あげたほうは覚えていて、もらったほうは忘れる法則。

 

ピンポーンとなったので

「はーい」と高くないほうの声で答えたら

ドアの向こうから「K山です」という

高い小さな裏声が聞こえました。

 

 

近くに住むK山さんです。

いまはあまり見かけないけど、

長い間、スーパーで働いておられたので、

会えば、あいさつしたり、言葉をかわしたりしていました。

年齢は、たぶん70歳前後だと思います。

 

 

ドアを開けると、すぐに、

 

 

「お隣さんから、ひよこの人形もらった?

 

 

と聞かれました。

 

 

「あなたのところには、いろいろあげてるって聞いたから。

その人形、わたしが作ったのよ」



たしかに、お隣さんにはちらし寿司とか、巻き寿司とか、炊き込みご飯とか、

食べ物中心にいろいろもらっています。

それだけじゃなくて、奥さん手作りの折り紙で作った箱とか、

成人した息子さんが使っていたギターとか、

娘さんが以前、集めていたご当地キティちゃんグッズとか色鉛筆とか、

そういうものももらいました。

(お隣さんも70代のご夫婦です)

 

 

うちも食べ物を中心にあれこれ持っていきます。

ひよこの人形はまったく記憶になく、

「もらってないですねえ」と答えると

 

 

K山さんは、玄関に飾っている小さな雛人形を見て

「わたし、こういう人形も作れるよ。

お隣さんにもいろいろ教えてあげた。

折り紙の箱ね。あれも私が教えたんよ」と言い、

わたしの顔を、続きを待つようにじっと見ていましたが、

何となく長くなりそうで、あいづちだけしていたら、

物足りなくなったような感じで

「じゃあね」と言って帰りました。

 

 

翌々日、お隣さんに会うと

「K山さん、行ったやろ。ごめんな」と言われました。

 

 

ひよこの人形をもらったのは、15年以上前だそうです。

突然、「ひよこの人形を返して」といわれ、

どこにやったのか、だれにあげたかわからなくて

「見当たらない」というと、

「思い出して。その人に電話して」と何度も強く言われたそうです。

「手作りのものは、ずっと私のもの。ずっと持っとくべき」と。

 

 

お隣さんの奥さんは、「わたし、まちがってるか?」と言って

メガネをとって手のひらで涙をふきました。

 

 

まちがってないですよ!

全然、まちがってないです!

もらったものは、捨てても、あげてもいいんですよ!

 


と自分は、お隣さんにいっぱいもらっているくせに

えらく自信たっぷりに言いました。

 

 

で、思い出したんです。

 

 

幼稚園のころ、

自分が言われたのか、

言われている友だちを見たのかちょっと記憶があいまいなんですが、

女の子が女の子に

「昨日、うちで食べたブドウ返して!」と言っていた場面を。

「もう食べたから返せん・・・」

「出して。いま出して。返してよ!返して!」

 

 

K山さんは、何を返してほしいんだろう。

ほんとにひよこの人形なのかな。

返してほしい相手は、お隣さんなのかな。

 

 

ダダをこねて「欲しい、欲しい」と言ったものが

「そんなにほしいんなら、はい、どうぞ」と与えられたときの

あの色あせた、どうでもいい感じ。

こんなのちっとも欲しくなかった感じ。

えらく損した感じを思い出しました。

 

 

あのころ、自分のこじれた気持ちをどうやってほぐしてたっけ。

 

 

 

もらったものは、捨てても、あげてもいいんですよ!

 

 

 

と自信たっぷりにさばけた感じで言ったものの、

あげたほうは覚えていることが多くて

もらったほうは忘れることが多いという

一般的な法則に

K山さんは、いらだっているのかもしれない。

 

 

あげて、もらって。

もらって、あげて。

受け渡している「中身」の重さが違うんだなあー。




★フェイスブックに、更新情報以外のあれこれも書いています!
日曜以外、毎日♪→

★フジテレビのドラマ「最高の離婚」が好きな方は、ぜひご覧ください!イラストレーターの小関祥子さんと私が熱く語りあっております。「わたしも参加する!」も大歓迎。コメント欄でお知らせください♪
↓↓↓
<対談「最高の離婚」>さりげなく、こういうことするが散らばっている。

★メルマガ★おしゃべり詰め合わせ 配信しています。
今回のテーマは、「メンバーのリアルな体重変遷が物語る、人生と体重の関係。フライパンネタもあり」。購読無料&解除も簡単です。
お気軽にどうぞ♪→こちらからバックナンバーも読めます。

