。

 

 

わたしが、「名所旧跡」なら、

近くに風情のある、おいしい和菓子店や

洋菓子店があってほしいな。

そして、賑わいと格と

ちょっとした「甘さ」を添えてほしい。

スイーツで、みんながニコニコしている顔を見ていたい。

 

あれですね。そういう老舗系人気お菓子店は、

不思議なことに、その観光地名を冠したお菓子を

あまり売っていないですね。(なかにはあるんでしょうけど)

 

〇〇銘菓 ○○まんじゅう

〇〇名物 ○○の夢

 

とか、そういうダイレクトネーミングもの。

まあ、わたしが「名所旧跡」でも、

そういうネーミングは避けてほしいかも。

「もちっと考えなさい。あんまりおいしそうじゃないよ」と

説教したいもんな。

 

そういう、どちらかといえば安直な関連づけより、

店のしつらえや接客、商品のパッケージなんかで

「ああ、この土地だから、これね!」という納得と感動を

つくり出してほしい。

名所旧跡としては、それを、陰ながら全力で応援するだろうな。

八百万(やおよろず)の神様とか、総動員して。

 

 

そんなわけで、いつもながら、老舗のお菓子屋さんからは、

いろいろなことを学ばせてもらっています。そういえば、

この記事では、人気老舗にエイジングの極意まで学んでいました

 

 

で・・・今年も滋賀県近江八幡市の「たねや」さんと

その洋菓子部門の「クラブハリエ」さんに、

「攻めのエイジング」について激しく学ばせていただいたのです。

 

「老舗」という立ち位置におさまりきれない商売の凄味すら感じたので、

帰宅後もいろいろとネットで調べてしまったほどです。

 

 

himurejinja

日牟禮八幡宮。周辺環境も「たねや」さんが整備したんだそう。

 

 

すると、あるんですねえ。名言が。

おっしゃっているんです。歴代の社長が。

 

 

「理想はみかんの皮。見ただけで味がわかるし、

土に埋めたらゴミにならない。

過剰な事業が何一つない究極のパッケージです」

「店を出すときには、神社仏閣やお城の近くなど、

揺るがないもののそばに出します」

プレジデントオンラインより

 

 

和菓子、洋菓子ともにパッケージがビシーッと決まっているのは、

「みかんの皮哲学」があるからなんだと納得したのです。

 

さらに日牟禮八幡(上の写真です)の両脇に和洋の店舗があって

「老舗感」を激しく醸し出しているんですが、

この地での開店は、平成11年。

現在のかたちになったのは、平成15年。

もちろん老舗ではあるのですが、

この他を圧する伝統感・老舗感は、後年、演出されたものなんですね。

「ゆるがないもののそば」でつくりだされた

新しい魅力でもあるのです。

 

 

いやー、まいった。まいった。

 

 

攻めのエイジングは、「みかんの皮」哲学から。

伝統だって作りだす気迫があってよし。

 

 

・・・とここまで「自分が名所旧跡なら」と想像をふくらませてきましたが、

はたと考えました。

 

「自分が自分なら、どうだろうか。

どんな装い、演出をしたら、自分は喜ぶだろうか」と。

 

ずっーーーと自分のはずなのに、「はて?」と考えてしまいましたよ。

もう少し、「自分が自分なら、何をしてほしいか」について

じっくりと考えてみなければなりません。



守りに入るのは簡単だけど、
攻めの姿勢って、なかなか難しいのよね。

■今日はこちらにも書いています。よければどうぞ♪⇒


【関連記事】こちらも老舗から学んでいました。やっぱり、深いですね~♪
老舗社長は語る。「センスは暖簾だ」

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

近江八幡の

お土産は、クラブハリエのバウムクーヘンでしょうか?
GWに放映された「お願いランキング・第一回全国お土産総選挙」で2位でした。
広島の○○○饅頭や神戸のゴ○○ルなど全国的に知名度の高い老舗のお土産品が20位にも入っていませんでした。見ていて気の毒だったけれど、プレジデントオンラインの記事を読んで、差がつくのも納得。
老舗といえども、変わるところと変わらないところを見極めてセルフブランディングしていくことが大事なのですね。
飽きっぽい日本人に売り続けるって、すごい…。

  • 2013/05/07 (Tue) 21:48
  • okosama #vOC9G/bg
  • URL

 んんーーーっ。
読めば読むほど、今回の『老舗に学ぶ』記事は奥が深いですね!!
そして、かなり興味をそそるモノがあります(苦笑)


 「自分が自分なら、どうだろうか。
どんな装い、演出をしたら、自分は喜ぶだろうか」と。
   ↑
これって、自分を解ってそうで、
意外と置き去りにしてたりする部分かも!?


