「面倒くさ度」を計れるのって、「おばさん力」の極致かも。

 

わたしは、フリーのライターをしていますが、

このところ、仕事の本流でなくて

傍流のところでお役に立つことが増えてきましたよ。

 

 

先日は、カーペットの汚れです。

(仕事となーんも関係ない!)

 

 

そこは土足で入る会議室だったんですけど、

30代の女性・M村さんが入ってきて

「あ。どうしよう!!」とせっぱつまった声で言うのです。

 

 

「ん?」と見ると

M村さんが、歩いた後に

乾いた土の汚れが点々とついています。

白っちゃけた土が

濃いピンク色のカーペットについて

かなり目立つんですね。

 

 

私たちは、この場所を取材のために訪れているので

いわばお客様のホームを汚したことになるわけです。

「掃除機を借りてきたほうがいいですよね!!」

と彼女は言うのですが、それは、どうだろうか。

正直かつ誠実な行為ではあるにはあるが、

果して喜ばれるだろうか。

 

 

待てよ、待てよ、待てよーー。考えろー。わたしたちー。

 

 

隣りの広報室の人は、当然ながら掃除担当とは別である。

「ああ、そのままでいいですよ」となるか、

「ああ、掃除機ですね。ちょっと待ってください」となるだろう。

後者の場合、掃除機を持ってきてくれるように

清掃担当のスタッフに電話するだろう。

清掃担当者に事の次第を話すだろう。

清掃担当者は「そのままにしておいてくれ。後で掃除するから」と言うか、

掃除道具収納庫から掃除機を持ってきてくれるだろう。

ようやく手に入れた掃除機を借りて掃除するだろう。

掃除して、掃除機を返すだろう。

 


むむむ。掃除機を手に入れるために

二度も「そのままでいいですよ」の関門をクリアせねばならず、

手に入れたにしても

「持ってきてもらい」「掃除して」「返却し」「持って帰ってもらう」という

「よっこらしょ運動」が4回も発生する。

 

 

うーむ。これは、どう考えても喜ばれないタイプの誠実さだ。

人を巻き込み、ことが大きくなるものの、

その結末は、「放置」というパターン。

そして「汚した」ということだけが人々の印象に残るパターン。

 

 

「隠滅しましょう」

 

 

 

「できますかね」「やってみましょう」「ですね!」

そういうとM村さんは、手にティッシュを持って

トイレにそのティッシュを濡らしに走りましたが、

むむむー。わたしは、年の割にはちっとも掃除に詳しくないけども、

濡らすとよくない予感がするぞー。

 

 

そこで、わたしは乾いたティッシュをわがバッグから取り出し、

(いつも持っているとは限らないのに

その日に限って持っていたという幸運!)

ティッシュが細かくほどけてカーペットにこびりつかないよう気をつけつつ、

大きな泥をティッシュで包むようにとっては捨て、

細かい泥をせっせと周囲に「散らす」行為に専念したのです。

トイレから帰ったM村さんも、同じ行為に没頭しました。

 

 

乾いた土は、あれよあれよと

カーペット全体に散り、

どこにそんな土があったのか、

わからなくなりました。

 

 

「さすがですね」

 


うん。よかった。M村さん、ありがとう。

でも、その尊敬のまなざし、

本業に対しても向けてくでー。

 

 

一連の行為は、掃除にはなっていませんが、あとは翌朝にでも、

掃除担当の方がスーッと掃除機をかければいいのだから、

これでよしとしましょう。

 

 

いま、振り返っても、わたし、ちょっと偉かったなーー。

もんのすごい小さなことだけど「おばさん力」が生きたなーー。

ってか、「面倒くささ判定力」が役に立ったなーー。

 

 

これまでの経験上、

どんな誠意も、お手伝いの申し出も、

相手が面倒だなと感じたら、

「そのままにしておいてください」と言われるんだもん。

「そのままにしておいてください」と言われることに慣れすぎると、

あんまり役に立たない人になっちゃうんだよね。

 

 

もちろん、過度に先読みしすぎて

 

 

「どうせ、パッケージは捨てるやろ。

そやから先に捨てといたわ。

ほんで、いつでも食べられるように人数分に切っといたから。

んじゃ、冷蔵庫入れとくねーーー。

あー!!それか、どうせ私にも食べろって言うやろうから、

何やったら、今、食べよか。あんた、お茶出してくれる??」

 

 

なんてところまで先読みして長居する

わたしの友だちのY子みたいになるのは、これまた考え物だけどもーー。

 



★今日の記事、こちらの記事に影響されて書いたんだけど、ハンサム度が違うな(笑)
四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」〜ブライちゃんの涙を見て、オバチャンがハンサムになる日。

★月曜日はいつもこちらにも書いています。
今日の記事、なかなかいいっすよ(^_^)
生きるって「渦中にいる」ことよね。日々、わずらわしくてありがとう、と思う年末。

★別冊メルマガ★おしゃべり詰め合わせ 配信中です!
今回のテーマは、「顔の輪郭はなぜゆるむ&肌断食に新たな体験談!」
こちらからバックナンバーが読めますよん。購読無料&解除も簡単です。お気軽にどうぞ♪


【関連記事】あ。農作業中のわが姿が!(笑)
主婦の「言わんこっちゃない現象」を科学する。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

素晴らしいです!拍手!
紫の文字の部分をいかに(素早く)想像できるか否かってホント大事ですよね。
私はこういう想像と瞬時の判断が苦手なくせに、なまじ誠実でありたいという気持ちがあるので「人を巻き込み、ことが大きくなる」方にしてしまう傾向が…。
うーん、見習わねばーー

  • 2013/12/09 (Mon) 17:08
  • ナツ #-
  • URL
ここにもハンサムさん♪

うわっ

やだカリーナさん、めっちゃハンサムやないですかっ!!!
惚れるわあ〜。

  • 2013/12/10 (Tue) 11:31
  • じじょうくみ子 #-
  • URL
ブラボー!

carinaさん、ブラボー!思考も対処も文章もさすが!
いやーほんまですねえ!すごいなあ。

Y子さんも別の意味でサイコー!

  • 2013/12/10 (Tue) 12:25
  • よ #-
  • URL
(^o^)

さすがです!
瞬時に先が読めるところ、いいですね♪
Y子さんもすごいです、東京ではお目にかかれないタイプかも…。

隠滅しているところを見つからない人と
なぜか見つかってしまう人がいますよね・・・(私は後者)

そして、ナツさんの
>想像と瞬時の判断が苦手なくせに、なまじ誠実でありたいという気持ちがあるので「人を巻き込み、ことが大きくなる」方にしてしまう傾向が…。
わかります・・・。
まさに、わたしがそうです。

「面倒くささ判定力」つまり、相手にとっての(面倒くささ)ということですよね?
相手の立場にたって・・・というアレですよね?

  • 2013/12/11 (Wed) 10:04
  • ミホ #d.Z36I5s
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する