バブル世代向けファッション誌、創刊。え?私世代ってこと?

 

こんにちは!カリーナです。

先日来、過去の人気記事をピックアップする企画を継続中です!

 

 

2009年10月の

 

 

求む!等身大の女性ファッション誌

 

 

この記事は書いた当初から

すごく反響がありました。

 

 

でも今読むと、隔世の感!

 

 

あれから4年弱の月日がたち、

いろいろな女性誌が廃刊になったり、

創刊されたりしましたもんねー。

 

 

この記事の少し後に

宝島社の40代向けカジュアル誌「GLOW」が出たんですよねえ。

 

 

そしていま、また40代から50代前半女性向けの

女性ファッション誌が創刊ラッシュなんだとか。

 

 

「DRESS」に続いて

世界文化社から「GOLD」が間もなく登場しますね。

 

 

なんか、タイトルがみんなピカピカですねー。

 

 

話があまりにもガラリと変わって恐縮ですが、

先日、NHKで放映されたカネミ油症患者の現在を追う

ドキュメンタリーを見ました。

 

 

登場する女性たちは、みなさん、

それぞれの困難を乗り越えているのですが、

前栽に水を撒いていたり、

古い住まいのちゃぶ台で話をしたり、

適度に清潔で、適度に散らかった台所で食器を洗ったりしていました。

 

 

そんな様子をじっと見ながら、

ドキュメンタリーの本筋とは違うところで、

「こうやって毎日、しっかりと生きてきた人たちなんだなあ」

と感じ入ったのです。

 

 

わたしが、日ましに、

ドキュメンタリーに登場する家を見るのが

好きになっていることにも気づきました。

 

 

何スタイルときっぱり言えない家。

習慣が年月となって空間に蓄積している、少し雑然とした家。

随所に、そこはかとなく家族のうちのだれかの停滞が見える家。

勤勉さと怠惰さが、日常生活の継続に支障なき程度に共存する家。

 

 

 

どの家も、どこか危うげで、

そのせいか、うっすらとなまめかしく呼吸しています。

幸せと不満の配合具合が、それぞれの家の個性です。

 

 

女性ファッション誌という「ショールーム」を飾る、

恋愛も、充実も、仕事も、輝きも、遊びも、挑戦も、

出産も、自由も、残年贅沢も、こなれ華やかも

おおよそ、すべての「現実の家」と比べると

無害で役に立たないおもちゃ、なんですね。

あたりまえだけど。

 

 

憧れを詰め込んだ新居が汚れていくことを

自分以外のだれも防げないように、

憧れを詰め込んだ人生の不全感を

自分以外のだれも解決してくれない。

 

 

それでも「言葉」の力は大きいから、

ファッション誌の表紙に踊る言葉を見るだけで、

毒気にやられることだってあるんです。

ショールーム的人生があるんじゃないかと錯覚する。

弱っているときなんかは、とくにね。

 

 

まあ。もう、いい年ですから、

いつまでも「バブル世代」とくくられることにご遠慮申し上げ、

「華やぎ」や「充実」や「輝き」などの言葉の毒気にやられたら、

苦笑とともにできるだけ遠くへ投げ返し、

風通しが多少悪かろうと、窓を開け放って、

自分の人生の「湿度」と向きあうのがいいんじゃないかなあ。

 

 

ジャンクフードが美味しいように、

ときには、毒気がほしいので、

斬新な言葉で過度に女性の人生を応援してくれる

ファッション誌はありがたい存在ですけど。

 

 

それにしても、創刊時に女性編集長

前面に出るケースが多いですが、どういう意図なんですかね。

写真はものすごく多くを語るので、

わたしなどは、「ドキュメンタリーの家」同様に

いろいろ感じとって取扱いに困るんだけど、

それでいいのかなあ。



残念贅沢⇒残年贅沢に修正しました。Oさん、ありがとう!


