女性ホルモンとオッサン化、の真実

女性ホルモンの急激な減少にともない
オンナたちは、少なからず「オッサン化」する。

体つきがふくよかで色白だったり、
体つきが華奢で色白だったりする場合に限り、
まれに「オッサン」方向には進まず、
うまい具合に「少女化」して
可愛い系の服がいつまでも似合うという
恵まれた道をたどる人もいるこたぁいるが、
それはごくごく少数派じゃなかろうか。

多くのオンナが、
どことなく顔の造作ゴツゴツ、
肌ゴワゴワ、
頭髪薄くボサボサ、
体つきガッシリという
「オッサン系オバサン」へと進化を遂げていく。

そして、
そんな「オッサン化」に拍車をかけるのが、
声に混じる「濁り」だ。


お茶は、本物には濁りがある
らしいが
オバサンも本物には濁りがある。

「いやあ、久しぶり!元気してた?」
と発話する、まさしく、その最初の「い」の音に、
ダミ声的な濁りが混じる。

「いやあ、全然、あかんわ。ハハハ」と
ゴーカイに笑う、その「ハハハ」全体に
ダミ声的な濁りが混じる。

濁ってこそ、オバサン。

というわけで、

オバサンの対極にあるのは、オッサンじゃない

としたら、

オバサンの対極にあるのは、オンナ!?

いやあ、これ、意外に真実かもしれませんよ。

ショートカット
ワークパンツ
ダンガリーシャツ

などボーイッシュな装いが
オバサンに意外と似合うのは、

これらがガーリッシュ(オンナ志向)でなく、
ボーイッシュ(オトコ志向)だからか。

オバサンよ、少年をめざせ。

ってのは、どうだろうか。

そうすれば、ダミ声も変声期ということにしちゃえるし。

【関連記事】
想像力を刺激するオンナをめざせ!


関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

タイトルに目と心を射抜かれ覗きに来ちゃいました。
その通り!です。
濁りと低音化が進むほどおばさんに・・・。
気をつけようっと!

  • 2009/07/20 (Mon) 19:30
  • sugerpine #-
  • URL
Re: No title

★sugerpine様

コメントありがとうございます!

濁りと低音化も味、だと思いたいですねえ。

sugerpineのブログにも今、お邪魔しました。
いろんなページを見ちゃいました。
知らないことがたくさん。

また私も遊びに行きますね♪

  • 2009/07/21 (Tue) 08:02
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する