「おしゃべり」が、男性の頭髪問題の処方箋!?

 

夕方の混雑した電車に立っていると、

席に座る人たちを少し上から見るかたちになります。

 

 

仕事を終えた中高年男性の頭髪は、

ごま塩だったり、ペタッとはりついていたり、

ところどころ地肌が見えていたり、ツルっとしていたり、

実にいろいろでありながら、

時を超えた「オジサンヘア」というか、

わたしの父の世代ともあんまり変わらない

「床屋さんで散髪したカタチ」におさまっている人が

多いように思います。

 

 

高校生や大学生男子の装いを見ていると

「頭髪スタイリング」の締める割合は決して少なくなさそうなので、

頭髪がまばらになるとともに、

「もう、おしゃれなんてどうでもいい。

頭がこんなことになるなら、すべてどうでもいい」

と投げやりになる男性が多いんじゃないでしょうか。

 

 

もし、わたしだったら・・・と考えると

神が男性に与えたもうた「頭髪喪失の試練」は

あまりにも過酷に思えます。

この試練に比べると

シワなんて、たるみなんて、体重増加なんて・・・

物の数にもいらないのではないでしょうか。

頭髪喪失がもたらす容姿の激変ときたら

シワたるみの比ではありませんもん。

 

 

・・・電車に乗っていて、

 

 

これが男女逆だったら、どうだっただろうか。

とふと考えました。

 

 

ある年齢になると(30代や40代で)

「女性たちが頭髪を大幅に喪失する」のだとしたら?

 

 

男性たちのように

その過酷な運命を甘んじて受け入れ、

まばらになった髪を頭皮にくっつけたまま生きる・・・というような道を

選んだでしょうか。

せいぜい、アラフォーの年齢で!まだ美しい年なのに!

いいえ、決して選ばないでしょう。選ぶはずがありません。

 

 

女性たちは、いまの男性の比ではない種類のカツラを作りだし、

そのカツラを装着して美しくあろうとする努力に男性たちも

「キレイになるんだからいいんじゃない?努力する女性が好き」

と評価しはじめたりして、

 

 

そうなると、

「夜、カツラをとってもセクシーでいられるアンダーカツラ」や、

「カツラが風に揺れたときにちらちら見える

アンダーカツラとのカラーコーディネートで違いを出す」

「カツラの下はいっそスキンヘッドが攻めのエロス」なんて

特集記事も生まれ、

「カツラ」装着はフツーのことになる。

生理用ナプキンがどこまでも快適になっていったように

カツラもどこまでも快適になる。通気性バツグン。

つけっぱなしで寝れるコンタクトレンズ並みになる。

 

 

いま、10代~20代前半の女性たちが

一重の子は二重まぶたになるために

二重の子はくっきり二重や幅広二重になるために

「アイプチってわかっても全然オーケー♪」という

かつてとはくらべものにならないくらいの

「アイプチ堂々カルチャー」を作りだして

細い目コンプレックスをみんなで克服しようとしているように

 

 

 

男の人たちも、みんなで渡れば怖くないのになあ。

 

 

「オヤジがああだから、僕もいずれ・・・」と悩んでいる

若い男の子たちが、

まだ髪の毛があるオシャレな子であるうちに、

友だちがいっぱいいるうちに

ふさぎがちなオジサンになる前に

まっーたく新しい頭髪カルチャーを作れないものか。

 

 

女性たちはみんなでワーワーいいながら

「身のまわりの快適」を作ってきたんだと思うんですよね。

男性も、それ、ちょっとやればいいのにな。

みんなでワーワーいいながら、快適をつくる。

そしたらグッズも、化粧品も、なんかほかのものも

いろいろ快適になるんじゃないかなあ。

 

 

わたしの父も「ハゲていた」ので、
ハゲていても全然いいとは思うのですが、
選択肢があったほうがいいですよね。
それからコンプレックスから解放される道はあったほうがいい。

そのために、やっぱ、おしゃべりって、かなり生産的だと思うわけです。

ワーワー言っているうちに解決する問題って
意外に多い気がします。


★これともつながってるかも→年とともに「初対面でもうちとけられる」理由を考えてみた。おじさんが頑なな理由も。

★メルマガも配信中!テーマは、「みんなファンデーションはどうしてる?&欲望をあぶりだす「言葉」
こちらのページからバックナンバーが読めます。無料ですから気軽に登録くださいね♪

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説という風変わりなコンテンツ。いよいよ最終回です!

【関連記事】自分のことは棚にあげて、あれこれとすみません。
紳士の「分け目問題」に我想う。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

カリーナさん、女性も更年期過ぎるとかなり薄くなりますよ。
後頭部(上)のつむじの辺りは自分では見えないけど、薄くなる人が結構多いと思います。

男性の場合は、すっきりスキンヘッド(ブルース・ウィルス・ヘアとも言う。ヘアはないが・・・)にするとパンクだし、セクシーなんじゃないでしょうか。

女性でも、出産で頭髪がまばらになった知り合いが、すっぱり剃ってロングのかつらを被っていました。
かつらを取って見せられるまで、かつらに替えたことにも気づかなかったくらいです。

私もいよいよ薄くなったら、全部剃って、金髪のかつらにしようと思っています♪

大爆笑!

Carinaさんの妄想絶好調ですね!
大笑いさせていただきましたe-257
>キレイになるんだからいいんじゃない?努力する女性が好き
なんてリアルだわ~(笑)
それと、アンダーカツラって(^^;
でもそういう世の中だったら、カツラは技術が進歩してるし、大量生産で低価格競争が激化しているかも?
一人何個も持っているかもしれないですね。
カツラ専用のクローゼットを持っている人もいたりして。
現実的には男性は女性よりは自分の外見を気にしないっていう事なんでしょうか…。

花緒さん

大笑いしていただいたなんて、すごく光栄です。

でも今読むと、なんだかバカな記事ですね。
花緒さん、温かなコメントありがとうございます。
救われました(笑

  • 2013/11/01 (Fri) 17:00
  • Carina #-
  • URL
Yurieさん

ワオ!全部そって金髪のカツラなんて素敵ですね!

確かに女性も後頭部とか薄くなっちゃうんですよね。
わたしもそのあたりの寂しさ(?)を書いた記事が
過去にあります(笑)
でも、カツラがあると思えば楽しくなりますね♪

  • 2013/11/01 (Fri) 17:03
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する