自分の年齢には多分、誰も慣れていない。

 

まだ50代になったばかりなんで

「老い」なぞを語るには、

ひよっ子もひよっ子。

きんさんぎんさんの4人の娘さんだったら、

「まだまだ、あんた、これからだがに。

老いのことをしゃべるなんて、

ちゃんちゃらおかしいわ。ハハハハ」と笑い飛ばされるに決まっています。

 

 

でも、保育園だって幼稚園だって学校だって

みんなみんな大変なんだ。最初がいちばーん♪

 

 

と意味もなくやや替え歌にしてみたりましたが、

 

 

何ごとも、なりたて、入り立てのころが一番、オロオロするんですよね。

40代のうちなんか、

若者のほうに入ればいいのか、入れてくれるのか、

そうじゃないほうに入ればいいのか、

もう、オロオロの連続!

「年齢を受け入れねば!」と肩に力が入ったりして、

いろいろ大変なのも新入生であればこそ。

「老い」の悩みとはいえ、フレッシュな悩みなんです。

 

 

わたしも、かなり、慣れてきましたけど。

 

 

でも、仕事中に30代後半の女性から、不意に、

「もう、あれですか。仕事はずーっと、できる限り続けるつもりですか」

なんて聞かれると、

 

 

え??そ、そんなにながーいことやっている感じ?

そして、ギッリギリまでしがみつく感じ??

も、もしかして、そう思っている?


 

と「年とっちゃっている自分」を意識してしまったりします。

でも、あとでよーく落ち着いて考えてみると、

彼女も「仕事を続けるかどうか悩む年齢」でもあるし、

社外の同性年長者から、

いろいろ話を聞きたかったのかもしれないんですよね。

そのときは、いずれにしろ時間がなくて

一言二言しか話せなかったんですが、でも、

 

 

あああ。自分の年齢にまだ慣れてないなあ。

 

 

と思ったわけです。

 

 

自分の「気持ちが変化するスピード」を

自分の「実年齢」が追い越していく。

 

 

その乖離というか、

気持ちと現実の軋轢というか、

それが、なかなかどうして

こころに動揺をもたらすんですよねー。

 

 

いつだって

自分の年齢をめぐって

こころは、行きつ戻りつ。

慣れたところもあれば、

慣れないところもあり。

つねに、行きつ戻りつ。

 

 

でも、昨日、娘がスマホを買い替えて

それをあれこれ操作するのを見て

わたしとのスピードの差に愕然としました。

あっきらかに鈍くなっとるな>わたし

 

 

「行きつ戻りつ」する心の動きを

動くからこそ、やわらかさとか、繊細さとか、

せめてそういうものとして生かしたいなと思っちょります。



★今日はこちらにも書いています!→どんな化粧ポーチのなかにも千差万別の「熟考と取捨選択の結果」が詰まっているのだ。

★メルマガも配信中!テーマは、「みんなファンデーションはどうしてる?&欲望をあぶりだす「言葉」
こちらのページからバックナンバーが読めます。無料ですから気軽に登録くださいね♪


【関連記事】秋になるとこのようなことを考える傾向があるのか(笑)。
自分の年齢」の取り扱い方に、慣れる。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

私も50代始めですが、やっぱり慣れないですねー。
自分を鏡で見るとかなりの白髪ですし、それなりに年をとった自分も愛おしいのですが、10年前も20年前だって今の自分と地続きなのでそんなに変わった気がしない(笑
でも初めて会う方にとってはかなりのおばちゃんなのですよね。そのギャップが何だかもうついていけなくて。

  • 2013/09/17 (Tue) 10:45
  • nao #-
  • URL

自分の中身と実年齢とのギャップにトホホ...
もうアラカンだというのに、それなりにいろいろな経験・体験をしてきたはずなのに、周りの同年代の方々と比べると、なんと大人げないのだろう...