【関連記事】あげるのも簡単でなし♪
はずしまくる「贈り物」の価値。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

いろいろ大変ですね

お隣さん、お気の毒ですよね・・・。あげたらそれで終わりじゃない?って思うけど、モノをあげたりとか、何かしてあげたりした方は結構覚えてるものなんですかねえ?でも、このお話のテーマとぜんぜん違う方向になってしまうのですが、このK山さん、認知症かもって思ってしまいました。夫の母がこんな感じだったので。すっごい昔のどうでもいい事を急に言い出して、何で今頃?とその時は思ったのですが、その後認知症で入院した時、今思えばあの時の行動って認知症の始まりだったのかなあって。あんまり関係ない話でスミマセン!なんか、ふとこのお話読んで思ってしまったもので!いつも楽しみにしてます〜。

  • 2014/03/05 (Wed) 09:06
  • liu #Zf1QzFSk
  • URL

初めてコメント致します。いつも更新を楽しみにしているひとりです。
これって「女の子」特有の感覚なのでは?と思いました。
私は男の子の子育てしか経験がないのですが、周りの女の子のお母さんからよく聞かされた話は「この間あげたシールを返して」とか「昨日交換したカード、やっぱり交換するのをやめたい」とか。(笑)
確かに男の子はあげた傍からあげたことも忘れてるぐらいに単純だったな、そういういざこざはなかったな、と。

お隣さん、きっとお付き合い上手な方ではないかと感じたので、K山さんにもそれなりにお返し等もきちんとされているのでは...。こういう出来事があると人付き合いが億劫になったりしますよね。
私も思います。貰ったものは、捨てても人にあげてもいいんです!

  • 2014/03/05 (Wed) 12:49
  • etsuyo #-
  • URL

私も、これは認知症だ!とピンときました。会話がもう認知症そのものだと感じました。

  • 2014/03/05 (Wed) 22:38
  • みき #-
  • URL

こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いています。

何だか、ある一定の年代を越えた濃いぃ人間模様を見た感じで。
ママさんご近所にはまずないですね(^^;

うちの義母(70代)もですが、なんというか、よくわからないけど"何か"に対しての執着。
自分の存在が不安になるのか、人に物をあげることで自分のマーキングをしてるかのよう。

きっとK山さん、ひよこの人形に形を代えて、何かを贈っていたんでしょうね。


そしてまた、面倒なトラブルからスルーして適当に距離をおき、フェイドアウトしていく(私の周りではこれが多い)ことはせず、
きちんとご近所を巻き込んでケリをつけようとする姿勢もその世代までなのかなぁと感じました。

  • 2014/03/06 (Thu) 11:16
  • ハウザー #-
  • URL
私も

認知症の始まりなのかな?と感じました。
また、精神病院にかかられていた知人もそんなところがあったので、なんらかの病気かもしれませんね…。

  • 2014/03/07 (Fri) 07:09
  • ことり #-
  • URL
狭量なヤツでござんす

わたし、K山さんと違うようでK山さんに似てるかもと思うふしがあります。子どものお古の件です。

小さくなった長靴をママ友にあげたのですが、あるときお子さんがその長靴を履いてるいるところを見ました。幼稚園の決まりでかかとに大きく記名が必要なのですが、うちの子の名前を黒マジックでじゃじゃっと消して、名前が書き直されていました。

見覚えのある長靴を見て、なんかちょっと嬉しいな♪と思った気持ちが、一瞬にしてシュンと。「そりゃ仕方ないわな」と思う気持ちと、「ああ見たくはなかったな」という気持ちがないまぜに。

このお母さんにはお古の洋服を譲ることも多くて、お子さんがそれを着てくれていたとき、つい「あ、懐かしい!」と口にしちゃったことがあったんですけど、お母さんは「へ?」という反応だったときも複雑な心境に。

感謝をして欲しいとか、殊更丁寧に使って欲しいとか、そういうんじゃないんです。譲ったのはわたし、なんですから。

>あげて、もらって。もらって、あげて。
>受け渡している「中身」の重さが違うんだなあー。

まさにこれ↑だと思いました。






  • 2014/03/07 (Fri) 21:27
  • wasuregusa #EvmDRqhQ
  • URL

あげたのは思い出や思い入れ、もらったのはモノ、でしょうか。

  • 2014/03/09 (Sun) 17:31
  • ききょう #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する