80年代のデザイナーに触れ、自分の「服を着る」行為を思う。

 

ちょっと前になりますが、

京都国立近代美術館で

「Future Beauty 日本ファッション:不連続の連続」を見ました。

 

 

70年代から現在までのデザイナーの作品が100点以上展示されているんですが

入ってすぐのところに

山本耀司氏の作品(主にドレス)がずらーっと並んでいて圧倒されました。

 

 

 

うわー。

かっこいいなー。

美しいなー。

端正だなー。

こういうことだったのかー。

 


・・・と80年代に知っていたつもりの

「Y’s」というブランドのすごさを思い知らされた気がしました。

 

 

山本耀司氏や川久保玲氏がパリコレでデビューした時の

現地の報道も展示されていて

その文面を見ると、

当時とは違う文脈で読めるんですよねえ。

 

 

今回、しみじみしたのは、

 

 

80年代って、日本がはじめて

世界の表舞台で正式に評価された年代だったのだな。

 

 

ということでした。

 

 

社会学者エズラ・ヴォーゲル「ジャパン・アズ・ナンバーワン」が

出版されたのが1979年。

80年に大学生になったわたしは、

もう日本が「豊かになりすぎている」気がしていたけど、

それは半分は当たっていたものの、

半分は違っていました。

 

 

だってそうだよね。

敗戦から35年。

そんなに時間、たってないもの。

 

 

山本耀司さんの作品に感銘を受けたので

「服を作る」という本も買ってきました。

(以下、抜粋)

 

 

「父親(戦死)が生きていたらファッションデザイナーには

ならなかったと思います」



「母親が一番のファム・ファタルだったのでしょう」



「僕は母親から溺愛された。溺愛というのは一種の虐待に近いのです。

だから僕は虐待された子供が持っている屈折した一面を

ちょっと危険な一面を持っている」

 

 

居並ぶドレスがすべて

前に向けて背筋を伸ばし

後ろを振り返ることなく

歩み出すように見える理由は、

追いすがっても仕事に行く

「お母さんの後ろ姿」と重なっていたと知り、

なんか、深い感慨。

 

 

わたしは、学生時代、親のすねをかじっていたころにだけ

Y’sを着たことがあります。

 

 

自分で稼ぐようになってからは一度も着ていません。

これからまた着るかどうかはわかりませんが、

そういうことを知って

「服を着る」ってことをしてみたいなあと思いました。

 








ウェブマガジン「どうする?Over40」のメルマガ配信しました。購読無料&解除も簡単です。最新号のテーマは、
山村紅葉、安藤美姫、夏目三久、小保方晴子・・・最近、気になる女性はダレ?!


【関連記事】去年のGWのころの記事を持ってきました♪お暇ならどうぞ~。
老舗に学ぶ「攻めのエイジング」と「みかんの皮哲学」

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク



コメント

西洋に比べて日本の洋服の歴史はうんと浅いのに、優れたデザイナーが多いですね。
日本の伝統的な職人技は、シャネルの工房にも引けを取らないと思います。

コム・デ・ギャルソンやY'sの服を着ると、背筋が伸びる気がします。
気合いが入ります。気弱な自分に自信を与えてくれます。
服にそんな力があることを、コム・デ・ギャルソンやY'sを着てみて初めて知りました。
(私の場合はオークションで手に入れたものですが)

普段はユニクロやファストファッションばかりで、それはそれで身の丈に合っていて楽でいいんだけど、たまにはピシッとするのも気持ちのいいものだなぁと思います(*^o^*)

  • 2014/05/04 (Sun) 01:31
  • Tomi* #w7E8CPEA
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する