若く見られたいなんて思わないけれど、円熟した人間になりたいです。

  • 2013/09/17 (Tue) 11:46
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL
確かに…

年齢に慣れたと思ったらまた1年過ぎ…。
つい最近、はっ!と思ったんです。
自分より年上の、特におばあさんと呼ばれる人たちを尊敬のまなざしで見るようになりました。
どんどん老いて、老いを受け入れて生きていってるんですよね。
今より若返る事は決してなく、しわも減る事はない。
世の中には若い人がたくさんいて、いろんな場面で目に入り、差が広がるばかりです。
若さばかり追求しない考え方を身に着けなくちゃと思いました。
非常に難しいですが。
と書いてまたはっとしました。
もう50歳くらいになった自分をすっかり受け入れてる(^^;
70歳くらいになった頃にはそれなりに気持ちも追いついているかな?

あたしの大好きな小藪という吉本の芸人さんが
「美魔女」にもの申してましたね

彼女たちこそ、まさに自分の年齢に慣れてない
いや、それどころか認めたくないんでしょうね

「えー、もう50過ぎた?やばいやばい!!!
どうにかしなくっちゃ!!!」
そんな感じなんでしょうか

年齢にも肌年齢、体年齢、脳年齢とかありますけど
見た目年齢ばっか気にしてたってダメだなってことを
痛感させてくれるのが彼女たちなのかもしれないと思います

綺麗にすることはもちろん大事
女捨ててるよりはよっぽどマシだけど
実年齢との兼ね合い、しっかり考えないとね

  • 2013/09/20 (Fri) 16:38
  • MJ #-
  • URL
実年齢といまだに揺れ揺れ…(*^_^*

アラ還の私(^。^;)なのに…なのに 心は中学生のまま…

30代の頃から
読む雑誌は『家庭画報』や『ミセス』
地味に 生きてきていた。
両親が 年をとった時に生まれたもんだから 影響している。
しかし その反動なのか 子育てが終わった40代には コスメにはまり 雑誌も リンネルやら クウネル 天然生活と ちょっとだけ 若返る。
両親が亡くなったのが きっかけだった。
しかし 年齢相応でなきゃ~ミットモナイナァ バカミタイ(-.-;)と 自問自答。
こういう日々の連続なのです。

  • 2013/09/25 (Wed) 18:20
  • さかさかさっちん #oZvY/Hjg
  • URL
★さかさかさっちん さん

ご両親がおいくつのときのお子さんですか。
わたしは、父が40歳、母が38歳で、同級生の中では「年寄りの子」でした。
親の年齢の与える影響ってありますよねー。
みっともないババアでいいじゃないですか!(謙遜されているだけだと思いますが 笑)
年を取るって、若い人から見るとみっともないんですもん。
気にせず生きましょう~!(と自分を勇気づけてます)

  • 2013/10/29 (Tue) 16:34
  • Carina #-
  • URL
★MJさん

ああ、それ見てた!
言ってたねえ。
美魔女より所帯背負ったおばちゃんを敬え的な(笑)

でもさ、その「兼ね合い」ってのが難しいよねー。
理想的な兼ね合いってないのかもとか思ってしまうよ。

  • 2013/10/29 (Tue) 16:45
  • Carina #-
  • URL
★花緒さん

ああ、すごくよくわかります!
スーパーでゆっくりと買い物していたり、
道をゆっくりと歩いていたり、
そんなすごく高齢の方の姿を見ると、
それだけで「えらいなあ」と思いますよね。
きっと外面からはわからないいろんな思いがあるんでしょうが。
どんな自分になっているのか楽しみでもありますね(^_^)

  • 2013/10/29 (Tue) 16:47
  • Carina #-
  • URL
Tomi* さん

大人げない・・・そうなんです。私もそうなんです。
ほら、雑誌なんかじゃ「大人」って乱発されてますけど
それ誰??どこにいるの??って感じです(笑)

円熟って、どこにもない架空の世界かもしれませんねー。

  • 2013/10/29 (Tue) 16:49
  • Carina #-
  • URL
nao さん

その感じ、とってもわかります!
ねえ。そのギャップ。自分自身が一番ついていけないですよねー。

ギャップの間でいつも揺れていますよね。
この感じ、若いときにはなかった「傷つきやすさ」だと思うのです。

  • 2013/10/29 (Tue) 16:50
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する