★みなさんのお母さんはどんな人ですか。この記事の「母はかなり手ごわいですよ!⇒〈 晴れ 時々やさぐれ日記 〉 ああ、「エレガンスへ至る道」②。母とわたしのあいだ

【関連記事】宝島社の付録つき雑誌がすごく新鮮だったころですね~♪
さよなら!年代別ファッション誌。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

Carinaさんの記事は、40代雑誌誕生を占うものだったのですね
少し気の利いた雑誌のようだけど、やっぱりおまけありきの雑誌になってしまったような・・・
今度の雑誌GOLDは読み物もあって、少しは身近に感じるものがあるといいですね
それにしても、雑誌の編集者が表に立つのは、中途半端でNGですね
やっぱりどこか背負ってるのか、だからバブルの後遺症って言われちゃうんです
こう言えるのもまさにバブル世代だからですが・・・・
最近は、ドキュメンタリーが、身に染みる年になりました

  • 2013/05/28 (Tue) 20:18
  • Yottitti #S0MVRpSc
  • URL

ファッション誌って、みなさんにとってはどういうものなんでしょう? ブランド商品や、エステやお化粧品のあれこれ、庶民とはかけ離れた存在ですよね。エステもそうですが、そんなの行ってたらきりがない。一度は行っても、続かないのは分かっているので、いきません。ブランドものも一つは無理したら買える。しかし上から下までコ―デュネイトは無理。でもきれいね、面白いね、とみているわけ・・・・
なんだか、男性誌にとっての美女みたい?
そういう夢の部分があっても悪くはないでしょう。
だけど踊らされたら、こわいな。
普通のお家の、お茶の間や台所の実用的な確かさ。生きるって、ファッションじゃないですものね。いくらおしゃれに整えても、おしゃれでもなく、おしゃれなんぞを馬鹿にする頑固おやじの夫がいる。
妙に納得、妙に安心。そんなもんです。
ファッション誌というからには、ファッションを扱うのは仕方ない。でも、それだけですねー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/05/28 (Tue) 22:43
  • #

追伸  キャ―――私、優等生みたいなコメントしてる。いけませんね。
本当はね、しっかりブランド品も、あこがれてるんですよ。ただ、経済力が伴わないから、手を出さない。一つだけ持って、タンスにしまっておくのじゃ、さみしいもん。失敗もしてるの。
なんで、こんなもの買ったのか、というのがごろごろしてます。その最たるものがバッグ。重い。大きい。私には、似合わない。
ファッション誌のお話でした。おしゃれしてきれいになるのは賛成。流行も知って損はない。くれぐれも引っ張り回されて、つまらない劣等感の方へ行かないようにね。主役は、この私という気持ちを、しっかりと持って、大いにおしゃれしたい、その参考書くらいにファッション誌を利用しましょう。昨日63歳になりました。おしゃれ心は衰えず。♪

50歳以上の白髪美人(修正)

中年になると生き方や考え方が顔に現れるなあと思います。ファッションはその方の来し方の二次的なモノでしかないと思います。
なので外見の作り方を追うだけのファッション誌を呼んでもトキメキません。。

50歳以上のすばらしい白髪美人を集めたサイトがあってとても素晴らしいです。1人1人のお写真を拝見して、頑張って生きよう、と思います。

http://pinterest.com/splashduck/2013-hairstyles-women-over-50/

こちらのサイトでご紹介されていました。サイトURL修正しました。
http://ameblo.jp/muffin52/entry-11538824308.html

  • 2013/05/29 (Wed) 08:03
  • おでこ #iryVDZcE
  • URL

おはようございます。

編集長が雑誌の表舞台に出るようになったのって
パリコレスナップで、米や伊のヴォーグ編集長が
モデル並みに、きらびやかに登場するようになったのが大本のような気がします。

私も仕事柄、時代の空気や流行を見るために
バブルピカピカ系雑誌もチェックしますが
個人的には、ブランドものやそっち系のファッション、
ならびに、生き方には興味ないですね〜。
なにしろ、鴨長明の方丈の庵(復元)を見たとき
「うわー、これ理想!!!」と魅了された私ですので。。。

