「家事」と「熟年離婚」の関係。多くの共感を得ました。

 

昨日から4周年記念に過去の人気記事をひっぱりだし、

「ああ、ここが今と変わっている!」とか、

「これは、さらに深まっている!」などと

あれこれつけ加えたり解釈しようという

本当に面白いかどうかはちょっと疑問の企画を始めています。

 

 

熟年離婚。妻から言い出すワケ。

 

 

これは、約4年前の6月の記事ですが、

書いた当時は、読んでいる人がほぼだれもいなかったので

シーンとしていました。

その後、「あれ、わかるー」などと言われることが多かったです。

 

 

-------------------------------------------------------------------------

 

多くの女性たちは、淡々とこなしているふりをしながら家事に携わり、
怒りや迷いや悲しみを何度も何度も何度も何度も反芻し、
自分の過去と現在と未来を何度も何度も行きつ戻りつ、
その繰り返しに自分自身もほとほと飽きたころ、
離婚を決めるのかもしれないなあ。

 

-------------------------------------------------------------------------

 

 

・・・なんて書いていますね。

これは、そんなに、はずれていないんじゃないかなあ。

 

 

たとえば、自分の下着を洗濯して干してたたむときも、

「ああ、そろそろ新しいものを買わないとなあ」とか、

「少しはキレイな色も着ないと、女っぷりがあがらないわー」

なんて自分自身の毎日に思いをはせ、

ときには、これまでの人生まるごと反省して

落ち込んだり、発奮することがあるように、

 

 

洗濯という一連の行為は、

夫や息子や娘や母や父や、そのほか、だれであっても

その下着や服を身につける「人」の行動や暮らしぶりや自分への対応の細部を

思い返すことにつながり、

思いをはせることにつながり、

その人と自分の関係を反芻することにつながる。

 

 

同じく、掃除であれ、料理であれ、

そういう性質があるように思います。

 

 

 

家事は、それがよい感情であれ、憎悪であれ、

家族一人ひとりを「思う」時間を重ねることであり、

家事をまったくしないことは、

家族のそれぞれを「思わない」時間を重ねることでもある。

 

 

家事、育児って、ハッピーな思い出だけを編むんじゃない。

陰影のある複雑な織物を編むのですよねー。

それって、思索を深めるってことなのかもしれません。



こちらも合わせて読んでいただければ、
より一層、おもしろく思っていただけるかもしれません。
(わたし、ずーっと同じこと言ってるな。成長なし(-.-)
↓↓
家事は、「情念の織物」でもある。



★インドの素敵な60代女性が登場しています。テーマはサリー!⇒
★明日、土曜日11時は、人気の「四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」です!

【関連記事】これも、初期の人気記事です。最初にコメントをいただいた記事のような気もします。
主婦が美しいファッションは?

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

日々

過去記事振り返り企画、おもしろく拝読しています。
介護がスタートしない限りは家事の量はだんだん減っていき、そのやや軽やかになったことを感慨深く思ったりしています。かといって決して自分以外の人の為の家事から解放はされないことにも。それにしても青文字の文章は沁みますね。

恩師が、自分の生徒にはダンナの靴下をいちいち裏返すような生活はさせたくないと仰り、かの英国のサッチャーさんがお皿を洗うような結婚を望んでいないと仰ったことなども思い出してみるのですが。家事と家族の関係も、もっともっと柔軟になったほうが居心地が良さそうです。

  • 2013/05/25 (Sat) 08:31
  • あ き ら #dI6DO0LA
  • URL

すごい!!!
なんて深い洞察力(4周年の重みがあります)
確かに感情はが無意識に反復してますね
その行動に中に確かに二重に影がみえる…(笑)
母が”一生料理しないといけない…"とブツブツ言っていたのを
思い出しましたよ
その行動に色んな事が練りこまれてたんですね
そして私も今よくわかります(笑)
対策は~出来るだけ事務的にこなすこと
淡々とするって意外といいみたいな気がします
人それぞれでしょうけど(^^)
心は黒で(笑)

  • 2013/05/25 (Sat) 21:44
  • みきみき #gHke2YW6
  • URL
まさにそのおとおりですね!

洗濯にしろ、ご飯を作ることにしろ、洗濯物を見ては、持ち主に思いをはせ、ご飯を作るときは食べる人のことを思い・・・です。

でも、してもらっている側の人は、してもらって当たり前だと思っている。
このギャップがつもりつもって、してもらって当たり前と思っている側からすれば思いがけない想像だにしていないような『離婚』という結論に達っしていくワケですよ。このギャップは『離婚』を考える大きな理由になるのに。

特に専業主婦させてもらっているワケじゃないのに!なんて思い出したら、
家事労働の分担はバカにならないほど精神をむしばみます。

  • 2013/05/26 (Sun) 22:11
  • おばさん会社員 #-
  • URL
私の場合。

倫理に反しますが・・・
(時に鬱陶しい)家族、夫のためと思いつつ家事をするのが
だるいのであって、絶対叶わないけど心の中で密かに思っている人の
ために今、この家事をしていると自分で思いこむプレイ(?)をすることがあります。

  • 2013/05/27 (Mon) 15:03
  • ある主婦 #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する