 自分の≪コンプレックス感じてる部分を、フォローする装い≫に、
神経行き過ぎてる感じが、最近の私にはあり。
(創作方面は、凝ったりするものの、自分方面は最低限レベル)

40代以降になると、自分の体形&スタイルを気にして、
≪フォローする装い≫感じの方が多いように思います。

もっと自分が喜び、かつ…自分自身が楽しめる装いを、してる方が、
何より心から輝けて、その人らしさも出るのかも知れませんね♪

確かに…「守り」もいいけど、
自分へのビタミンとして、「攻めの姿勢」を忘れない事は、けっこう大事と痛感させられました☆

Carinaさんの記事って、いつも勇気を与えられます。
色々な意味で、有難うございます!!!

  • 2013/05/08 (Wed) 08:26
  • 七蓮しずく #-
  • URL

楽しく拝見してます。

太ってるけど、幸せそう・・・と、
やせて、友達よりスタイルよくなりたい・・・の間で悩む50歳です。
松坂慶子さんは憧れで好きだけど、
キレイだからふっくらしてもキレイ。
でも、さほど器量のない私が太ってても、
幸せとは思ってもらえない、怠惰なだけ???

じゃなくて・・・

地元の記事だったのでコメントします。
「たねやさん」そんな深い意味があると知りませんでした。
すぐいけるところなんですが、
あえて彦根城や、近江八幡などにあるんですね~、
なるほど。

2年ほど前東京の友達に言われて、
初めてバームクーヘンを食べました。

地元の人間としては、
ちょっと自慢に思わないといけないですね。

  • 2013/05/08 (Wed) 08:40
  • ねまま #WLLrP7ig
  • URL

GWに近江八幡にいらしたんですね。
私は一昨年のGWに行きました。やはり、たねや&クラブハリエには「ほぉ~!」と感嘆しましたよ。静かな近江八幡でそこだけ人が溢れているんですもん。和菓子だけでなく洋菓子にも進出して、バームクーヘンをヒットさせたのが大きいでしょうね。東京に出店したのは叶匠寿庵のほうが早かったような気がしますが、今ではたねやのほうがネームバリューがあるように思います。戦略勝ちかな。
……などと考えましたが、それを自分に置き換えるところがCarinaさんのすごいところです。
「演出」の力は侮れませんね。自分を演出できるのは自分だけなので、もっと創意工夫を心がけなくては。
ちなみに、私は定番のもみじ饅頭も生八つ橋なども好きです。が、それらを中途半端にアレンジした商品はイヤなんです。古くからの名物が強力すぎて、新しいものに手を出しにくいのかもしれませんね。
(長くなってごめんなさい!)

  • 2013/05/08 (Wed) 12:23
  • Tompei #4uAjNfEA
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★okosamaさん
こんにちは(^_^)/
お土産はバームクーヘンとロールケーキ(自宅用)で、あと母の日用にトマトゼリーを送りました。オリーブオイルをかけて食べる甘くないスイーツとかで、長崎の姉には好評でした(笑)
老舗ですが、どこか「ぎらぎらした老舗」で、油断ならない計算高さのようなものが魅力です(笑)

★七蓮しずく さん
>これって、自分を解ってそうで、
>意外と置き去りにしてたりする部分かも!?
でしょ、でしょ。わたしもそう感じたんです!
自分が観光地だとしたら、わかりやすい「○○饅頭」ぐらいしか浮かばないような感じ(笑)
もっと「自分が心底よろこびそうな売り方、あるんじゃない?」って感じがしたんですよねえ。

★ねままさん
コメント、ありがとうございます!返事が遅くてすみません。
おお、地元の方なんですか。
わたしは初めて行ってすっかり近江八幡のファンになりました。
ヴォリーズあり、昔の商家あり、たねやあり。たくさん見どころありますよねえ。
「太る」と「やせ」の間で悩む・・・わかります~。
意外に松坂さんも悩んでたりして(笑)違うかな。

★Tompei さん
ああ、わかります!
定番もののアレンジ、たくさんありますよねー。
叶匠寿庵とたねや。これ考えてみると面白そうですね。
たねやさんは、「ものすごい商魂」を感じます。
元が菓子でなく、「種苗屋さん」なのも影響しているのかなあ(笑)
そんなこと考えると面白いですね(*^_^*)

  • 2013/06/14 (Fri) 16:44
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する