結局、広告代理店の「モノを買わせたいぞ」という意図が見え隠れ、なんでしょうね〜。
コーディネートや色合わせの参考程度にして
生き方まで雑誌に振り回されないことでしょうね。

  • 2013/05/29 (Wed) 10:16
  • アメちゃん #-
  • URL

キラキラ・ピカピカの女性ファッション誌には、とんと縁がないです。
身の丈に合ったファッション、身の丈に合った生活でいいです。

上記のおでこさんの紹介サイトの補足です(勝手にごめんなさい)
「素敵な中年の貴方の為に」というブログを書かれている、muffinさんのサイトで紹介されていました。
http://ameblo.jp/muffin52/entry-11538824308.html

惚れ惚れするような白髪美人がた〜〜くさん!!
外国人だから絵になるのかなぁ??
日本女性の白髪美人をたくさん見てみたいです。

  • 2013/05/29 (Wed) 14:33
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

こんなに素敵なファッション雑誌でなくても
もっと根本的なというんでしょうか…
例えば学校での美術とかもっと感性を上げる時間が
充実していれば、大人になってこんなに右往左往しなくても
良かったんじゃないのかなぁ〜って思いますよ
これを言ったからって、どうよ〜なんですけど…
だって感性を上げるのも訓練ですもん(^_^;)
遅まきながら今からが訓練って思っとりまぁす〜あははは♩

  • 2013/05/29 (Wed) 18:30
  • みきみき #gHke2YW6
  • URL

お洋服大好き~♪バッグも靴も好き~♪
(しかしヘアとメイクは最低限、ネイルは全くしません)
買わなくて、見るのも大好き、だからファッション誌も好き好き

さすがに2人の息子と公園へ行ってた頃は
オシャレから遠ざかっていましたが
手が離れて、また戻ってきました

衣食住の興味の割合が 衣・7 食・2 住・1 って感じかなぁ

おでこさん、すみません。
URL修正されたんですね。
出しゃばっちゃってごめんなさ〜〜いm(__)m

muffinさんのサイトは、私が「白髪でいこう!」って決めた時に、とても感銘を受け、参考にさせてもらいました。

  • 2013/05/31 (Fri) 09:08
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL
Tomi*さんへ

(Carinaさん、コメント欄をお借りするようですみません)
Tomi*さん、とんでもない、お互い同じサイトを読んでいたんですね。
白髪でもみなさん、素敵ですよね!!頑張る気持ちが湧いてきますね〜。

  • 2013/05/31 (Fri) 21:52
  • おでこ #iryVDZcE
  • URL

皆さんと違う所に反応するのですが・・・


家。私はキレイに片付いた家という理想があって
そうでないとアカン気がして心にオリの様に溜まるものがあったのですが
ショールームでない自分の家、
生活の不満や怠惰やごちゃつきが部屋のあちらこちらにある家、
それで生きているんだ、自分なんだ いいのか~~ と
今回のブログを読んで納得できました。

ショールーム的人生をホント錯覚してしまってます。
弱ってるのかもしれません・・・。


何にしろ自覚出来てよかった~~ありがとうございます。

  • 2013/06/01 (Sat) 06:09
  • midori #lHI8H0U6
  • URL

バブルか~
そのころって某地方都市で子育てしていたので
実感がないんですよね・・・
ワンレン、ボディコンの女性なんて皆無だったし
でもたまに実家に帰ってくると妹はまさに
「今からジュリアナ行くの?」みたいな感じだったけど

女性誌、ホント現実味がないです!
若い子の雑誌はそれなりに買えそうなアイテムがのってるけど
どうして40代、50代になるといっきにインフレ化してしまうんですかね?

それこそ、carinaさんに編集長やってもらいたいくらいだよ!!!
いや、マジで。

  • 2013/06/03 (Mon) 09:31
  • MJ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する